詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自分にはもったいない

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    land
    恋愛
    私には、2年近く付き合っている彼がいます。彼がたまに、「landは俺にはもったいない」と言います。もともと、俺なんか…ということが多くて、私はそれが嫌で、俺なんかって言わないで、悲しい気持ちになると伝え続けその回数は減ってきました。それでもたまに、もったいないと言われます。釣り合わないと言われたこともあります。釣り合わない、と言われた時私は、釣り合わないかきめるのはあなたじゃなくて私だから、私まで否定することになるんだよと言ってしまいました。もったいないといわれても、私は好きだから付き合っているし、素敵なところをたくさん知ってるから、いくらでもいえるよ、自信つけてあげるって好きなところをたくさん言ったりもします。それでもたまに言われます。 こういうとき、なんて返して欲しいんでしょうか、どうしたら、そう言ったことを言わなくなるんでしょうか?

    トピ内ID:9552121530

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 40 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    安心したいだけ

    しおりをつける
    🙂
    わだち
    自分に自信がないけどプライドは高い人なのでしょうね。 トピ主さんに自分の存在を認めてもらう言葉をもらうことで、安心したいのでしょう。 何度でも繰り返すと思いますよ。

    トピ内ID:4255588401

    閉じる× 閉じる×

    普段から劣等感を感じているのかな

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    >俺なんか…ということが多くて 彼氏さんは何事につけても劣等感を感じているのではないでしょうか?。 だから、常に他人と比べて「俺なんか」と言うのが口癖になっているように思います。 劣等感を減らすためには、本人が何か「これはできない」と思っていた事が努力して出来たとか。簡単なことを成し遂げることを繰り返すことで「俺もやればできる」と自分で感じることが必要だと思います。 もちろん、彼を誠実に想い続け「好きだ」「素敵だよ」と言い続けることも必要でしょう。 何が彼の劣等感を増大させているのかわかりませんが、何か一つでも「俺なんかにできそうにない」と思っていることができれば、劣等感の打破につながると思います。 私は身体虚弱で運動をしても、いつも最下位で劣等感を持ってました。 でも、自転車に乗るのが好きで、あるときスポーツ自転車を買い、仲間と一緒に1000mの山へ自転車を漕いでは休みながら舗装路を上まで登ることができました。 それまでは「とてもできない」と思っていた、1000mの山に(休みながらでも)自転車で登る事ができて、運動に劣等感を持っていた私でも「やればできる」という大きな自信につながった思い出があります。

    トピ内ID:8188394872

    閉じる× 閉じる×

    きりがない

    しおりをつける
    🙂
    あらら
    言わなくなるようにするのは難しいです。 性格そのものを変えるほどのことですから。 むしろ彼がなぜいちいちそんなことを言うのかを考えたほうがいいかもしれません。 トピ主が言っているようなことが、まさに「返して欲しい言葉」だから彼は言い続けるのだと思います。 もったいないと言えばトピ主がそんなことはないと答えてくれるからかなと思いました。 もったいないと言えば、他の誰も言ってくれない誉め言葉をトピ主は言ってくれますから。 彼はそれを聞きたいためにもったいないと言い続けるのではないでしょうか。 私ならですが、最初だけはトピ主のように真面目に答えます。 「そんなことはないよ」とか、「私まで否定することになる」とか。 でも何度も続くようならまともに答えないようにしています。 「へ~」とか「そうなんだ~」とか、流すようにします。 私にそういうことを言っても望む答えは返ってこないと知って欲しいからです。 相手が言いたいのを止める権利はこちらにはありませんし、辞めて欲しいとお願いしても言い続けるならもう流すか彼から離れるしかありません。

    トピ内ID:9543170241

    閉じる× 閉じる×

    褒めて欲しいだけ。

    しおりをつける
    🙂
    ダブルショコラ
    素敵なところをたくさん知ってるから、いくらでもいえるよ、自信つけてあげるって好きなところをたくさん言ったりもします> うん、ホントにもったいないとか釣り合わないとか思ってるんじゃなくて、定期的にその褒め言葉を聞きたくて言ってるんじゃないですか?普通、何もないのに毎日褒めてはくれないから、嫌なことがあったり気分が落ちてる時に、俺なんて…と始めて、あなたに褒めてもらって満足。その繰り返し。自分に自身がないんでしょうね。家族や友達はそんなウザいことにいちいち構ってはくれないですから、彼女のあなたが頼りなんでしょう。 どうしたら言わなくなるか…それは無理だと思います。私なら「またそれ?(笑)私といる時は自信持って大丈夫だから」で済ませます。そしたら物足りなくなって、トピ主さんみたいな褒めてくれる女のコに行かれちゃうかなぁ(笑)

    トピ内ID:7527024306

    閉じる× 閉じる×

    それは

    しおりをつける
    🙂
    タコ子
    釣り合わないと思う理由が必ずハッキリとありますよね。 多分解消が不可能かものすごく難しいのだろうと思います。 男性の多くは自分が絶対に劣ってることで卑屈な気持ちがでます。 ヒモ体質の人にはありません。 ちなみに釣り合わないかどうかを決めるのはトピ主さんだけでは ありません。 当たり前ですけどね。 彼自身がどうしてもそう思い囚われるのならどうしようもありません。 釣り合ってない上の相手から自信をつけてあげるなんて言われても 何の自信にもならないでしょうに。 もうそういう説教臭いことはやめて その自信のない卑屈な所も大好きって言ったほうがマシなのでは? 単なる出来ない卑屈な自分のままいたいけどいいよねって確認ですよ。

    トピ内ID:1372670560

    閉じる× 閉じる×

    釣り合わないかは、それぞれが決めること

    しおりをつける
    🙂
    むいむい
    >釣り合わないかきめるのはあなたじゃなくて私だから、私まで否定することになるんだよと言ってしまいました。 えー?凄く上から目線ですね。釣り合わないかを決めるのは、お互いでしょう。他にも、「自信つけてあげる」とかトピ主さんが上の立場で世話してる感満載ですね。 もちろん、彼がグダグダ弱音を吐くからそうなるのでしょうが悪循環だと思います。 トピ主さんとは釣り合わない、自分にはもったいないという言葉は、言い換えれば、トピ主さんといると自分は成長できない、一緒にいて安心感や満足感を得られる相手ではない、自分たちは合わないんじゃないか?という意味にも受け取れます。 トピ主さんは、彼が自分をリスペクトしているとしか思っていないようですが、ちょっと違うかもしれませんよ。 >こういうとき、なんて返して欲しいんでしょうか 「それで、あなたはどうしたいの?」と聞いてみてはいかがですか。 正直、私ならその面倒くさい彼とは別れたくなります。ある意味、根気よく付き合っているトピ主さんはエライですね。 「それ、もうたくさん聞いたけど、だから貴方はどうしたいの? 私にどうして欲しい? 1、私に変わって欲しいところがある 2、別れたい 3、ただ愚痴を聞いて欲しい。はい、この3択でどれですか。」 私ならとっくにこう言っていると思います。

    トピ内ID:3408152919

    閉じる× 閉じる×

    ああこれ

    しおりをつける
    blank
    くま
    特定の男性が良く使う「俺なんか作戦」だよ。 自分を卑下して見せて相手からの反応に期待するという手法。 多くの場合には自分を卑下した男性に対して女性側が安心感や自信を持ってもらうための行動や振る舞いをすることがあり、男性もそれを期待しての行動なんじゃないかな? 「俺なんか」という彼はトピ主さんからの「そんなことはない」という答えを期待していると同時にトピ主さんからの同情を得てトピ主さんが離れていかないように画策をしているという事。 問題はこれって恐らく彼の自己評価とは全く連動していないという事。 単にトピ主さんに対しての手法でしかないので、それが彼の本心であるか否かは分からない。 恐らくだけど逆にプライドは高くトピ主さんから褒めてもらって自尊心を高めるのが目的なのかもしれない。 目的がそこなので彼としてはトピ主さんから離れていかないことを画策はするけど、それと彼自身がトピ主さんから離れないことは別の話という認識は必要。 一見すると彼自身がトピ主さんが離れていかないことを画策するという意味において彼にもトピ主さんへの強い恋愛感情があると錯覚してしまいがちだけど。

    トピ内ID:3374666245

    閉じる× 閉じる×

    トピ主さんの文も抽象的でわかるわけない

    しおりをつける
    blank
    洋梨
    もちろん、身バレ防止でふわっとしか書いてないのかもしれないけど。 二人のことを知らない読者に「もったいないと言われる。釣り合わないと言われる」と言っても、釣り合わない内容が【容姿、家柄、学歴、職種、経済状況、人柄や人望】のどれかすらわからないです。 それに、具体的に話を聞いた時、実際に克服するのに相当な労力を要する釣り合わなさなら。 すみませんが、実は彼は「もったいない」と連呼して、別れたいのが本心かもと少し思います。 一体、何が釣り合わないんでしょう? それに、トピ主さんも。 釣り合わないか決めるのは私、私まで否定している、私は好きだから。 とか、気づいてないかもですが、潜在意識で、彼より上と充分に自覚があり、その余裕から、上から目線で慰めフォローしてますよ。 そういう所では? ちなみに、私の親戚女性は、かなり地位の高い父親から結婚を反対され、親を切りました。 親は結婚式に来てません。 でも、反対された相手も後に出世してます。 というより、元々、そういうお嬢さまが付き合う恋人は有能な仕事してたので。 トピ主さんがどんな女性かはわかりませんが、もったいないし釣り合わないというのが、傍から見てもそうなら、あまり精神論だけではフォローにならない場合もあると知った方がいいかもしれません。

    トピ内ID:3052575543

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🐤
    他の皆さんがおっしゃる通り「そんな事ないよ」でしょうね。言って欲しい言葉は。 そういうタイプ、私ならめんどくさいです。 「俺にはもったいない」と始まったら「そう思うなら 私を大切にしてよね」とか「そう思わなくていいくらいに努力したら?」と言いたくなりそうです。 けど彼の言って欲しい言葉は「そんな事ないよ」「凄いところもいっぱいあるよ」「こんな所が凄いよね」です。「俺にはもったいない発言」が無くなるとは思えませんが 先回りして褒めておく、というのはどうでしょう?

    トピ内ID:2547342974

    閉じる× 閉じる×

    視点を変えて考えると

    しおりをつける
    🙂
    雷鳴
    トピ主さんと何時でも別れられるよう準備をしているとも考えられますよ。つまり「褒め殺し」と言うことです。   「トピ主さんとは釣り合わない」とか「自分にはトピ主さんは勿体ない」とか言ってしれっとして別れを言う男のことです。  たま~に言うのなら嬉しいですがのべつくまなく言われると確かに嫌ですよね。何だか逆に軽く見られているようで。  視点を変えての意見ですので的外れなレスですが、正直なところその彼との将来はないかも知れませんよ。トピ主さんもそこのことを十分分かったうえで「今だけの」「今この瞬間の」恋を楽しまれたらどうかと思いますよ。  その彼と将来を考えること少し重いと言うか面倒な気がします。見切り時が大切な気がしますよ。独断と偏見に満ちたレスですのでスルーしても結構です。ただ面倒な男と知り合う事は後々始末が悪い気がします。

    トピ内ID:8342300621

    閉じる× 閉じる×

    自分には合わない

    しおりをつける
    🐶
    ネギータ
    と言っているようなものです。残念ですが、私も、雷鳴さんと同意見で、別れの覚悟はしていた方がいいと思いますよ。 自分にはもったいない、ならばもっと自分にふさわしい相手がいるのでは、という観念に囚われているように思えますね。 これはあなたが悪いとか彼の努力不足とかいう問題ではなく、もはや他人が立ち入ることのできない彼自身の問題。もしくはただ単に相性の問題なのかもしれません。

    トピ内ID:7599677899

    閉じる× 閉じる×

    スルーしてます

    しおりをつける
    🙂
    牧場の魚
    私も彼に似たようなことを言われます。「俺なんておじさんだから」「他にいい男いるから」「そこまでするほどの男じゃない」など。遠回しに拒否されてると思って、落ち込んでましたが、最近は流してしまってます(笑) 彼に拒否されても、気づかないふりしてます。だって、私は彼と離れたくないから。

    トピ内ID:2391241777

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]