詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ぼっちママの先輩、教えてください。

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    そぼろ丼
    ひと
    最近、自分がぼっちママでネクラであることを受け入れられるようになりました。 それも、最近ネットでもよく目にするHSPであることにも気づき、生き辛さの要因が 分かったのと、年齢を重ねることにより、色々と自分のことを受け入れられるようになた次第です。 私は、アラフォーで小学生と保育園児の子供が3人います。 友達関係は、学生からの友達はだんだん疎遠になっていく人が多く、今では高校時代の4人グループ、専門学校時代の3人グループ、幼馴染と3パターンの交友関係は年に1回会うか会わないかくらいです。何か理由がないと連絡のやりとりもほぼありません。 ママ友は第一子が幼児までの頃はいましたが、今では疎遠です。保育園や小学校でばったり会ったら立ち話したり、何か教えて欲しい時などにラインのやり取りが出来る人は数人います。 両親は毒親で実家に長時間いると、モラハラ父と母のやり取りがだんだんしんどくなってきます。特に母は幼少期、一度たりとも私のことを肯定しれてくれたことがなく、ほとんどいつも否定されていました。 夫は怒鳴る人なので、今離婚がスムーズにいくように準備を進めています。 こんな感じの私の周りを取り巻く人間関係で繊細すぎてストレスになる場合が多いです。 ネクラで繊細な割には、性格が良くなく意地悪な自分がいます。故にモヤモヤすることも多く、心が疲れることが多いです。 つまり自己肯定感が持てないことが多いです。 ここまで長文読んでいただきありがとうございます。まだ続くのでコメント欄に入れていきます。

    トピ内ID:8459527030

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 22 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 23 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    並び順:古い順

    それ、ぼっち違います

    しおりをつける
    blank
    ふうりん
    >保育園や小学校でばったり会ったら立ち話したり、何か教えて欲しい時などにラインのやり取りが出来る人は数人います なんでしょ? いるじゃん。 ぼっちっていうのは、そういう人すら居ないってことです。 華やかじゃないでしょうが、ぼっちでも無いです。 というか、ごく一般的なお付き合いをしていると思いますよ。 普通です。

    トピ内ID:1648271514

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    そぼろ丼
    ふうりんさん コメントありがとうございます。 そうだったんですね。ぼっちママのカテゴリには入らないんですね。 第三者の方から、ごく一般的なお付き合いをしている方と言ってもらって安心するという、あー私って他人軸で生きているなあと感じております。 とてもめんどくさい性格だなあと自分で思います、、、、

    トピ内ID:8459527030

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    続きです。

    しおりをつける
    🙂
    そぼろ丼
    トピ本文の続きです。 今回教えて頂きたいのは、結論から言いますと、アラフォー以上の年代のぼっちママ(昔からの友人とも疎遠になっていたりする)でもそれを受け入れて、自己肯定感を持って生きていくコツなどをヒントにさせて頂きたいなと思いました。 トピ本文の続きですが、学生時代からの友人とはずっと一緒にいると疲れます(というよりも他人と長時間一緒にいると疲れます) ランチしながら他愛のない話をするする機会も年に1度ほどありますが(コロナ禍以前です)せいぜい数時間が限度です。他愛のない話のラインのやり取りなど、たまに向こうから連絡くれると嬉しいですが、他愛のないラインのやりとりなどは面倒と思ってしまいます。 専門学校時代からの3人グループは、ここ数年、私以外の2人で食事に行ったり頻繁にやりとりをしているようです(包み隠さずに私にその2人が話してくれますし、決して仲間外れなどではないのを感じます。もしかしたら私の子供がまだ小さいからかも。2人のうち1人はDINKSで、もう1人は11才以上の子が2人です) 幼馴染に至っては、結婚式のときに、ショックなことがありました。彼女の神社で結婚式の後に、離れた会場にうつって披露宴という流れでした。神社での挙式出席は、限られた人のみ。私もそこに入っている思いきや、それは私は入っていなく、学生時代からの友人だったようです そんな上記二つの事柄からやっぱり私って友人関係上手くいかせることが出来ず、人望ないなーと自己嫌悪に陥ります。 アラフォーでお恥ずかしいですが、「友人」、はたまた、対人関係の全てがいまだに分かりません。 持論として、愛を持って困った人には手を差し伸べる、ということを心がけていますが、上手くいかないものですね、、、、

    トピ内ID:8459527030

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    アラフォーで学生時代の友達はいません。

    しおりをつける
    🙂
    ぼっち上手
    引っ越したのもありますが、いわゆる地元の友達はいませんし、子ども絡みのママ友とは主さんのような付き合い方です。立ち話や用事があればLINE、程度。 自己肯定感云々考えず、楽しく生きていますよ。友達と呼べる人は他にいるのでママとしてぼっちでもどうでもいいかな。 こう思えるのは考えかたが自分軸だからだと思います。ただ、主婦やママになってから知り合った 「趣味の合う人」とは、 独身既婚、また年代関係なく仲良くしています。男性の友達もいます。周りからは「交友関係は広い」と言われます。 わたしは先程述べたように自分軸の生き方なので、疲れず自分を出せる人としか深い交流をしないのもあるかもしれませんね。 学生時代の友達って、環境が変わったりすると探りあったり気を遣うことありますよね、ママ友も。 わたしはそれが苦痛なのです。 幼なじみのことをいろいろ書いていらっしゃいますが、自分なら気疲れしたりめんどくさいと感じたら、会う機会を減らします。限られた時間が勿体無い。主婦になってますますそう思うようになりました。 自分勝手だと思われたとしても 自分を大事にできずにいたら 結果的には他人にも優しくなれないんだ、と気が付きました。 それだったら自分も他人にも優しく生きていきたいです。 ママ友も昔からの友達(学生時代ではない)も、自分にあった人が集まり、気楽にやってます。歳をとったのかな、無駄な我慢をしたくないのです。

    トピ内ID:2805186252

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    そぼろ丼
    ぼっち上手さん、ありがとうございます。 「自分軸」が大切ということですね。 10代、20代の頃は特に他人軸で突進していました。今となっては、黒歴史の多さは誰にも負けないほどです。 今もまだ自分軸の匙加減が分かりません(泣) ただ、自分なりにほんの少しだけですが最近、ストンと自分軸かもしれないものが分かってきたような気もします。ネクラで腹の中が時々真っ黒になるところも、そのままで生かしていこうと思っているかんじです。 限られた時間を無駄に過ごさないように、無駄な我慢もしないように、意識していきたいです。 改めてありがとうございました。

    トピ内ID:8459527030

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    自己肯定感も何も

    しおりをつける
    🙂
    アーリーレッド
    子どもはもう高校生ですが。 ママ友などいたことがありません。 ぼっちママの何がいけないのですか? 全然わかりません。 まったく不自由はありませんでしたよ。

    トピ内ID:9011191206

    閉じる× 閉じる×

    う~ん

    しおりをつける
    blank
    わかめ
    現在46歳で、大学生の息子がおります。 転勤族です。 私も元々人間関係は苦手で、学生の頃は何となくその場を凌いで生きてきました。 まともに他人と渡り合えるようになったのは、社会人になってからです。 学生時代の友達は唯一、高校生の時の友達が一人、なぜか私から離れないでいる友人がいましたが、少し前に介護など重なり私自身に余裕が無くなったので、理由を伝えて距離を置きました。 学生時代後の友人も同じように伝え、今は職場の繋がり以外全部ストップです。 さて、今回のトピの中心はママ友ですね。 私は上記の通り転勤族なので、関係のリセットは何度となくありました。 転居により、知人はとても増えるのですが(転勤族だと、全国あちこちに広がってしまう)、それを保とうとするととんでもないことになるので、学生時代同様にその場その場で終わるようにしてきました。 ですから、私はぼっちでもいられるし、広げようと思えばどこまでも広がる、そんなママ時代でしたね。 主さんはたぶん、「友達がいないとダメなんだ」的な価値観に縛られているんじゃないですか? あと、センシティブだから、疲れるのは自分だけと勘違いしていませんか? わかりませんが、ほとんどの人は対人関係で疲れを感じると思いますけどね。 主さんだけじゃないです。 それと、追加レスに、専門時代の友達が二人で会っていて…という話も出てきますが、主さんの推測通り、子育て真っ只中で誘い辛いのだと思いますし、 それはママ友も同じ。 お子さん三人いたら、「きっと忙しいだろう」が共通認識だと思います。 誰だって、誘って「断られる」ことは避けたいので(断られても心が平気な人は少ないです)、断られない前提でないと誘い辛い。 自己肯定というか、主さんは客観的に考えることができるようになったら良いのではないですかね? 専門時代の友達への推測のように。

    トピ内ID:0707576509

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    そぼろ丼
    わかめさん、ありがとうございます。 確かに、「友達がいないとダメなんだ」という価値観に囚われています。 44歳になった今、少しずつ、その呪縛から逃れてきたような気がします。 人生折り返し地点で、そろそろラクになってもいいのではないかと思うようになりました。 友達の多い、陽キャラの人は言わば、憧れのような存在だったのかもしれません。 わかめさんもおっしゃっていたように、客観的に自分のことを捉えること今後もっと増えたらいいなと思います。 陽キャラではなく、ネクラ、陰キャラナ自分のペースで自分と付き合っていきたいと思います。

    トピ内ID:8459527030

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(4件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]