詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    脳のわだかまり?

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    らんらん
    ヘルス
    詳しい方、同じような経験をした方からお話を聞きたくトピを立てました。 私は、歯の治療で歯形をとるのがとても苦手です。 印象材のにおいや感触もですし、口の中に何かが入れられるのが苦手で嘔吐反射もあります。 先日、美容院で美容師さんとこの話題になった際、私が苦手と伝える前に、 美容師さんが型取りのことを「あー、あれ、冷たくて気持ちいいですよねー」と明るく仰いました。その瞬間、私の頭の中でプチンと何かがはじけるような、ポワンと何かが緩むような感覚がありました。 何か、脳のわだかまりが解けたような感覚だったのです。 その時は「あっ、そういうふうに考える人もいるんだ!」と少し苦手意識が軽くなったような気もしたのですが、実際には苦手意識や嘔吐反射はまったく改善されておりません・・・。 (耐えるときの心のよりどころにはしているので美容師さんには感謝です。) でももしかして、こういう経験が重なったり、もっと大きなショックが与えられれば、脳のわだかまり(思い込み?)が解けたりして、苦手意識や不安感が無くなったりするのかなと・・・。 やや神経質な性分と年齢的な要因のせいか、ほかにも苦手と感じることがあり、もう少しユルく生きていければなーと思っております。 とりとめなくて申し訳ないんですが「それはこういうことだったんだよ」とか、こういう風に考えれば嫌なことが楽になるよとか、教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:6163065087

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 35 面白い
    • 8 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 26 エール
    • 8 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    このトピックはレスの投稿受け付けを停止しました
    並び順:古い順

    リフレーミング

    しおりをつける
    😀
    おもしろい
    多分心理学でいうリフレーミングに近いことが期せずして起こったのだと思います。"プチンと何かがはじけるような感覚"とか表現が豊かですね。 かつて講師業をしていたことがあり、その時に物事を多面的に見る練習でリフレーミングの実習をしたことがあります。講師の私が驚くような斬新な見方が次々と出てとても楽しい時間でした。 ちなみに私も歯型を取るのがとても苦手です。嘔吐反射もありプチパニックのようになります。 美容師さんとの話で脳のわだかまりが解けたように感じたとは、主さん素直な性格なんだな~と感じました。素直な人って柔軟なのでどんどん良く変わっていきやすいですよね。

    トピ内ID:7255235529

    閉じる× 閉じる×

    おもしろい様へ(トピ主です)

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    おもしろい様、レスありがとうございます。 私は素直な性格などではないんです(泣) 歯科医師さんに「ごはんが口に入ってもオエっとならないんだから大丈夫と思って・・」と言われても、「そんなんわかってるってーー!!」と心の中で叫んでおります。(でも最近の歯医者さんは皆さんお優しくて理解を示していただいてありがたいです) あのときは、美容師さんの言葉が不意打ちだったので、スッと素直に頭に入ってきたというか。 催眠術を掛けられていて、解かれたときはこんな感じなのかなとも思ったりしました。 歯型取りですが、20代のころまでは平気だったんですよね。 全体の型取りもできていました。(今は考えただけで動悸がします) 「苦手」の積み重ねで「絶対苦手→どうしてもダメ」に自分自身で成長させてしまったように考えています。 リフレーミングのこと、ちょっと勉強してみます。 更年期世代のせいか、心身が凝り固まっておりますので、柔軟にこの先生きていけたらなーって思います。 なんか人生を損しているみたいな気がするんです。

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    外側からのアプローチ

    しおりをつける
    🙂
    ゴルフボール
    らんらんさんと同世代のようなので思わずレスさせて頂きました。 >「苦手」の積み重ねで「絶対苦手→どうしてもダメ」に自分自身で成長させてしまったように考えています。 まさに同感です。苦手意識が自身の行動を狭めている感はぬぐえません。  私の場合(不安、神経質など)心の凝りはとれそうもないので、せめて身体をほぐして常に体調良くしておくと、苦手意識が遠のくことがあるようです。なので毎日せっせとヨガをやっております。(笑) 後、苦手な状況が予め分かっている場合は、自分ができる最大限の対処をするようにします。例えば、歯医者だったら、朝一の予約にするとか。(中途半端な時間だとその事ばかり考えてしまうから。イヤな事は早く終わらせる為)。型どりが苦手だったら、その旨伝えてそばについててもらうとか。 わだかまりが取れるわけではないし、プチパニックになることも多々ありますが、最近はそのことにあまりフォーカスしすぎないようにするのもひとつの手かな?と思っております。 

    トピ内ID:0330505093

    閉じる× 閉じる×

    苦手意識というより

    しおりをつける
    🙂
    みるく
    実際嘔吐反応を起こさせる喉の近くまで型が来るわけですから、気持ちが悪くなるのは自然な事ですよね。吐き戻しする時にわざと指を喉につっこんで刺激するのと同じで。 若い時は、ただ単に経験値が少なくてやる前の苦手意識が無かったというだけだと思います。実際型どりされて気持ちが悪かったからそれが苦手意識となって積み重なっていっただけで。 私は、特に扁桃腺も大きくて毎回ひどい吐き気がするので、型をはめたらすぐ椅子を起こしてもらうようお願いしています。寝っ転がったままだと扁桃腺やらいろいろな所に当たって耐えられないので。 辛いのは同じですが、身体を起こしていると待っている間なんとか耐えられます。 トピ主の知りたい趣旨とは違うかもしれませんが、もし椅子を倒したままで型どりされているのであれば、次回からは型どりを待つ間椅子を倒したままではなく起こしてもらうようお願いすることをお勧めします。

    トピ内ID:3269453361

    閉じる× 閉じる×

    ゴルフボール様へ

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    レスをありがとうございます。 「心の凝り」ですか・・・なんかしっくりくる言葉ですね。 「苦手意識が自身の行動を狭めている」も、そのとおり!って思いました。 苦手なことには最大限の対処をしております。 (逆にそれで余計意識してしまっている感あり) 大変そうな処置の歯医者予約は土曜日とか、いま通院している歯科医院は本当にお優しいので、型取りの間は寄り添って残り時間をカウントしてくださいます。 (見た目はおばちゃんなのに幼児のごとき扱いです。お忙しいだろうに申し訳ない思いでいっぱいです。) 苦手意識やわだかまりとは話がずれてしまいますが、以前見た映画で「やってみたい(冒険したいだったかも)ことは?」と聞かれて、「徹夜」と答える中年女性の思いに大いに共感したのです。 常にその後のことを考えて、小さく小さく生きてきたなぁと考えてしまいます。人生あと半分くらいなるとこんなことを考えるものなのですかね。 って考えてる時点で囚われてしまっているのかな。 ゴルフボール様も同世代のようとのこと、ここまで頑張ってきた分、ゆるやかに朗らかに日々を過ごしていけたらいいですね。

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    みるく様へ

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    レスをありがとうございます。 論理的なお答え、確かに・・・と読みました。 椅子起こし、やっております。(何ならちょっと前かがみ) 苦手なのをアピールしておりますので、感覚を麻痺させる激苦なスプレーを口にシュッとされ、型取りの金属のプレート?は最小限のもので印象材は固め、口に入れたら速やかに椅子を立てて前かがみ、どなたかが横にいて残り時間をカウントしてくれます。 ここまで書いてたら本当に申し訳なくなってきました。 通院している歯医者さんに改めて感謝しなければ・・・。 ここ2年くらいで何回か型取りをしまして「もう乗り越えたんじゃないか」とも思うのですが、対策無しでやって、万が一吐いたりして歯医者さんにこれ以上の迷惑はかけられないと思うと、申し訳ないと思いつつも上記ルーティンをこなしております。 ある日、催眠が解けたように「型取り平気!」になってくれないかなーと夢見ております。

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    固まる仕組みを考えるとおもしろくて夢中に

    しおりをつける
    🙂
    とおりすがり
    子供のときからガムみたいだなーと思ってました。 歯医者なのに、どデカいミントガムをくっつけられる感覚があってサービスタイムだなーと考えてました(笑)ひんやりしてね。 アニメで鍵穴に入れて少し待つと固まって鍵になるガムがあるのですが、まさにアレですね。 固まるまでの工程が不思議でおもしろくていまだに夢中です。 歯医者さんに聞いたら「あれはねー、海藻で作ってあるんですよー」という豆知識を頂きました。 ゼリーを固める凝固剤も海藻でできてますし、仕組みは同じなんでしょうね。 不思議だなーおもしろいなーと、ときどき昆布のプルプル感を思い出しているとあっという間に時間が終わります。 外す時は少しさみしい(本当は取った歯型をじっくり眺めたり触ったりしたいのです)

    トピ内ID:1244065026

    閉じる× 閉じる×

    とおりすがり様へ

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    レス、ありがとうございます。 あれが「サービスタイム」ですかー。 そんな感じ方もあるとは! 次に型取りがある時は「これはサービスタイム!」と思って、脳内に明るい曲でも流してみようかな。大好きな嵐の「GUTS!」が終わるころには固まっているでしょうね。 次回の型取りには「サービスタイム」を導入してみます。 たぶん、克服は難しいかもしれませんが、とおりすがりさんのレスを思い出して、フフッとリラックスできるような気がします。 ありがとうございました!

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    お返事ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    みるく
    なるほど。 最初トピを読んだ時は、型どりなんて普通に気持ち悪いことなのに何を言ってるのかなと思っていたのですが(それで的外れなレスになってしまいごめんなさい)何となく言わんとすることが分かった気がします。 私も若い頃は飛行機に乗るのが全然平気で機内で爆睡できていたのに、結婚してからはなぜか怖くなってしまい、フライト中一睡もできなくなってしまいました。 たぶんシチュエーションは違いますけどそういうようなことですよね、きっと。 私の飛行機の場合は、間違いなく歳をとるにつれて死への恐怖感がその現実味と共に増してきたせいであると考えていますが、歯の型どりの場合は死を感じるほどの恐怖までとは思わないのですがそこのところはどうなんでしょう。やはりそれほどの恐怖感からくるものなのでしょうか。もしくは嘔吐恐怖症に近いものが有るのかな。 何の解決策も提示できず興味本位みたいなレスになってしまい申し訳ないのですが、もう少し具体的に苦手になった経緯や原因が分かれば乗り越え方が分かるかなと思ったので。 ちなみに私の飛行機の乗り越え方ですが、「私が怖がろうと怖がらなかろうと落ちる落ちないには何も関係が無い」と思って毎回心を落ち着かせてます。要は私が頑張って怖がれば飛行機が落ちないなら意味はあるけど、私が心の中でどう思おうがこの飛行機の運行状況には何も影響は無いので、怖がったところで何の意味も無い、と言い聞かせて乗り切ってます。 トピ主さんの場合はその美容師さんの言葉が心のよりどころになっているのですね。苦手意識は残念ながら完全には無くならない気がしますが、そういった拠り所を少しずつ増やして対応していくのが正に大人になること、歳をとっていくことなのかな、と感じています。

    トピ内ID:3269453361

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    いりごま
    トピ主さんは途中までは型取りが平気だったそうなので、たまたま下手な人が型取りをしたことがきっかけだったのではないですか? 歯医者さんって、治療の間、しばらく通うことになりますし、歯科衛生士さんもたまに入れ替わることはあっても、通っている間は同じような人が処置をすることが多いですよね。たぶんトピ主さんが型取りが苦手になってしまったのは、喉の奥に当たるような型の取り方をされることが続いたからじゃないかな?と思います。 私は基本的に歯医者さんの型取りは好きです。歯を削られたり、痛いのは苦手なんですが、『とおりすがり』さんのおっしゃるように、サービスタイム(まさにそんな感じです!)というか、このひとときのために来ているような感じです。 私が特に好きなのは、型の中のペーストみたいなのが固まって、歯からかぱっと外すときのあの開放感です。 とはいうものの、過去に型取りをする時に、上顎の中央に型の縁が当たって、痛かったことがありました。また、喉の奥の方に型が当たってる時もありました。上手な人がしてくれる時は全然そんなことがないんですけどね。 もし私がトピ主さんの友人で、しかも歯科衛生士で型取りもしてあげられるのであれば、ペーストが固まるまで、「がんばれ~!がんばれ~!」と側で歌ってあげますのに。(実際にやったら、治療の邪魔になるので怒られそうですが。) 次に型取りをする時、アラフィフのおばちゃん(私)が横で歌って踊りながら応援している姿を想像してみて下さい。ちょっとだけ楽になればうれしいです。

    トピ内ID:1217928550

    閉じる× 閉じる×

    みるく様へ

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    当初伺いたかったことは、美容師さんに言われて受けた頭の中の感触?のことだったので、説明が不十分でした。 みるくさんの飛行機の例のような感じです。 恐怖感というより、不安感やじっとしていられないざわざわする気持ち、です。 これまで書きませんでしたが、運転時(高速やトンネル)にも同様の症状があり、メンタルクリニックで軽い薬を頂いています。 私と型取りの歴史を振り返ってみますと・・・。 10代→何の疑問も持たず取れていた。(上下全体も) 20代→上下全体を取った時、気持ちのザワザワ感があったが、周りに誰もおらず個室に放置されていたので耐えて取り終えた。 この辺から「嫌だ」「苦手」と思ったのかも。 30代後半くらい?→久々の型取りで、奥のほうに印象材をこんもりで入れられたため、えずいて吐き出してしまう。ここで「苦手」を認識。 これ以降はレントゲンもダメになり(自分でプレートを押さえればなんとか)受診の際は先に申告して対応をお願いしています。 ちなみに苦手ポイントがありまして、喉の奥のほうはもちろんなんですが、 舌の横の奥側(奥歯の接する舌。伝わるでしょうか)もダメで、よくあるシチュエーションの「綿噛んでおいて」で歯からはみ出た綿が地獄です。 えずく気持ち悪さでじっとしていられないざわざわする気持ちになります。 (というかこれは時間がある程度あると、えずきます) 飛行機について。 >「私が怖がろうと怖がらなかろうと落ちる落ちないには何も関係が無い」 みるく様、割り切りっぷりが、かっこいいです。確かに! 私は飛行機も得意ではありません飛行機事故に遭う確率を考え、 「宝くじにも当たらない平凡な人間がそんな人生の大イベントに遭遇するはずがない」と信じて乗っております。 どうにもかっこ悪い乗り越え方で、お恥ずかしい。 みるく様のようにポジティブに諸々対応していけたらなと思います。

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    いりごま様へ

    しおりをつける
    🙂
    らんらん
    いりごま様、レスありがとうございます。 私は、歯を削られたりするのは全然いいんです。(奥のほうは辛いですが) 麻酔が効かないなどで痛い思いをしたこともこれまで無く、そういう意味では私の歯医者さんに恵まれております。 いりごま様にとっても「サービスタイム」なんですね。 外すときに解放感は同じ気持ちです。至福です。 >このひとときのために来ているような感じ う、うらやましい。 もう「型取り」なんて呼ぶのは止めて「サービスタイム」と呼ぼうかな。 全世界の型取り苦手さんに普及させたい。 (名付け親は、とおりすがり様!!) 次回、サービスタイムが訪れたら、いりごま様が横で踊る姿を想像します。 こうやって入力してても笑えてきました。 印象材を噴出さないように我慢しなければ(笑) お優しい励ましのレス、ありがとうございました。感謝です!

    トピ内ID:6163065087

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]