詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    • ホーム
    • ひと
    • 私は子供っぽいのでしょうか?(死への恐怖心)
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    私は子供っぽいのでしょうか?(死への恐怖心)

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    四角いシロクマ
    ひと
    トピをお読みくださりありがとうございます。 普段投稿しない者のため文章の乱れはご容赦ください。 当方、今年の4月から社会人になる者です。 県外の大学を卒業し、その報告のため地元に住んでいる父方、母方それぞれの祖父母に電話をしました。本当は帰省したかったですが、コロナのことがあるので電話にしました。 久しぶりの電話は喜んでもらえたので嬉しかったのですが、電話をしてる内に私がだんだんと涙がでてくるようになりました。 泣いた理由は、会えていないことの寂しさと祖父母の老化が原因で私が会う前に亡くなってしまうのではないかという不安からだと思います。 いつか寿命がきてしまうものだから仕方がないと理解しているつもりです。ただ、私の知らないところで祖父母の身体が悪くなったりと変わっていくことが怖いと感じてしまいました。1度知らないところで、親戚が亡くなり葬式が終わったあとに訃報を告げられたことがあります。ひっそりと身内だけで葬儀を終わらせるためだったと聞きました。その人には生前からとある事情により会いたくても会わせてもらえませんでした。それから、死への恐怖心が強くなったと思います。 ただの恐怖心から泣いてしまう私は子供っぽいのでしょうか。また、この性格は矯正すべきでしょうか。 普段は周りからはっきり言う性格、初対面では怖そうに見えると認識されています。 人によっては愚かに見えるかと思います。自分のSNSでは言えそうになかったためこちらで発言いたしました。 お読みくださりありがとうございました。

    トピ内ID:4738159439

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 17 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 21 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    私は、優しい心を持ってるなぁと思ったよ。

    しおりをつける
    匿名
    別に変えなくていいと思います。 私も嫁に出てから、両親と会えなくて凄く同じ事を考えてる。 (何故か義理親とは毎日会うだけに(笑) 毎日会える主人が、親のこと悪く言うと腹が立つ!! 毎日会えてることがどんなに幸せかも知らずに。 自分が死を迎える事よりも、両親とか兄弟が居なくなった時に私は、普通に立てて居るのだろうか?という不安すらあります。 もう、大きな子どもの居る私ですら泣いちゃいますよ。 だから、大丈夫です。

    トピ内ID:0111197546

    閉じる× 閉じる×

    誰でも怖いですよ

    しおりをつける
    🐴
    ははみ
    あなただけが死への恐怖をもっているのではありません。皆怖いですよ。 普段は考えないだけでふとしたときに考えて怖くなることはあります。 でも私は震災を経験したからかもしれませんが、死を怖いというよりいつ死んでも後悔のないように生きよう思うようになりました。 勿論母や主人が死んだらどうしようと思いますが、皆いつ死ぬかわからないのですから、生きている間にしてあげられることは全部してあげようと思っています。 明日もし誰かがなくなっても後悔のないように。 あなたもコロナでおじいちゃんおばあちゃんに会えないならば、まめにでんわするとか美味しいものを送るとか何でもできるでしょ。 泣いている場合ではないです。 頭をフル回転させて、皆のために何かしましょ。

    トピ内ID:9454970544

    閉じる× 閉じる×

    逆に聞きたいのですが

    しおりをつける
    🙂
    アウトドア派
    >この性格は矯正すべきでしょうか。 大半の意見が「矯正すべき」だったら、矯正つもりなんですよね?どうやって性格を矯正するのでしょうか? 私も死への恐怖心があります。それが当たり前として生きてきましたが死の恐怖を性格を矯正することで克服できるなら、私も変えたいです。 どのように矯正するつもりなのか、ぜひ教えていただきたいです。

    トピ内ID:8673506785

    閉じる× 閉じる×

    何もしない

    しおりをつける
    blank
    くりーむ
    祖父母に対して何もしない、何も出来ないから怖いのかもしれません。 手紙を書いたり、ビデオ電話で話したり、絵を描いて送ってあげたり、交流はいつでも出来ると思います。 なのに、~のせいで何も出来ない、と思い込まされてるから、何も祖父母に対して出来なくて、ますます不安になるのでは。  いつの間にか病気になってるかもしれない…というのは誰にでも起こり得る事ですが、怖がって交流やお手伝いを先延ばししていては不安だけが増してしまいます。 LINEでビデオ電話してお話ししてみたらどうでしょうか。

    トピ内ID:6668312267

    閉じる× 閉じる×

    自然な反応では?

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    普通だと思いますよ 私も郷里の母と話すとなぜか涙が出ます 普段は強いと怖いとか そんなタイプですけど 死は怖くないわけでもないけど、もう自然のものだと受け入れているし それでもね、そういうことあってもいいじゃないですか? それを愚かだという人が、愚かですよ 少し人目を気にしすぎるきらいがありそうだし 新社会人なら、期待と不安でいっぱいでしょう もうちょっと肩の力を抜いてもいいんですよ あまり追い詰めないでね

    トピ内ID:7800176858

    閉じる× 閉じる×

    回答してくださりありがとうございました。

    しおりをつける
    blank
    四角いシロクマ
    祖父母と話すときは電話か直接会うかが多かったため、手紙を書いたり、物を送るという考えを持ち合わせていませんでした。次に連絡を取るときは手紙を書いてみようかと思います。 時間は有限だからこそ泣くよりもできることをする、大切なことですよね。教えていただけて良かったです。 アドバイスしてくださりありがとうございます!!

    トピ内ID:4738159439

    閉じる× 閉じる×

    祖父母さんとお話してますか?

    しおりをつける
    🙂
    しあわせ老人
    そんなに「死」を恐れないでください。 私は貴女の祖母さんくらいの年齢ですが元気ですよ。 そりゃ~死にたくは無いですが、差し迫って命に関わる病気も無いし、 その時はその時と、開き直ってます。 考えてもしょうがないし、誰でもいつかは死ぬんだからね~。 毎日。花鳥風月を愛で、人との絆を深め、家族との縁を大事に、 「生きる」ことが一番だと思っています。 貴女が祖父母を大切に思うあまり、死を怖がることは有難い反面。 祖父母が知ったら、「そこまで悩まないで」と言うと思います。 時々お電話したり、手紙を書いて、気持ちを通じ合えるといいですね~。 まさに今朝3月19日の読売新聞「人生案内」にドンピシャの 回答が載ってました。 人はこの世に縁あって生まれ、「死」は誰にもひとしくやってくる。 生きている間に「たったひとり」にこもらず、縁を広げる。 まさにその通りだと思いました。

    トピ内ID:2240247449

    閉じる× 閉じる×

    桜のように生きる

    しおりをつける
    😉
    春の風
    命あるものはみんないつか天に帰ります。 そしてまた生まれ変わってくるという神話もありますね。 人生は出会いと別れの繰り返しです。 桜の花もきれいに咲いたあとは、ひらひらと美しく散ってゆくけど、 また春になると生まれ変わってきてまた花を咲かせます。 そんな感じと思います。

    トピ内ID:6362721018

    閉じる× 閉じる×

    お守りを送ると良い

    しおりをつける
    🐱
    ぎんねこ
    祖父母が死なないようにというと、まず考えられるのが、お守りですね。 すい臓がんで入院している祖父に、小学校四年の私は、六つのヒョウタンの付いた根付、無病息災のお守りを御手紙に入れて送りました。 届いたかどうか、返事はなかったけれど、お守りを送るというのも方法だと思います。 祖父母は、いつかは先に亡くなります。それは先に先祖になるためで、生きている間に、孫と関わることによって、いつかは守るねと言い残しているのだと思います。 写経などもよいと思いますよ。お寺によっては、写経所があるところもあります。何でもよい、神仏上の功徳を積みましょう。 一番最初に肉親の死を見るのが、祖父母の死だと思います。亡くなることによって、何か我々に気づきを与えると言われています。

    トピ内ID:6802852312

    閉じる× 閉じる×

    そうですね…

    しおりをつける
    🙂
    海風
    「死」は恐ろしいものです。 その認識は正しい。 俺は、父親が末っ子だったので、祖父母を若いうちに亡くしました。 古い家で、祖父は寡黙な人でした。 ほとんど話した記憶がありません。 祖母は厳しい人で、怖いという印象しかありませんでした。 初めて近親で亡くなったのは祖母でした。 普段、怖いとしか思わなかった祖母ですが、初めて死を感じ、話もしなく固くなった祖母を見て、もっといい子でいたかった、そう思いました。 その数年後、従妹がなくなりました。 まだ二十歳になったばかりでした。 俺がまだ小学生高学年の時で、特に彼女のお姉さんにはすごくかわいがってもらっていて、彼女の印象はお姉さんの隣でおとなしくニコニコしている女のコ…くらいの印象しかなかったのですが、初めて人間は若くても死ぬことがある、ひょっとしたら自分も…と思いました。 あなたは優しいな…と思います。 祖父母の死を恐れ、失ったときを想像し涙を流す、それは優しさです。 子供っぽい、そういう考えもあるかもしれません。弱さかもしれません。 でも、それは愛情の深さかもしれないし、優しさかもしれません。 それは、誰も判断できません。 俺は、泣けません。 もうこの20年は、涙を流したことがありません。 祖父母がなくなっても、親族がなくなっても、大切な人と別れても、俺は涙を流せませんでした。 それは強さだという人がいれば、あるいは俺が大人だからという人がいれば、俺は否定します。 俺は強くはありません。きっと俺は冷たいからか、それほど大切に思ってないからでしょう。 ただ、泣くときは…それを他人が見たら心配してしまうので、できるだけ周りに人がいないときに…とは思います。

    トピ内ID:5639056585

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]