詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    土地を放したい

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    金助
    話題
    40代後半です。父親から土地の権利書を渡されました。父は80代で土地の名義は父親です。 30年ほど前、すでに不要になっていたので自分で何とかしてほしかったです。 利用することはないので売りに出すつもりで一度不動産会社に相談に行きましたが、 本心はお金はいらないので放してしまいたいです。 抱えていることが負担なのです。人気地区ではなく売れるとは限りません。引き取ってくれそうな知り合いもいません。 不要になった土地を処分したい場合、不動産会社で売れるのを待つ以外に方法がないのでしょうか。 不要な土地を放した経験がある方、教えていただけませんか。

    トピ内ID:5291849944

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 32 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 56 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    地元の自治体に寄付を申し入れる方法があります。

    しおりをつける
    🐱
    ニャンと!
    しかしながら・・・・・ 自治体にとって利用価値がない土地、あるいは利用する計画がない地域の場合。 自治体が第三者に転売したくても、売れる見込みのない土地。 維持管理に経費がかかる土地。 の場合、寄付を断られる事もあります。

    トピ内ID:1739859206

    閉じる× 閉じる×

    名義がお父様なら必ず委任状を

    しおりをつける
    🙂
    ろうねこ
    ご存命であるなら必ず委任の手続きがないと あなたが同行はできません お父様は手放すことには賛成なんですよね? だとしたらその土地の自治体(役所)や町内会などに相談してみてください。 タダでなら引き取ってくれる場合があります。

    トピ内ID:6238784125

    閉じる× 閉じる×

    難しい

    しおりをつける
    blank
    粟生
    土地を手放すのってホントに難しいです。 うちの親は地方から上京して東京隣県に家を買い、私は親の地元に住んだことはありません。 でも父は地元に代々引き継いだ山林を持っていて、それは父が亡くなった時私たち子どもの名義になりました。 処分したくても田舎の山の土地なんて売れません。 ただ固定資産税を払うためだけに持っているようなものです。 もちろん自治体も引き取ってはくれません。 親が亡くなった時、買った家が残ったのですが、昭和に新興住宅地として作られた場所で交通の便も今一つの上、周りは高齢者(同じ時期に家を買って入ったので)ばかりで買い手はつきません。 実家の場所は同じ住宅地の中でたまたまあとから私鉄の新駅が開業して徒歩5分圏内になったので売れましたが、徒歩15分離れたところにある家がずっと売れずに残っているのは親が生きている時から見ていました。 本当に土地を手放したいなら、相続するとき他の価値のあるもの(現金とか預金とか)も含めて全部を放棄するしかないと思います。 逆に、失礼ですが父上にそういう遺産がないなら相続の時にすべて放棄するのも手だと思います。(ただし、その土地について次の相続権利者のところに相続が行ったりして、交流のある親族ならそちらともめる可能性があります)

    トピ内ID:6784546006

    閉じる× 閉じる×

    土地相続の法律が変更になりそうです

    しおりをつける
    blank
    チュン夫
    私の妻も祖父の代から引き継いだ、売れそうにない山や田んぼ、家などがあって管理しています。 自治体に相談しても、寄付は(利用価値がないので)認められず、自治体がやっている「空き家バンク」への登録を勧められました。 売れそうにないので、そのまま子供が相続するしかないのかと諦めていました。 でも、先月の法制審議会で土地登記関係の法律改正案が答申されたそうです。 それによる私の認識は ・土地の相続を知ってから3年以内に登記するのが義務となる。違反すれば10万円以下の過料。  ※相続登記がされず、現在の所有者不明の土地が多すぎるので相続登記を必須にする。 嬉しいことは ・建物や土壌汚染がなければ、相続した土地を国庫に返納可能 つまり、建物などを取り壊して更地にすれば、所有権を国に移すことが可能になるようです。 ただし、10分年位?の土地の維持管理費(審査手数料+管理負担金)を一括払いする必要があるようです。 この法律が施行されれば、お金は必要ですが、相続した不要な土地を手放すことができるようになります。 予定としては(早ければ)現在の国会で成立させ、2023年度に施行するそうです。 妻の土地は今は売れそうにありませんが、この法律が施行されるのを楽しみにしています。 施行されれば、家の敷地はお金をかけて更地にして、土地の維持管理費も用意すれば、無理に子供に相続させる必要はなくなるだろうと思っています。 トピ主さんは土地だけで、建物や工作物もなく、土壌汚染なども無いのでしょうか?。 それなら、どうしても売れない場合は、維持管理費を用意して、相続後にトピ主さんが国庫に返納できるようになると思います。 おそらくですが、相続した土地に適用されるようなので、お父様自身が相続した土地なら、お父様が手続きできるようになると思います。

    トピ内ID:1265536535

    閉じる× 閉じる×

    値段は自由に決めることが出来ますよ。

    しおりをつける
    🙂
    エス
    「本心はお金はいらない」  売るのはあなたです。  値段を安くするのはあなたの自由です。  高く売りたければ時間がかかりますが、安くすれば早く売れますよ。  値段設定は誰が決めましたか?  不動産屋は適正価格を基本に考えます。  また高いほど、売り手は喜びますし自分達の手数料も増えます。だからなるべく高く売りたいのが本心です。  しかしタダでも良いので早く売りたいのが売り手の本心なら、投げ売り価格にしても構いませんよ。  あまり安いと当局から贈与と疑われますが、売れなくて下げた価格なら通常は許容される範囲です。  贈与を疑われない金額などを不動産屋と相談した上で、値段は不動産屋の提案よりもウ~ンと安くしてみてごらんなさい。  もちろんあなたが買い手を探しても構いません。立て看板やネット等で人の目にふれる様にして、連絡がきた人に不動産屋の連絡先を伝えるのも手ですよ。  あなただって通常価格なら買う気はなくてもバーゲンなら買ってしまうことがありますよね。

    トピ内ID:2479660898

    閉じる× 閉じる×

    看板を設置

    しおりをつける
    blank
    いちご飴
    土地に「売地 X坪 宅地 連絡先●●不動産 電話番号●●●」などと書いた看板を立てておくといいでしょう。 あとは隣接した土地の持ち主を調べ、その持ち主に買い取り(というか引き取り)を依頼するのがいいでしょう。 宅地であれば、周囲の家にチラシをポスティング。 >人気地区ではなく売れるとは限りません。 そうとは限りません。 人気地区ではないから不動産屋があまり扱わない、不動産屋が扱わないから欲しい人に情報が届かない。 こういうことだってあります。 一般的に人気地区ではなくても、欲しい人はいるかもしれません。 まとまった山林であれば、最近はキャンプ需要で欲しい人がいます。 あるいはサバゲー用に欲しい人もいます。 宅地であれば、自宅近くに土地を探している人がいるかもしれません。 ある程度田舎であれば、逆にコロナの関連で需要が増えています。

    トピ内ID:1157243709

    閉じる× 閉じる×

    まず自治体に相談

    しおりをつける
    🙂
    さくたろう
    不人気の土地は難しいです。 不動産会社に相談もそう。 ただ不動産会社が買い取るっていうはそこに建売でも建てて 利益を出せる場合がほとんどで、大抵は「仲介」です。 まず最初の一歩として自治体に相談してみましょう。 もちろん自治体に寄付なんて受け付けてくれません(少しでも 固定資産税を納めてほしいから自治体が引き受けるなんて まあないです)。 まとまった面積なら、例えばインキュベーター用地というか 一般公募で土地の斡旋などあるかもしれないです (自治体ー行政という立場上、特定業者に土地斡旋なんて基本的には 出来ないし、個人から土地を譲り受けることも出来ません)。 お父様はまだ健在なんですよね? トピ主さんに土地処分を委任する形だと思いますけど、 不動産売買(無償譲渡でも)の場合、委任状だけでは取引出来ません。 必ず買い手、仲介者といった人が「名義人の確認」を行います。 もしお父様が認知症でまともな受け答えが出来ない場合、 取引が出来ない可能性があります(それ以前に委任状すら書けません)。 問題は、名義はお父様のままで、すでに認知症になっている場合は 残念ながらトピ主さんの権限で土地取引は不可能です。 お父様からトピ主さんへ名義変更可能であればまずそれが先です。 トピ主さんの名義にしてしまえば自由に出来ます。 土地相続の法改正が出てきましたけど、「相続した土地」であることが 前提ですから、お父様が存命なうちはこの法改正は適用されません。 また土地を国庫に返納といっても「法務局が認めたら」という前提付き なわけで簡単に国庫返納は難しいと思います。 「所有者不明の土地をあぶり出し、再開発可能であれば国庫返納も可」が 趣旨なんだろうから所有者が明確な土地ならば国庫返納は難しい、 私はそう解釈しますよ。誰もが不要所有地を手放せる、そんな法律では ないでしょう。

    トピ内ID:8152921955

    閉じる× 閉じる×

    残念ながら財産放棄しても管理責任が残る

    しおりをつける
    🙂
    ろうねこ
    全部の財産をまとめて放棄しても 国庫などが引き取れないと判断したら 管理責任者としての責任が残ってしまう場合が多いです。 そうなると、万が一売れるかもとか引き取ってもいいよという事がってもどうすることもできず 管理責任だけがいつまでも残るかもしれませんので注意が必要です 管理責任とは例えば古屋があったらそれが周りに迷惑がかかるとか、擁壁があって崩れて周りに迷惑がかかったときに責任がかかるとかです なので、やっぱり今度の法案が通ったらお金がかかってでも更地にして国庫に返納というのが一番かなぁと私も思ってます

    トピ内ID:6238784125

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず隣の人に

    しおりをつける
    🐱
    カリフラワー
    どうしても早く手放したいのなら、とりあえず隣接する土地の持ち主に聞いてみたらどうでしょうか? 相場より安くすれば、引き取ってくれるかも知れません。

    トピ内ID:8605012755

    閉じる× 閉じる×

    地目は?

    しおりをつける
    🙂
    ヘッジ
    宅地なら不動産屋でよいでしょう。農地なら農業委員会に相談するのも良いでしょう。太陽光発電業者も買い取りやってますよね、、、 相続は誰もが通る道ですので、いい経験になると思ってやってみては、、、

    トピ内ID:1711614788

    閉じる× 閉じる×

    広ければ開発業者に売る手も、ただし、安い

    しおりをつける
    🙂
    ochapi
    土地の広さと場所によるのですが、普通の不動産仲介ではなかなか売れないような土地であっても、開発して売る事業者になら売れることがあります。ただし、値段は個人間で普通に売る相場より遙かに安い、おそらく半分くらいになります。 開発事業者は、そこからまた最終的なお客に売るので、個人間販売の価格では買えません。当然、買いたたかれますが、トピ主さんのケースのように「お金は要らないけど手放したい」というケースなら問題ないでしょう。

    トピ内ID:0361388213

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    金助
    皆様のレスを頷きながら読ませていただきました。 地目は宅地で父は認知症ではありません。 法律にも注目しておりました。 子どもに渡したくないという思いもあります。 土地の場所は不人気だし難しいことは否めませんが拾う神の出現を願っています。 今後は皆様からのレスを参考にさせていただいて、放すためにできるだけのことをやっていこうと思います。 レスをしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

    トピ内ID:5291849944

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]