詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • どのくらい貯金があればいいのでしょうか?
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    どのくらい貯金があればいいのでしょうか?

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    あい
    子供
    結婚2ヶ月、夫婦共に正社員(28歳)です。地方の3DKアパートに住んでいます。
    実家への援助や急な引っ越しなどが重なり、お恥ずかしい話ですが現在は現金貯蓄が100万ほどしかありません。
    子どもは1~2人を希望していますし、いずれは中古で良いのでマイホームも持ちたいです。ですがいざ1人目が欲しいという際に、どのくらい貯金があれば最低限大丈夫だろうという額が分かりません。

    現時点での世帯収入は手取りで33万ほどです。ボーナスは夫婦で手取り60~80万になるかと思います。
    月の支出は車のローンや家賃など全て込みで28万くらいです。
    支出の28万の中には妻(私)の個人年金が1万と、積立NISAの2万が入ります。収入との差額の5万は現金貯蓄しています。
    また車のローンは夫婦で5万ありまして、夫があと2年、私があと5年支払うことになります。(田舎なので車は必須ですが、場合によっては1台手放すつもりです)
    私の個人年金もそれが正しいかどうかは分かりませんが、解約も検討しています。(返戻金で80万弱は戻ってきます)
    それ以外の固定費も削ればあと2万は貯蓄に回せそうなのですが、どのくらい貯めれば子どもやマイホームを考えていいのでしょうか?
    ちなみに私の中での順序は、1人目妊娠出産→資金を貯めながら小学校上がる前にマイホーム購入…かなと。2人目は絶対というより、出来たらいいなというレベルで考えています。
    独身時代にもっとしっかり貯めておくべきだったと反省しきりでお恥ずかしいですが、皆様のご意見やアドバイスをお聞かせ願いたいです。

    トピ内ID:2862376215

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 57 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 62 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    マイホームの方を優先しては?

    しおりをつける
    🐤
    まつこ
    >1人目妊娠出産→資金を貯めながら小学校上がる前にマイホーム購入

    子供が生まれてから貯めるというのは結構苦労しないといけないと思います。赤ちゃんとはいえ、お金はかなりかかります。調べてみるとわかりますが、よく飲む子だと月にミルク6缶くらい飲むので、月1万5千円、おむつは月5000円ほど、小さい子は病気になりやすいので医療費も月5千円くらい心の準備しておいた方が良いです。

    子供を産むと、基本1年ほどは育休になるので、主さんの給料が6割になります。なので、世帯の手取りが26万になります。ここから車5万円、NISA2万円、家賃と赤ちゃんの費用を引いて、生活費も引いて、さらにマイホームの貯金するのは、かなり苦労しないといけないと思います。

    子供は大きくなればなるほどお金かかるので、構えていた方が良いですよ。

    マイホームを購入したいということで、購入価格の10%くらいは仲介料や登録料など諸費用にプラスされます+引っ越しの費用
    2000万円のマイホームだとしたらかかるのは2200万円+引っ越し費用10万円

    中古となるとローンは組みづらくなるので、多く貸してくれるとは限りません。なので、少なくともマイホームのために300万以上用意した方が無難だと思います。

    これを子供が生まれた後より、今から貯めた方が楽だと思いますよ。

    トピ内ID:5683441618

    ...本文を表示

    半年分

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    まずは生活費半年分の200万円を貯めましょう。

    次に自動車のローンを返しましょう。
    投資とか貯蓄の前に借金の金利を減らすのが一番確実です。借金しながら貯蓄は穴の空いたバケツに水を入れているようなものです。
    そして、二度と車はローンで買ってはいけません。次の車用の貯金をしましょう。

    貯蓄についてはなぜiDeCoをしていないのでしょうか?これも確実に年末調整で減税になるので優先度は高いです。
    NISAは利益にかかる税金が無料になるだけなので、10万円の利益で2万円得なだけです。投資総額からするとないよりマシですが多くはないです。

    個人年金は満期の返戻率は把握していますか?
    投資だと年5%位は増えると言われているので、30年払うとしたら返戻率で170%くらいないと損です。
    (私が入ったときはそのくらいありましたが、たぶん超低金利の今はもう無いです)

    子供の医療費は現在日本の殆どの自治体で無料か数百円なので心配無用です。
    育休中は最近は各種税金が免除になるので手取りは1割くらいしか減らないのでこちらも心配無用です。
    ただし、半年経過すると給付金が減るので0歳で復帰する覚悟は必要です。

    あまり参考にならないと思いますが、我が家は手取りの半分を貯金しています。

    トピ内ID:6843038453

    ...本文を表示

    不安材料

    しおりをつける
    🐤
    自分を大切に
    気になったのは実家への援助です。

    これからも必要になる可能性は?
    また必要になったとしたら、はっきり断れそうですか?


    車のローンで5万は大きいですが、どちらも暫くは買い替えはなさそうですかね?
    個人年金の解約は勿体ないとは思います。
    年末調整の節税にもなりますから。

    書かれている内容だけではいくらあれば大丈夫という事は言いにくいと思います。
    生活水準や、教育に関しての考え方は人によりちがいますから。

    私の地元も都心ではなく地方。
    結婚で主人の地元のこれまた地方に来ましたが、それでも建売の住宅の相場が地元と今のところでは1/2の価格の開きがありました。
    マイホームといっても地域により価格がかなり違いますし、建売か注文住宅かでも金額がかなりちがいます。
    月5万とボーナスを貯金に回せるのであれば、まずは希望している地域での相場を把握していくらくらいかかるのか知り、頭金の目標をたてるとか。
    子供を先にした場合に主様の手取りがどれくらい減ってしまうのかを考えて計画されるといいと思います。

    もし子供を先に作ってしまって、時短などで給与が減ったら貯金もできないとなってしまったら計画倒れでしょう。
    後は今の家賃はおいくらでしょうか?
    今の家賃よりも下の金額の返済額でマイホームが持てるのか、待てないのかでもかわってきます。

    トピ内ID:0437101317

    ...本文を表示

    今後は、年80から100万を貯める。

    しおりをつける
    🙂
    みやん
    つもりの方がいいかもです。
    ボーナスは、全部貯金という考え方が分かりやすいかもです。

    うちも結婚した当初(29歳くらい)、貯金も100万程度。
    当時の旦那年収も似た感じです。
    当時は毎月、28万を目標にしてきた感じでしょうか。

    子供(3歳)も生まれて中古マンションを買う時(34歳)には、500万あるから、そろそろ家を探そうかという、旦那の言葉がきっかけだったように思います。
    でも別で、旦那実家からの500万円の資金援助があったので、そこはケースバイケースかな。

    結局、石橋を叩く生き方なので2000万弱くらいのローンを組みました。

    ただ車なし、レンタカーを利用してます。
    投資もしてません。

    あれから10数年経ち、私は長らく専業だったので、
    扶養控除内で4年前からパートで働きに出ました。
    それは遣わずにまるっと貯金したので400万は貯まったし、
    高校生になる子供の学費も、そこから出そうと思います。

    それと、旦那の年収も上がってきたので、
    緩やかですが別で貯蓄できている感じです。

    ただ子どもが小さな頃は、振り返ると意外とお金を遣いましたね。子供と過ごすレジャー費や、おもちゃや洋服なんやらが(笑)その思い出はプライスレスです。

    でも年100万にも根拠あります。
    子供の教育費には、子供一人につき、
    年100万を考えておいた方がいいです。

    これは塾代や教育費を考えてのことです。
    中学受験するなら、塾代に年100万。
    中学高校私立は、大体年100万掛かると思ってください。
    大学へは、、、、想像するとマジで頭痛いです。

    全て公立で行けたら、3分の1の値段で済むんですけどね。
    教育の内容を考えだすと、シンプルな話しでもありません。教育費は頭に入れておいてくださいね。

    トピ内ID:8808054577

    ...本文を表示

    ざっくり計算します。

    しおりをつける
    🙂
    ぴょんた
    月々の生活費とは別に、確実に収入が見込める60歳までに貯めるべきお金としては、

    1老後資金:2,000万円(政府が発表した例のアレ)
    2住居費用:2,000万円(マイホーム買うなら頭金や繰り上げ用、賃貸なら60歳以降の家賃)
    3教育費 :1,000万円(子供一人あたり1000万円で計算)

    60歳までにざっと5,000万円、個人年金などで1に回している分を勘案すると、これまたざっくりになりますが、月に10万円も貯蓄すればいいかと。
    現在月に5万円貯蓄しているとのことですので、ボーナスを全額貯蓄に回せばよい計算ですね。

    それで、向こう2年間で月10万円ペースで貯蓄すれば、よつばさんが書かれている資金(半年分の生活費、車ローンの返済)は作れます。それから子供、マイホームと考えていけば、余裕を持って資金繰りができると思います。

    まあ、こんな計算せずとも、3~4人家族だと月に10万円ペースで貯蓄すればそれなりに将来の備えはできると思います。
    ただし貯蓄の用途は上記1~3に限られますし、都心で住居費が高いとか子供の中学受験を考えているなどあれば、その分上積みは必要です。

    トピ内ID:7585104366

    ...本文を表示

    まずは1000万円ぐらい貯金したらどうですか

    しおりをつける
    🙂
    普段は節約家
    まずは1000万円ぐらいあればよいのでは。

    ただ、住宅資金3000万円と子育て2000万円で5000万円ぐらいは必要でしょうね。

    まずは毎月の支出が28万円は多すぎます。私たち夫婦(40代 子供なし ローン完済済み)の生活費は月に15万円程度です。

    生活費を見直して15万円以下にして、残りの18万円を毎月貯金すると年216万円。

    ボーナスも全額貯金してすると合計280万円ぐらい貯金できるので、3~4年で1000万円を目標にすると安心かも。

    トピ内ID:2415786923

    ...本文を表示

    仕事をやめなければ

    しおりをつける
    blank
    ワーママ
    何とかなると思いますよ

    貯金が少ないのは実家への援助かな?
    車のローン額が高いですが、生活費を考えれば妥当なところ
    地価が安いところなのでしょう

    年金も無理のない範囲なので、頑張って続けてください

    私も大した貯金なくても、子供産みました
    正社員なら、育休手当があるので死にはしません
    ためどきとは言いますが、生活に手いっぱいですけどね


    子供ができて生まれて小学生まで7年くらいです
    それまでに堅実に生きていけば
    贅沢をしない範囲の家が買えるでしょう

    私も二人目ほしかったのですが、年齢と貯蓄の少なさにあきらめました
    この状況で一人いるだけで儲けもんだと思っています

    身の丈に合わないマンションも購入しました
    あればあったなりに励みになり、節約する気になりましたよ

    トピ内ID:8553246625

    ...本文を表示

    年間100万目標

    しおりをつける
    🙂
    アラフォー
    現時点での貯蓄のなさはもう置いておいて、今後は年間100万くらいは貯金しておきたいところですね、、、。我が家も結婚当初はお互いほぼ貯金がありませんでしたが、結婚を機に主人の収入で生活、私の手取りは全額貯金という方法でガシガシお金を貯めていきました。主人の収入だけで生活することを前提にしておけば、万が一どちらかが仕事を失っても生活防衛できるし、貯金ペースが早くなると考えたからです。私の年間手取りが400万くらい、それを5年続けて2000万超くらいでマイホームを購入、1200万振り分け。と同時に第一子、2年後に第二子を授かりましたが、私の収入は貯金、というスタイルは崩していません。家のローンも主人だけで組みました。簡単なやり方なので結構オススメです。

    トピ内ID:0277189906

    ...本文を表示

    車をローンで買うという生活感覚を改める必要あり

    しおりをつける
    🙂
    専門家
    まあ、田舎ですと現実問題として、車は2台必要かもしれませんね。

    しかし、ひょっとして「高い車」に乗っていませんか?

    私なら、手持ちの現金で買える範囲の安い車にしますよ。

    手持ちの現金が少なければ5年落ちくらいのコンパクトカーでもOKですね。

    若いうちから車にお金をかける人には、お金は貯められません。

    トピ内ID:5183416208

    ...本文を表示

    正社員辞めない

    しおりをつける
    blank
    匿名
    すでに出てるけど、二人とも正社員ならば、大丈夫だと思います。

    30歳目安に一人目。
    小学校入学位に、住宅購入かな。
    トピの理想どおりでいけると思います。

    出産にかかる医療費などは、ほとんど戻って来ます。
    そこはあまり気にしなくても、大丈夫です。
    可愛いベビーグッズに財布が、緩みがちだと思いますが、お下がりやレンタル等も上手く使って節約してね。

    何もなければ、年間100万は貯金出来ると思います。
    単純に、今から10年で1000万の住宅頭金。
    それまでの昇分は、諸経費分として貯金。

    お子さん産まれたら、月1万×18年と児童手当分で最低限の学費を確保。

    トピ内ID:0029482182

    ...本文を表示

    これから二人で稼ごう

    しおりをつける
    🎶
    アイボリー
    「働かぬもの食うべからずを」夫婦のスローガンに
    これから二人でコツコツ稼いでいきましょう。

    それと実家への援助は気になります。
    将来的にまた頼られるのでは?
    できることなら残業を多くして、留守がちにし、
    実家と音信不通状態にしたいところだね。

    トピ内ID:5804110085

    ...本文を表示

    個人年金の解約はギッリギリまでダメ

    しおりをつける
    🙂
    よつや
    今までもこれからもそうですが、「お金のない親」は必ず子供の足かせになります。
    子供が子供の時だけでなく、大人になり、結婚して、子供ができても、お金の無い親が生きている限り未来永劫足かせになります。
    ですから、個人年金の内容はわかりませんが、確実に年金が増えるなら本当に困窮してどうにもならなくなる一歩手前までは絶対に解約すべきじゃないです。

    それ以外の面で考えるなら、現状で年間60万+ボーナスの70万前後=130万円くらいは貯金できているのでしょうか。
    であれば、来年にはお子さん一人できたとしても大丈夫じゃないでしょうか。
    おそらく現状の毎月5万の余剰金がお子さんの生活費になります。
    (うまくやれば余るかも。子供手当などもありますし)
    するとその後はボーナスのみが年間の貯蓄となりますが、年間70万、10年で700万。
    20年で1400万。

    正直厳しいです。
    定年するまでにも貯金総額2600円くらいですし、途中でお子さんの学費が必要になることを思うと私立や塾はアウト。
    でも、途中ご夫婦の収入が上がっていけば大丈夫なのかなと思います。
    逆に上がる見込みがゼロなら、お子さんは一人で、大学まで国公立もしくは高卒で就職、家を買うのは…どうなんだろう、私はかなり難しいと感じるんですが、他の方が大丈夫だというレスをつければ、大丈夫なのかもしれないです。
    (家を買うと、固定資産税や修繕費も自分持ちだから家の総額が今の家賃と変わらなくても、それプラス月に最低3万くらいは必要になりますよ。そのことも考えておいたほうが良いです)

    トピ内ID:7534230810

    ...本文を表示

    今から子供大丈夫。正社員なら、二人とも財形や給与天引おすすめ

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    大変失礼ながら、先にくぎを刺しておきます、
    >実家への援助
    は十年二十年早いです。
    まず第一に夫婦二人の生活基盤を確立させ、万が一の時の予備費をしっかりと蓄えること、
    第二に出産育児学資教育費こども関連費用を貯めること
    第三にマイホーム頭金、
    第四にあいさん夫婦の老後資金の目途が経ったら、第五にはじめて高齢の両親への援助を考える。
    だから二十年早いんです。
    それよりも、今の段階では今困っている親へは資金援助ではなく、今受けられる公助、もらえるはずの高齢者福祉支援の制度を調べて申請をするなどで助けるべきです。

    個人年金の中途解約は絶対にやめた方が良い。
    家計が苦しいなら今後の金額を控除枠内まで減額申請して細く長く続けましょう。

    現在の状況に加え、月々5万の貯蓄をあと2万に加えもうひと頑張りして、月給手取りの3割10万を給与天引き、ボーナスをもらえなかったものとして全額定期へ。
    現状28万を22万でやりくりするんです。

    地方なら子供出来たらそれこそ車は2台とも必要です。
    車のローンは手数料が高いなら5年払い続けた方が良いですよね、
    今の車を完済し、2台とも大切に長年乗り、次の買い替え時期には子供も大きくなって出費も嵩むので、
    ファミリー向けワゴンは欲しいけれど我慢して中古の積める軽と中古の小型車にしておきましょう。

    今後、子供が出来たら家財や物が激増します。
    3DKが物に囲まれたらそれこそ引っ越し代が莫大になる。
    心して今のうちから物を増やさない覚悟をし、買わない暮らしを今日から始めてみてください。
    プロパンガスのアパートが寒ければ、暖房機器や防寒グッズを大量に買うのではなく、都市ガスの断熱性の高い県営市営公営団地への引っ越しの方が家賃も水道光熱費も安くなったりします。

    トピ内ID:9416998892

    ...本文を表示

    カーローンを返した上で23万×6ヶ月+50万

    しおりをつける
    blank
    葉子
    車のローンの残債は0にする

    いざというときの用に、現在使っている生活費の6ヶ月分を貯める

    出産費用として50万

    この3つは最低限必要ですね。
    もちろんもっと貯められるならいいですけど。

    お子さん産んでもトピ主さんは出来るだけ早く職場復帰しましょう。

    トピ内ID:1033718529

    ...本文を表示

    今のままでも十分順調だと思います。

    しおりをつける
    🙂
    すいっちぽん
    トピ主さん、頑張っていますね。
    20代でご結婚されて共働き、貯金100万円は問題ないと思いますよ。

    稼ぐに追いつく貧乏なしなので、この先もダブルインカムで行くなら、あまり心配しないでも大丈夫です。
    普通に暮らして、お子さんもマイホームも持てる世帯収入だと思いますよ。

    ただ、ご夫婦の消費意識が収入よりちょっと高めで、そこは修正したほうがいいかもしれません。
    どこでそう思ったかというと、

    ・3DKの賃貸
    →子どもが就学する時にマイホーム購入する予定なら、2DKで十分です。家賃などの固定費はなかなか変えられないですから、もっと節約を考えたほうがいいです。

    ・車2台のローン
    →必需品というなら、それこそローンを組むべきではない。せめて1台は現金購入できるレベルの中古車にするべきでした。

    自分がトピ主さんだったら、車と住居費をもっと絞りますね。
    そこの意識を変えれば、もっと貯まると思います。

    そして、いくら貯めるか。

    トピ主さんがおいくらのマイホームを購入したいのかがわかりませんが、購入代金の1/3の金額は頭金として貯めましょう。
    数年後に出産・その5年後にマイホーム購入するとして、×年後に必要な金額は〇千万円、と出ると思います。

    育児にかかる費用は、それこそ日々生活とともに出ていくものなので、いくらかかると具体的な金額は出ませんし、なんとかなるものです。
    が、教育費は確保しておいた方がいいでしょう。
    もちろん中学受験するのかしないのか、大学はどうするのかなど考えたらキリがありませんし、現実には子どもの能力次第だったりします。
    安心のために、子どもが生まれたら学費用の保険に入るなどするといいですよ。

    あとは、その時々の生活や情勢を見ながら、臨機応変に貯めていけばいいのです。
    あまり考えすぎないで、そして無駄遣いをしないで、楽しく暮らしていってください。

    トピ内ID:6250909149

    ...本文を表示

    基本的な費用をもっと削らないと無理だと思います

    しおりをつける
    🙂
    ミルン
    子供一人かマイホーム、どちらか片方は大丈夫でも、両方は難しくないですかね?
    まして2人目、さらに私立受験とか書いている方がいて、どうやったらそんなことが可能なのか理解不能でした。

    現状で月の余剰金が5万となると、もし子供が一人生まれたら多分毎月の手取からの貯金額は2万が良いところ。
    しかも最初の1年間は妻側の産休や育休で今と同じ給与が出るかわかりません。
    夫と一緒に育休を取る選択も、給与と生活費のバランスを見たら不可能でしょう。
    おそらく妻側のワンオペに近い形で回さないと、収入面で破綻します。

    あとはその後の昇給の度合いにもよりますが、子供が生まれて今と同じ給与だとしたら、マイホームはきつい。
    ローン返済しながらさらに貯金もしていかないと、将来的に修繕やリフォームができないので維持できません。

    私は田舎の生活にはあまり詳しくないのですが、車って毎月5万もローン払わないといけないものを買わないと生活できないんですかね?
    1台は良いとしても、もう1台は電動自転車とかバイクとかで対応できないのか?と思います。

    現状で貯金が100万あるのはちょっとだけ心強いですが、それを増やしてからどうこう、というのはあまり現実的ではないと思います。
    その給与では5年経ってもそこまで増えません。
    それよりは、子供一人を育てながらしっかり貯蓄(学費や老後など)するにはどうしたら良いかということに心を砕いた方が良いと思います。

    色々書きましたが、せっかく結婚したんですから子供一人までは大賛成です。ぜひ産んでいただきたい。
    でもマイホームや2人目については、慎重にならないと結構厳しいと思いますよ、というのが私の意見です。

    トピ内ID:2174409730

    ...本文を表示

    現在の生活費×1年分+出産費用

    しおりをつける
    🙂
    異数合計
     とりあえず300万円の預金があれば、心安らかに出産に挑めるのではないでしょうか。今ある預金とあわせて、月5万円とボーナス全額貯めて2年。というところですね。
     そこまではいけると思うのですが、マイホームは厳しそうです。無事に出産を乗り越えたら、生活防衛資金として240万円。マイホームの頭金や諸経費は、これとは別に貯めることになりますから。年に100万円貯めるとしたら1000万円貯めるのに10年かかります。うーん……厳しい。

     生活費がかかりすぎなんだと思います。年金や積立、車のローンを除いて、約20万円? 車2台必要な地方なら住居費もそれほど高くないと思うのですが……何に使っているんでしょう。
     月の生活が15万円で回れば、生活防衛資金は180万円で足ります。そのあたりも考えつつ、家計の見直しをしてはいかがでしょう。

    トピ内ID:6371702346

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0