詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    転職すべきかどうか

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ゴマ
    仕事
    転職すべきか悩んでいます。相談にのって頂けますでしょうか? 年収150万あたりは一番もったいない働き方ですよね? 夫→年収740万 主→年収150万、週5、時短6時間、正社員、時給1040円 子供→2歳 保育園 関東住み、戸建て購入後ローン返済中 貯蓄は多少あり 正社員勤務10年、育休明けで正社員で戻りましたが、時給になりました。女性社員は私しかいない小さな会社で、みんな結婚や出産のときに退職しています。 私は育休をとった初めての社員です。一年間お休みを頂きご迷惑おかけしました。 時給になったので、お盆休みやGWがあると月給10万もいきません。月給にしてほしいと何度も頼みましたが、いつでも子供の熱などで早退できるようにとのことで、月給にしてもらえません。(実際早退したことはありません)ボーナスもなぜかもらえなくなっていました。 フルタイムで働くのも不安がありますが、今の状況はやはり無駄でしょうか。特に業務内容に不満もありませんが、みなさんだったら転職しますか?育休明けだとこんなものでしょうか?転職活動したところで雇ってもらえない気もしますが… 社長にも子持ちの主婦は使いにくいよねとよく言われていたので、暗にやめろと言われていたのかもしれません。悲しいです。うちの会社のパートさんの時給と変わりません。 もしくは扶養内パートにもできるのでそうした方がお得でしょうか。扶養内にすると夫の控除がどれくらいになるかよくわからず… とりとめのない文で申し訳ありません。友人の育休明けの年収が軒並み高かったので、つらくなってしまいました…

    トピ内ID:7106862028

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 6 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    続けたほうが良い気がします

    しおりをつける
    ゆかたん
    転職しても止まっても、どちらもメリットとデメリットがあるように思います。 現状、転職するとして会社側にトピ主さん(お子さんが小さく、バリバリ働くことを期待できない人材)を新たに雇用するメリットがあるでしょうか。 現職の待遇に不満があるのは分かります。 ですが、道を切り開く第一号というのはいつも大変なのです。 それは、最初から分かっていたのではないでしょうか。 時短を取得しなければ、これまで通りの待遇になるのですよね。 お子さんの小さいころは、保育料などで引かれてトントンですよ。 あと数年の我慢。 トピ主さんの家だけではない。 キャリアを途絶えさせないために働き続けるのです。 目先のことだけでなく、長期的な目線で頑張ってほしいなと思います。

    トピ内ID:4509025208

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    ゴマ
    主です、ご返信ありがとうございます。同じ状況の人がおらずもやもやしていたので、とてもありがたいです。 やはり転職は厳しいですよね…。どこでも使いにくい存在なんですね。文句ばかりですみません。。 ちなみに時短前は手取り19万で、役職手当を外されたので現状の給与になりました。事実上の降格だと思います。時短解除しても元の給与にはなりません…ほんと辞めさせたいのか…(泣) 本当に保育料とトントンくらいだったので、みんなそういうものだと言って頂けてホッとしました。それでも皆さんくじけずに頑張ってるんですね。 数年後を見据えて頑張ります。給与を上げてあげたいと思われる人材になろうと思います。 本当にありがとうございました。

    トピ内ID:7106862028

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]