詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 父が他界したのですが、納骨のタイミングは?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    父が他界したのですが、納骨のタイミングは?

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主4
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    困ってます
    話題
    海外在住です。3月末に父が他界しました。
    母はすでに他界しており、父は外国人の方と再婚していました。

    ご存じの通り、コロナ禍で国際的な行き来が非常に難しくまだ実家に帰ることが出来ていません。
    葬儀やその後の手続きは私が出来るところは電話手配、どうしても難しい所はご近所さんに頼んでいます。
    特に、母が生前親しかった近所のおばさまがいて、近所のおせっかいおばさまと言えば想像して頂けるかと思うのですが、良かれと思って口を挟んでくださっていることは感じており、実際、日本語が分からない配偶者に対し、大変お骨折りくださってありがたい限りです。

    ご意見を伺いたいのはこれから先のことです。納骨を中途半端な時期に行なうことについてどう思われますか?

    四十九日は5月半ば(3カ月またぎなので4月末が正式?)で今の状況では一時帰国は無理です。
    100か日も、日本到着後2週間の自粛があるので、微妙です。

    父はお寺に行くこともなく、母の法事関係も私が言わないと行わなかったので気にしてない?と思う反面、もやっとします。
    でも、四十九日を行うのなら、また近所の方にお骨折り頂くことになりそうで心苦しいです。

    さすがに一周忌前には一時帰国できると思います。
    が、一周忌前に一時帰国をした場合、本当の一周忌には帰国は無理です。

    すべてコロナの状態次第ですが今だと一連の一時帰国の費用は約80万。地方に行かなければならず、自主隔離で東京で2週間のホテル滞在、戻って来てこちらでまたホテル滞在が必須です。
    加えて、私が帰国している間、夫は子供の面倒を見なければいけないので長期休暇をとり、収入がなくなります。一年の間に二回はできません。

    できれば帰国可能な一番早い時期に戻ってその際に納骨したいのですが、中途半端でしょうか。ご意見や良いお知恵があれば聞かせてください。

    トピ内ID:3655966702

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 9 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 18 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)
    このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    決まりはありません

    しおりをつける
    blank
    匿名
    統計的に多いのが四十九日や百か日の法要ってだけです。
    親戚が集まりやすいので。

    その次に多いのが一周忌。
    お墓を新たに建てる人などは三回忌(丸2年)になったりする。

    ぴったり一周忌じゃなきゃだめってことはありません。
    昨今、お葬式の当日に初七日を済ませることが多いんです。

    どういう形式で納骨するかは分かりませんが、例えばお坊さんを頼むにしても、事情を説明すれば厳密に一周忌でなくても一周忌として取り扱って法要してくれるし、納骨もしてくれます。
    帰国できた時に納骨すればいいんです。

    くれぐれも埋葬許可証を無くさないように。
    紛失すると自治体によっては本当に面倒くさいことになります。

    トピ内ID:3688701633

    ...本文を表示

    代行業者

    しおりをつける
    🙂
    もももんが
    もう一通り法律的な手続きは終わっていて、トピ主は現在海外ですよね。

    それでは代行業者とお寺に任せては?

    トピ主は今後お墓、お寺ははどう考えていますか?継ぐつもりはありますか?

    亡き人もそれ程拘りがはなく、配偶者は外国人。法用やお墓の維持は難しいでしょう。
    トピ主に拘りが無いなら、お父さんは合祀。これを機会に墓じまい、離檀を代行でしてもらうのも手と思います。

    海外なので、と言えばスムーズでしょう。







    トピ内ID:5896519477

    ...本文を表示

    納骨時期に決まりはないです

    しおりをつける
    🙂
    ひろし
    四十九日に納骨っていうのは、まあそうした方が
    家族・遺族ともに気持ちの整理がつきやすいとか
    そういう意味もありますが「そんなすぐ納骨したくない」、
    「家で骨壺を保管し一緒に住みたい(住んでいる感覚でいたい)」、
    あるいは納骨しようにも墓がない、埋葬する場所が見つかるまで」・・と
    色々な事情があります。

    納骨のタイミングなんて「人それぞれ」で決まりなんてありませんよ。

    再婚相手が外国人とのことで日本語もあまりよく分からないって
    いうのが幸か不幸か分かりませんが、その人に、その人が理解出来る
    言語をトピ主さんが使える(メールなどで)ならば、
    再婚相手にちゃんと説明された方が良いです。

    まあ、再婚相手をトピ主さんが信用しておらず、近所のおばさまの
    方がまだマシ、ならばおばさまを頼るしかありませんね。

    で、先にも書いたように納骨は「いつでも良い」わけで、
    数年待ったら良いと思うんです。その期間、おばさま経由で
    例えば近くのお寺に事情を説明して保管してもらうことだって
    可能かもしれないし、今よりも行き来出来る環境が整った時に
    帰国して埋葬したら良いと思います。

    納骨や法事っていうのはまあ基本的にはいつでも良いんですけど、
    問題は現実問題である、相続関係の話ですね。
    外国人の再婚相手も相続者の一人なわけで、お父さん名義のものなど
    処理する事もあると思います。そっちの方が優先だろうと思います。

    トピ内ID:3670925939

    ...本文を表示

    ご意見、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    困ってます
    もももんが様

    代行して頂くことが出来るんですね。調べてみます。
    お墓は、今すぐでなくても墓じまいかな、と思っております。

    なぜ今すぐではないかというと、資金の問題です。
    父の闘病で病院に支払いが残っていますし、配偶者の生活も見なければいけない(友人からは見る必要ないって言われてます。でも、父と10年一緒にいた人で…父の年金で養ってましたが…恩も感じています)

    加えて、伯父が建てた墓なので先祖代々の墓を私が継ぐ?という根本的な疑問もあります。伯父の許可なく納骨が出来るのか?と思いながらも、とりあえず、納骨するという方向で考えた時に帰国タイミングが非常識?思って相談させていただきました。それ以外のことはお寺さんに聞かなければ進まないですし。

    父のお骨は合祀を考えていたのですが、少し年配の知り合いからお母さんと同じように葬ってあげたらどうですか?と言われ、心が揺れています。

    匿名様

    ありがとうございます。帰国出来る時に納骨すればいい、と誰かに言って欲しかった自分がいます。汗

    埋葬許可証ね、配偶者に絶対になくさない、すべてのレシート、書類をとっておくこと、って言いましたが…どうだろう…心配しても仕方ないですが、心配です。

    トピ内ID:3655966702

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    ご意見、ありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    困ってます
    ひろし様

    仕方ないとは思っていても、納骨や法事類をずらすことがどのくらい非常識なんだろうと気になっていました。ありがとうございます。

    再婚相手は、ある程度までなら私がコミュニケーションをとることは可能です。説明してみます。

    相続は確かに問題なのですが、実は父は初婚の時の相手に子供がおり…汗
    探してはみますが、多分連絡が取れませんので、そのままになりそうな気がします(ダメなんですかね?)
    幸か、不幸か…財産はかき集めても10万程度です。病院への支払いが残っているので、相続人一人(私)が書類を書けば引き出せる額だと言われました。

    母はこうなることを見越して、10年前に他界する前に大きな額の貯金は私名義に、家は母名義にしてすべて私に譲ると遺言を残しました。父は、一応私が一人娘なのでそれでよいと言ったそうです。(事情があり、子供…私の腹違いの兄…のことを良く思っていなかったと思います)

    トピ内ID:3655966702

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    いつでもいい

    しおりをつける
    🙂
    おじさん
    宗派や考え方によって違いがあるので、あくまで私個人の話です。

    私は、父は一周忌の時に納骨し、昨年母がなくなったのですが、三回忌にしようかもっと家にいてもらおうか、考え中です。
    父の時はよく分からずに早くやりたくて一周忌に納骨しましたが、私の宗派(というかお寺)は、納骨はいつでもいいということなので、母についてはのんびり考えています。
    別に、私が死ぬまで家にいてもらっても問題があるわけではないですから。

    あと、例えば三回忌に納骨するとして、いつやるかですが、私の宗派では、これもざっくりでいいそうで、例えば冬に亡くなったとしても、暖かくなる春にやる人が多いそうです。

    まとめると、納骨についてはのんびり構えたらいいということ、その間お骨の保管などをしてくれる人には厚く対応することなどでしょうか。
    お金のことを心配していますが、実のお父さんのことにしては、薄情な気がします

    トピ内ID:4221722435

    ...本文を表示

    墓仕舞いするのですね・・・

    しおりをつける
    🙂
    るる
    伯父さまが建てた墓をトピ主さんが墓仕舞いするのですか?
    お母さまは伯父さまがたてた墓に眠っているのですか?
    母方のお墓という事ですか?

    遺族が納得するまでお骨を手元に置いておいても良いんですよ。

    でも、いずれ墓仕舞いするのなら・・・
    そのお骨をダイヤモンドにしてそばに置くということも出来ます。
    専用の業者さんがいます。
    それなりの金額はかかりますけれどね、ご一考を

    トピ内ID:5587975084

    ...本文を表示

    うちのばあい

    しおりをつける
    blank
    かのん
    未婚の叔父が亡くなった時ですが、親族がみんな遠方で集まれる日がないので、葬儀の日に火葬後、初七日のお経もあげそのまま納骨も済ませました。すべて同じ日にです。
    もう介護施設に入っていたので家もなく、お骨を置いておくところがなかったので、納骨まで済ませてしまいました。墓石は後日名前を入れてもらいました。
    お位牌はお寺にて永代供養してもらってます。
    四十九日や一周忌はお寺で集まれる親族だけでやりました。

    親族でお仏壇を誰も持っていないのでお寺にすべてをお願いしてあります。

    トピ内ID:9227912785

    ...本文を表示

    みなさま、コメントありがとうございました。

    しおりをつける
    🙂
    困ってます
    おじさん様

    レス、ありがとうございます。
    やはり、やや薄情だと文面に出てしまいましたか…実はですね、父は娘の私を大切にしてくれましたが、母の生前は浮気を繰り返し、母の預金から大金を盗んで愛人と暮らしました。母は私に泣いて、お父さんに手紙を書いて…と懇願し、私の手紙を読んで父は戻ってきましたが、母と祖母に暴力を繰り返しました。
    最後は、がんに侵されながらも自分で全部を手配して死んだ母が可哀そうでなりませんでした。女手一つで育てるという私の将来への心配や、女性として愛情があったのに加え、妻としての意地などもあったのかもしれません。今となってはどうして別れなかったのかわかりません。

    その母の四十九日が終わらないうちに、母からの遺産相続で受け取った銀行預金を使って外国に渡り、今の配偶者の方と結婚しました。私がせめて四十九日が終わるまで…とお願いしたあとに自分の部屋に戻っていったのですが、閉じられたドア越しに、今すぐ結婚したい…と仲介者に話す声がしました。
    また、私の新婚旅行中に、病気だからヨーロッパから戻ってこいと携帯に電話され、急いで日本に戻ったら仮病(がんであと数日の命と私には伝えましたが、胃潰瘍の軽いやつ)でした。
    そんな状態で、実の父なので嫌いにはなれませんが、気持ちとしてはとても複雑で、まずは、生きている者(娘がおります)の生活を第一にできる範囲で…という感じが文面に出たのだと思います。
    匿名を利用して、重い話をたくさんしてしまってすみません…。

    るる様

    そうなんです。母方のお墓なんです。父は婿養子で、死別、再婚しているので、母方のお墓に入るというもの複雑なのですが、伯父と連絡がつながらず…そこも解決しなければならない問題です。

    トピ内ID:3655966702

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(4件)全て見る

    二度目(ひろしです)

    しおりをつける
    🙂
    ひろし
    トピレス読んで、、、

    納骨や法事って何のためにするのかというと、
    要はざっくり言うと、遺族や身内のためなんです。

    納骨も「そこに埋葬されている」ことを納骨の日に親族一同が
    集まってやることが多いですが、それによって「故人はもうこの墓に
    眠っている」となるわけで、特に遺族が少ないとか、もう身寄りもない
    んだったら急いで納骨する必要もないし、埋葬する環境が整うまで
    お骨は保管で良いのです。

    腹違いの兄さんがいるのですか・・。ということは、
    お父さんは再々婚ってことですか?
    複雑ですね。

    もちろん異母兄にも相続権があるので「探す努力」だけはした方が良い
    です(「探した」という実績です)。
    相続というのは「故人の死を知ってから~」が原則ですから、
    異母兄が父の死を知らなければ法的には異母兄にとっては
    「相続は始まっていない」わけで、いつまで経っても決着が
    つかないのです。

    他界したお母さん(トピ主さんの実母)のお骨は今どうなって
    いるんですか?おばさんが言うように、お父さんと一緒に埋葬も
    一つの手ですが、じゃあ晩年を支えてくれた外国人の後々妻さんは
    どうするの?などいろいろ厄介ですね。

    伯父の建てた墓に関しては伯父に後継者は居ないんですか?
    伯父がまだ存命なら、ここにお父さんを埋葬とか今は考えない方が良い
    かもしれません。じっくり考えてからでいいです
    (お父さんは散骨っていう手だってありますから)。

    後々妻さんのお世話について、トピ主さんとは親子関係ではないでしょう
    から援助義務はないけど、温情でどうするか?ですね。

    後々妻さんの国籍がどうなっているかで今後の行政サービスも
    変わってくるだろうし、いろいろ複雑で厄介な問題になってくると
    思います。

    まずは一つずつ処理していくことです。
    何もかもいっぺんに処理は出来ないと思いますから。

    トピ内ID:3670925939

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (4)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0