詳細検索

    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    期間限定 マイページ登録 ありがとうキャンペーン 応募する
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    刺繍の図案

    お気に入り追加
    レス10
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    むくみちゃん
    話題
    トピを開いてくれてありがとうございます。 趣味で刺繍をしていますが、せっかく写した図案が刺繍をしていくうちに所々消えてしまいました。 こういう場合の対処法ってどうしてますか? 図案はA4サイズぐらいのものなんですが、消えた所をもう一度上から写そうと思っても布が微妙に歪んで刺し終わった所と少しずれてしまいます。 何かアドバイスお願いします。

    トピ内ID:3005463212

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 3 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 14 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数10

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    並び順:古い順

    私の場合

    しおりをつける
    🙂
    刺繍スキー
    趣味で刺繍をして一年余りのものです。 私の場合は、刺繍専用のチャコペーパーとチャコペンシルを使っています。 薄くなってきた時は、チャコペンシルで上から書き足しています。 または、いっぺんに全部転写しないで、四隅やパーツに分けることもあります。 ご参考になれば幸いです。

    トピ内ID:5772816044

    閉じる× 閉じる×

    私も

    しおりをつける
    🙂
    むくみちゃん
    チャコペーパーを使ってますが刺繍してるとだんだん消えてきてしまいます。後から書き足すと元の図案と違ってきてしまうのが凄くいやです。

    トピ内ID:3005463212

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    いっそ顔料インクのミリペン

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    ようするに、「絶対落ちないインク」です。 もちろん洗っても絶対に落ちませんので、全ての線が刺繍で完全に隠れるのが前提になりますが、 ふつう、刺繍したら下線って隠れますよね。ミリペンなら細いので目立ちません。 チャコペーパーで一度転写したあと、その線の上からもう一度描きます。 布に近い色か、もしくは何色か用意して糸に近い色で描いてしまうのがいちばん確実な気がします。

    トピ内ID:6405814845

    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    🙂
    刺繍スキー
    主様の図案は、複雑で細かいものなんでしょうね。 チャコペーパーではなく、チャコパーをおすすめします。 転写する時も、カッターマットの上で2回3回なぞってみてください。 かなりしっかり転写できると思いますよ。

    トピ内ID:5772816044

    閉じる× 閉じる×

    刺繍専用の転写シート

    しおりをつける
    blank
    葉子
    刺繍専用の物があります。 使ったことはないのですが、やっぱり専用の物は一般的なチャコペーパーとは違うみたいなので試してみる価値はあると思います。 ちなみに私の知り合いは、印つけにフリクションを使っています。 アイロンで線が消えるからです。

    トピ内ID:9507733561

    閉じる× 閉じる×

    フリクションいいかもですね

    しおりをつける
    🙂
    マスクマン
    チャコペーパーで転写したら、所々重要な箇所をフリクションなどでなぞってみたらいかがですか? あと刺繍用の枠などは使われてるんですよね。 布の張りすぎや糸の引きすぎ、あまり布の表面に触れないなど、やり方も少し見直してみたらどうでしょう。 私はワンポイントくらいしか刺さないのですが、チャコペンなどもっとどうにかして欲しいですね。 水で消えるタイプもありますが、もっとカラフルで細いものなどできたらいいなと思います。

    トピ内ID:3451650187

    閉じる× 閉じる×

    筆圧が不適切(軽い)だと思う

    しおりをつける
    🐶
    とくめい
    チャコピー(グレー)、トレーシングペーパー、セロファン、トレーサー(細)を用いて図案を写しています。 堅い台(私の場合はガラス)の上で体重を掛けて、強い筆圧で写します。 図案を写した布の表面は筆圧でくぼみ、裏面は図案線がテラテラ光っています。 刺しているうちに薄くなれば、くぼみを黄色のチャコペンでなぞることもありますが、布を見る角度を変えれば(斜めに透かしてみる、光の当たり具合を変えてみる)図案は見えます。 もちろん適切な筆圧で、図案は濃すぎてもダメですが… 私は退職後に未経験で刺しゅうを始めた者です。 某団体のカリキュラムで一から学んだのですが、基本の準備、図案写しが楽になるのに4年かかり、もうじき高齢者になります。 結局のところ数をこなすしかありませんが、私の場合は筆圧がポイントでした。 (ちなみに刺繍枠を使えるようになるのには5年かかりました) そこは、「決められた方法でやりなさい」という方針でした。 できない時は人に聞いていろいろ試しました。 しかし、「基本のやり方が一番楽で仕上がりも綺麗」というのが私の結論です。 そろそろ優雅な刺しゅう生活を始めたいです。 できない時は、図案を写してから、アイロンをかけて定着させたこともあります(消えません)。 フリクションペン、高温で消えますが、常温でもシミが気になりました。 画材のスーパーチャコペーパーはねっとりしているそうで、一度試したいと購入してあります(試す前に解決したのでまだ使っていません)。

    トピ内ID:4082535936

    閉じる× 閉じる×

    試してみます

    しおりをつける
    🙂
    むくみちゃん
    チャコペーパーで写した上からフリクションでなぞってやってみます。 長期作業用のチャコペンみたいなのも気になります。 刺繍の図案写しがもっと楽にきれいにできる道具がほんとにほしいです

    トピ内ID:3005463212

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    水彩色鉛筆

    しおりをつける
    💡
    フ号
    読んで字のごとく水彩色鉛筆なので、布に描いた線は洗うと消えます。 私は、晒し木綿で刺し子布巾をつくるときに、チャコペーパーで複写した線をなぞったり、紋様によっては型紙を当てて直に布地に描くのにつかっています。 刺しを終えて洗いをかけるまでは消えません。 つかっているのはステッドラーの12色セットです。 (たまたま持っていたのがソレだっただけです。) 刺し糸に似た色で線を引いておくと仕上がりのイメージが掴みやすいし、描いた線が消えなかったとしても目立たないのでいいかとおもいつつ、一応端切れに線を引いて、洗えば落ちるのを確かめてから使い始めました。 布地の織りや風合いによっては、まったく用をなさないかもしれませんが、水彩色鉛筆はそういうつかい方もできる、ということで。

    トピ内ID:1492273728

    閉じる× 閉じる×

    チャコペーパーは

    しおりをつける
    🙂
    もなか
    チョークみたいなもんだから、結構消えちゃうんですよね。 私もいらいろ試しましたが、消えない順だと 水につけると消えるチャコペン 時間が経つと消えるチャコペン チャコペンシル チャコペーパー かなと。 時間が経つと消えるチャコペンは付きはいいですけど、長く掛かる刺繍には当然おすすめ出来ません。 私はチャコペーパーってうまく使えないのであまり使わないですけど、チャコペーパーで線をつけた後に水につけると消えるチャコペンでなぞっておくといいんじゃないかなと思いますよ。

    トピ内ID:4547989419

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]