詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    祖父が亡くなった

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    優ちゃん
    ヘルス
    私は医療関係の学校に通う大学生です。
    先日祖父が心筋梗塞で亡くなりました。
    その日の朝、母から祖父が心停止したと連絡があり急いで帰りましたが祖父の死に目には会えませんでした。

    最後に会ったのは正月、「元気でね、じいちゃん!」と交わしたのが最後の会話でした。その次に再会したのは葬儀場で冷たくなった祖父でした。

    あの時会いに行っていれば、あの時こうしていれば良かったと、もうどうしようもない事ですが自責の念に駆られます。

    私は祖父にとって初孫であり、近所に住んでいたので小さい頃からの思い出も沢山あります。

    私は今まで肉親を亡くしたことがなかったので、こんなにつらいものかと実感しています。

    遺影の祖父を見たり、何かをふと思い出しただけで、胸がぎゅーとつかまれるように苦しくなります。

    私の心の中には笑って私の名前を呼ぶ祖父がいて、心の中では生きている、しかし、現実では肉体がない、会えない、話すことも出来ない、、そんななんとも言えない虚無感に襲われます。

    現実を受け入れて、切り替えなければならないと言うのは頭では分かっているのですが、心が追いついて来ません。しんどいです。

    トピ内ID:0827511083

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 4 びっくり
    • 9 涙ぽろり
    • 90 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    喪に服す時間。

    しおりをつける
    🍴
    質より量
    >現実を受け入れて、切り替えなければならない

    現実を受け入れるには時間がかかる場合もあります。
    特に大切な人を失ったときには、ゆっくりと時間をかけて、悲しみを感じ喪に服すそういう時間が大切です。

    急いで帰ったけど、祖父の死に間に合わなかったということが、心残りになっているでしょうか?

    今はただ、胸を掴まれるような苦しみや悲しみを感じて、それを体の外に出してください。涙を流してもいい、思い出を書き連ねてもいい、懐かしい写真を眺めてもいい、堪えたり閉じ込めようとはしないで、外に出してください。

    医療関係の学校に通っているということで、この喪失の体験はきっと主様を、一回り大きくそして心の深い人にしてくれると思います。喪失の心理学や、回復の心の段階についての研究もあります。

    ご自身の癒しになるかもしれません。興味があればぜひ、そう言ったものにも興味を向けて欲しいと思います。

    トピ内ID:1292741244

    閉じる× 閉じる×

    人は2回死ぬ話

    しおりをつける
    🙂
    紅茶
    この度は心よりお悔やみ申し上げます。お爺様残念でしたね・・
    タイトルの 人は2回死ぬの話 は以前私も知人に言われた言葉です。

    1回目の死はまさに肉体が死んでしまう時
    2回目は周りの人達に忘れ去られた時 です。

    トピ主様 お爺様との沢山の思い出が蘇るたびに今は悲しい気持ちになるかもしれません。ですが 辛く涙を流しながらそれでも忘れないでいてあげてください。いつか笑顔で思い出せる時が必ず来ます。(私もそうなりました。)

    可愛がっていた初孫のトピ主様が 笑顔でお爺様を思い出せるようになったらお爺様もきっと空から笑顔で安心して笑っておられると思いますよ!
    そうなるまでには時間がかかります。お爺様を大好きだった分だけ時間がかかると思います。

    無理して笑わなくてもいいのです。沢山泣いて沢山悲しんでいいのです。
    大好きな人が亡くなってしまったのだから当然のことです。


    今はちゃんとご飯食べられてますか?眠れてますか?
    難しいかもしれませんが なるべくちゃんと食べて眠るようにそこは気を付けて下さいね! 体を壊してしまってはお爺様も心配で成仏できませんよ(笑)

    トピ内ID:6450029052

    閉じる× 閉じる×

    お祖父様とお孫さんの絆に心打たれます

    しおりをつける
    🐧
    ミヤコダレモン
    夫の父親が亡くなったとき、家の娘たちはそれほど悲しんではなく、思い出話をすることもなくいつもの生活に戻っていきました。

    私は義父が大好きで、娘たちと悲しみを共有したかったのですが、淡々とした態度にとても淋しかったです。

    トピ主様はお祖父様と深い絆で結ばれており、ご家族と悲しみを共有できますね。
    うらやましく思えます。

    あんなことがあった、こんなことがあったと思い出してあげることが供養になると思います。

    私も孫が4人いますが、それほど慕われていないので、お祖父様の人徳でしょうね。
    いい人生をおくられたと思いますよ。お孫さんからそんなに慕われていたのですから。

    トピ内ID:6897669708

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0