詳細検索

    • ホーム
    • ヘルス
    • うわぁぁ!オラに元気を分けてくれ!!(鬱との戦い)
    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    うわぁぁ!オラに元気を分けてくれ!!(鬱との戦い)

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    そらまめ
    ヘルス
    激務の果てに、鬱病になりました。私ではなくダンナが(結婚4年目)。

    1.深夜2時3時帰宅は当たり前。
    2.徹夜もしばしば。
    3.責任のある立場なので上からも下からも責められる。

    そんな状況が断続的に3年以上続いたダンナが、とうとう仕事へのモチベが切れ鬱病になってしまいました(通院中)。前線から外してもらうよう会社に頼んでいるところです(外してもらえそう)。
    やる気が出ない自分を責め、家庭でも笑顔が出ない自分を責め、こんな自分と結婚生活を続けていくのは妻である私に悪いんじゃないかとさらに責め。

    気にしないで。辛いなら仕事やめても大丈夫だし。
    長い人生のんびりと。そういうこともあるよね。

    私に家庭背負えるだけの収入(正社員です)があるので、こうやって気にしないでと言ってるんですが…。

    私自身も毎日21時、22時に帰宅する仕事です(ダンナと同職種)。私は自分の仕事上のストレスはぐっと飲み込んでる毎日です。

    うわぁぁぁぁ、さすがにテンション低くなっちゃうぞー。帰宅して笑顔で会話したーい。
    すいません、ちょっと吐き出したかったんです。ダンナが快方に向かうよう私が頑張ります。

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 7 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    並び順:古い順

    仙豆をあげたいです。

    しおりをつける
    blank
    たー
    仙豆があればね、ご主人も一発で元気、トピ主さんも元気になれちゃうんだけど、そうもいかないですね。

    あくまでも私の時ですが。

    慰めの言葉をもらうよりも、ピタッとくっついて撫でられて、ヨシヨシってやってもらうのが一番安心できて楽だったかな。
    「大丈夫よ」とか「頑張って」って言葉じゃなくて、
    大好きだよ、いてくれてありがとね、そばにいてくれてありがとね、ってそんな言葉をかけてもらいながら、心音が聞けるくらいにピタッと寄り添ってもらうととても安心しました。

    トピ主さんも仕事が忙しいようなのでなかなか時間は作れないと思いますが、ご主人をそうやって安心させてみてください。

    早く元気になりますように。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さんを応援しています。1

    しおりをつける
    blank
    のりのり
    私は鬱になって何年か通院した経験があります。(今は完全に良くなりました。)当時は独身で実家に住んでいたのですが、家族(特に母)の温かい愛情のおかげで、ゆっくりながらも「元の世界に戻りたい」という意欲を取り戻すことができたと思っています。

    仕事から帰って来て用意された夕食を食べながら、涙が止まらなくなったこともしょっちゅうですが、その度に母が「お帰り~、お疲れ様」と言って肩を揉んでくれました。その後は自分でお茶を入れて一杯飲んだら「お休み~」と寝てしまっていたっけ。

    (続きます)

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主さんを応援しています。2

    しおりをつける
    blank
    のりのり
    トピ主さんも、もし「どんな言葉をかけていいかわからない」「何を言っても逆効果?」「こっちまで暗くなる…」と思うことがあったら、とりあえずご主人が嫌がらなければ肩でも揉んであげて、「じゃあお休み」とだけ言って寝ちゃって下さい。それだけでも十分だと思います。凝り固まった肩がほぐれると、ほんのわずかかもしれませんが心にも良い影響があると思うし、変に気を遣われるよりいつもと変わらない挨拶「のみ」の方が楽です。そして家族の愛情を感じることができます。無反応だったりするとそうは見えないんですが…。

    以上はあくまでも私の場合ですが、何か参考になればうれしいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    同じ立場の人だ!

    しおりをつける
    blank
    働く妻
    うちもだんながウツです!

    お仕事は休んでもらって、
    今日は御飯は食べられるかな?
    お薬飲んだ?
    どんなこと悩んでるの?
    …て、聞いてるけど。

    私の気分転換がデキナイ!!
    仕方ないから、大学の同期(私と夫は大学同期)の共通の友人に電話して相談したり、ついでに同業だと仕事の愚痴も言ってみたり、あとは気晴らしに買い物が増えました!

    そう、ダンナに総合的に不満があるわけじゃない。
    ただ自分の愚痴が言えないだけ。

    いいトピですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    がんばらなくてもいいよ

    しおりをつける
    blank
    きんちゃん
    とぴさん よく頑張ってるね!
    そんなに頑張らなくても良いよ。

    我が家も夫が転職で 心身疲労してしまって
    病院とお薬と 毎日の落ち込み
    本人も辛いでしょうが
    私も辛かったよ。

    トピさんの仕事の拘束時間を考えたら
    まず 自分が 元気でいられるようにだけ
    気をつけてね。

    食事は 3食バランスよく
    だんな様には 衣食住を
    サポートするだけが
    第1位。
    色々勉強してみて、
    好きなもの やりたいことリストを100個書き出そう。
    (そんなに思いつくものではない)
    調子の良いときに2人で書いてみました。
    週末は 美味しいランチ
    食べたいメニュー お店をピックアップ。
    体調よくいけたら
    その日は おいしいものを食べられて
    良かったね 幸せだねと。
    いけなかったら
    また 来週行こうね。と。

    頑張りすぎたから
    ゆっくりしようよ。
    と ゆっくりね。
    あとは ハムスター飼っているのですが
    あのやわらかく 温かい感触は
    ずいぶん 助けられましたよ。
    会話が ハムスターにかけることから
    2人で 話になって・・・・と

    カラダが一番
    それと 
    自分が一番大事ですよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    そらまめさん ありがとう。

    しおりをつける
    blank
    椿
    鬱は本人はもちろん辛いけれど、周りも辛いんですよね。時には本人よりも。

    私は鬱の側で同居していたパートナーにたくさん迷惑かけたなぁと今更ながら思います。当時は自分の事で精一杯でしたが、今は冷静に彼も辛かったんだと納得できます。

    鬱が酷い状態の時は言葉よりもボディランゲージが救いになったりするんですよね。手をつないだり、頭をなでられたり、抱き合ってみたり・・・相手の温かさを感じるだけで気分が落ち着いたのを覚えています。いったん穏やかな気分になれたら美味しい物を美味しいと感じられたり、下らない冗談で笑えたりして「食べ物を美味しいと感じられるのは幸せだな」なんて思ってました。

    そらまめさんは暖かい人ですね。旦那さんはとてもラッキーだと思います。頑張りすぎずに2人3脚で頑張ってくださいね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0