詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    雨漏りしました(涙)

    お気に入り追加
    レス7
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    疲れ果てた主婦
    話題
     トピを開いてくださってありがとうございます。タイトル通りですが 我が家〔築9年外断熱の一軒家〕の二階の寝室が雨漏りしてしまいました。  幸い10年保証が建物にはきくようで 天井や壁クロスは家の保証でしてもらえそうです。  屋根部分はFRPという頑丈な素材を使っていたのになぜかひび割れをしておりそこから雨水が入ったのでは‥という理由でした。  (雪の影響や地震の影響かもと言われました。)  雨漏りした際にベッドやソファ アルバム 雛人形の箱などが茶色の水で濡れてしまい 雨漏りをとめるために家中のタオルを使い 洗っても茶色の色がついてしまったりしました。  家以外の保証は火災保険で申請して下さいと言われたのですが、同じような体験をされた方がいましたら 申請する時に何に気をつけたらよいか 実際保証してもらえたか 写真に残す場合の注意点などを教えてもらいたいです。  よろしくお願いします。

    トピ内ID:8995854227

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 7 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 22 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数7

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    並び順:古い順

    9年で雨漏りだと早いですよね

    しおりをつける
    🎂
    う~む
    一応、防水加工については10年保証がついているので、建物そのものの 保証は10年あったかどうかわかりません 火災保険のほうは、たぶん、そのなかの家財保険だと思いますが 保険会社は、今使っている物以上の価値に上がらないようにしますので もし、お気に入りの商品であれば、そのまま使うほうがよいこともある 現行モデルに商品交換されてしまってガッカリなんてことあるので そのあたりは注意が必要です。搭載機能まで検討されませんから 損害の品物はメーカーがたぶんバラバラだと思いますが メーカーの人が状況を確認し、保険会社に修理可能かどうか 可能なら見積もり、商品交換なら、どのグレードにするか等の作業をします なので、かなり面倒です。損害品の商品名、メーカー、製造番号等を 記入する用紙がくるかと思いますので、それに記入します

    トピ内ID:3601071390

    閉じる× 閉じる×

    う~むさん

    しおりをつける
    😢
    疲れ果てた主婦
     う~むさん ありがとうございます。 9年で早いですよね(涙)家を建てた時に審査があったはずで それはクリアしてるので建てた時の問題ではなさそうです。  色々申請に書かないといけないんですね‥。 疲れそうなのでできたらがんばって書いてみようと思います。

    トピ内ID:8995854227

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    理由は違う水濡れですが

    しおりをつける
    🐱
    ぎんねこ
    雨漏りでなく、中古住宅で、二回に水道管を引き込んでいたため、雪の寒い日に破裂したか何かで、キッチンの天井から水漏れしたことがあります。 その時、キッチンの天井、敷居の土壁、天井のクロス、壁クロスとやり替えて、三十万ほどかかりました。 特に土壁は、水濡れ下部分を崩して、塗りなおしました。天井は水濡れした石膏ボードの交換と、クロスの交換、リビングの壁のクロスの交換をしましたが、すべて火災保険から下りました。 主人が写真を撮って、書類を書きましたが、現状の壁や天井の写真を普通にとっただけです。慰謝料ということで、プラス二万だったと思います。 中古住宅を買った時のメーカーに、施行を頼みましたが、メーカーさんは、その後について詳しくて、水が出た即日来てくれて調べてくれました。水道の元栓を止めて、二階に行く水道管の管を水道工事屋にお願いして、切断しました。そのあと、一週間ほど木材を乾かして、修復に入りました。 直すところの見積もりも出してくれました。 特にタンスとか、家は被害がなかったけれど、お金は下りましたよ。

    トピ内ID:4441490206

    閉じる× 閉じる×

    FRPは、、、

    しおりをつける
    🙂
    ルーミー
    FRPは強化プラスティックですね。 船のボディやら浴槽にも使われる素材で、 強度があって軽い(金属と比べて)のが特徴です。 ただ、、強化しているとはいえ、プラスティックですから 割れはいつかどこかで起こり得ることです (そういう意味では凹むことはあっても割れない金属屋根や スレート屋根に比べると弱いとも言えます)。 昔からの瓦屋根は重たいから地震の揺れで家全体が揺れるから、 今は(耐震構造補助金などもあって)軽い屋根構造が推奨されています。 たぶん火災保険なども掛け金は少し安くなっているはずです。 そのFRPの屋根ですが「瓦形状に成型されたFRP」ですかね? そうなると本物の瓦と同じように一枚ずつ、あるいは数枚単位で 設置するわけですから施工が不十分だとズレて雨漏りします。 施工不十分によるズレと、降雪と地震の影響はちょっと違うと思います。 そもそも軽い屋根材によって地震の影響を最小にするためだとか、 瓦のように重さが加わって割れの原因にならないようにするためといった 理由からFRP素材が屋根に使われるわけで、工務店?の所見は ややイイワケのようにも思えます。 まあ保証が効くなら直してもらえるわけで、後は屋内の家財の 保証ですよね。それは掛けておられる火災保険でカバー出来るなら それでいいんじゃないですか? 家財保険の査定は「時価」が原則ですし、家財保険の上限価格の 範囲で、しかも損傷状況によって保証割合も変ってきます。 写真を残しておくのはもちろんですが商品の型番やらそういうのも 必要にはなるでしょうね。ただし先にも書きましたように、 上限価格があるから「購入した以上」の保証はありません。

    トピ内ID:4380747698

    閉じる× 閉じる×

    ぎんねこさん ルーミーさん

    しおりをつける
    😢
    疲れ果てた主婦
     ぎんねこさん ルーミーさんありがとうございます。  ほんと補償がでて家具などがなんとか変えれたとしても 雨漏りしたときの一日中対応におわれ バケツを8個用意し タオルで拭いて ビニールシートを業者がくるまでの対応として ベッドをどかして拭いたりと お金に変えられない時間と労力が奪われる事に虚しく思います。  雨漏りの水が茶色になっててたせいで タオルも茶色になり 壁や床 ドアにも茶色のいろがつき 工事して取り替えるところ以外の掃除は自分達でしないといけないので とても疲れます。  ちなみに屋根部分のFRPは瓦型ではなく ベランダのようにまっすぐの状態です。

    トピ内ID:8995854227

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    頑丈といっても

    しおりをつける
    blank
    昭和人
    FRPはプラスチックです。 9年もの間、紫外線や温度変化にさらされれば、細かなヒビが入るのは当然です。 普通の降雨だったら問題なくても、豪雨や僅かでも積雪があると、ヒビを通じて浸水します。 ベランダのように半屋外なら気付かないが、居室に使われていれば雨漏りになります。 瓦や鋼板でも、積雪や強風雨では、重ね合わせ部分の隙間から浸水します。 それが室内まで漏れないようにするのが、野地板とそれを覆う防水シートです。 それだけひどい雨漏りだと、野地板に貼られた防水シートが防水力を失っている可能性があります。 FRPは半透明で光が通り、防水シートの劣化を促進するかもしれません。 防水シートの貼り替えは当然だが、FRPを使い続けるかどうかも再検討した方がよいかも。 始末に要した労力やタオルを嘆くだけでなく、解決すべき問題点にも向き合いましょう。

    トピ内ID:0988441891

    閉じる× 閉じる×

    昭和人さんありがとうございます。

    しおりをつける
    😢
    疲れ果てた主婦
     昭和人さんありがとうございます。 そうですね。解決にむけて考えないといけないですね。  貴重なご意見ありがとうございました。

    トピ内ID:8995854227

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]