詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    母を忘れて前に進みたい

    お気に入り追加
    レス43
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    のどあめ
    ひと
    母は感情の起伏が非常に激しく、夫婦関係が悪かったために大体いつも機嫌が悪かったです。私は幼い頃から父や父の身内の悪口、母の姉妹の悪口はもちろん、母の人生がいかにつまらないかなどの愚痴を随分聞いてきました。機嫌によって私を可愛がったり八つ当たりしたりだったので、私は人の機嫌の良し悪しを過剰に気にする大人になってしまいました。
    母の機嫌をうかがうことにエネルギーを使っていた私の人生も、結婚によって変わりました。私の結婚を機に母と喧嘩をして、母は私のことを一生憎んでやると暴言を吐きましたが、私も母から解放され、5年間会うことも話すこともしませんでした。
    その後、母は病気になり、もう長くないというので見舞いに何度か行きました。脳梗塞で口がきけなかったので、もう言葉の暴力はありませんでした。母が亡くなって2年になるので楽しい思い出だけを大切にして前に進みたいのですが、昔やられたイヤなことをどうしても思い出してしまうのです。時間が解決してくれるとは思うのですが・・・。何かいい方法をご存知ないでしょうか?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数43

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  43
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    身体の外に出す

    しおりをつける
    blank
    トオバア
    文章でも言葉でもかまいません。
    身体の中に溜め込むと、いつまでも発酵を繰り返して最後には腐ります。

    母親の悪口を言うようで気が引けるかもしれませんが、ここは一発、エッセイにしてどこかのエッセイ大賞にでも投稿してみませんか。

    同じような経験をしている人は意外に多いです。
    共感してもらえると思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私もです。

    しおりをつける
    blank
    よしみ
     実母は自分の子に対して過依存で、ヒステリーな人でした。

     他人に対しては明るく素敵なキャラでしたが、家では毎日飲酒してはトイレで吐き、不機嫌で恐ろしい人でした。

     私は常にこの実母の愚痴の汲み取り役にされていました(主に夫への不満)。実母の機嫌に左右される子供でした。

     実母は自身を愛情深い母親と言ってましたが、私に言わせると、自分の欲望を遂げる道具にするために「愛情」という名の情念で子供を縛り付けるような人でした。
     
     自分に自信が持てない私は、ずっと自分を責めていました。ですが原因が実母にあると気付いた時は怒りました。でもそれは母の死後でした。随分経った今でも、昔を思い出して悔しさについ奥歯を噛み締めていることがあります。

     カウンセリングに行ったり、AC本を読んだりもしました。問題点や改善点が分かった今、昔よりは生き易くなったと思います。トピ主様もそういったものを利用されてはと思います。
      
     アドバイスではなくて本当にごめんなさい。お互い明るく前向きに生きて行けたらいいですね。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私の母とそっくりです(笑)

    しおりをつける
    blank
    ぽこ
    のどあめさんはお母様の嫌な部分が忘れられないようですが、無理にそうする必要もないと思いますよ?よほど辛い思いをされたんでしょう。母親が自分より立派とは限らないし、自分の嫌いなタイプの人間が母親だったということも世の中にはあると思います。私の母親も私から見ると嫌な部分をもってます。そして母の母(つまり私の祖母)は人として最低です。身内がいうくらいですから、他人はもっとそう感じるでしょう。
    アドバイスになってませんが、無理に忘れなくても良いと思いました。忘れたいのなら、あなたのお母さんがしてくれた優しい事や言葉をおもいだすようにしたり、楽しかった思い出をいつも振り返ってみてはどうでしょうか?全てを許してあげる気持ちで。。。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    おつらかったでしょう。。。

    しおりをつける
    blank
    るびい
    大変おつらい思いをされましたね。

    私も物心ついた時から母との関係は非常に悪く(姉にはとても優しい母なのですが)また父の素行が悪かった為、母には色々とあたられてきました。おまえは生まれてすぐ死んだほうが良かったといわれた事もありましたので、トピ主さんの御心痛がわかるような気がします。。。

    批判的な扱いを受けて育った人は必ず心に傷をおっていて、幾つになってもその傷は簡単には癒えません。私にとっては(きちんと資格のあるカウンセラーによる)カウンセリングがとても役に立ちました。

    自分を理解するうえでも、母の心理,行動を理解するうえでも、また、自分の心を癒すうえでも。短期間ですべてが解決するわけではありませんが、カウンセリングを受けて一番良かった事は、最終的に母を赦すことができ、心の平安を得られたことです。カウンセリングを問題解決のための一つの選択肢として考えられることをお勧めします。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    私も同じです!

    しおりをつける
    blank
    ウキッキー
    私も同じような環境で育ちました。。
    私もいつもいつも思い出されるのは母との嫌なことばかりで、かなりへこんでいた時期がありました。
    でも、友人に行ってみると以外にいいよ!と紹介されたスピリチュアルカウンセリングで吹っ切れました。
    自分の周りには、沢山の魂がいてがんばれがんばれ!と言ってくれているんだなー、母はこの世での母と子の関係であって産んでくれたことだけを感謝しよう!と思えるようになりました。
    そう思えるいいきっかけになりましたよ。
    あと、運動することはいいかも。気持ちを発散することができますし、体がしっかりしているとある程度のことは、ふっー!って吹き飛ばすことができるようになりますから。
    私は子供が産まれてから母には会っていません。
    でもお互いがお互いの世界で自分の人生をいきていればそれで十分と思っています。

    のどあめさん、参考になるかどうかわかりませんが、嫌な思いから解き放たれる日が一日も早く参りますように!祈っています。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    今を!

    しおりをつける
    blank
    スズムシ
    前に進みたい意欲さえ捨てなければ、絶対に前に進めます。
    忘れようとするからいけないのです。今を精一杯生きることです。そうすれば思い出しません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    哀れな人・・・

    しおりをつける
    blank
    DV親の子
    私は父のことをそう思うようにしています。
    >夫婦関係が悪かったために大体いつも機嫌が悪かったです。私は幼い頃から父や父の身内の悪口、母の姉妹の悪口・・・

    きっと、お母様は今でいうところのアダルトチルドレンだったのかも知れませんね。お母様のご両親からの愛情が不十分で、いつまでもいつまでもそれを求め続け、また愛情をどう人にかけて良いものかも分からず、それをトピ主さんにぶつけてしまったのかも知れません。やっていいことではないのですが。
    そして結局、自分の親とも子供ともうまくいかない・・・そういう哀れな人なのかも知れません。
    あと、「許すのと忘れるのと理解するのは別問題」と思えば、少し楽になるかも知れませんよ。
    トピ主さんは十分優しい方と思います。だからあまり苦しまないでください。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    失礼ながら

    しおりをつける
    blank
    あなたもお母様に似ておられます。
    亡くなった人の悪口を事細かに書いて、自分を被害者に立たせて。母がこうしたから、ああしたから、私はこうなった。何かあるとその考えに逃げ込まれるのではないでしょうか。その結果、悪い過去につきまとわれて、いつまでもそこから成長できないのではないのでしょうか。
    過去の出来事は良しにつけ悪しきにつけ、そうそう忘れるものでもないでしょう。無理に忘れようとはせず、ご自分の中に静かにしまっておかれることも必要かと思います。どんな人もきっと人生において、酷く傷つく思い出はそれなりに抱えて生きていると思います。

    大そうなことばかり書いて申し訳ありませんが、率直に書かせていただきました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    心の整理のための時間が必要。

    しおりをつける
    blank
    小山田
    憎しみの対象は既にこの世にいないので、後はトピ主さん次第です。

    自分をこんなにしたのは母であり、それを責め続けているだけでは一生不愉快な気持ちで過ごさなければならないでしょうし、自分自身の今後の人生までも、「母」の影に振り回されたものにしてしまってはもったいないですよね。熟練したカウンセリングを受ける一方で、頭で分かったことが心に自然と「落ちていく」まで、じっくり時間をかけましょう。

    根を深く張った「重たい感情」は、なかなか落ち着いてくれませんが、普通の日常生活を淡々と過ごし、周囲の人たちとの正常な交流を繰り返す中で、自然に収まるところに収まってくれます。人によって傷つけられた心は、また、人によって治っていく...。どうやらそういうものらしいです。

    とにかくあなたは、あなたの「これからの時間」を軽やかなものにするために、多くの暖かい他人との交流を求めていくように努めてください。早急で楽な解決法はないと私は思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    blank
    のどあめ
    皆様の温かいレスを拝見し、自分の心が少し整理できたように思います。
    まず忘れなくていいのだ、というか忘れられないですよね。イヤなことも含めて「思い出」なんですよね。忘れようとするために、逆にわざわざ思い出していたようです。

    母に昔、イヤだったことをドキドキしながら少し話したことがあります。そのとき母は「私もそうだった」と自分の子供時代を話し始め「いい母親の手本がなかったからわからなかったのだ」と言っていました。きっとわからないなりに私を頑張って育ててくれたのでしょう。

    もう過去は変えられないし、母はもう仏様になっているのですものね。これからは産んでくれた母と私を支えてくれる周りの人たちに感謝しながら日々過ごしていきたいと思います。特に夫には子供の頃できなかった「のびのびと甘える」ということをしていこうと思います。
    レスを下さった皆様、本当にありがとうございました。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  43
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0