詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    姉が他界しました

    お気に入り追加
    レス33
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    トピ主
    ひと
    3ヶ月が経とうとしています。悲しくて苦しくて、そんな毎日を過ごしています。
    私は弟です。姉も私も50歳を過ぎており未婚です。お互い1人暮らし。両親は他界しています。姉は数年前に透析が必要になり、間もなく末期の卵巣癌が見つかりました。透析をしながら抗がん剤による治療を続けてきたのですが、昨年末に入院となり今年2月に病室で息を引き取りました。
    入院するまでの間、抗がん剤の通院や買い物等で介護してきましたが、些細な事で喧嘩ばかりしておりました。酷い事も言いました。謝りたいです。「酷い事を言って悪かった。ごめんなさい」と謝りたかった。けど言えなかった。謝りたいけど姉はもういない。
    姉は他人に迷惑をかけまいと精一杯生きていました。亡くなってからその事が良くわかります。亡くなる前日に見舞いに行った時、頼まれて買って行ったイチゴサンドもほとんど食べる事ができず、私に言った言葉は「ありがとう」。その言葉が姉から聞いた最後の言葉となりました。姉に対して申し訳ない気持ちでいっぱいです。悲しくて苦しくて、夢でもいいから出てきてほしい。そして謝りたい。
    そんな中この掲示板を知りました。同じような境遇の方がおられたらと思い、投稿させて頂きました。

    トピ内ID:8901615622

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 32 面白い
    • 18 びっくり
    • 290 涙ぽろり
    • 2181 エール
    • 16 なるほど

    レス

    レス数33

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  33
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    お姉様はあなたに感謝しています

    しおりをつける
    blank
    りんりん
    お悔やみ申し上げます。

    ご両親が既に他界され、お姉様にとって弟であるトピ主さんだけが頼れる唯一の存在だったのです。
    口喧嘩していたとしても、心の中ではあなたの存在がありがたかったはず。

    私も弟と2人姉弟です。同じく50代。
    私がお姉様と同じような状況であったならば、弟に対して「有難う」「世話になって申し訳ない」「弟がいてくれてよかった」きっとこう思うはずです。
    お姉様は、絶対にトピ主さんに心から感謝していましたよ。

    お姉様の分も生きて、幸せな人生を歩んで下さいね♪
    応援しています。

    トピ内ID:4068211661

    ...本文を表示

    お姉さんは嬉しかったと思う

    しおりをつける
    blank
    買ってきてとお願いしたイチゴサンドを買ってきてくれる弟がいて。
    見舞いに来てくれる弟がいて。
    →自分がこの世から去ったことを悲しんでくれる弟がいて。
    甘えることができて、自分は一人じゃないって感じさせてくれて、どれだけお姉さんは心強かったか。幸せだったか。
    そしておそらく、自分がまもなく大切な弟を悲しませてしまうことを、申し訳なく思っていたと思います。

    私にも姉がいます。
    姉はトラブルメーカーです。
    今までもたくさん揉め事を起こしたし、これからも間違いなく起こします。
    姉がいなくなったら、清々するとまではいいませんが、やっと平穏に暮らせるのだと心底ほっとすると思います。
    悲しむことは、ないです。

    悲しめるのは、そこに愛があるから。
    愛情と喪失の苦しみは比例するんですよね。
    トピ主さんの辛さがこんな言葉で楽になるとは思いませんが、少しでも心が癒えることを願っています。

    トピ内ID:0707903759

    ...本文を表示

    喧嘩って云うけど

    しおりをつける
    cloud
     下手な気遣いされるなら、お互いに言いたい事を言い合えるって、それだけでもホッとする事はありますよ。辛い時のガス抜きになるし。

     きっと怒ってる間お姉さんは生きてる張りがあったのじゃないですか?

     姉弟でも体験しないと解らない事はどうにもならないし。男性ながら精一杯の事はちゃんと通じてますって。

    トピ内ID:0715352265

    ...本文を表示

    ありがとう

    しおりをつける
    🐧
    るるか
    最期のことばがこれで本当によかったですね。

    きょうだいだから、喧嘩くらいしますよ。
    きついことばを言ってしまうこともありますよ。

    でも大丈夫。「ありがとう」ですから。
    どうぞご自身をお大切に過ごしてください。
    それそのものが、お姉さまに対する供養です。
    あなた様が健やかに暮らしていかれること。それが供養です。

    何なら、(あなた様が仏教系なら)御供養の手順を大事にしてください。

    私は数年前に母を亡くし、とても悲しい思いをしました。きょうだいで慰め合いました。
    ですから、ごきょうだいを亡くされた 主さまのお気持ちを想像できます。
    本当にお辛いですね。

    きっと夢に出て来られますよ。そうでなくてもあの世で必ずや主さまのことを見守っていらっしゃいますよ。

    どうぞお身体をお大切に。

    トピ内ID:2186524666

    ...本文を表示

    聞いて頂きありがとうございます

    しおりをつける
    blank
    トピ主
    りんりんさん、穂さん、cloudさん、ありがとうございます。

    葬儀や納骨、姉が住んでいた住居の片付け等を終えた今、張り詰めていた気持ちが緩み、姉に謝りたかったという気持ちだけが強く残ってしまった。こんな苦しい気持ちを聞いて頂いて、大変ありがたく思います。

    姉が好きだったお花やお菓子等を仏壇にお供えして、謝りたかった事をいくら伝えても、当然返事はありません。元気だった頃の姉の笑顔の写真が置いてあるだけです。

    姉宅には写真とアルバム、友人からの手紙が大量に残されており、捨てる訳にはいかず私の自宅へ運び入れました。供養した後に処分する予定です。「そんな事しなくていいから」と姉に言われそうですが、そうする事で姉が少しでも喜んでくれたらと思っています。

    トピ内ID:8901615622

    ...本文を表示

    お悔やみ申しあげます

    しおりをつける
    blank
    もそもそ
    お姉さんは喧嘩しても、トピ主(弟)がいて良かったと思ったと思います。
    だって最後の言葉は「ありがとう」だったんでしょう?

    闘病の日々で辛い人生のように思いますが、その中でも「感謝できる」心の状態は、幸せを少なくとも感じていらっしゃると思います。

    喧嘩する相手がいて幸せ。
    イチゴサンド買って来てくれる、優しい弟がいて幸せ。
    私の人生、病気もしたけど決して悪い人生じゃ無かったなぁ。
    って思ってるかも知れませんよ。

    最期にありがとうって言える相手がして、お姉さん幸せだったと思います。
    名誉や地位、お金があっても、人に感謝の言葉を言えない亡くなり方、と言うより恨み辛み言いながら(悔やみながら)亡くなるかたもいるらしいですよ。私は幸いなことに遭遇したことはありませんが。

    私は祖父を亡くしたとき、祖父の逝き方に感銘しました。危篤状態から奇跡の目覚めをし「ありがとう」と言って、周囲を驚かせました。そんな姿に医師からは「もう大丈夫ですよ」なんて言わせたのに、そのまま逝ってしまいました。親族に感謝を伝えたくて、起きてきたんだなーと思ってます。目覚めたときは、血の繋がりのある子供しかいなかったんです。そのタイミングも祖父が選んだと思ってます。

    そんな祖父はいつも「ありがとう」って、何でも言ってくれてました。
    感謝しながら逝ける人生って素晴らしいと思います。私もそのような心でいられるような生き方をしたいと、常日頃思っています。

    トピ主さん、おひとりで辛いかも知れませんが、お姉さんはこれからもトピ主と一緒です。それは間違いありません。

    トピ内ID:9949039572

    ...本文を表示

    思いは届いています

    しおりをつける
    🙂
    水曜
    トピ主さんの思いは届いていますよ。
    トピ主さんの思いは、このトピを読んでいる私にも強く届きましたから。
    お姉さんのありがとうの言葉は、これまでの全ての感謝が込められている気がします。
    大丈夫ですよ。

    トピ内ID:9376459212

    ...本文を表示

    喧嘩も自分を追い詰めるほど全力でお姉さんと向き合った証です

    しおりをつける
    分かります
    本音でぶつかって喧嘩しても許し合えるのは、元々が仲良しな姉妹だからですよ。それが血の繋がりの成せるわざです。お姉さんには主様の気持ちは充分に伝わっていますから、どうか安心して下さい。

    私も命に関わる病と闘病中の親がいて、介護をしています。色々心配してしまうあまり、本人が不摂生をしていると、私もつい怒ってしまう時があります。

    相手を強く思う余りに自分の感情をぶつけてしまい、それが相手に理解してもらえないと、虚しくなって小言も言ってしまう…たまにそんな感じです。うちは互いに喧嘩しても数時間後には仲直りしてケロッとしていますがやはり極力小言は控えた方がよさそうですね。

    また、自分の立場も考えて欲しいとお姉さんに感じて、怒ってしまったとしても、それは主様がそこまで自分を追い詰めてしまうほど、お姉さんの闘病に必死で向き合った証拠です。誰にも責められることではありません。

    こういう時の喧嘩って当事者になってみないと、なかなか分からないケースもあると思います。少なくとも私はそうでした。患者には無償で優しくするのが当たり前だと思っていましたから。今では「家族も第二の患者」という言葉の意味がよく理解出来ます。

    ただ、主様も私も、そうやって本気のぶつかり合いが出来るほど近くで家族をお世話出来ているのだから、そこはある意味、幸せなんですよね。コロナのせいで患者と家族が傍にいられない状況を強いられる場合も今は多々ありますので…。

    つまり、主様は、良い時も悪い時もお姉さんに寄り添いやり遂げたんですよ。お姉さんの「ありがとう」は、そんな心のぶつかり合いも含めてのありがとうだったのではありませんか?

    ならば、今、お墓や遺影に向かって伝えるべきなのは「ごめんなさい」ではなく「お姉ちゃん、私もありがとうね!」だと思います。ぜひお姉さんにそう伝えてあげてください。お姉さん、絶対に喜ぶと思います。

    トピ内ID:4500428495

    ...本文を表示

    お姉さまにとって主さんはどれだけ有難い存在だったか・・・

    しおりをつける
    blank
    おはぎ
    私は一人っ子です。
    既婚ですが子無しなので、夫が亡くなったら完全に独りぼっちです。
    私という存在を覚えていてくれてそんな風に涙してくれる人は居なくなります。
    病気をしたら、まず保証人もいないので入院加療すらおぼつきません。
    そんな中、身内が居てくれて、例え喧嘩であっても自分と関わってくれる人がこの世の中にいるという事実がどれだけ有難かったか。
    お姉さまは幸せだったと思います。

    さて、お姉さまの心残りは主さんがこの世に独りぼっちになってしまったことだと思うのです。
    主さんがお姉さまに謝りたいという気持ちを持っているなら
    どうかご自分のご家族を持ってください。
    50を過ぎているから・・と思われるかもしれませんけれど
    ご自分の子供は難しくても、伴侶は見つけられると思います。

    どうか、これからはご自分の幸せを考えてください。
    お姉さまに報いるのはそれが一番です。

    あ、でも変な人に引っかからないようにくれぐれもきちんとした
    結婚相談所にお願いしますね。
    偉そうにすみません。
    お姉さまの気持ちを考えて書いてみました。

    トピ内ID:5966263041

    ...本文を表示

    お悔み申し上げます

    しおりをつける
    🙂
    夕凪
    身内を亡くすということはとてもつらく悲しいことですよね。 

    私も去年、母を見送りました。 トピ主さんの違う点は、母は突然倒れてあっという間に亡くなってしまったということです。 そして私は遠方に住んでおり、母の最期を看取れませんでした。 

    母がいなくなってから喪失感でいっぱいです。 突然だったので母への感謝の言葉も、迷惑をかけた時のお詫びの言葉もなにもかけることができず、母は逝ってしまいました。 

    トピ主さんのお姉様がおっしゃった最後の「ありがとう」にお姉様の精一杯の想いがこもっていたと感じました。 お姉様が食べたかったイチゴサンドをトピ主さんが買ってきてくれて、とても嬉しかったことでしょう。 お姉様は安心して旅立たれたことと思います。 トピ主さんの優しさと愛情はお姉様にきっと届いたことでしょう。

    先日、母と仲の良かった伯母が、夢の中で「わかっているよ」という母の声を聞いたと話してくれました。 母を偲んでいる気持ち、今でも愛おしいと思っている気持ち、そういった想いはちゃんと伝わっているのだと、私も安心することができました。

    寂しいけれど、辛いけれど、私たちはここで生きていかなければなりませんよね。 同じく両親をすでに亡くした友人が、「この哀しみは消えることはない」と言っていましたが、本当にその通りだと思います。 時間がたてば、母がいない事実には慣れてきましたが、悲しみは消えません。 でもそれでいいと思えるようにだんだんなってきました。 哀しみの感情は打ち消すものではなく、私の命ある限り共に生きていくものであって、それでいいのだと受け止められるようになってきました。 

    母亡き後、私は人の温かさ、感謝の気持ちをより強く感じられるようになりました。 母が遺してくれた導きだと感じています。 

    どうぞご自愛ください。

    トピ内ID:8396320857

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    先頭へ 前へ
    1 10  /  33
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0