詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 亡くなった人ってそばにいると思いますか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    亡くなった人ってそばにいると思いますか?

    お気に入り追加
    レス44
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    なな
    話題
    こんばんは。 私の父は私が中学生の頃他界し、今年で亡くなって13年になりました。 20代後半となり、仕事やプライベートで人生の岐路に立った時、ふとお父さんが居てくれたらどんなアドバイスをしてくれるのだろうかと考える時があります。 お墓参りは定期的に行っていて、こんなことがあった、実はこうなりたいなど父親や祖父母に心の中で伝えているのですが、当然ですが返事はありません。 13年間受験や就職など迷った時も、力を貸して欲しいなぁ言葉はなくともそばにいてくれないかなぁと何度も思い、今も声をかけてもらえなくとも見守ってくれていたならどんなに心強いのだろうかと考えます。所詮亡くなったらそれまでかなと思う反面、生きてる人は死んだことはないから死後の世界なんてわからないし、もしかして見守ってくれてるかなと思うことがあります。 皆さんは大切な方を亡くされた後、見守ってくれていると感じることありますか? 皆さんの経験談とか聞いてみたいです。

    トピ内ID:5410640929

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 13 びっくり
    • 15 涙ぽろり
    • 269 エール
    • 12 なるほど

    レス

    レス数44

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    いると思いたいです

    しおりをつける
    🙂
    しらす
    45歳になります 5年前に父を亡くし いいおばちゃんの年齢ですが とても困った事が起き もし父が生きていたら 言えないなあと思いつつも 心配してくれるだろうなあ あんまり心配かけて申し訳ないなあと思ったりします 亡くした人を思い出す時は側にいる時とも 聞きます アドバイスというよりは 心配して寄り添ってくれるのかなあと いう感じですが… 人生色々ありますよね

    トピ内ID:7254160169

    閉じる× 閉じる×

    思います。

    しおりをつける
    🙂
    結乃
    私も最愛の存在を亡くした経験があります。 死後、傍に居てくれるなと感じること、ありますよね。 実際にも不思議なくらい良い方向に進んだ経験もありました。 あ、導いてくれたんだなって疑わず信じられるような、理屈ではない感じで。 姿は見えなくても、その存在の想いはずっと残ると信じています。 その想いが傍に居てくれると感じさせてくれるのかな。  

    トピ内ID:3540281797

    閉じる× 閉じる×

    じっと家の中で見ていてくれると思う

    しおりをつける
    🐱
    ぎんねこ
    五十年間、母とは一緒に生きてきました。二十六の時に嫁に行って、それ以来南関東と北関東に別れて暮らしていましたが、携帯でいろいろなことを無料通話で話して、亡くなる前日まで、話していたと思います。 信じるか信じないかは別ですが、コロナの前の介護がない時代、一か月に二回ほど帰省して、兄のために実家を掃除したり、庭木を切ったりしていましたが、その時洗面所を掃除していた時、生前母が市場で買ってきた花の飾りのついた壁飾りが下がっていましたが、突然、壁飾りについている花がもぎ取るように落ちました。母が何かメッセージを伝えるため花を取ったような気がしました。花がないという意味でしょうか。 同じように、先日、タンスの中に使っていない白い夏用バッグのチェーンでついた房飾りが、見ている前で、もぎ取るように取れました。新品であるのにかかわらずです。これは使わないでという意味でしょうか。 両方とも私が見ている前です。亡くなった人が家の中で、私たちのことを見ているのではないでしょうか。 何か病気になったり、家の中に何か起こったりするとき、仏様からのあの世からの信号のようなものではないかと思います。 娘が半年前に十万人に一人の難病になって東京の大学病院に入院して、当然離職したのですが、今の世の中、コロナで、東京も大変です。難を避けて、家で療養せよという意味なのかもしれません。何年か前は、東京に働きに行っていましたから其のままだったら、どうなったかわからなかったです。姑の同時期の骨折も、運が悪かったというより、何か神様のご宣託のような気がします。

    トピ内ID:5489803985

    閉じる× 閉じる×

    きっとそばにいる。

    しおりをつける
    🙂
    耳を澄ませば
    思想の話になりますが、誰かの事を想う時って必ずその人をイメージしますよね? その時点でもうその人が存在しているのです。 応える事は無いけど。

    トピ内ID:4495068704

    閉じる× 閉じる×

    亡くなった身内は見守ってくれている

    しおりをつける
    🙂
    ワンオペママ
    以前から亡くなった身内等がよく夢に出てきます。 夜、寂しくなった時、心の中で「おじいちゃん会いたいよー」って思った日の晩、夢に出てきました。 「どうしたんだー?」って言われて、夢の中で抱きつきました。 また、数年前病死した元彼が夢に出てきて色々話をしました。(話の途中で天使?に「時間ですよー」と声をかけられて元彼は帰っていきました。) 夫が仏壇に和菓子を供えた日の晩、私の夢の中に義祖母(既に他界)が出てきて「ありがとう」と言いました。 不思議な話ばかりで申し訳ないですが、亡くなった方は側で見守っているんだなぁと日々実感します。

    トピ内ID:1267036824

    閉じる× 閉じる×

    見守ってくれていると思っています

    しおりをつける
    🙂
    まめ
    中学生の頃にお父様を亡くされたということで、とても寂しい思いをされてきたことと思います。 お父様もトピ主さんの成長をどんなに見届けたかったかと思います。 私は見守ってくれていると信じてます。 いつもそばにいると思います。トピ主さんが受験や就職に立ち向かっていた時も、お友達と大笑いしている時も、いつもそばにいると思いますよ。 私は29の時に父を亡くし、8年経ちました。 2年前に結婚し、娘が産まれました。私が結婚して母親になったなんて、お父さんきっとびっくりしてるよねなど、たまに心の中で勝手に話しかけてます。 文面からとてもしっかりした大人になられたことが感じられます。お父様もきっと喜んでおられるのではないかと思います。

    トピ内ID:2426942879

    閉じる× 閉じる×

    見守ってくれてると思う

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    亡くなっててもきっと見守ってくれてると思います。 私は祖父にとても愛されてて、小学生の時に亡くなってるんですが、上の子を妊娠中にちょっと出血したりして不安定だった時に、ふっと「あ、おじいちゃん来てくれた。この子は大丈夫」と思った瞬間がありました。 関係が本当にあるかはわからないけど、無事に生まれてくれましたし、何かあったら守ってくれてるから大丈夫と思って子育て中のトラブルも乗り越えられたと思います。 下の子は、下の子を妊娠中に天国に行ってしまった実家のわんちゃんが守ってくれてる気がしてます。人ではないけどとても大切な存在でした。 きっとななさんのこと、お父さん見守ってくださってると思いますよ

    トピ内ID:5572389373

    閉じる× 閉じる×

    いつもではないけど

    しおりをつける
    🙂
    桃花
    家族や自分の分岐点?等には側に来て見守ってくれてると思ってます。 渡しの子どもの結婚式には私の実両親 子ども達からは祖父母が来てくれたと思ってます! 娘は実家近くに住んでましたから 乳児の頃から母が家に連れ帰り父と見てくれてて 良く泊まりにも行き 母が幼少期は良く二人でもお出かけし 娘はおばあちゃんっ子 孫が8人の中でも1番かな?! また息子は孫8人の中でただ1人のおじいちゃんっ子で「じいちゃん!じいちゃん!」と言っていて そんな息子を母は「〇〇だけじいちゃん!と追いかけるのは他の孫は皆ばあちゃん!なのに」と言って父はご満悦でした。 私自身「あっ!孫の姿見に両親来てるな!」と感じましたよ。 昔 娘が高校の時長期入院したとき 毎日病院へ行ってて帰るときパイブ椅子を畳んでたら娘が「椅子はそのまま出してて!伯父ちゃんが来てるみたいだから!?」と 私の亡き実兄でやはり実家に両親と暮らしてて 娘をとっても可愛がってくれてて娘が小1の時に突然倒れ1週間後に独身で亡くなり やはり娘を心配して来てくれてたのかと!? 主さん 家の中でお線香の匂い感じたことありませんか? 仏壇もない お線香もたいていないのに ふっーとお線香の匂いが!て それは亡くなった誰かが来ているのだと 私も今まで何度もありました! お墓参りに行かれて 心の中で言うより 話しかけるように声にして話されたら良いですよ! 私はお喋りしながらお墓掃除してますよ! 言霊て言葉ありますから!

    トピ内ID:8107015257

    閉じる× 閉じる×

    知人の話

    しおりをつける
    blank
    おしどり夫婦
    ご主人様が亡くなった後もずっと遺影に話しかけていたそうです。生きているときのように。出掛ける時は「夫さん、買い物に行くから留守番しとってなあ」と。 ある日「今日は夫さんも一緒に行こか」と誘ったんですって。すると泥棒に入られてしまったそうです。「いつもは悪い人が入ってこんように見張っててくれたんやなあ」と。 トピ主さんのお父様も側にいて見守ってくれてるのかも知れませんね。

    トピ内ID:9007326314

    閉じる× 閉じる×

    いると思います

    しおりをつける
    💋
    うーろんぐちー
    もう27年も前の話ですが、阪神淡路大震災の2週間前に父が亡くなりました。 悲しみも癒えないうちに地震が来たのですが、その直前の12時と4時ごろ(地震は5:45にきました)に電話が鳴ったのです。ワンコールのみですが。 2回とも目が覚めました。そして地震。 たまたま出産直後で実家にいた私は横で寝ていた息子に覆いかぶさりましたが、亡き父親が設置したタンスだけが倒れずに助かりました。 そして近所中の電話が使えなくなったのにうちの電話だけ普通に動いていました。(携帯電話がそんなに普及していない時代だったため、家電話が貴重でした) きっと父が守ってくれたのだと確信しています。 父は40年間電電公社(今のNTT)に勤めていました。 いまだに父の姿や夢も見たことはありません。でもちゃんと見守ってくれているのだと私は信じています。 ななさんのお父様もきっといつもそばにいてくれているのだと私は思います。

    トピ内ID:3081721361

    閉じる× 閉じる×

    次を生きている。

    しおりをつける
    blank
    私は死んだらその人の任務はお終い、命は次の形に宿るとおもうのでいつまでもそこに留まることは無いと思っています。 だから違う形で、例えば風や雨や花や鳥もしかしたら違う人に姿を変えてすれ違う事はあってももう同じ存在とは会えないし会えなくていい、と思います。それが「お別れ」だから。 私の経験を話しますと父をまだ子供の頃亡くし、小学生の頃と高校生の頃に友人が若くして亡くなりました。 父も友人達もきっと新しい人生を元気に生きてる、幸せでいてね、とときどき心で話しかけています。 見守っていてくれる、と思う事でその人が頑張れるならそれはそれでいいと勿論思います。 でも逆に私の子供には私が人生を終えた時に余り悲しまず私の次の人生を応援して欲しいと思うのです、母親の死を引きずらずに生きて欲しいですから。

    トピ内ID:5580239017

    閉じる× 閉じる×

    居てくれると思います

    しおりをつける
    🙂
    はち
    昨年末に40年来の幼馴染が亡くなりました。 彼女は東京、わたしは関西に住んでおり、年に数回は会ってました。 数年前に病気になり、闘病しておりました。 余命宣告も受けてました。 メールや電話もちょこちょこしてましたが、夢に出てくるとかそういったことは一切なく。 けれど、年末のある日、夢に出てきました。 今までなかったことなので、胸騒ぎがしてメールをしたのですが、彼女の母親から連絡があり、夢に出てきた日の明け方に息を引き取ったと。 それ以降、時々夢に出てきてくれます。 そういう時に、あ~、近くに居てくれてるんだな、って感じますよ

    トピ内ID:3751842959

    閉じる× 閉じる×

    私はそばで見守ってくれていると思います。

    しおりをつける
    🙂
    人間万事塞翁が馬
    私もあなた様とおなじように中学に上がった年に父が病死で亡くなりました。 来年50周忌を迎えます。 母ももうこの世界には居ません。 お墓参りに行くと、何故か風が吹いていない天気の良い日でもお墓の前でお線香を上げると風が吹きます。 これは、母と父が見えないけれども、傍に来てくれているのだと思っています。 大学受験の時も、もう駄目だ!と諦めていたら、合格通知が届きました。 これは父のお陰で、底力が出たのだと思っています。 それ以外にも良いことがあると父と母が応援してくれていると思っています。 実は、私、昨年定年を迎えました。父は戦争中、飛行機乗りで所謂 ”特攻隊”でした。フィリピンからインドネシア スマトラ島に移動中の 8/15に終戦を迎え、1年後に日本へ帰国しました。 もう少し終戦が遅れていたら私もこの世に生まれていなかった訳です。 父は良く、自分が定年したら、東南アジアを訪れて、戦友に献花をしたいと言っていたそうです。 今はコロナ禍で海外へ自由に渡航できませんが、数年後、自由に渡航できたら、少なくとも終戦を迎えたインドネシアには行って、献花だけはしたいと思っています。 今となっては、これくらいしか両親に出来ることはなさそうなので、是非実現したいと思っています。

    トピ内ID:8821177123

    閉じる× 閉じる×

    麻さんと同じ

    しおりをつける
    私も亡くなった人は2~3週間くらいで別の命になると思ってます。 そう思うのは、今まで祖母、父、夫を見送りましたが、3週間くらいまでは夢に出てきて会話が出来るのですが、その後は夢に出て来なくなります。 夫の場合、眠るように亡くなったので夢の中でも亡くなったことに気が付いていないようでした。 何回も出てくるのでさすがに教えてあげないといけないと思い 「あなたはもう死んだんだよ」と言うと 「やっぱりな~あの時、手がすごく冷たくなったからおかしいと思ってたんだよ」と言い、それっきり夫は夢に出て来なくなりました。 父の時は辛い闘病生活だったので「もうどこも痛くないよ」と父が言うので良かったねと号泣しました。 祖母の時は仏壇にユリの花を飾って欲しいと頼まれました。 ほとんどが亡くなって2~3週間くらいまでの夢だったと思います。

    トピ内ID:4947004413

    閉じる× 閉じる×

    人によるけど大抵は時々いる感じですよ

    しおりをつける
    🙂
    そらら
    私の感覚として、タイトルのとおりです。 人によります。 すごく未練のある方はずっと同じ場所に留まっていて、それは本人の感情もあるけれど、生きている側が引き止めているケースもあります。 でも大抵は、亡くなった瞬間にいわゆる「風になって」の状態で、しかし時々ふっと来ている感じですよ。 私も以前は「亡くなってもずっとそばにいる」論を信じていたのですが、身近な人が亡くなった時に急に見えるようになりまして… 「うーろんぐちー」さんの書き込みを見て、そうそう、あるよね!と思いました。 理論はわからないのですが、物理的な影響が出ることって本当にあるんですよ。 まあでもね、同時に思うのは、そういったことがあってもなくても、同じことなんですよ。 こちら側も結局、死ぬときは死ぬし、助かる時は助かるんです。 常に何かを願うよりも、助かった時にふと「ああ誰かが守ってくれていた。ありがとう」と思う気持ちのほうが大事かなって。

    トピ内ID:0654347270

    閉じる× 閉じる×

    そうですねー

    しおりをつける
    🙂
    アフリカのぺぺ
    一人っ子で7歳の時に母を亡くしました。 以来霊感の強い祖母に育てられ、何かに付けて「お母さんはいつも側にいるよ」と言われましたが実感した事は皆無です。 祖母は虫封じや失せ物探しもできる、霊感ゼロの私でも「何か特別な力があるな」と思っていた人ですし嘘を言う人ではないので側に居たのは本当かもしれません。 思えば若い頃から今現在もかなり破天荒な生き方をしていますが、「あの時の一瞬の判断を間違ってたら死んでいたな」という窮地を何度もラッキーな事にくぐり抜けてきています。あ、私は男性です。 なので本当に側で見守っていてくれてるのかもしれません。

    トピ内ID:1019008763

    閉じる× 閉じる×

    居ない

    しおりをつける
    💤
    津軽人
    「人間は考える葦である」脳死になって考えられなくなったら人間じゃなくただの物体。 物体を火葬したら、何も無くなります。 亡くなってそばに居るなんてありえません。

    トピ内ID:0756248065

    閉じる× 閉じる×

    ななさんの問とは違う意味では、います

    しおりをつける
    🙂
    なな
    ずっと過ごした時の中で記憶が降り積もり たぶん何かあったとき、その記憶の中から、そのシチュエーションに合うその人が言いそうなコトバがその人の声で聴こえてくる それが俗に言う『人は二度死ぬ、1度目は肉体の死、2度目は忘れ去られたとき』かとおもいます 数年前まで多くの人が私の心の中に住んでいました その人たちが人生の指針でした 色々なことがあり、今は語りかけてくれる人が居ない状態です 過去に生身の人として接し、私の中に取り入れた親・親族・恩師は再インストールはできませんが ななさんの場合は、お父様をよく知る方にお話を聞くなどして、補強したり再インストールすることも、まだ可能かとおもいます

    トピ内ID:2536280983

    閉じる× 閉じる×

    そばにいる、というよりいつも上から見てる

    しおりをつける
    🙂
    うーん
    …そんな気がします。 空の上から見てるから、私のよい行いも、悪い行いも、全部丸見えです。 亡くなった人が、あんなのが身内で恥ずかしいと嘆かないようにって、いつも考えています。 亡くなった方を思い続ける限りきっと、上か、側にいるんだと思います。 体験談ではなくてすみません。

    トピ内ID:1097083257

    閉じる× 閉じる×

    お茶目な祖母でした。

    しおりをつける
    🙂
    nene
    結婚の報告をしに主人と二人で祖父母のお墓参りに行った時のことです。 お参りを終えて帰り支度をすると、お花用のはさみが無いことに気づきました。 一度まとめたゴミ袋を開けたり、墓石の裏まで探しましたが見つかりません。 どうしたんだろうかと不思議でしたが、仕方がないと諦めかけたころ、何度も探した目の前に置いてありました。 「もうちょっと居なさい」という意味だったのかと思います。 お茶目な祖母でしたから。

    トピ内ID:2105454210

    閉じる× 閉じる×

    不思議な夢

    しおりをつける
    blank
    新緑
    トピ主さんの言う「亡くなったらそれまで」が、 私の近い感覚でして的を得た言い方でしょうか。 しかし1年半ほど前に不思議な体験をして以来、 死んだ後にも異次元世界があるのではないか? 生前の精神や心のみで形成された世界があるのではないか? それは途絶えることなく現世で生きる家族を見守っているのでは? と思えるようになりました。 聞いていただけますか? 私が高校生の時に母を、20数年前に父が病死したのですが 一度も夢を見たこと無かったのです。 それが突然、おととしの暮れになって夢をみたのです。 それも2週間ほどの間に6~7回も。 不思議なことに夢の中の父母は私と正面から対面せず、横を向いたまま。 その時は、俗にいう私を「迎え」に来たのかとも思えましたがマサか!ね。 そのマサかが、本物になってしまったのです。 大好きな独居の兄が、自ら両親の元へ行ってしまい、 未だに言葉にならない苦しみです。 父母に会えた夢は、ただの夢でしかないのかと思いつつ 謎解きの答えが見つかったようなスッキリした気分があります。 夢の中の両親は無言でしたが 兄の行動を止めてほしいと願ってたのでしょう。 そのように解釈したら父母の姿かたちは見えずとも、 常に私に寄り添い、見守ってくれていると確信になりましたね。

    トピ内ID:9801250799

    閉じる× 閉じる×

    思いません。でも重要な局面ではいつも思い出しています。

    しおりをつける
    🙂
    Heather
    超常的な意味でそばにいると思うことはありません。 見守ってくれるとも思いません。 単に私が「お父さんだったらどうするだろう」とか、「お父さんに相談したら何て言うだろう」と勝手に考えているという意味では、重要な局面ではいつも傍に居ると言ってもいいかも知れません。 傍にいると言うより、私の中で生き続けているという感覚でしょうか。 今の私の人格形成は父によるところが大きいので当然ですよね。 仕事での責任が年々重くなっているなかで、心の中でのやり取りに支えられています。

    トピ内ID:6406610249

    閉じる× 閉じる×

    そばにいるというより自分の内側にいる

    しおりをつける
    🐱
    アジのおさしみ
    私自身は霊感とかは全くないし、そういうものの存在を否定する考えなのでドライな答えになってしまうかもしれませんが、血がつながっていれば遺伝子を受け継いでいるはずなのでトピ主さんの内側にお父さんはいつもいます。 私の妹が以前夢の中で、私の背後で私を見守る他界した祖父を見たそうです。 私はそのような夢を見たことはないのですが、そんな話を聞くと近くにいるのかなぁと思いますね。 まぁ、家のすぐ近くにお墓がありますし、祖父が息を引き取った部屋で生活してましたから実際近くにいると言えばいますね。

    トピ内ID:8727880990

    閉じる× 閉じる×

    いると思いますよ

    しおりをつける
    🐱
    猫舌
    ただいつもべったり傍らにいるというのではなく、つかず離れず見守ってくれている感じですかね。心の中で故人を偲べばそれも相手に伝わっていると思います。 父が亡くなった後、父が私の名を呼ぶ声をはっきり聞きましたし、異国の雑踏の中を歩いていた時は父の特徴のある整髪料の匂いを一瞬かいだこともあります。 義父がなくなったのは8年程前。ワインが好きな義父でした。夫と子供がたまたま不在の時、義父の命日でした。私は一人で夕食をとったのですがせっかくなのでお皿に義父の分も取り分け、グラスに赤ワインも注ぎました。そうやって食卓で一緒に?食事をしたのです。そして同日の夜、スイッチを入れなければつかない照明がカチッカチッと二度点滅しました。「ああ、義父がお礼を言ってくれたんだ」...とすんなり理解しました。 こういったことを折に触れ思い出すと、心がじわーっと満たされる気持ちになります。また思い出させてくれてトピ主さん、ありがとうございます。

    トピ内ID:4506728124

    閉じる× 閉じる×

    そばにはいない

    しおりをつける
    blank
    Lelouch
    私も中学生の時に父を亡くしました。父を亡くして21年になります。 私は近くにいるという感覚を持ったことはありません。 受験に合格した時、学校を卒業した時、入学した時、初給料を貰ったとき、成人した時、結婚した時等々、事あるごとに一緒に喜んで欲しかったと今でも思います。今でも抱きしめてほしいと思います。 私が死んだら、天国で、私はこんな人生を送ったんだよっていっぱい話そうと思っています。

    トピ内ID:7619630326

    閉じる× 閉じる×

    いると思います

    しおりをつける
    blank
    カカオ95
    私は5歳の頃とある病気で生死を彷徨いました。 手術が終わって退院した日に祖父が亡くなりました。 私が初孫だったこともあり、大変かわいがってくれていたそうです。 病気が心配で「自分の命と引き換えてもいい」と言っていたそうです。 ちょうど私が10歳になったある日、祖父が夢に出てきました。 夢の中で「お前に渡したいものがある」と言って私の手を引き、夢の中の自宅のある箪笥へ向かい、引き出し中の何かを一緒に探しているのです。 茶封筒が出てきて「お前に渡し忘れていたものだよ」と祖父が言い「何?」と振り向くと、祖父の姿はありませんでした。 次の瞬間、祖母が私を繰り返し呼ぶ声が。 目が覚めると「何を寝ぼけてこんなところで寝てるの?」と そう、夢遊病のように実際に家の箪笥の前で寝ていたのです。 しかし、手には茶封筒があります、祖母に渡すと、なんと祖父が生前私の名目で貯金してくれていた通帳でした。 通帳の存在は祖母も知っていたのですが、どこにしまい込んだのか祖父が亡くなり分からなくなっていたそうです。 それまで、何かのタイミングで祖父の声が耳元で聞こえることがあり、家族に話しましたが「あまり変なことを言わない」と注意を受けていましたが、この一件でやはり祖父はそばにいると実感しました。 もう50年も前の体験です。もうすぐ私も祖父が亡くなった歳になります。 このトピをみて、妻・子供にも話していない体験を思い出しました。

    トピ内ID:0775858664

    閉じる× 閉じる×

    記憶がある限り。

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    何かで読みましたが、人間は2度死ぬそうです。 1度目は肉体の死。 2度目はみんなの記憶から消えたとき。 私も親を早くに亡くしてますが、 30年過ぎても、ピンチのときは 神様仏様と、亡くなった親にも祈ります。 私が思い出して、こうやって祈る限り親は存在し、 近くというか、天国にいるんじゃないかと思います。 うまくいえませんが、祈れる相手、祈ることで 力を貸してくれるかもしれないと 思える存在があることは無意味じゃなく、 見えない力、親との絆があると思える瞬間があります。 長い人生、運が悪いこともありますが、 病気が早期で見つかったときなど、 逆に運がよく、親や祖父母に守られてるかもと思います。 ただ、実際生きてたら、今の私の人生を 理解してくれるかどうか分かりません。 親から見たら想像もつかない場所で 思いもしない人生を送ってるかもしれません。 親に意見を聞かなかったからこそ、 自由気ままに挑戦できた部分も大きいなあとも思います。

    トピ内ID:6191103568

    閉じる× 閉じる×

    錯覚という賜物

    しおりをつける
    🙂
    あらら
    リアルに相手の存在を思い浮かべたり、感じることができるのは、 比較的大きくなってから、大事な親族を亡くした方々が多いように感じます。 私はまだもの心もつかない赤ちゃんの時父を亡くしました。 何の記憶も存在感も私にはありません。最初からいない存在なので。 また不思議な体験もない。自分の目(意識)で確認できないものは信じない。 なので霊的存在だとか神様だとか全く信じません。 霊体験は記憶や意識が作り出したもの、偶然の産物だと思いますが、その意識・脳自体には敬意を払います。 意識や脳の働き、まして自我というもの、科学では解明できないものはありますから否定はできません。本当によくできた素晴らしい賜物だと思います。 私は霊はもちろん、ご先祖も神様も信じませんが、 高齢の親はすぐそこに迫る「未知の死」に、たった1人で立ち向かわなければならず、とてつもない恐怖と心の折り合いをつけなければなりません。 亡き人々や神様の存在は、充分心を安らげ穏やかな心にさせてくれるものだと最近実感しています。 「お母さん(私にとっては祖母)が夢に出てきて話しかけてくれたわ」 私はそれを否定しません。

    トピ内ID:7421853788

    閉じる× 閉じる×

    3歳で父を亡くしています

    しおりをつける
    🙂
    梅雨入り間近
    一つ間違ったら・・という場面で大事に至らなかったときは「父が守ってくれた」と感じます。 母は76歳で亡くなりました。それ以降は上記のような場面で「二人が守ってくれた」と感じます。

    トピ内ID:6469557349

    閉じる× 閉じる×

    いない

    しおりをつける
    🛳
    ドラゴン
    私は想いだけが残るのかなと思います。 私も「こんな時に居てくれたら~」と何度も思いましたが、冷たいようですが居ないんです。 子供の頃、仏壇に手を合わせて 「今日も良い事がありますように」(あきらかに違いますよね) 「見守っていてください」等々心の中で念じていましたが 見守っていてくださいは違うようです。 亡くなった方はこの世でのお勤めを終えて安住の地に行かれたので 心配をかけてはいけないそうです。 ななさんのお父様はもしかしたら見守られているのかもしれませんが、 もしかしたら「安住の地」でななさんの事を私の両親に自慢されているかも 知れませんね。 まだまだ子供で心配だったけれども、悩みながらも一歩また一歩と しっかりと前を向いて進んでいると思う。 今は何の心配もしていない。ななは大丈夫なんだ。 あの年で父親の死も受けとめたんだから。 そして私の両親は羨ましがっている事でしょう。 多分この先も悩みや辛くて仕方のない事があると思います。 どうしようもなかったりしたら、生きている人に伝えてみてください。 これもまた冷たいようですが・・・あまり~かも知れませんが。 勿論、楽しい事も。(その上でのトピとは思いますが) 結局、自分なんですよね。 そしてななさんはちゃんと自分で頑張っていらっしゃる。 お父様は「安住の地」で安心して休まれていますよ。 でも私も「こんな時に~」と思っては涙が止まらなくなる事ばかりでしたが 年月が過ぎるたびに思い出すことも少なくなってきています。 自分の想いだけがそばに居るのかも知れません。

    トピ内ID:9482484252

    閉じる× 閉じる×
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 30  /  44
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]