詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 大器晩成(予定)の子の育て方のアドバイスを下さい
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    大器晩成(予定)の子の育て方のアドバイスを下さい

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐷
    優しくなりたい母
    話題
    初めまして。 私、小学校低学年は学校というものになじむ準備期間で、授業は難しいものではない、高い点数を取って授業って簡単!って思う段階だと思っていたのです。 私はそれでそれなりに育ち、翻訳を生業としています。 しかし、今小学校低学年の娘は、驚くほど勉強が出来ません。 圧倒的に国語力が低く、注意力が低く、授業も周りを見て何とかついていっている状態です。 何か特性が付くのではないかと専門機関に行きましたが、特に名前はつきませんでした。 国語は何より大事と思い、幼い頃から絵本を積極的に読んできました。 同じ環境で息子はそれで本に興味を持ち、自分で読もうと努力しておりますが、娘にどんなに興味が持てそうな本を与えても、絵を眺めているだけです。 例えば67+8の計算で、何故か8を十の位に持ってきたりします。 何度教えても、単純に考えず、難しくしようとしているような不思議な印象です。 どう教えていいか分からず、旦那に助けを求めたところ、旦那は今でこそ日本中で知られる企業に勤めていますが、幼少期は全く勉強が出来ず、高学年あたりから急に理解出来るようになったそうです。 恐らく娘もそのタイプじゃないか、と。娘は旦那によく似ています。 そして今はとにかく自信を損なわせずに育てる事が大事だと。 娘は確かに現在勉強は出来ませんが、感性が高く、器用で心優しい、主要科目外の魅力に溢れる良い娘です。 せめて最低限の計算と国語力を付けて欲しいという母の気持ちが空回りしている状態です。 同じようなお子さんを育てた先輩はいらっしゃいますか? 自分とあまりに違うタイプの娘の教育に少し参ってしまいました。 どうかアドバイスをお願いします。

    トピ内ID:8632458677

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 10 面白い
    • 44 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 58 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    小学校1、2年生なら

    しおりをつける
    🙂
    なな
    娘さんの好きな絵本をトピ主さんが読み聞かせてもらう 同じ絵本 同じ詩 などを繰り返し、とても短いものをゆっくり丁寧に読んでもらう で、その内容について語り合う これで、読解力はかなりつくとおもいます 自分で本を読んでいると、文字を読んでいるとおもいますよね でもね、 文字を読んでいない人がいるんですよ 読んでいるのですが、どうも、その人によってまたは作品によって、漫画のように、アニメのように、映画のように立ち上がってきて、文字認識が無いんです ですから、一冊の本の中に何度も出てきた漢字を 見たことない 始めてみた なんて主張したりします 本人にとってはそうなんです このタイプは漢字は苦労するかもです 形成タイプ別に説明してあげると、心にストンと落ちる方法がみつかるでしょう 絵から漢字にするとか 分解するとか ゲームにするとか 娘さんがこのタイプかはわかりませんが、大抵の人は、一読では落ちがあります どんな話か説明してもらうことで、チェックするだけでも違うでしょう パパ似なら、パパとお義母さんに確認した方が確実です 語彙は会話で覚える方が確実かもです できたら、国語辞典で確認する習慣もつけてあげてください

    トピ内ID:1992501056

    閉じる× 閉じる×

    記憶の整理が追いついていない

    しおりをつける
    blank
    ミックス家族
    頭の良い子はいろなことを雑多に記憶してしまいます。 大人のように整理しながら記憶する術を知らないので、そりゃあもうゴチャゴチャに。 下手に記憶力が良いものだから、未整理の情報が多すぎて取り出すのが大変になる。 らしいです。 らしいというのは、小4で急に成績が伸び、その後超進学校に合格した頃に息子が小学校低学年時代を振り返った自己分析だから確証はありません。 例えば小1の頃、50よりも10の方が大きいという意味不明なことを言いだしました。 この子は大丈夫かってすごく心配しました。 何度教えても泣き叫ぶくらい10の方が大きいと言い張ります。 トピ主さん同様、私も夫に助けを求めました。 夫は息子に何故そう思うのかとことん聞きました。 父親とあーでもないこーでもないと話していて、どうやら50円玉より10円玉の方が面積が大きいということだったらしい。。 それがごっちゃな記憶の中で、ある日突然、小学校の算数の世界でこんがらがって取り出されたみたい。 10円玉は50円玉より大きいのだから、10は50より大きいになってしまった。 私はその記憶の混乱を心配しましたが、夫はエジソン並みの天才かもって(親ばかですね) エジソンは1+1が1になる場合があると言っていたとか。 小さな泥ダンゴを二つ、合体させれば大きな泥ダンゴ1つになる。 エジソンの担任の先生は呆れたそうですけど、質量の概念を説明してあげれば解決した問題だったかもしれませんね。 不安はよーく分かります。 私も夫が息子は天才!と言いつづけなければ不安で不安で仕方がなかったと思います。 でも、記憶が整理されたり、学校で習う勉学のルールを理解するようになりると一気に成績が上がります。 信じて見守るしかありません。 あ、息子の天才ぶりは大学入試まででした。 今は良い大学を出ただけの普通の会社員です。

    トピ内ID:9454082845

    閉じる× 閉じる×

    旦那さんに頼っては?

    しおりをつける
    blank
    さな
    旦那さんとタイプが似ているとのこと、もっと旦那さんに詳細に話を聞いてはいかがですか。 私なら、ほうっておきます。 無理に勉強を教え込むこともしないし、宿題はやって提出しないとダメだけどそれ以上のことは求めない。 ただ、娘さんが興味を持ったことはもっと知れるように協力する。娘さん自身が勉強ができないことを気にしているなら面倒を見る。 とにかく、お子さんの主体性に任せたらいいと思います。 それでも不安なら逐一旦那さんに相談しては?一番よくわかるのは旦那さんだと思いますよ。

    トピ内ID:7876255137

    閉じる× 閉じる×

    「最低限の計算と国語力」の定義

    しおりをつける
    🙂
    ひろ
    少なくとも「最低限の計算」に2桁の足し算は入れてはいけないと思います。 1桁です。足して2桁に行ければ儲けものです。 国語についての状況がわかりませんが、とにかく、ひらがな、カタカナ、アルファベットを正確に書ける、が目標だと思います。 漢字も書けるなら最高です。 文字は、覚えられる年齢の上限が決まっているらしいので、最優先です。 本を読むとか読解力とか文法などは、後回しでいいと思います。 あとは絵とか工作とかダンスとか、なにか得意そうなことを見つけてあげればいいのではないかと思います。

    トピ内ID:8441168907

    閉じる× 閉じる×

    モチベーションの源

    しおりをつける
    🙂
    tatta
    私はたぶん娘さんそっくりです。 >今小学校低学年の娘は、驚くほど勉強が出来ません。 はい、通知表はずっとピヨピヨ22ガアガア33でした。母は仰天しました。 >興味が持てそうな本を与えても、絵を眺めているだけです。 「辞書」をプレゼント!期待してたら文字ばっかり。興味ありませんでした。 >何度教えても、単純に考えず、難しくしようとしているような不思議な印象 要するに興味ないんです。授業も聞いてないからテストは0点ばかりです。 0点ばかりで平然としていられるのは、ある意味図太いと思います。 でもトピ様の素晴らしいところは、 >娘は確かに現在勉強は出来ませんが、感性が高く、器用で心優しい、主要科目外の魅力に溢れる良い娘です。 とおっしゃるところ。私など親からボロカスでした。 私は勉強は大嫌い興味もありませんでしたが、小学校の頃から物語を作るのが好き(絵にする)、調べ事をするのが好き(地域のお寺の由来や昔話)でした。 母は私のこうした面に全く関心を示しませんでした。 ただただ、規定の科目、国語、算数、理科、社会の点数だけが評価のすべてでした。 きっかけは忘れましたが、高校2年生から勉強はじめました。(高校も進学校とはいいがたい) 算数がわからなくても数学ってできるんです。だから国立だって受験できる。 突如短期(1年半)猛勉強してトップ大学へ進学、トップ企業へ就職しました。 もともと好きな物語を作る→企画、調べる→マーケティング、で今身を立てています。この仕事は母の想像を超えているようで理解してもらえません。 トピ様は少なくともお子さんの可能性に目を向けている。お子さんが関心示すことを大切にしてください。親が想像もできない仕事に目を向けるかもしれません。 翻訳家のトピ様もご主人も優秀でいらっしゃるなら地頭はいいはず。 勉強を始めるモチベーションの源を大切にしてください。

    トピ内ID:6507319342

    閉じる× 閉じる×

    そろばん教室

    しおりをつける
    🙂
    母2号
    そろばん教室はどうですか?頭と指を動かすのが面白くて、ハマる子もいます。 国語は、読解と漢字をやらせていたら、そのうち何とかなると思います。うちは、毎日一問やらせていました。

    トピ内ID:2814641060

    閉じる× 閉じる×

    コツコツ基礎固め

    しおりをつける
    blank
    まこ
    お勉強重視で育てたいのならば、とにかくコツコツと地道に、基礎固めをしていくしか無いと思います。 飲み込みが悪くてイライラしてしまうでしょうが、そういう子もいます。うちの子も、4.5年生くらいまでは決して良くなかったです。 ですがそれでもめげず、計算なり漢字なり、国語に拘るのだったら文章系でもなんでもいいですが、毎日少しの時間でもいいから継続して学習していくのが良いです。 小学生だったら公文などもあるでしょうが、通信教育をとるのもいいですよ。また、市販されている学習ワークもなかなか良いです。 なにより、学習の習慣がこれで付けられますので、中学以降に役立ちます。 小学生のうちは、何よりも学習習慣。基礎学力の徹底した習得を目指したり、得意なものを伸ばした方が良いです。 その上で、お子さんが他に何か得意なものを見つけるのが良いですね。もしかしたら勉強方面ではなく、スポーツや芸術方面など、何かしら秀でたものをお持ちかもしれないです。

    トピ内ID:4996716803

    閉じる× 閉じる×

    義母さんにきいてみるのがいいのではないかと。

    しおりをつける
    🙂
    そうね
    御主人を育てた義母さんこそいいお手本ではありませんか?

    トピ内ID:7446793080

    閉じる× 閉じる×

    同じような子だろうか???

    しおりをつける
    🙂
    息子がすごくおくてでした。 大器晩成などと恐ろしいことは言いません。 人の2倍の時間かかって人並みになったということです。 小学生低学年のころの悩みは勉強以前でした。 何をやらせても2~3歳並み。 まず会話(言葉のキャッチボール)ができません。 人の話の理解ができません。 人の行動についていけません。 語彙がどうの計算がどうのという話ではなく、まず国語という教科と算数という教科の区別ができませんでした。 もうこれはなんらかの障害では?と何度も相談しましたが「異常なし」 学校生活ではあまりに何もできなくてまわりに迷惑をかけてばかり。 個人懇談では謝ってばかりいました。 何度も叱り、教え諭しましたが、本人は何を言われてるのか理解できないので改善もなし。 そんな息子も中学入学のころにはなんとか学校生活についていけるようになり、高校になったら友達が大勢でき成績も伸び、それなりの大学に入学した時は信じられない思いでした。 この子は義務教育終了がやっとだろうと思っていたので。 でも親として何かやっただろうか? 特別なことはやっていません。 習い事や塾はむしろほとんどやっていません。 学校と言う本職さえこなせないのに、習い事などの副職をやらせたらキャパオーバーは目に見えていたので。 これで良かったのかどうかわかりませんが、多分結果オーライだろうと。

    トピ内ID:2569165001

    閉じる× 閉じる×

    親も基礎固め

    しおりをつける
    🙂
    子供は大学生
    良かったです。 子供は自分のクローン人間ではないということが分かって。 私ができたから、子供もできて当然という思い上がりを正してくれる素晴らしいお子さんです。 私もそうでした。自分の得意科目を子供も生まれながらに、あるいは親の背中を見て自然にできて当然と思ってました。 あのままだったら、自分はとても思い上がった、学力や才能は遺伝すると勘違いした嫌な親だったと思います。 今は、親の教育の基礎固めです。 子供は、読み聞かせをしたら国語が伸びるとか、このカリキュラムを与えれば伸びるというノウハウは一旦置いといて、とにかく子供の思考の流れを全部把握するぐらいの気持ちで、子供を理解することがいいと思います。 計算もよく観察してあげておられるので、続けてあげてください。その不思議な間違いが何から来るのかを徹底的に観察してあげてください。これは、どんな教育者にも塾講師にもできない、この世で親にしかできない仕事です。 まだ、子供自身が自分を言語化できないので、「何でそうなるの?」と問い詰めてもうまく答えられないし、親を怖いと思ってしまいます。問い詰め、叱りはやめておきましょう。ただ、とにかく虫や植物の観察のように、物言わぬ相手のように観察します。 そしておそらく、本当に苦手を克服する時期は、中学高校になるのではないかと思います。少なくともうちはそうでした。うちは中学受験がなくて、いい大学にさえ行けばいいと思っていたので、小学校は徹底的な観察のみで、間違いパターンを知っていきました。中学の勉強のあたりから、具体的に「こういうパターンで間違えるよね」と指摘して矯正していきました。 中学になると段々成熟して、自分を高めたいという気持ちも出るのと相まって、パターン矯正にも聞く耳を持ち大学受験に間に合わせていきました。 ただ、それでもやはり、親のクローンにはなりませんでした。それで良かったですけど。

    トピ内ID:6643188851

    閉じる× 閉じる×

    おはじき、小袋でやってた

    しおりをつける
    🙂
    白桃
    後延びも特にしてないのですが 我が子は、数字だけだと感覚的にとらえられないので おはじき10を、小さな密閉袋に入れて おはじき1と、どっちが多い?とか 問題通りに、おはじき並べたり やってました 次に、カラーそろばんを本屋で買ってきて 1の位で9の次が10の位に繰り上がる という遊びみたいのもしました 子供によって、どれが好みか違うと思います 時計の繰り上がりは入るんですか? よくあるのが、引き算の筆算で 下に書いてある数字が大きいと(1の位だけ) 下から上を引くという間違い 私は担任の先生に相談したら お子さんは、この方法が合ってそうだとか教えてくれましたよ

    トピ内ID:6206206664

    閉じる× 閉じる×

    高学年ですが

    しおりをつける
    🙂
    ビーズ
    ご主人のおっしゃる通りだと今なら思いますが、子どもが低学年の頃は私もトピ主さんと同じ思いを抱えていました。トピ主さんと違うのは私自身も低学年の頃はパッとしない子だった事。四年生頃、頭の中の霧がすーっと晴れるような経験をしています。それなのに我が子の事となると…信じて待つというのは難しい事でした。 簡単な計算も覚束ない、ひらがなを書くのもあやしい一方で、成層圏の高度が何キロだとかちょっと聞きかじった電磁誘導についての話が面白いとかそんな事をボソッとつぶやくので、先入観を持たずに子どもが興味を持つものを何でも与えてみようと思いました。言葉も遅かったので、興味の有無を判断するのも目の輝きを頼りに子ども向けの講座に連れて行ってみたり本の読み聞かせをしたりしました。 毎日机に向かう習慣が大事とか、読み書き計算が大事とか、そういう王道のアドバイスにも随分心乱されましたが、結果的には子どもが興味を持った事をやる事で他の能力も後からついて来るものだったのかなあと思います。 高学年になって、バラバラの点が一気に繋がったようで猛然と勉強するようになりました。 まだ何者になった訳でもありませんが、視野の広がり方、エンジンのかかり方を見ていると勉強面では親の役割は一区切りついたように感じています。 今、子どものやる気を支えているものの一つにセルフイメージがあります。 私はボーっとしていた頃の子どもについつい否定的な言葉を投げかけてしまったので偉そうな事は言えないのですが、ご主人がおっしゃる、自信を損なわせずに育てる事が大事というのはまさにその通りだと思います。

    トピ内ID:6571294780

    閉じる× 閉じる×

    大器晩成は結果論

    しおりをつける
    🙂
    あかい
    大器晩成予定って考え初耳で笑ってしまいました。 子供によって記憶力や理解度の成長も様々なので、無理せずに子供のペースで勉強していけば良いと思います。変にテコ入れしようとして勉強嫌いになったら元も子もありません。

    トピ内ID:5289078110

    閉じる× 閉じる×

    全員大器晩成型でした。

    しおりをつける
    🐤
    小雪
    自分で言うのも何ですが、3人姉弟が完全に大器晩成型だったと思います。子供の頃の両親の態度でありがたかったのは、中学生ぐらいまでは子供らしい遊び中心の生活をのびのびとさせてくれたこと。好奇心を大切にしてくれて、何も押し付けたりしなかったこと。否定しないでいてくれたことです。 両親共働きで同業の研究者だったので、両親が家でも常に勉強していたような姿を見ていたのも良かったですし、両親がそれぞれの専門分野を楽しくて楽しくて仕方ない様子で研究しているのを見ていたのも良かったのかも知れません。あとは、両親ともに忙しかったので、監視の目は家庭では一切感じなかったというのもあります。 3人とも近所の私立小中学校、県立のまあまあの高校(市内で上から3番目ぐらいの緩い感じの学校)卒業、旧帝大卒業、2人はその後別の旧帝大の院へ、1人は数年働いてからキャリアアップのため院へ。現在私と弟は文系の専任大学教員、妹は弁護士として働いていますので、とりあえず生活の心配などはありません。 大器とは言えないですが、塾も行かず、田舎で走り回り、部活し放題だった割にはうまくいったと思います。もちろん、勉強だけが将来を決めるわけではないし、社会的に良いとされている職業に就けば成功と言うわけではありません。本人がこれだ!と思う将来の目的を持って、ずっと楽しく、生き生きとしている道を自ら見つける手助けをするのが親の役目かと思います。

    トピ内ID:3778315019

    閉じる× 閉じる×

    算数: 抽象度を下げ、具体化 / 国語: 読み聞かせ

    しおりをつける
    blank
    名無し
    数字の計算は案外抽象度が高いもので、十進数の概念が脳内で完成していないと難しい気がします。 アラビア数字の10進表記でも、漢数字表記でも、数字そのものは指折り数えられるものではないので。 理解できていないなら、具体的で物理的に数えられるもの、例えば積み木やブロックなどで計算に慣れさせるしかない気がします。 よりよい教材があるのかもしれませんが。 本については、読み聞かせが効果的です。 ただし、親自身の素養や国語力が問われます。プロの朗読家やナレーター並みに上手く読むのはさすがに無理かもしれませんが、棒読みだったたりたどたどしかったりすすると、聴き手である子供は本の内容に魅力を感じません。 また、子供の質問に的確に答えられることも重要です。無論、親も全知全能ではないので、すべての質問に答えられるわけではありませんが、これも知らん、あれもわからんでは、子供にバカにされても仕方がありませんし、子供自身が自分の行く末に自信を持てなくなります。 ※ 以下、余談。 この投稿を拝見して思い出したのですが、昭和50年代~平成初期に詰将棋界を席巻した名うての超難解派作家集団「般若一族」のメンバーであった故K氏は小学校低学年の頃、学力不足で全く勉強ができなかったそうです。 そのK氏が長じて全国の詰将棋マニアを唸らせる難解な作品群を発表することになるのですから、人間わからないものです。 生前の氏がどんな仕事をされていたのか知りませんし、将棋の強豪や詰将棋マニアの中には世事に極端に疎い人もいますが、少なくとも遺された文章からは未熟さや国語力の稚拙さは全く感じられません。 このような例もあるということで、参考までに。

    トピ内ID:6073992924

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます。

    しおりをつける
    🐷
    優しくなりたい母
    想像より多くの回答を頂きまして、まずは感謝いたします。 本当にありがとうございます。 具体的な教え方の提案、心構え、一つ一つふむふむと読ませて頂きました。 肝心の旦那は、本人曰く「当時出来なさ過ぎて、何も覚えてない」らしく、 また旦那の両親は、少し事情があるのですが、褒めも叱りもしなかった方々です。 そんな訳で途方にくれてこちらに相談させて戴いた次第です。 同じ親としての立場からの経験談には、自分の子に当てはまるとは限らないにせよ、具体的な解決の糸口を提示頂いた気になっております。 ご本人の経験談からは、そういう気持ちなのか、と娘の心境を教えて頂いたようでとても勉強になりました。あまりの大器晩成な例の数々に少し恐縮してしまいました。 娘は幼いながら絵本を自分で作ったりと想像力に溢れ、色彩のセンスは私よりはるかに優れています。 ですが、さすがに加減乗除は出来て欲しい、会話のキャッチボールは出来る様になってもらわなきゃ、と思うあまり、型にはめようとしすぎているのかも知れないと、皆さまの投稿を見て思いました。 コロナ疲れもあり、少しピリピリしていたのかもしれません。 少し呼吸を置いて、皆さまの返信を改めてじっくり見返させて頂きと思います。 改めて、色々な立場からのコメントありがとうございました。

    トピ内ID:8632458677

    閉じる× 閉じる×

    うちもそうです

    しおりをつける
    🙂
    てんてこまいこ
    算数はできますが文書題がまるでダメ 国語の作文はとんちんかん、自分の名前を書くのに挿絵の動物の名前が書いてあったり、、人物のの気持ちの関連か特に苦手。 なんでだろう、なんでだろうと考えていましたが、原因の一つに国語のテクニックが理解できていないこと、他には普段のコミュニケーションが断片的な会話になりきちんとした文章で会話してないことかなーと思っています。YES、NOで終わる聞き方が多いからです。 「宿題やった?」よりも「◯◯、宿題は何が出てるの?終わってないものはある?」と聞いた方が 文章を考える力がつくような気がします。 文章からトピ主さんは悩みつつもその対応から逃げたがっているような印象を受けます。うちの子は本気出せばできるはず。とお子さんを通り抜けて違うものを見ていませんか。 特性がつけば安心ですか?大器晩成だからほっといてもそのうちできるようになるとでも? やることやらないと。私はそんな怖い判断できないなあ。

    トピ内ID:7830694518

    閉じる× 閉じる×

    素敵な娘さんじゃないですか

    しおりをつける
    🙂
    なな
    得意なことがあって学友に認められる、一目置かれるのは大事なことです 小2~小4女児は『違う・出来ない』などでトラブルに発展しやすい気がします 本人が気にしていないように見えても、他の子と違う自分、普通出来ることが出来ない自分について、うまく言語化できないだけで、悩んでいる場合もあります 気をつけて観てあげてください お母さんにこそ、絵本が必要です (絵本だけでなく児童書にも少女小説にも、娘さんに重なる子がたくさん出てきます) もしお近くに図書館があったら、たくさん借り読みしてください 『なんで?』を常に念頭に熟読を! 例えば『うんちっち』では話せないのは親のせいと何度目かで気づいたりします お子さんは『いま、ここ』に居ることを学べるといいですね メンター(斜めの関係で相談できたり目標にできる人)を作ることも心掛けてあげてください 従兄弟、近所のお兄さんお姉さん、親の友だちの子、習い事の先生と生徒など 家族で遊んだり一緒に何かする(掃除や料理でも)体験をたくさんしてください 会話をたくさんしてください 算数は、なぜ解らないのかを明確にすることが突破口です おはじき、お金、クッキーなどで、実際に置いてやってみると分かりやすいかもしれません くりあがりは、積み木で説明すると分かりやすいのですが、いま、手頃サイズが廃盤になってしまい残念です 最小の正方形を1単位に 1×1×1 1×1×2 1×1×3 : : 1×1×10 と揃っていると分かりやすいのです 1、2、3、5があると楽です 名前を忘れましたが……方眼用紙……かな、厚紙に1センチ毎の線が入っている紙で、色々な大きさに切ったカードを使ってもできます 折紙も、たくさん折って遊んでください 図形の基礎が身につきます 無理にしないでくださいね 遊びとしてやってみてください

    トピ内ID:1992501056

    閉じる× 閉じる×

    自分自身が大器晩成型でした(笑)

    しおりをつける
    🙂
    ばあさん一歩手前
    子育てお疲れ様です。 実は私自身がそんな感じで、程度の差はありますが中学校くらいまでは主要教科の成績はそんなに良くありませんでした。 努力はするのに成績はさっぱりで、高校位からまあ努力した分くらいはちょっと成績に反映するようになりました。 ところが、大学生で家庭教師のバイトを始めて改めて中学の参考書をみたら全部分かる!生徒の分からない気持ちとか理由も分かるので口コミで大人気の家庭教師になりました。 その後、就職してから本当に勉強し、今は海外で大手金融に勤め、年収も日本円で何千万単位です。そして今、50歳を超えて経験はもちろんですが、それよりも問題が発生したときもパッと解決法がひらめいて考えなくてもなんでも分かるようになったんです。魔法みたいです。 私は自分の脳のある一部の発達が非常に遅くそれがようやく50歳くらいになって完成したんじゃないかって思ってます。(実は米国で臨床心理にあたる院を出てます)発達心理学の領域ですが、お子様もご主人が仰る通り後で発達が付いて来て巻き返し出来るかもしれません。 遺伝子って恐ろしくて、私の弟が全く私と同じように大器晩成型です。 それまでは、お子様の心の教育(道徳心や情操教育)に時間をお使いになったらいかがでしょうか?博物館へ行ったり自然を体験させてあげたり。宇宙のビデオを観たり親子で楽しめる事はいっぱいあると思いますよ。 難しいかもしれませんがお母さんがあまりイライラしないのが子供さんには一番いいかもしれませんね。 大変でしょうが頑張ってくださいね。

    トピ内ID:2745785067

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]