詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    庶民の資産形成について

    お気に入り追加
    レス14
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    中流
    話題
    こちらをご覧になる方は世帯収入が多い方が多いと見受けられます。 そんな中、私は中年以上老年未満の庶民中の庶民です(独身) 以前は「株はギャンブルだ」なんて思って怖かったのですが、iDeCoやNISAをきっかけに以前よりは抵抗がなくなりました。ただ金融についての日々の勉強はしていません。 同じく庶民の皆さんはどのように資産形成されていますか? 私:現在の総資産1500万ぐらい 内訳:日本株(含み損あり)で50%、iDeCoで15%、国債で20%、現金で残り ※なんとこの期に及んで中古マンションを購入したので、ローン残が約1900万ぐらいあります(この件についてのご批判はすみませんが耳を塞がせてください) 国債は今年満期になりますが、これを住宅ローンの繰り上げ返済、または現金でキープする、個別銘柄投資または積み立てファンドにするか。。。どうしたものか、と妄想しています。 退職金は特に期待していません(200万~300万程度かと思います) ※定年まであと約20年です 毎月5~10万ほど貯蓄に回したいなと思っています。(年間80万~100万目標)

    トピ内ID:9412251415

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 20 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 54 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数14

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    50代女年収300万円です

    しおりをつける
    🙂
    下流庶民
    非正規なので退職金はありません。 資産は保険関連と預金合わせて3800万円、住宅ローン残り4300万円です。 住宅ローンは保証人を立てて借り入れしました。 手持ち資産がローンを下回っていますが、都心ターミナル徒歩10分以内のマンションなので売却して500万円以下になる可能性は低いと思っています。 手持ちのお金をなるべく減らさないように気をつけながら投信と株と外貨取引で地味に増やしたいと思っています。

    トピ内ID:6117275332

    閉じる× 閉じる×

    勉強になります

    しおりをつける
    🙂
    さいきょう
    33歳、預金610万 積立NISA30万です とても情報弱者でインデックスファンドを購入しガチホしておけばいいのは 動画サイトなり見てわかったんですが、中々気が進まず、、、、

    トピ内ID:7963118654

    閉じる× 閉じる×

    独身なら

    しおりをつける
    🙂
    樋口一葉
    財形が一番確実で資産形成になる気がしますよ。  職場の皆さん財形貯蓄で天引きされた残額を給料とみなしている人が多い気がします。実は私もそうです。  財形で毎月5万円が給料から天引きされます。残りで生活し更に余ると貯金しています。だからと言って節約しているのではなく締めるところは締める使うべきところは使うと言うメリハリのある(自分でそう思っているだけですが)生活しています。  あと心がけていることは毎月の余裕金がある一定額貯まると純金を購入しています。勿論現物を。ただ純金は長い目で考えての投資です。インフレ対策を兼ねて。  トピ主さんの資産形成換金性もあり素晴らしいと思いますよ。

    トピ内ID:8988271091

    閉じる× 閉じる×

    財形、社内預金利率の良いものを

    しおりをつける
    🐱
    ぎんねこ
    働き続ける方なら、天引きの財形はお勧めですね。または預金利率のよい、社内預金の活用をするとよいです。 あとローンがあるなら、繰り上げ返済をできるならしたほうがよいです。将来社内制度が変更になり、定年が早まることもあります。 返済できるうちに返済しましょう。 持株会とかは社内でないですか。それも加わることもよいかと思います。在職中は売れないけれど、老後の楽しみになります。 当方五十代後半既婚ですが、あなたと同じぐらい千五百万円資産があります。 預金がほとんどですが、株式が七十万ぐらい、投資信託が百三十万円です。 なるべくなら、預金で持っていたほうが、将来は安定だと思います。

    トピ内ID:8816946505

    閉じる× 閉じる×

    バラバラで

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    つみたてNISAとiDeCoは適当に国内外に分散設定して放置です。 それ以外は複数のロボット投資に5000円とか1万円とかしています。 ネット銀行のATMや振り込み無料のために、1000円積み立てとかもしてます。 たまたま同僚の財形の話を聞きましたが、1年で+500円とかでした。 (金利を聞いたらネット銀行と同じでしたが、それは言えませんでした。) 私はつみたてNISAだけでも+14万円でした。 リスクを取らないと20年後には大きな差になると思っています。

    トピ内ID:2966593313

    閉じる× 閉じる×

    トピ主です

    しおりをつける
    🙂
    中流
    ご回答いただいた方、ありがとうございます! その昔から「財形」という方法は頭に入っていましたが、会社に把握されることに抵抗があり避けていました(小さい会社なので。。)おすすめいただいた方すみません。 今は金利が低いので、低いうちは繰り上げ返済しないでその分運用した方がいいのかな?とも思いました。でもローンを終えて早くすっきりしたい気持ちもあります。 人の意見にフラフラしています。 米国インデックスで長期放置、というのを最近よく目にするようになりました。 海外企業への投資は今まで一度も経験したことがありません。 来年は、つみたてNISAを使って海外ファンドに投資してみようかと思っています。 いろいろな方の資産管理は、知見を広げるのにも非常に勉強になります。

    トピ内ID:9412251415

    閉じる× 閉じる×

    少額から長期で

    しおりをつける
    🙂
    白ポメ
    株とか、投資は、流動性に欠けるので、 長期的、余裕資金でやるのが前提です。 個別株は、国内だけあります。 米国や海外株の個別株は、企業に関する 知識、情報不足で、ハードルが高いかも。 大きく増やすには、まとまった資金いるけど、 初心者が一気に大金を投資するのは、 それはハードル高いです。 でも、インデックスの投資信託積立なら、 100円からできるところあるし、 楽天証券なら、楽天カードで積立も可能だけど、 ポイントを使うこともできると思います。 お菓子、ジュース、タバコ買うお金、 小遣い枠で可能です。 小遣いは、何に使うか自由です。 失敗しても、もともと小遣いだから、余裕資金です。 家計として、あてにしてるお金ではありません。

    トピ内ID:5961487931

    閉じる× 閉じる×

    投資信託は崩し方が悩ましい

    しおりをつける
    🙂
    どうどう
    たぶん私もトピ主と立場は似ていると思います。 現在、年間投資信託額は100万円、貯金は60万円。 >米国インデックスで長期放置、というのを最近よく目にするようになりました。 最近は、ロボアドヴァイザーによる商品も出てきて投資信託へ流れています。 定期預金などボッチの金利に比べれば、インデックスなどで年利4%複利などとうたわれ、エクセルで表をつくれば右肩上がりのグラフが! でも、よくよく突き詰めると株ほどではないけど、高下があるのはどなたもわかると思います。 どんな投資がよいのかたくさんの指南も出ています。 テーマ投資、リート、外国株インデックス、途上国インデックス… どう組み合わせればいいのか、等々。 だけど崩し方の指南がないことに気づきます。定期預金なら決まった金利でせめて中途解約だから金額が把握しやすい。 長期投資といっても、貯蓄も投資信託も貯める一方ではなくいつかは使う資金です。 でも高下もある投資信託を、いかにあてになる生活資金として崩すか、その方法の指南はほとんどありません。 なんだか素人相手に投資信託あおって、どこかの誰かが金儲け目論んでいるみたいに思えて…。 トピさんも崩し方考えたことありますか? 結局もっと大きな資金は投資信託ではなく10年国債にしてあります。

    トピ内ID:9148343513

    閉じる× 閉じる×

    とりあえず

    しおりをつける
    blank
    ふよふよ
     短期で利ざやを稼ぎたいというなら、いろいろな経済指標や企業業績などの情報収集、分析が必要でしょう。  しかし、完全な余剰資産で市場全体を対象としたインデックス商品に長期に投資するなら、基本的に放置でいっこうに構いません。月○円を機械的に購入するといったやり方で、値上がりしようが、値下がりしようが「我関せず」でほったらかしにしておけばOKです。

    トピ内ID:7636001599

    閉じる× 閉じる×

    潮の干満と寄せる波の違いが経済にもありますよ

    しおりをつける
    😀
    潮汐予報士
    >以前は「株はギャンブルだ」なんて思って怖かったのですが、iDeCoやNISAをきっかけに以前よりは抵抗がなくなりました。 >ただ金融についての日々の勉強はしていません。 勝った負けたで寄せる波を乗り切る運用(株はギャンブルタイプ)と、潮の干満にも似た大きな経済のうねりを読んで運用するのと、どちらが自分に向いていると思いますか? 私はギャンブルには向いていないので、のんびり潮の満ちるのを待って稼ぎます。

    トピ内ID:5604493883

    閉じる× 閉じる×

    追加

    しおりをつける
    🙂
    どうどう
    少し言葉不足だったので追加です。 20代~30代の若い世代なら長期投資も有効と思われますが、たとえば50代からだと長期といっても限られる。 毎月分配は考えない。

    トピ内ID:9148343513

    閉じる× 閉じる×

    え?

    しおりをつける
    blank
    ぽんしゅう
    総資産のうち現金は僅か15%。50%も株式投資に回してるって、 それはもう個人投資家を名乗っていいレベルですよ。 ただここ数年の値上がり基調の中で含み損ありってことは、買った会社か 買った時期か、偏りとかあったかも知れませんね。 かく言う私は普通のサラリーマン。5年ほど前まではほぼ現金で、 運用しているものと言えば確定拠出年金くらいでした。 子供2人が大学卒業し年間貯蓄額が飛躍的に伸びてからいろいろ手を出しています。 確定拠出年金、積立NISA、ロボアド3社のトータルで今は20%くらい。 80%が貯蓄ですが、貯蓄額はこれ以上増えないようにしているので、 投資信託とロボアドにさらに回す予定です。 ロボアドに傾注しているのは海外ETFを買う方法としては便利で楽だからです。 今のところ運用成績はプラス20%くらいありますが、コツコツ貯めても 届いていた金額なので、運用してよかったのかどうかは分かりません。

    トピ内ID:1976712167

    閉じる× 閉じる×

    私ならですが

    しおりをつける
    🙂
    なたやま
    こんにちは。 私なら、の前提でレスします。ちなみに私も今のところ仕事を続ける予定で定年まで20年以上あり、次に述べるような資産運用をしています。 まずトピ主さんは定年まで20年あるとのこと、それであればiDeCoまたはつみたてNISAで月5万円回します。iDeCoは税控除があるのでいいですが60才まで引き出しできないのがデメリットだと思います。つみたてNISAはいつでも現金化できるのがメリットと思います。 米国オンリーまたは全世界の成長に投資が1番確実なのでそれらの指数連動の投資信託を積立てますね。具体的にはS&P500連動または全米連動または全世界連動です。 現時点における今後の世界の成長率の見通し予想〉住宅ローンの利率だと思いますので(ローン利率は1~2%以下だと考えて回答しています)無理やり繰り上げ返済はしないですね。 個別株は私も下手な横好きでやってますが、インデックスで運用したほうが普通の人であれば最終的には勝てると思います。生活防衛資金のみ現金で持っておけばいいという考えなので貯金はあまりないです。株価の変動はまったくわかりませんので、積み立て投資は今考えた時が始めるときだと考えています。私なら来年と言わず今からでも設定します。

    トピ内ID:2397860886

    閉じる× 閉じる×

    繰り上げ返済し過ぎました。

    しおりをつける
    🙂
    くつろぐくろ
    40代後半、共働き。子供3人の5人家族。 世帯年収600万なのに300万以上を貯金と繰り上げ返済にまわし、日々の暮らしを節約しまくりました。 日本株300万、iDeCo内でインデックスファンド100万、外国債権とリートと金に100万。 ドルとユーロに100万。 子供の学費貯金は別にありますが、 手持ち現金は全部繰り上げ返済しちゃいました。 1000万以上を繰り上げ、完済が見えてきたところで、いまの日々の暮らしを犠牲にしすぎていると、ちょっと反省。 貯金の才能?はあっても、これじゃあダメだと。氷河期世代で貧乏性。 もっと気持ちよく楽しくお金を使えるようになりたいです。

    トピ内ID:6584784005

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]