詳細検索

    • ホーム
    • 子供
    • 子供の事で正社員を辞めた後、後悔しましたか?
    妊娠・出産・育児このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    子供の事で正社員を辞めた後、後悔しましたか?

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    ぐっちゃん
    子供
    38歳正社員、3歳の子供がいます。新卒から働いている会社を辞めたいなぁと感じています。
    2人目を考えており、高齢出産になり体力的に不安なのもありますし、今子供の事を全力で出来ないジレンマもあります。
    時間があればもっと可愛い子供と過ごす時間も取れるし健康のため食事にももっと手がかけられます。
    経済的には私が辞めても生活に困る程ではありません。
    ですが独身期間が長かった為自分で稼いだお金以外に全てを頼るのがなんか嫌です。
    主人は文句言ったりしませんが私が勝手に肩身の狭い思いをしてしまいそうです。
    でも正直もう辞めたい、楽になりたい、でも子供が手を離れた時暇を持て余しパートをして、その時正社員を手放した事を後悔しそうだなと思います。やはりパートだとボーナスや、待遇が違うので。
    実際正社員を子供の事で辞めて、その後子供が手を離れてからどう思ったか、同じ経験をされた方の考えを聞きたいです。もしくは辞めずに頑張り続けた方の結果の感想もお聞かせください。

    トピ内ID:1135727813

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 19 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 13 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    私は後悔してない

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    40代、男子2人の母です。
    私は新卒から10年勤めて第一子出産のタイミングで退職以来専業主婦です。

    私は保育園に預けるのではなく子供がママとべったり過ごせる幼少期の子育てをしたかったので、一度も退職したことを後悔したことはありません。

    あと周りの環境にもよるのかも。私の子育ての時、周りは専業主婦だらけでした。育休取って復帰してる人はママ友で2人しかいませんでした。あとは全員専業主婦でした。なのでみんなでのんびり子育てして楽しかったな。もう一回やりたいくらい。

    退職前の仕事はSEだったので、10年以上ブランクで同職で復帰するには浦島太郎だろうなぁとも思うし、大好きな仕事だったけど、もう無理だろうなと思ってます。でもそんなに未練はないかな。別にSEだけが仕事じゃないし。

    今は子供は中高生です。周りはここ数年は子供の手が離れたのでパート始める人が増えました。私も下の子の中受が終わったからパートしようかなと思ったらコロナ不況で中々パートもなくて結局まだ専業主婦してます。

    特に手が離れた今も正社員辞めないまま頑張れば良かったかなとは思ったことないな。私は本当に子供と沢山一緒に過ごせて幸せだったので。

    専業主婦や乳幼児とべったりも向き不向きあって、短時間だから子供と全力で笑顔で向き合える人(そういう人は会社で大人と過ごすとホッとすると言ってました。主さんは復帰した時どうでした?)とか「夫に養ってもらって肩身狭い」と感じる人は、気持ち的に伸び伸びできないから、退職すると後悔するかも?

    トピ内ID:4691175895

    閉じる× 閉じる×

    トピ主の場合は後悔する気がします

    しおりをつける
    ゆかたん
    >独身期間が長かった為自分で稼いだお金以外に全てを頼るのがなんか嫌です。
    >主人は文句言ったりしませんが私が勝手に肩身の狭い思いをしてしまいそうです。
    同感です。
    ただしね、主人がいまはそのように言っていても、大きな出費や有事の際、本音の一言が出てくるかもしれませんよ。

    >やはりパートだとボーナスや、待遇が違うので。
    私がタイトルのように感じた理由は、ここです。
    ボーナスは勿論、同じ勤労時間でも収入として得られる金額が全く違います。
    ご主人の収入によっては、いつもお財布の中身を気にしながら生活することになるかもしれません。
    専業主婦も大黒柱の豊かさあってこそですので、清貧といえば聞こえは良いですが、覚悟をしておかないと予定が狂います。

    多忙ですと、ついついそうでない生活に憧れてしまうのかもしれませんが、お子さんに手が掛かるのは、せいぜい数年。
    その後に係る莫大な教育費や老後の貯蓄の心配をしなくてはならない時期のほうが、圧倒的に長いです。
    資格があっても、現代はブランクを作らずに働きかけ続ける女性が多いですから、トピ主さんを雇用する旨みが会社にあるかどうか、客観視してみてください。

    たかだか数年のブランクで生涯、手に入る金額がガクッと減ります。
    当然ながら、日常生活の質も下げることになります。
    若く結婚しその生活に馴染んでいる人なら良いですが、トピ主のように一人暮らし歴が長く高齢出産の人に、果たして耐えられるかな。

    お休みの日の過ごし方。
    お子さんと土日、ずーっといっしょにいて苦ではないですか。
    これが、「体力なくて疲れます」ならば、やはり退職するべきではありません。

    私なら、まずお金をポンっと出して社会資源と便利家電をフル活用する。
    単に仕事との両立がツライだけなら、全てお金で解決しましょう。
    あとは、在宅勤務推奨の会社への転職を検討してみてください。

    トピ内ID:1629175737

    閉じる× 閉じる×

    辞めないほうがいいのでは。

    しおりをつける
    🙂
    ぽん
    私は、この時代、辞めないほうがいいと思います。
    もし、旦那さんが、病気になったら、もし、離婚する事になったら、もし、あなたが病気になったら、もし、お子さんが、とても高い学費が将来必要になったら。。
    いろんな、「もし」が、人生には、つきまといます。

    私は、辞めなかったので、なんとか、危機を乗り越えられました。辞めてたと思うと、辛かっただろうなと思います。
    将来、「もし」に対して、大丈夫と言えるなら、辞めてもいいと思います。

    トピ内ID:0126420532

    閉じる× 閉じる×

    全く後悔していません

    しおりをつける
    🙂
    ううう
    子供が小学校高学年まで頑張りましたが、力尽きて退職しました。

    その後は子育てに専念し、正社員だった時に「私が家にいれば、こうしてやれるのに」と思っていたことを全部叶えました。

    はっきり言ってもっと早く辞めればよかった、長休みにどこにも遊びに連れて行ってやれず留守番させていたあの日を取り戻したいと思っているぐらいです。

    収入面では起業しました。
    というと、どうせデモデモダッテって言われるんだろうなと思います。

    私は、そのデモデモダッテの時間を全部、起業をしてどうやって収入を得るかについて考えたり、実行するために使ったという、それだけのことです。

    「子供に留守番させていた時まで時間を戻す」という望みに比べたら、簡単すぎるぐらいでした。

    というか、もう、正社員を辞めたらパートしかないとか、いい加減に古臭すぎないですか?

    世の中、これだけ激変しているのに。もう私にとってはポケベルとか黒電話を使って、不便だ不便だと愚痴っているレベルにしか見えません。

    トピ内ID:1799155687

    閉じる× 閉じる×

    生活に困らないなら潔くやめなはれ

    しおりをつける
    🙂
    梅雨空
    二人目を考えていて子供に全力投球したいなら潔く辞めたらいい。
    正社員を手放すなんてもったいない、この先どうなるか分からないから続けた方がいいと言う人は沢山いるし、自身でもボーナスや待遇が違うと分かってるじゃない。

    でも仕事をし続ける限り子供に全力投球できないのは当たり前で、結局はトピ主さんの性格の問題だから、他人のケースを聞いたところで意味はないよ。

    あれもいや、これもいや、でも子供とはずっと一緒にいたい、できればお金も欲しい。
    持っている物が多い人ほど悩みますわな。
    ちなみに仕事は好きですか?

    私は思うのが、いちばん一緒にいたいと思う子供が小さい時期に辞めなかったら逆に辞める時期ってなくない?
    それこそ何らかの事情で子供の手が離れてから辞めなきゃいけなくなるかもしれないし、そしたらそれはそれで後悔しない?

    自身に確固たる信念があれば、自ずと優先順位は決まってくるし、それによって生じるメリットデメリットについてタラレバの話はしません。したところで意味もないし。

    トピ内ID:2381304894

    閉じる× 閉じる×

    大後悔時代がきます。

    しおりをつける
    🙂
    ベビー
    後悔しました。
    私の場合は子供の発達に問題があり、ややパニック気味で辞めてしまいました。その後、できる範囲で仕事をしてきましたがどんなに頑張ったところで正社員時代の1/3も稼げませんでした。

    生活に困ることがなくても、自分のアイデンティティーを失ってしまったような気分。毎日毎日、家族の世話に明け暮れる日々に、私の人生一体何なんだろうかとさえ考えることもあります。


    生涯賃金で考えてください。
    15年正社員で働いていれば500万円位の年収はあるでしょう。

    60歳定年として22年あります。1億1千万円です。
    対して、10万円のパート収入なら2640万円。8000万円も違ってきます。
    退職後の年金も雲泥の差です。

    家政婦やベビーシッターを雇って乗り切る。
    通勤時間が45分以上かかるなら30分以内の場所に引っ越す。
    できるなら敷地内に保育園があるマンションに引っ越す。

    働いた分全部子供関係の支払いで終わったとしても必ず終わりが来ます。

    トピさんが現在のお仕事をあまり好きではないということでしたら、仕事をやめて子育てしながら何らかの国家資格をおとりになるのも良いかもしれません。

    トピ内ID:8241339084

    閉じる× 閉じる×

    参考にならないかもですが、勤続29年です

    しおりをつける
    🙂
    みどりん
    バブル最後の年に入社しました高校生の母です。
    私は36歳で出産して今は五十路になったものの、子供はまだ高校生。
    頼れる実家が遠く、子供が乳幼児時代にはトピ主さんのように悩みました。

    子供が体調を崩しては突然のお休みを取り同僚に負担をかけてしまったり、
    出張や残業でお迎え時間が遅くなって保育園の先生方にお世話になったり、
    色々な人に支えてもらってここまで来たことを思い出します。

    夫も同じ会社でしたが、リーマンショックのタイミングで色々あり
    転職して、状況が変わりました。
    私も夫のお給料で安泰計画を狙っていたのが揺らぎましたというか。

    共働き正社員だと、自由になるお金が多いから、
    子供が小さいうちはお洋服、子供の習い事、旅行など好きなことできるし、
    大きくなると塾や予備校、大学などの教育費の資金繰りに困らないから
    長いスパンで見れば、正社員を辞めるのはもったいないです。

    辞めるのは簡単ですが、同じ環境を手に入れるのは難しいですよ。

    どんな選択をされるかは、トピ主さん次第ですが、
    高齢出産仲間として応援しています!

    トピ内ID:3578148402

    閉じる× 閉じる×

    60代以降の方の後悔

    しおりをつける
    🙂
    ライラ
    すみません、私見な上、長文になります。

    子供ともっと触れ合えば良かった、ということが、お金のことよりずっと上位にくるのだそうです。

    こういうのは考え方ひとつで変わるのかもしれませんが、まず1番に出てくる、人間として素直なそして理屈じゃない思いなのでしょう。
    少なくとも私はそう取りました。

    私は辞めて後悔してません。

    私はふたり子供を授かりましたが、仕事は大好きでハードだったので、おそらく仕事をしているままだったら2人目とは会えなかったと思います。

    もちろんどんなに傍にいて愛情込めて育てようが、大きくなってから愛情を返してくれるかどうかはわかりません。

    でも、このあっという間に大きくなってしまうまでの、10年ほどを味わうために生まれてきたんだと思うくらいには価値がありました。(良いことだけではないですよ、泣いたことも苦しいと思ったこともありました、でも仕事で私の代わりはいるかもしれないけど、お母さん、お母さんと呼んでくれるのはこの子達だけ…)

    私は、あまり自分の親と友好的な時を持たずに、どこか不完全で歪なまま大人になったのですが、そんな私自身を癒し育て直してくれたのも、子育ての経過でした。だから、このために生まれてきたと思えるくらいには子供たちに毎晩感謝しています。

    お金で買えるものはたくさんあるけど、のれからの時代はお金が無くても幸せになれる生き方を子供に教えたいと日々頑張っています。

    トピ内ID:0875086869

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]