詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    ペットロスがなかった

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    もももー
    ヘルス
    閲覧ありがとうございます。
    昨年10月に、17歳になるワンコを亡くしました。
    亡くなる1週間くらい前から食欲がなくなり、おなかの調子も悪く
    病院に連れて行ったのですが、高齢の為病気をみつけても治療は厳しいとの判断で、症状が緩和される点滴治療の方向でその時の診察は終わりました。
    その週の日曜日に急にひきつけを起こし、日曜日も診察している病院に連れて行ったところ、腎不全との事でした。
    この治療をしたらこっちの数値が悪くなる、こっちを優先したらこっちの数値が悪くなる・・・その話を聞き、こちらの病院でも治療じゃなく点滴をする方向になりました。
    ひきつけを起こした時に、今夜もつかどうか・・・と言われてしまって、離れる事は考えれず自宅に連れて帰り、一晩中一緒にいました。
    次の日も点滴に連れていき、ずっと自宅で一緒にいましたが日付が変わった朝方に息を引き取りました。
    治療中はつらそうに鳴く犬に何もできず私自身もずっと泣きっぱなしだったのですが、こんな辛い思いさせるなら早く楽になったほうがいいのかな・・・と考えてしまっていました。
    亡くなったときは「お疲れ様。もうしんどくないね。」という気持ちでした。
    元気な時は、この子が死んだら私生きていけるかな・・・くらい溺愛していたのですが、亡くなったらあまり落ち込まず、お葬式の翌日には仕事に行ってケロっと仕事していました。
    いまだに思い出すと泣いてしまったり、今、このトピを入力していても涙がでてきます。
    けど、そんなに落ち込んでいない自分がいます。
    私は冷たい人間なのでしょうか。

    トピ内ID:3823517428

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 6 面白い
    • 12 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 164 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    違いますよ

    しおりをつける
    🙂
    とまと
    あなたは愛犬が生きている間精一杯のお世話をしたからです。
    けろっとしているわけではありません。
    だって書きながら涙がでるのでしょ?
    私も愛犬がいなくなり、死んでしまうかなと思っていましたがペットロスになりませんでした。
    愛犬が生きている間本当に本当に愛情をそそぎ、お世話しましたから、ある意味悔い無しだったのです。
    ペットロスにもいろいろな背景があると思いますが、こうしてあげたらああしてあげたら、という後悔から来るものも多いですよね。
    私は後悔は全くないです。主様もそうではないですか?
    可愛かった愛犬の元気な時の姿だけ思い出して手を合わせましょうよ。
    泣いたら天気で悲しみますから。

    トピ内ID:4562570091

    閉じる× 閉じる×

    ペットロスにはならないほうが

    しおりをつける
    🙂
    なみこ
    ペットロスにはならないほうがいいですよ。
    喪失感によって、何もできなくなったり
    鬱状態になったりするわけですから、
    ならないのなら、ならないに越したことはないのです。

    ペットロスにならないからといって、
    冷たいとか、そんなことは絶対にないです。

    ただ、今が大丈夫だからといって
    この先も大丈夫とは限りません。
    半年後に急に来ることもあります。
    気をつけてくださいね。

    大切な人やペットが亡くなると、誰でもつらいです。
    つらく苦しく悲しい出来事ではありますが
    その存在を心の拠り所にして、支えてもらっていた場合
    なくしてしまうと、ひとりでは立っていられなくなるのだと思います。
    いつの間にか依存してしまっているというか、
    そういう場合にペットロスになりやすいのではないでしょうか。

    それがいいとか悪いとかではありませんが
    日常生活に支障をきたし、心身を壊すほどのことになると
    非常に大変になりますので
    トピ主さんは今の状態で良かったと思いますよ。

    トピ内ID:2565631455

    閉じる× 閉じる×

    無くてもいいと思います

    しおりをつける
    🙂
    テツコ
    年齢からして、十分だったんじゃないでしょうか。
    トピ主さんも十分一緒にいられたから思い残すことはないのかも。

    ごめんなさい、私は3年前に愛犬を亡くして、ようやくロスから抜け出したところです。たぶん、もう大丈夫と思います。
    うちの子も病気が原因で最期は苦しそうでした。
    看病中は「あまり苦しまなく、楽になってほしい」と思っていましたし、
    息を引き取った時は「よく頑張ったね。ありがとう」と声を掛けました。

    今でも、思い出すと涙が出そうになります。

    亡くなってから1年後にそろそろ新しい家族を迎えてもいいかなと思った頃に保護犬の見学に行ったことがありましたが、よく似た犬を見ると
    涙が出てきて、断念しました。
    その時、思ってた以上にまだ引きずっているなと思い、今に至ります。

    たぶん、悲しみは消えることはないと思います。
    でも、普通に日常生活を送っていくことも大事ですから、それでいいんだと思います。

    トピ内ID:0067137236

    閉じる× 閉じる×

    想像ですけど

    しおりをつける
    🙂
    春巻き
    トピ主さんは、その犬ちゃんが逝ってしまう事を覚悟できていたのではないでしょうか?
    楽しい思い出もあるから、とか、年齢もあるし仕方ない、とか。
    でも、もしかしたらいまは覚悟がカバーできているだけで、いま、ご自覚なしであっても、覚悟のおかげで普通にできているだけで、
    失われた悲しみが小さい筈はないと思うので、
    何かの折に激しい悲しみに覆われる事もあり得そうです。
    いつもはそうでもないけれど、
    1人のときに泣いてしまうのは私もわりと経験あります。
    無理してるつもりはないんですけどね。

    トピ内ID:1910741654

    閉じる× 閉じる×

    同感です

    しおりをつける
    🙂
    トピ主様、ワンコちゃんのご冥福お祈り申し上げます。17才とは長生きでしたね。

    私も3年前にシェルティ16才を見送りました。その3ヶ月から食欲不振になりましたが年齢的に対処療法しか出来ず最後のときを迎えました。12才以降は家族旅行の時も預けたりすると可愛そうだからと私は犬と留守番したり私の出来る範囲で頑張りました。
    色々な意味で悔いなく見送ったせいかペットロスは有りません。

    周りの方は次のワンコを迎えたらと言いますが私には次は無いのです。
    そんな感じです。

    トピ内ID:2601897252

    閉じる× 閉じる×

    ペットロスではないですが

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    >治療中はつらそうに鳴く犬に何もできず私自身もずっと泣きっぱなしだったのですが、こんな辛い思いさせるなら早く楽になったほうがいいのかな・・・と考えてしまっていました。
    亡くなったときは「お疲れ様。もうしんどくないね。」という気持ちでした。


    私も小学6年のときに、
    祖母が癌になり闘病生活は辛そうでした。
    母も父も限界になりそうでしたね。
    息を引き取ったとき、
    やっと楽になれた、
    痛みのないあの世に旅立てるね、
    と何にも知らなかったけれど思いましたね。
    あんなにばあちゃん子だったけれど
    本心でしたね。

    時折思い出すと涙が出ますが
    学校に行けないというロスはなかった。

    2年前16歳で亡くなったにゃんこのときも
    そうでしたね。
    晩年は辛そうだったので。
    けれどもう一匹いるからなのかなとも
    思いつつ。。
    16歳にゃんこは母に懐いてましたが、
    今の17歳にゃんこは私が拾ってきたので…
    ペットロスになりそうだと心配しています。

    トピ内ID:3523877282

    閉じる× 閉じる×

    私も同じです

    しおりをつける
    💋
    くるくる
    一昨年の年末に、当時17歳だった猫を看取りました。
    何年か前から腎不全を患い、闘病していました。
    亡くなる前の二日間、苦しんで旅立ちました。
    本猫が一番辛かったのでしょうが、見ている私も辛かったです。
    旅立った後、自分でも驚く程、落ち着いていました。

    私もずっと考えていました。
    何年も前から覚悟していたからかのか、
    苦しみながら旅立ったからなのか分かりませんが。

    答えになっていませんが、もももーさんだけではありませんよ。
    私も今、泣きながら入力しています。

    トピ内ID:2507963300

    閉じる× 閉じる×

    解ります

    しおりをつける
    🐶
    チキ
    それは、傍らで旅立ちを見送れたこと。そして愛犬に対してできることはやりきったから。愛犬が苦しさから解放されたこと、だと思います。勿論悲しいけれど、冷たいとは違うその感覚解ります。
    悲しみの乗り越え方は人それぞれ。
    時間しか悲しみを癒す方法はないけど、たくさんの素敵な思い出をくれた愛犬はトピ主の心のアルバムの中でいつでも逢えますね。
    私も心の中にアルバムがあり、時々再会してます。

    トピ内ID:8364523641

    閉じる× 閉じる×

    ペットと人の距離間

    しおりをつける
    🐱
    aki
     私も常に家には犬や猫がいます。特にニャンコさんは私に取っては子供と同じくらい大切な存在です。夫婦二人暮しになった今、我家の3にやんは私の生き甲斐と言っても過言ではないです。

    でもその子達を飼う事になった時点で、必ず私より先に天国へいってねっと思っています。理由は言わなくてもペットがいる方にはお分かりだと思います。

    ですからペットの死は常に頭の隅に置いておりますので、過去数匹のペットを見送りましたが、やはり数日は食事も喉を通らない事もありました。でも、其れで寝込んで家事も出来ない、しないという事は無かったですね。

    悲しいという気落ちは当然ありますが、所謂ペットロスには成らなかったと云う事です。
    彼等との距離を自覚しておく事が動物との共存に一番大事な事だと思います。

    これからは、貴女也の供養をすれば良いのです。

    トピ内ID:9932928214

    閉じる× 閉じる×

    人間でも同じですよ

    しおりをつける
    blank
    ミックス家族
    大好きだったおばあちゃん。
    100才を超えて逝きました。

    皆、大往生だったよねっていいながら、お葬式はまるで何かのお祝いかのような穏やかものでした。

    何かの後悔があればペットロスになりやすい。
    いつ逝ってもおかしくないと覚悟ができていればロスにはなりにくい。

    関係性もあると思う。
    あばあちゃんなら正しい順番。
    愛犬を我が子のように思っていれば、順番が違うってなってしまう。

    実家のワンコ。
    私が小さかった頃は私のお姉ちゃんのように扱われていました。
    ある日、母が「ワンコが年上になった」と言い出した。
    人間の年齢に換算すると60歳くらいだと。

    もう70歳とか米寿を超えたとか、ワンコをちゃんと年寄りとして扱いました。
    長女として扱われていたのが、ご隠居さんとかご老公とか言ってね。
    そしてご飯を食べられらなくなった時。
    父が「ついに来ちゃったか・・・」とポツリ。
    健康管理をちゃんとして食事もかなり気を使っていたけど、もう食べられるならなんでも与えていいってなってね。
    皆で工夫してあれこれ食べられるものを探しました。
    それがお別れの儀式とか、覚悟を決める行為だったと今は思います。
    食べてくれないと言っては泣き、食べてくれたとまた泣いて。

    姉が「虹の橋のたもとで元気な姿で待っているだけだから」って慰めてくれたのも忘れません。

    家族の誰もペットロスになることもなく、愛犬のお気に入りの場所にワンコがいない方が落ち着かないと、新しい子を迎えました。

    トピ内ID:9502608317

    閉じる× 閉じる×

    それもロスなんじゃないですか?

    しおりをつける
    🙂
    中型犬の母
    トピ主さんにとって ペットロスとは、亡くなった後 悲しみに明け暮れて 何も手につかなくなる人のことを言うんですか?

    私には、去年の10月に亡くなったペットのことを こうして考え 涙も出しながらここに書いている それこそが 失なった悲しみだと思うのですが。
    それに亡くなった時に泣いたんでしょ?

    ペットを亡くして 泣きもしないし悲しくもない 人が ペットロスがなかった と言うんじゃないの?

    あとは その日は悲しかったけど、気持ちを切り替えて翌週には新しいペットを買ったりする人も そんなにロスがないように見えます(本人はわからないけれど)

    心の中に 亡くなった人(ペット)がずっといて 思い出すと悲しくなったりするってことは ロスが続いているんじゃないかなと思います。
    でも老犬で 17年も頑張って頑張って生きて、最期はとても辛そうだったら 亡くなったときは寂しくも悲しくもあるでしょうけど それよりも「良く頑張ったね。もう痛みは無くなるよ。お疲れ様」という気持ちの方が強いのでは?

    トピ内ID:3137320232

    閉じる× 閉じる×

    私もそうだった。

    しおりをつける
    🙂
    gura
    19年近く生きた子だったけど、なんか変だけど、また会える、と当然のように思ってる。

    でも、なくなったその次の日、いないということを感じたくなくて、その子が使ていたベッドとか、おもちゃとかすぐに目につかないように処分した。

    処分したくないという気持ちが出てこないうちに!急がなきゃって感じで家の中を走り回ってあれこれゴミ袋に突っ込んでいった。使えるものは倉庫にしまい込んだ。
    その子が使っていたものを見て、いないということを実感することが怖かった。そうしたことは、とてもよかったと思う。

    今もすごく会いたいし、一日何回か名前を口に出す。これを書いていると涙も出てくる。
    でも、わたしも倒れこむような落ち込み方はしなかった。なぜかはわからないけど、また会えるという確信が自然にあるんだよね。

    トピ内ID:6237824851

    閉じる× 閉じる×

    お辛いですね

    しおりをつける
    🙂
    noraboo
    大切にされていた家族を亡くすことは本当に辛いことなんです.
    今は実感されていないだけですよ.冷たいなんてことありませんよ.
    私も同じような経験をこの前したばかりです.
    ふとした瞬間に思い出し,悲しみに打ちひしがれそうになりますね.
    でも,仕事は頑張らないとという気持ちで過ごしているのではないでしょうか.

    トピ内ID:6750264056

    閉じる× 閉じる×

    冷たくないよ。

    しおりをつける
    🙂
    うーこ
    17歳にもなっていたならトピ主さんは心の準備ができてたんですよ。
    私も今迄何度もペットを飼ってきましたが、一番ショックだったのは
    まだ若いのにある日いきなりなくなったハムスター1号くんです。

    それまでの犬も鳥もその後のハムスターも「そろそろかな」と思って
    だんだん弱って行き…って感じだったので大丈夫でした。
    気持ちがしんどくても普通に仕事に行けるトピ主さんは責任感のある立派な大人です。
    今でも思い出すと涙がでてしまうのなら、全然冷たくないですよ。
    それにあんまり泣いて落ち込むと犬くんは心配で虹の橋を渡り切れませよ。
    最後まで見守ってご立派でしたね。

    トピ内ID:2989516195

    閉じる× 閉じる×

    ペットロスって

    しおりをつける
    🙂
    真昼
    むしろ現代の社会問題だと思ってました。
    昔はペットを家族と思ってる人は少なかったからでしょう。
    時代が変わったとはいえ、推奨されるものだと思ってる人がいるなんて。

    私も18年可愛がったネコを亡くしました。
    過剰な末期医療には抵抗があったので点滴だけで天寿を全うしました。
    写真は飾ってありますが、懐かしくなることはあっても辛くはありません。

    トピ内ID:8849861228

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      ありがとうございます!

      しおりをつける
      🙂
      もももー
      皆さまのご意見すべて確認しました。
      読んでいて涙が出ました。
      私も、いつかはこの世を去る日が必ず来るのですが、
      愛犬が待っていてくれてると思うと不思議と怖くありません。
      彼との17年間は私の中ではとっても大切な時間で、
      子犬の時のやんちゃな頃から高齢になってヨチヨチ歩いてる姿まで
      すべてが愛しく思っています。
      もう1度会える日まで、この思いを大切にしたいと思います。

      トピ内ID:3823517428

      閉じる× 閉じる×

      心の準備が出来ていたから。

      しおりをつける
      🙂
      xyz
      覚悟を決めるというか、最期が近い事が何となく解っていたから。
      ただ、そのいつだかは判らない時に向かって尽力したからスッキリしているのだと思います。
      でも思い出しては涙、決して冷たくないですよ。

      トピ内ID:6098741774

      閉じる× 閉じる×

      お気持ちわかりますよ

      しおりをつける
      🙂
      チャリハナ
      まず、わんちゃんのご冥福をお祈りいたします。
      その子は絶対に幸せでしたよ。
      そしてトピ主さんも、「冷たい」なんてことは絶対にありません。

      ペットの治療の問題は、色々ですよね。
      実は私も今年のはじめに猫を17歳で看取ったのですが、最後に病院にかかったことを今も後悔しています。
      すごーーーく嫌そうで、病院にかかった後から急に具合が悪くなったように見えて、数日で亡くなったからです。
      明らかに悪いところがあったから病院にかかったわけで、モラル的に私は特に責められることはしていないと思います。
      しかし、猫と私の間のルールとして考えたら、あれは間違いだったのではないかと。今も思います。

      ペットにはしかるべき治療をすべき。
      私もずっと思ってました。
      でも、人間もそうですが、終末期に無理矢理医療の世話になる必要があるのか。
      必要のあるなしではなく、むしろ悪いことなのではないかと。

      慣れ親しんだ家でずっと過ごして、ストレスをかけずに、ゆっくりと最期に向かっていったほうが良かったのではないかと思うんです。
      わざわざ車に乗せたりなんかしなくても…家族以外の人に触らせなくても…

      次に同じ場面に向き合う時に私がどんな判断をするかはわかりませんが
      トピ主さんの「こんな辛い思いさせるなら早く楽になったほうがいいのかな」「お疲れ様。もうしんどくないね。」という気持ち、すごくよくわかります。

      何が正解かはわかりません。でもすごくわかります。
      それだけ言いたいです。

      トピ内ID:8795157496

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0