詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アメリカでの歯医者

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    こと
    話題
    こんにちは。アメリカに来て現在2年目で、歯医者のことで悩んでおります。。。

    日本にいた頃から歯医者は嫌いで、最後に日本で歯医者に行ったのは、渡米の8年前くらいです。なので、今回アメリカで歯医者に行った際も、ある程度の虫歯は覚悟していました。夫が長年通っている歯医者に行ったところ、虫歯が山のように見つかり(フロスをしていなかったせいのようです・・・)、処置をしてもらうことになりました。

    数多くある虫歯の中で、2本ほどクラウンにしなければならないと言われ、今考えてみれば、一気に被せるタイプのクラウンではなく、少しでも歯を残せないかと聞けばよかったのですが、その時はそんな考えも及ばず、言われるがまま被せるタイプのクラウンがつけれられました。

    家で食事をしたところ、すごい違和感を感じました。クラウンにしたから敏感になっているため、しみるような感じはしょうがないとは思いますが、痛さもありものをうまく噛めなくなりました。よくよく歯を見ると凹凸が極端に少ないように感じました。もとからこのような凹凸だったのか(型はとっていると思いますが)、ここまで凹凸がないから、食べてるときに滑る感覚があるのかと思いました。クラウンにした2本は上下の歯で、ちょうど噛み合う歯同士でした。今日でクラウンにしてから5日目です。日本でクラウンにしたときもこのようなことがなかったので、困惑しています。

    また、ここでは歯科アシスタントが専らの作業を行っており、メインの歯科医が途中チェックが行うものの、最終クラウンの調整やセメントでくっつける作業もアシスタントが行いました(セメントでくっつけた後は歯科医の確認なし)。詰め物も同じです。これは普通なのでしょうか?日本でこのようなことがなかったため、アメリカでの基準が分からず、どなたかアメリカの歯医者でのこと、教えて頂けますと幸いです。よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:5056824423

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 9 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    普通じゃないよ

    しおりをつける
    blank
    さぼてん
    アメリカに何十年も住んでいます。いろんな歯医者さんにお世話になりました。クラウンも入れた事あります。何本も。

    普通、クラウンを入れた後、担当の歯科医が噛み合わせ等の確認、調整をしないというのはあり得ないです。すぐに電話して、調子が悪い事を連絡するべきです。多分噛み合わせがあっていないのでは。ちゃんとした歯医者ならすぐに再調整してくれるはずです。

    一般的にみて、アメリカの歯医者は日本のそれに比べて、技術水準は高いです。料金も高いですが。

    トピ内ID:2874314298

    閉じる× 閉じる×

    単に

    しおりをつける
    😑
    カバオくん
    アメリカは日本の歯医者のような一般歯科医GPか
    他の回答にあるような専門医に分かれてます。
    専門医は日本より歯科医療レベルは高いですが費用は
    1本虫歯治すのに最低15万円。歯の神経からになるとインプラントより高額になります。アメリカでは普通。
    アメリカのGPは専門医でなくやはりピンからキリまであり価格も安いのが特徴。日本の治療費を考えるとそれでも高額になります。
    日本の保険歯科医院は激安の割にレベルは高い。
    質問者はたまたま悪い歯科医院にあたったみたいですがまあ、アメリカ人は不器用だし、合理主義なんで価格以上のことは一切しません。諦めてしっかり専門医で治したら良いでしょう。

    トピ内ID:7077570117

    閉じる× 閉じる×

    それはおかしい

    しおりをつける
    blank
    スマイル
    私も何回か歯医者でクラウン入れました。
    普通は、歯科医がちゃんと仕上げを見て
    噛んで痛く無いか、違和感など(その時は麻酔で分からなくとも)
    接着の具合とか確認しますよ。何度も噛み合わせの紙?を入れて
    当たっている部分を削っていって噛み合わせを調節したり。
    だから、表面がきちんと再生されて無いのも致命的だと思います。
    歯茎に余計な力が入るのかも。

    私は仮のクラウンの時に痛くて食べれなかったり、
    眠れなかったこともありました。ほぼアシスタント作業。
    でも、痛み止めと取れてしまった時すぐ来れない場合にと
    仮接着剤もくれました。

    が2週間後に入れた本クラウンでは歯科医が最終の削りや微調節
    をし、接着等の確認もアシスタントがした作業を確認したので
    そんなこと無かったです。

    治療後痛みがあったら、すぐ連絡し歯科医に診てもらいましょう。
    そして次回の歯の定期検診は、なんなら別の歯科医に行ってもいいかも。
    私は歯科医は不審なところには絶対戻りません。

    トピ内ID:2780078637

    閉じる× 閉じる×

    おそらく削りすぎ、、

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    アメリカ人と日本人では神経の深さが違うそうです。
    アメリカ人は神経は深いので深く削っても大丈夫。
    しかし、日本人は神経が歯のすぐそばなのでアメリカ人の歯医者は削りすぎてしまうのです。
    在米約30年近く、このような話を日本人からよく聞いていたので、私は日本人の歯医者を選びました。

    トピ内ID:2106ba75bc1e0ed6

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0