詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    毎月風邪を引く子供

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    みかん
    ヘルス
    小学校高学年の息子がほぼ毎月風邪をひきます。
    このコロナ禍で手洗い、マスク、消毒と気をつけているのに…。
    まず喉が痛くなり、それから鼻水、咳、と5〜7日くらい症状が続きます。
    初期症状の時に早めに病院に行ったり、早寝させたり、習い事や遊びに行くのをやめる、トローチやのど飴など色々するのですが毎回鼻水、咳までコースです。
    好き嫌いはなく食欲旺盛(カウプ指数肥満気味)、外遊びはあまりしないので運動不足解消にスイミングとバスケにそれぞれ週1で行っています。20時半から21時くらいに就寝で6時半起床です。
    スイミング後の髪の毛を早く乾かすとか、寝る時に腹巻きやネックウォーマーなど風邪の原因になりそうなことは気をつけています。
    他に何を気をつけたらいいでしょうか。
    コロナの関係で低学年の妹も一緒に休むので、結局うつり2人で毎月1週間近く休みます。授業も遅れるし、仕事も行けないし何とかしたいです。

    トピ内ID:baf21559984f6020

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 11 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 30 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    鼻マスクが効きました

    しおりをつける
    🙂
    チュン夫
    64歳の今もそうですが、細くて体力なくて。子供の頃はしょっちゅう風邪を引いて熱を38度以上出しては1週間位寝てました。

    社会人になって風邪を引く頻度は減りましたが、寝るときに首に長いタオルを巻くようになってから、毎週プールでノンビリ泳ぐようにしてから、もっと良くなりました。ネックウォーマーもスイミングも同じですね。

    ただ、寝るときに温かくしすぎると寝汗が冷えて風邪を引くことになるので、加減が難しい。私は超汗かきで、汗でも冷えない下着を重宝しています。

    親が心配して「厚着」させるので、それも体力向上の邪魔だったかもしれません。でも薄着だとちょっと寒くなると風邪引くし。今も夏以外は重ね着をして、暑いと1枚脱ぎ、涼しいと1枚着られるようにしています。

    私はしてませんが「乾布摩擦」の習慣も良いかもしれません。

    15年前に知ってから、喉が痛くなったら「鼻マスク」をして寝ます。ガーゼのハンカチに水を含ませてマスクをします。そのままだと息ができないので鼻の部分を折り返して鼻の穴にガーゼの折返し部分が当たるようにして鼻で息をします。

    すると口呼吸をしなくなり(できなくなり)、鼻呼吸でガーゼの水蒸気を吸って喉・気管支の保湿が十二分にでき、喉や気管支の炎症が早く治ります。それで風邪がとても早く治るようになりました。

    水を含ませすぎると水が垂れて布団が濡れるので、水が垂れない程度に。水が垂れても良いように、枕の上にバスタオルを大きく広げて寝たり。水分でマスクが重くなって寝返りなどで外れやすいので薬局にある紙テープを2~3本長く頬に張って止めて寝ます。

    出勤しても喉が変なときは(テープで止めず)鼻マスクをかけています。(ガーゼが乾いたら水を補給)
    鼻が詰まる寸前まで効果があり、鼻も詰まらなくなりました。

    現在、ガーゼマスクが入手しにくい状態ですが、とても効果があります。

    トピ内ID:03cd97db67978b56

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    原因になるような癖はないですか?

    しおりをつける
    😅
    よわ子
    私自身、子どもの頃、とにかく免疫力や体力が無く、しょっちゅう風邪や胃腸炎になっていました。
    食欲大勢で好き嫌いなし、標準体重ですがちょっと太め、運動部は続かず体育でもみんなと同じように走れないほど体力が無かったです。
    高校生になると、疲れやすく、疲れるとリンパ節炎になって高熱を出したり抵抗力が弱まって胃腸炎や風邪に頻繁になりました。

    20歳に近付くにつれ体力が備わってきて、
    新社会人のときにはジョギングが趣味になり、週末は会社の運動系サークルで汗を流す、
    それまでとは別人になったように感じました。

    「子どもの頃は病気がちだった」というのは体質としてよくあると思います。
    病気や重篤な体質異常で無ければ、身体が出来上がってくればそれなりになると思います。(周りと比べるとちょっと疲れやすいとかはあるかも)

    気になるのは、風邪などの菌・ウイルスをもらいやすい習慣などに心当たりがないか?です。
    恥ずかしながら、私は子ども時分、爪を噛んだり、口元を触ったりするのが癖でした。
    今思えば、そんなことをしてれば菌をもらうだろうと思います。
    いろんなところを触った手で目を擦ったり、鼻を触ったりすれば風邪ももらいやすくなります。
    何か心当たりがあればそれかもしれません。
    他にも、過度なストレスで免疫力が落ちることもあります。これも経験あり。

    もし、そういった原因が思い当たらなければ、粘膜が弱い、抵抗力が低い、そういう体質なんでしょう。
    病気がちな子の親御さんはご苦労なさいますよね。私もすぐに熱出したりしていた自分を育ててくれた親には頭が下がります。

    トピ内ID:9554fd7c5aa284f4

    ...本文を表示

    太陽に当たる、外気に当たると

    しおりをつける
    🙂
    意地悪猫
    子供時代の思い出?記憶ですが、夏のシーズンに沢山太陽を浴びると、その冬には風邪を引きませんでした。大人になっても、太陽を浴びていました。偶に浴び方が少ない年には、風邪を引いていましたね。

    太陽の下でスポーツとまで行かなくても、裸で太陽に当たると好いのではないかと思います。又、山登りも良い効果があります。ピクニックでも好いのではないかと思います。

    改めてですが、私たちは、人間である前に動物です。動物の基本(外で動き回ること)を忘れてはならないのではないかと思っています。大昔の人間は、食べ物を食べる、採る為に一日中歩き回っていたと言われています。

    トピ内ID:3258d35d05d3b2a5

    ...本文を表示

    口呼吸してませんか?

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    お子さん、口呼吸じゃないですか?
    昼も口が薄く開いてたりしませんか?寝てる時は口が開いてませんか?

    口呼吸の子は喉を痛めやすく風邪をひきやすいです。

    寝る時に湿らせたガーゼマスクをして寝るようにすると加湿になり、口呼吸の子も風邪をひきにくくなりますよ。

    あと、うがいも塩うがいがオススメです

    トピ内ID:4986c0a5d9007579

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    自分のことを言われているみたいです

    しおりをつける
    🙂
    バラ
    私もそうでした。体質的に弱かったみたいで、すぐ熱をだしたり、ふらふらして倒れたりしていたみたいです。

    ただ私の場合は、トピ主さんのように親から色々してもらったわけではなく、親は、ほっとけばそのうち治るというスタンスでしたから、よほど酷いことにならない内は病院にも行かなかったです。

    トピ主さんは、ちゃんとお子さんの健康管理をしているのだから、それ以上は気にしても仕方ないと思います。

    ちなみに私の子供は、すごく身体が丈夫で風邪もひかないしインフルエンザにもかかったことがなく(逆に保育園のお迎えで私の方がインフルエンザなどの色々な感染症にかかってました)もうこれは体質の違いなんだろうな・・と思いました。

    トピ内ID:5043b4650ef51cd4

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0