詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    アメリカに来たけど日本へ帰りたい

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    はなこ
    ヘルス
    駐在員の主人に帯同して今年の2月にアメリカへ引っ越してきました。 子供はおりません。 最初は全てが新しく楽しかったのですが、日に日にここでの生活が辛くなってきました。 夜は眠れませんし、食欲もありません。 主人に相談したら「俺だってサポートが必要」「一緒に頑張ろう」と言われてしまいました。 「俺だって辛い時はある。一緒だよ」とも…。 任期は予定では5年で、あと5年もここで暮らすのは考えたくないです。 私たちが暮らすエリアは治安は良い方ですが、私は免許もありませんし、一人でふらふら出かけることもできません。 甘えかも知れませんが、頭がぼーっとして何か新しいことをやる気にもなれず、家事をやる以外はずっと寝てます。地元の短大のESLには通うつもりですが、それすら億劫です。本当に何もしたくないんです。 少し鬱気味になっていると思います。 とにかく日本に帰りたくてたまりません。アメリカが悪いのではなく、私は日本の方が合っています。 このままじゃ本当にメンタルが崩れてしまいそうですが、主人をアメリカに一人置いて私だけ日本に帰るのは可哀想です。日本の家族や友達は泣きながら送り出してくれました。帰ったとして彼らと合わす顔がありません。 もう八方塞がりです。死にたいと思ってしまいます。乱文でごめんなさい。私はどうしたら良いのでしょうか。

    トピ内ID:b34ec243084791a8

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 47 びっくり
    • 6 涙ぽろり
    • 136 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    まず運転免許

    しおりをつける
    🙂
    Mochi
    アメリカなら一部を除いて運転免許取得は必須ですよ。どうして免許を取りに行かないのですか? まずは免許取得、それから自分の車でアダルトスクール等ESLへ。 ボランティアで英語を教えてくれる場所もアダルトスクールの他ありませんか? そういう場所に赴けば、自ずと同じ境遇の日本人とも知り合えて友人もできますよ。 免許を取らないから何も始まらず、鬱状態なのだと思いますよ。駐在で来られて日本で免許が無かった方でも皆さん頑張って取得されていますから、トピ主さんも頑張って。 車は価格もピンからキリまでありますし、懐具合に応じた車も手に入るのですから、自分の運転で自分の車で移動できるようになりましょうよ。そうすれば行動範囲も広がって気分も変わりますよ。

    トピ内ID:6a20a0b2749d4dfd

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    あんり
    駐在で行った事はありませんが。。。 経験のある友人たちは、短時間で働いたり、慣れない買い物を楽しんだり、現地の観光地を周ったりしていたようです。 まぁ、日本は住みやすいですよね。 食べ物も良いですしね。 私は車の免許が無い時に、アメリカに滞在していた事があります。 不便ですよね。免許取れたら良いですよね。 私は自転車でたまにフラフラしていました。 まぁちょっとしたモールに行くにも、相当走るので、ほぼ運動しに行く感じでしたが。 1人だと少し危ないですが、自転車だと風を感じる事ができて、良いですよ。 私は都会と田舎の中間位の町に住んでいましたが、少し入ると牧場があり、のどかでしたね。 クルマだとどうしても国道だけになりがちだから。 あとはビデオ借りて映画とか。今はネトフリみたいなものに入れば、色んなドラマも見れるんじゃないかな。 五年は長いようで、結構過ぎるとあっという間の印象です。 ブログでも書いたら楽しそう。 ネタ探しに日々時間を潰せそう。 きれいな景色も収める事ができそうだし。 確かに新しい事を始めるのは、勇気が要りますよね。私も出来ないかも。 庭があれば、スイカとか育ててみるのも面白いかも。まぁ、食べられる物は育たないかもしれないけれど。何かしら発見はあるかも。 後はご主人とお休みに観光する場所を調べてみるとか。 そんな感じです。 私なら何もやる気が起きなかったら、珍しい食材を買っておいて、色々調べて調理して食べるかも。お菓子とかでも良いと思います。 そしていつか日本に戻った時に、あれアメリカにしか無いんだよね、と懐かしく思えたら良いですよね。 お気に入りが少しずつ見つかると良いですよね。 ご自愛くださいね。

    トピ内ID:904152aaaa72446a

    閉じる× 閉じる×

    早く日本に帰られる事をお勧めします

    しおりをつける
    🙂
    青銅の魔人
    海外赴任に帯同される奥様は、見事に2種類に分かれます。 現地の生活をエンジョイし、友人を作り、更には現地のコミュニティにもぐいぐいと参加します。 一方で、食事が合わないと愚痴り、お手伝いさんやベッドメイキングが自室に入ってくることを嫌がり、 現地でのコミュニケーションを絞り込み、日本に戻る日を指折り数える。 後者の方は、いろんなリスクが出る前に、日本に戻るべきですね。 ダンナの都合とか、体面とか気にする必要はありません、早く帰って下さい。

    トピ内ID:2ec4c7feafb5b3e3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    なんでもあるという夫と何にもないと思う妻

    しおりをつける
    🙂
    なー
    帯同で某国にいきました。 全部を捨てて行ってもなんにもやることがなく 買い物行ったりお茶したりも楽しくなく なぜ会社関係の奥さんと時間潰しをしなくちゃいけないんだろう と思いました。 やることといえば夫のご飯の準備だけ 洗濯掃除もすぐに終わります。 本を買うにも2時間くらい高速を走りお値段も2、3倍するので買い込むこともできず どこにもいかないのにアウトレットへ行き服を買うことカバンを買うことにも興味が持てず なんのやりがいもなかった。 会社へ行って仕事して帰ってくるだけの夫はなんでもあると言いましたが わたしにとっては何にもない場所でした。 鬱になっても夫に助けてもらうことはできず、体に症状が出ても相談するには通訳さんを介さないと病院にもいけない環境も無理でした。婦人科ですら診察室に通訳さんと一緒であらわな姿を見せるのは屈辱でした。 夫に懇願して帰りましたよ。 鳥籠の中で暮らすのが向いてない人は向いてないとおもいます。

    トピ内ID:9c68d15b142b2c59

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    20年前に夫に帯同していました

    しおりをつける
    🙂
    常夏
    はなこさん、はじめまして。 タイトル通り、30を過ぎたばかりの頃、アメリカ東海岸に帯同していました。 現在も別の国で暮らす、海外生活トータルで10年目になる者です。 このコロナ禍の中海外へ帯同されるのは、本当に大変だったと思います。 私自身にも覚えがあるのですが、新しい生活がスタートして軌道に乗った頃、 (子供達も連れて帯同した時は子供達が慣れた頃)自分が体調を崩していました。 思うに、自分が頑張らないといけない!と言う張り詰めた糸が切れる感じだったかと。 他の方もおっしゃっている様に、アメリカでは車移動が基本ですよね。 私も渡米直前に日本で運転免許を取得して、渡米して現地の免許も取得しました。 子供達の送り迎え、買い物や習い事。あとは、自分の気晴らしの自由時間の為でした。 運動神経ゼロ、ちなみにアメリカ、カナダ以外でハンドルを握った事の無い私ですが、 アメリカでは毎日運転していました。(日本では免許取得時のみ) なので、ご主人と運転免許取得についてお話しされるのも、一つの方法かもしれません。 あとは、人と比べない事、ですかね。 今はネット社会ですから、同じアメリカ在住の方の生活も、SNS等で垣間見る事が出来ます。 あの人はこんな充実した生活なのに、私は、と言う風に考えるのではなく、 こんな時代に、ご主人と自分が生活出来ているだけで、私は頑張っているんだ、と 自分自身を褒めてください。いや、多少は海外生活に慣れている私でも、このコロナ禍で、 日本に自由に一時帰国出来ないのは、精神的にきついですから。 ご主人、俺も辛い、って。まだ、駐在員として赴任されたばかりで、ご自身に余裕がないのでしょう。 それも分かります。オンラインカウンセリングの様なものもあると思うので、お試しになっては如何でしょうか?

    トピ内ID:46cb852681bef15d

    閉じる× 閉じる×

    車の運転はお嫌いですか

    しおりをつける
    🙂
    米子
    アメリカ在住です。20年越えになりますが来米当初は駐在のようなもので駐在の奥さんたちとも仲良くさせてもらっていました。 で、トピ主さんが住んでいる場所なんですが超都心でしょうか。だとしたら車なんて必要ない場合もあるのでしょうけど、郊外などでしたら是非運転免許をおとりになったら、、と思います。 免許もありませんし、、というところでいかに今の状態がお辛いか想像できる気がしました。 自分もね、来てすぐは免許なしです。 子供がいたので子供つながりで知った駐在の日本人奥様が車で色々連れていってはくれましたが如何せん自分一人ではどこへも行けず、おかしくなりそうでした。 夫婦二人、ご主人も慣れない環境での仕事で大変となったらそのストレスはいかほどかと思います。 けれど免許をとり車を運転するようになってから、ようやっとここの水で泳げる魚になれました。 東海岸都市部ですが日本より走りやすい道路、明るい景色、ドライブしているだけでもストレス発散できます。そして行動範囲がグンと広がる。 英会話を学ぶだけでなく、コロナもそろそろ落ち着いてきてヨガやスイミングなども開放されてきていますね。それらも車があればすいすいと行くことができます。 、、っとここまで書きましたが「いやいや、運転なんてもっと嫌」というのであれば、帰国も考えていいと思う。 ご主人は寂しがるでしょうけれど、無理をとおしてあなたが倒れてしまっては大変なことです。 少し日本に戻り、心身共に落ち着いたら再び帯同するのもよし、ご主人の任期が終わるまで日本で待つも良し。 ただ。2月でしょ、きたの。最初の半年は一番きつい時期ですよ。 いや、人によっては1年目はずっときついかも。 でもそこを乗り越えるとふっとラクになれる時がきます。 最初毎日泣いてた奥さんが、2年後の帰国時「帰りたくない」って泣いたりします。なんとか粘れないかなー。

    トピ内ID:a18e6c70ce4a2e34

    閉じる× 閉じる×

    何が辛いのか

    しおりをつける
    🐤
    くいぶる
    辛い理由はわかりますか? 身近に友達がいないとか。言葉なんてわからなくても生活するには問題ないだろうし。 ESLだけは億劫でも行ってみるのが良いでしょう。友達もできるだろうし。 「私は免許もありませんし、一人でふらふら出かけることもできません。」が理由なら免許をとれば解決しますが。。。昔読んだ留学体験記で免許をとった途端に鬱が治った人の事が載っていました。 私は18年間アメリカに住んでいましたが、3年目くらいにすこし病みました。なんかアメリカ人が根本的に違うような感じがして(心の距離というかなんというか、言葉にできないけど大事なもの)。でもその後回復して、アメリカのほうが住みよくなりました。

    トピ内ID:d9bc075b37197f6d

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    まず 車の免許を取りましょう

    しおりをつける
    🙂
    PINK
    アメリカに来て37年です。 私は 日本に帰りたい とは一度も思ったことはありませんが 始めの3年間は 車の運転ができなかったので 子供2人抱えて大変不便でした。 ある時 保育園の親たちの親交会で 近所のある奥さんから PINKはどうして運転しないの? ここに住んでて運転ができないと精神に障害があるか 犯罪歴があって免許を取れないかと思われるかもよ。 という物凄く失礼なことを面と向かって言われ 驚いたと同時に刺激されて レッスンを取って免許を取りました。 アメリカで免許を取るのは簡単です。 アメリカの郊外に住んでいると 車が無い 運転ができない というのは 歩けない のとほぼ同格です。  非常に不便です。 マンハッタンに住んでいらっしゃるのならば 話は別ですが。。 ご主人様の身になって考えてみましょう。 彼だって 英語で仕事して 日本の本社とアメリカの支社との架け橋として頑張っていらっしゃるのです。 彼だって 弱音を吐きたい時もあるでしょうに 家へ戻って鬱になっている妻を見たら 愚痴も言えないでしょう。 毎日 寝てばかり。。は キッパリやめましょう。 運転を習って 練習がてら あちこち行ってみましょう。 友達は無理に作らなくてもいいので 一人で ドライブ アメリカはきれいで雄大な景色がそこら中で楽しめます。 変わって マンハッタンに住んでいらっしゃるのでしたら 歩いて行けるところに 何でもありますよ。 世界中の観光客が わざわざ飛行機で来る博物館、美術館、画廊 などなど コロナでも これらはもう開いています。

    トピ内ID:55c338f5a7dcc01b

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    他の方も仰る通りまずは免許取得をしてみては

    しおりをつける
    🙂
    シナモン
    慣れない海外生活、大変ですよね。 私も20代で結婚後すぐに夫の駐在が決まり、仕事を辞めて渡米しました。 日本では免許のみ所持のペーパードライバーだったため、最初は車の免許をとりにいくのも億劫でひと月ほど引きこもっていましたが、本当に身動きできず辛かったので現地の免許を取ることに。 取った後は自由に動けるようになり、やっとアメリカ生活のスタート地点に立ったなと感じました。 その後はESL、ESLとは別の無料で受けられる英語スクール、プライベートの英語レッスンと、なるべく予定を詰め込み、ルーティーンでやることを作りました。これは英語レベルを上げるのに役立つと同時に、友達が最初は居なくても人とコミュニケーションを取る時間ができるのでよかったです。後々、そこからプライベートでもランチしたり、お互いの家に行き来するような関係になり、その方達とは今も繋がっています。 頭がぼーっとと書かれていますが、環境の変化や人とのコミュニケーション不足から鬱状態になりかけ、もしくはなっていらっしゃると思うので、まだ自分で動けるうちに免許を取るか、カウンセリングに通う、それも無理そうなら一時帰国もありかもしれません。 もし免許取られたら、ご夫婦2人で車での旅行を計画してみるなど、アメリカならではの楽しみ方を見つけられるといいですね。 どのような選択をトピ主様がされるとになろうとも、心の負担が減りますように。。

    トピ内ID:a4f262c80c961cec

    閉じる× 閉じる×

    精神科医を紹介してもらってください

    しおりをつける
    🙂
    はーちゃん
    プライマリケアフィジシャンから精神科医を紹介してもらったほうがいいと思います。 駐在するような大都市なら日本語のできる先生がいる可能性があります(私は日系人の先生でした)。 大病院なら通訳がいます。 ご無理なさらず、医療の力を借りてください。

    トピ内ID:c799a25b2c99293f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    なにもできない

    しおりをつける
    🙂
    しょうこ
    なにもできないならどうしようもないですが、それでも仕方がないので家事だけはしているのなら連ドラとかアニメとか映画とかネットで見まくるだけでも良いと思います。 昔は見ていたけど、今はそんなもの見る気力もないぐらい深刻ならやはり医者にかかったほうが良いと思います。 気力がなくて免許も取れない、動画もみれない、なら医者にも行けないかもしれませんが… そこまで深刻なら本当に深刻だと旦那さんに伝えたほうが良いでしょう。「がんばれ」で済ますなら旦那さんは深刻さを誤解していることになります。 無理やりでも何かができるなら運動するのは良いです。水泳とか。昔運動部だったとかなら、近くでやっているかもしれません。わたしは近所のジムで決まった時間に人が適当に集まってバレーをしていたので気が向いたときにやってました。クラブとかではなく何の束縛もありませんでした。

    トピ内ID:54f0afc38d0e9ed4

    閉じる× 閉じる×

    ブログはどうかなあ

    しおりをつける
    🙂
    ゆめちか
    そんなに追い詰められているのなら日本に戻った方がいいと思いますが、トピを見る限り、ご主人も余裕がある感じではないですよね。 お互い辛いのに、トピ主さんだけが日本に帰ったとしたら、かなりこじれるのではないでしょうか。 逆の立場で考えたら……結婚生活を続ける自信は私にもありません。 ブログを書いてみませんか。インスタなどのSNSでもいいです。 特別、どこかに行ったりすることはないんです。 外国の日常って意外と見ることができないんです。 本人たちにとっては当たり前のことだから。 道端にはどんな雑草が生えていますか。 道路はアスファルト? 歩道の幅は?庭との境界線はブロック? 街灯はどんなデザイン? ポストはどんな形? 扉は内開き?外開き? 庭にはアリがいますか?大きい? 今日は何を食べました?美味しかった? 面白い形や大きい車は走ってますか? キッチンのタイルは個性的ですか? 空は?雲は? そういう日常のささやかごとを、毎日一枚だけ、写真に撮ってみたらどうでしょうか。 トピ主さんご夫婦が年を重ねたとき、もしお子さんが生まれたとしてその子が成長したとき、読み返す楽しみが待っています。

    トピ内ID:e825008f29328047

    閉じる× 閉じる×

    大昔の経験です

    しおりをつける
    🙂
    アジサイ
     夫が数か月先に渡米しました。その間私は幼い娘と実家で過ごしていました。賑やかな家族の中で楽しく過ごした数か月。アメリカには行きたくなかった。運転免許は持っていたけれどペーパー、英語はできない。心細い限り。時期が来て泣き泣き渡米。アメリカに着いた日の夜、アパートの窓から飛行機が飛んでいるのを見てオイオイ泣きました。夫なんかどうでも良い、日本に帰りたい!  数日泣き暮らしました。当時は夫を置いて私と娘だけ帰国するなどは考えられませんでした。海外駐在は当たり前の会社でそのような妻子の話は聞いたことはありません。ですからアメリカで何とかするしかないと思いました。アメリカは今よりずっと「異国」でした。食品も、キッチングッズも、見たことが無い物ばかり。興味が出てきました。 そして今、人生の残りも少なくなりました。夫と私は非常に考え方が違います。ですから喧嘩が多い、といか一致することが少ない。その夫に「今までの人生で一番楽しかったと思うのはいつか?」と聞いた時の答えがこの「アメリカ駐在」をあげたのです。実は私も同じなのです。私は英語は上達しませんでしたし(努力しませんでした)車もペーパーのまま。駐在期間で私が学んだことは? 全く無いような・・・。でも、面白かった、楽しかった。帰国の時はアメリカを離れたくなくて泣きました。 主さんはアメリカのどこに住んでいるのか分かりませんが、アメリカなら「ラッキー」ですよ。ほんの少しずつで良いですから外に出てみましょう。休み日はご主人と色々見て歩きましょう。日本との違い、類似を見てみましょうよ。主さんが素晴らしいアメリカ生活を経験できますよう

    トピ内ID:28cd05b0bb1d86a9

    閉じる× 閉じる×

    おつらいですね。

    しおりをつける
    🙂
    もの言わぬ給湯器
    私自身は、海外居住の経験はありません。 一方で、夫婦で日本に来られている女性の方と、交流する機会は、そこそにあります。 そこで、日本の生活をエンジョイというか、順応している方の共通点としては、やはり、日常会話程度、少なくとも「自分がなにを考えているか」を、カタコトでも話せる方が、そうだと言えます。 誤解を恐れずに申し上げますと、夫婦そろって相当のエリートであることが多く、奥様も、日本でいうならMARCHどころか、旧帝大クラスを卒業されたような方々なので、日本語を習得するスピードも速いのかもしれません。 でも、彼女たちなりに、現地で思う存分に母国語で話し合える友人が、特に地方だと少なく、はがゆいところはあるようです。 ひとつ言えるのは、やはり、ネットを活用されたほうがいいということ。 ほんの20年ほど前までは、海外で生活をすると、日本語に触れる機会は、届いた小包の中にある、包装に使われた新聞紙が最新情報、なんて時代だったのです。CDの歌詞カードで「流行している日本語」に触れて、涙を流したという友人もいます。 それが、いまやどういう時代か、言うまでもありませんよね。 いくらメールやテレビ電話があるといっても、つらい時に、オンタイムで母国の友人と話がしにくいという点は、在日勤務の友人たちも、よく話します。 でも、本当に、昔は、同じ週刊誌を、何十回も読むしかなかったのに、いまは「文明の利器」が、いっぱいあります。 あとは、日本語でカウンセリングができるところがあるといいですね。よくわからないで話すのは、申し訳ないのですが、アメリカなら、心理カウンセラーに、月イチで相談している人は、週3回ジムに行く人と同レベルで「自己管理の意欲がある人」と、評価されるとも聞きます。

    トピ内ID:5ee364f5ad295eee

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    何か楽しい目的を。

    しおりをつける
    🙂
    しばねこ
    アメリカ在住です。 色んなことがありました。アメリカでは日本で経験しないようなことを経験するもんだと思いました。でも日本人の友人がいてたくさん助けて頂きました。 楽しいことも辛いこともある。それはどこで暮らしてても同じ。ただ日本なら自分の土俵なのだと思えるのかもしれないですね。 トピ主は連れて来られた立場だから御主人とは違いますよね。トピ主には目的はありますか?目的がないから家事以外寝てしまうのでは? 何か一つ楽しい目的になるようなことを探してみてはどうでしょう。例えば草花を植えて水や肥料をやりその成長を見守るだけでもいいんですよ。日本にないような花だったらなおいいですね。そのためにどんな肥料がいいか勉強する。その肥料を買いに行く。そのために運転免許を取る。そのために、そのためにと広げていくといいと思います。 私は宝石類が好きでそのためにこちらの通販番組をよく見ます。いいですよ、通販番組。同じことを何度も繰り返し話してくれるし、汚い言葉は使わないし、発音が明瞭だし、視聴者が電話で話すのも勉強になるし。で時々お月謝代として品物を買う。楽しいです。 パソコンでゲームも楽しいのがあります。英語で出てくる品物を絵の中から探すというのは名詞を覚えられます。大工道具で使うアレはこういう名前なのかとか、日本語で言うアレは英語だと思ってたけど違うんだなとか。 トピ主も何か好きなこと、興味のあること、得意なことから突破口を見つけて下さい。

    トピ内ID:9d597d077a938038

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    分かります

    しおりをつける
    🙂
    まるこ
    合わないものは合わない、ですよね。 私は子供の頃、父の仕事で米国に行きました。 小3から6年程。 英語も話せるようになったし、友達もできたけど、ずっと日本に帰りたかった。 合わないものは合わない、です。 食べ物、雰囲気、空気、テレビ番組、全て。 ただ、一つ良いことは期間限定ということです。 私は指折り数えていました。 そして、期間限定だからこそ耐えられたと思います。 トピ主さん、まずは日本に帰ることではなく、期間限定のこの時間をどうやったら少しでもマシにできるか考えてみませんか? 運転、週末のショッピング、ガーデニング、オンラインレッスン、ランニング、、などなど。 ちょっと他のこと考えてみましょうよ。 ちょっとずつでいいと思います。

    トピ内ID:201d4fffe349f503

    閉じる× 閉じる×

    今はまだ

    しおりをつける
    🙂
    きなこもち
    4か月なので、結構つらいときかもしれません。私はアメリカ在住20年ですが、最初に来たときは免許もなかったし、かなりしんどかったです。特に私の住んでる街は白人ばかりの田舎で、日本のお店もなかったので特に。アメリカのお店で働いてても英語が通じなくてつらかった時もありますが、そのお店に来ていた日本人の人に声をかけられて、日本人の友達が増えました。トピ主さんもESLに行くのならそこで友達も増えると思いますよ。運転免許は私は子供ができるまでの2年間は取りませんでした。あまりとる必要性を感じなかったので、自転車で色々なところに行っていました。でもそこで知り合った日本人の人も最初は鬱っぽくなりそうでしたが、運転免許を取り出したらかなり人生変わった、と言っていたのでもしかしたらいいかもしれませんね。今はまだちょっとずつ慣れているところなので、色々と辛いこととかもあると思いますが、きっとよくなることを祈っています。

    トピ内ID:f4211207abc6171f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    お近くならお話したいくらい

    しおりをつける
    🙂
    コニャック
    昨年の春コロナ真っ只中にアメリカに来ました。状況は違えどてすが、何か出来る距離ならばとトピ主さんに寄り添いたい位です。 可能であれば、ご主人の会社の産業医、もしくは何かしら保険は入っているでしょうからそこに問い合わせてみてはどうでしょう。直ぐにピンポイントの部署は難しいかもしれませんが、電話で話しているうちに、何がストレスなのか糸口が見つかるかもしれません。 対人や英語のストレスであれば、究極英語さ話せなくても暮らせます。必要な時は有料でもボランティアでも通訳はいます。 帰れないストレス。大丈夫です、いつかは帰れますし、いつでも帰れます。外務省からくるお知らせや日本語のニュースは暫くお休みするのも手です。不安をあおることしかいいませんし、見なくても十分暮らせます。たまの天気予報は役立ちますよ!不安を煽るニュースはみないのが一番です。 動画サイトで好きなジャンルを堪能するのも楽しいかもです。私はこれを通じて色々勉強させてもらってます。 ご主人の慰めは、ご主人なりの励ましだと思うので、解決案ではなく優しさと受け取るのはどうでしょう。優しい旦那様だと思います。 まずは医療関係者に話が出来ますように。話を聞いてもらえるのはかなりの安心材料になると思います。 睡眠はとれてますか?日本と連絡していたら寝不足かもしれません。連絡はいい事ですし、止める必要はないですが、十分に眠れていないとしたら、まずはご自身の睡眠を確保する事です。 トピ主さんに素敵な朝が来ますように。

    トピ内ID:04c7f9d4509f53d2

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]