詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    末期癌の母に言うべきでなかった

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    まあこ
    ひと
    母が胃癌と診断され、転移していて切除できない状態で何もせず手術が終わりました。 母は昔から大げさな所があり、喉に違和感の症状が出た時は、食道癌で手術して助かっても話せなくなる。とか、めまいがした時も脳腫瘍で手術が成功しても半身不随になる。と診断されるまで毎日言い続けて、みんなに心配されたいタイプです。 今回、末期癌で余命3ヵ月だったのですが、本当に病気なのを本人が受け止られないだろうと弟と相談して胃癌手術は成功し転移があるからまだ治療が必要だけど、年齢的に進行は遅いらしいと伝えました。 退院後は食べたいけれど、胃の切除をしたばかりだから今は我慢と言っていて私達は余命3ヵ月なので食べたいものを食べて欲しいといろいろ買ってみましたが、3ヵ月位して胃が戻ったらねと言って、お粥や豆腐以外は口にせず、買い物に出かけたりお墓参りに行ったりもするのですが、ほぼ一日中ベッドで横になっていて筋力が衰えるからと散歩に誘っても手術から3ヵ月位は大事をとらないと。と言って寝てばかりで手術のキズが治ったら田舎の実家に帰って友達や親戚に会ってあれも食べてこれも食べてと毎日話します。日々体調が悪くなって行くようで、今すぐ田舎に行こうと言いましたがそれも3ヵ月後と言うので、年だから進行は遅いけど転移はあまり思わしくないみたいで、いつ入院になってそのまま帰れなくなるかわからないから、今の内に田舎に行っていっぱい食べようよ。と言いました。 その日に弟や母の兄弟に「癌でもうすぐ死ぬと娘に言われた」と電話をしたらしく、その日から私の前では何も食べなくなり、トイレにも自力で行けず、起き上がることもなくなり、話かけても返事もできないような素振りで、弟とは話すのでまた大げさが始まったと思っていましたが、1週間後に旅立ちました。あんなに元気だったのに私が余計なことを言ったばっかりに気力を失わせたのかと後悔しています。

    トピ内ID:fc2fb0cbc0eea6dc

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 8 びっくり
    • 16 涙ぽろり
    • 188 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    最大限配慮されたと思います

    しおりをつける
    🙂
    ポチ
    この度はご愁傷様でした。 たぶん外野が言ってもその罪悪感が薄れるわけではないかもしれませんが、私はトピ主さんは最大限配慮されたと思います。 結局手術後に正直に言ったところでお母さまは事実を受け入れて残された日々を有意義に過ごせる方ではなかったでしょう。 もしその時点で体の状態を聞いていたら、おそらくベッドから出られ、そのまま癌というよりは気力を無くして早々に同じ結果になっていたのではないかと思います。 私だってそういうタイプの母親ならトピ主さんと同じように言ったと思いますよ。 大げさに騒ぐ方は本当に怖いことからは目を背けてしまう方なのかなと思います。癌で転移があると聞けば、悪い可能性は頭よよぎるものだと思いますが、それは怖くて考えないようにしていたのでしょう。 もう完全に取れた、すっかり元気だと嘘をついたわけではないし、お母さんがショックを受けた発言も直球でおっしゃったわけではなく、末期がんでなくとも病気の高齢者なら誰だって思うことですよね。いつ何があるかわからないから元気なうちに、って。 後悔するなといってもなされるでしょうが、私はトピ主さんが余計なことをしたとは思いません。 母親に少しでも心穏やかにいてほしい、残された時間会いたい人に会い、食べたいものを食べて過ごしてほしいと願うのは愛情や優しさ以外の何物でもないです。残された時間がみすみす流れていくと知れば、私も同じように「次何かあったらどうなるか分からないから今のうちに」っていうと思いますよ。 お母さんの性格を熟知した姉弟だからこその決断だったでしょう。 もっと別のやり方、言い方があったと思うかもしれませんが、どんなタイミングでどんな言い方をしてもたぶん同じ結果になっていたと思います。お母さん自身が受け入れられない人だったと思うので。 どうぞあまりご自分を責めずにいらしてください。

    トピ内ID:172f788a41a3d985

    閉じる× 閉じる×

    ううん…

    しおりをつける
    🐤
    なぶん
    この度はお悔やみ申し上げます。お母様のご冥福をお祈りします。 私も父を胃癌で亡くしています。父は頑固な昭和の男で、痛そうな顔をすることはありましたが、口に出して痛いとか辛いとか死にたくないとか一切言わずに亡くなりました。家で緩和ケアをしに来る先生が、この状態になった人は大の男でも最後はかなり弱音を吐く。すごい旦那さんでしたね、と母に言ったそうです。 その不調をお母様は自分で感じ取っていたと思います。誤魔化せるような痛みではないと思います。そして不安だったと思います。弟さんに対しては気丈に振る舞い、トピ主さんにはしんどいところを見せても良いと甘えていたのかも知れません。 本当のことを教えない方がよかったのか、教えた方がよかったのかは、結局誰にもわかりませんし、ご自分を責める必要はないと思います。 余命の期間、果たして私がしたことや言ったことは良かったのかと考えることもありますし、母にもあったでしょう。誰もがあの時こうしていれば…という後悔は少なからず持つものだとは思います。でもふと、これで良かったのかなと思う瞬間も日々の中でいつか訪れます。 お辛いと思いますが、なるべく心が落ち着きますよう、ご自愛くださいね。

    トピ内ID:0c458bb8c2a5b425

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    ご愁傷さまでした

    しおりをつける
    🙂
    海賊の妻
    人生は後悔ばかりです。あなた様もお辛い経験をしましたね。お母様にとっては何が良い事か誰にも分からないと思います。ですからそんなにご自分を責めないでください。 私も寝たきりの祖母が毎日夕方になると「おじいちゃんが帰ってくるよ。お湯を沸かして、魚を煮なさい」と言いました。あまり毎日言うので「おじいちゃんは死んだんだよ」と言ってしまいました。 祖母は認知症ですぐに忘れる人なのに私の言った事だけは決して忘れてくれませんでした。「おじいちゃんが死んだって本当なの」と誰彼構わず聞き「過去帳を見せてほしい」と言いました。おじいさんは何十年も前に死んだので過去帳なんてどこにあるか誰も知りませんでした。祖母は自分の実家からいくらの香典をもらったのか知りたかったのです。そこからどんどん弱って亡くなりました。私はとても後悔しました。 ある時に韓国映画の春の日は過行くというのを見て私と同じことを言った男の孫を見ました。毎日駅におじいさんを迎えに行くおばあさんをおんぶして帰る男孫が「もうやめてよ。おじいさんは死んだんだ」というのです。その晩おばあさんは自身の花嫁衣裳を着て踊りながら天国に去りました。私は涙が止まりませんでした。

    トピ内ID:05ccf17a724732af

    閉じる× 閉じる×

    後悔のない最後なんてあるのでしょうか。

    しおりをつける
    😢
    ポン
    私の父親は肺癌のステージ4で、2年前から脳転移をしてましたが、副作用に耐えながら抗がん剤治療をずっとしてきました。この度、髄膜播種で脳転移がひどくなり、脳梗塞、癌性髄膜炎で緩和ケア病院に入院しています。 日に日に衰え、せん妄でつじつまが合わない事を言います。余命は数ヶ月〜半年ですが、癌性髄膜炎の場合、急変してしまうこともあるそうです。毎日面会に行ってますが、衰える父親を見るのが辛いです。 トピ主様のお母様はご自宅で最後を迎えられたのでしょうか? そうでしたらとても幸せな事だと思います。またお母様に言ってしまった事を後悔されてましたが、私は後悔のない終わりは無いと思っています。もし言わなかったとしても、好きなものを食れずに後悔したかもしれない。とか後悔は付き物です。トピ主様は心優しく、お母様に寄り添っていたと思いますよ。 私も後悔がないように父親と向き合って過ごしていきたいですが、やはり最後は後悔してしまいそうな気がしています。

    トピ内ID:f20bb866ae2fabb1

    閉じる× 閉じる×

    本当に難しい問題ですよね

    しおりをつける
    🙂
    いなちゃん
    「残り時間が少ないと分かれば、積極的に動けるのでは、やりたいことをし尽せるのでは」と、良かれと思ってのトピ主さんの言葉だったのですよね。結果、裏目に出た、としても、それは結果論です。 でもね、たぶん、言わなかったら言わなかったで、トピ主さんは後悔したのではないかと思います。「あの時言っていれば、お母さんはもっと食べたいものを食べやりたいことをやれたんじゃないか」って。 こういうのは、結果論で、難しい問題だと思います。 お母様のことを大切に思っていたから、後悔もあるんですよ。 いずれ、遠い未来に、お母様と再会なさった時に、言葉になさいませ。 今は、後悔を抱えながら、生きるしかないのです。

    トピ内ID:709a8bafddbde083

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    たまたま、ですよ。

    しおりをつける
    🙂
    neko
    当方は父が余命三か月と告知されました。まだまだ告知後三週間ぐらいは元気で一度一時帰宅を許されました。父も喜んでまた帰りたいと言ってました。それから「日々体調が悪くなって行く」感じで四日後に亡くなりました。結局告知後1か月もありませんでした。 本人は余命三か月は知っていましたが、出来るだけ長生きしたいといっていた矢先でしたよ。 多分「日々体調が悪くなって行く」この傾向が出てきた時にお母様の寿命は決まっていたのではないでしょうか?気にしない事ですよ。こんな事は山ほどあります。

    トピ内ID:727ce3cfc466ce6b

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]