詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    胃癌の父にケーキの土産

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ぎんねこ
    ひと
    過去に亡くなった父親の思い出ですが、父が胃癌で闘病していた時期のことです。
    抗がん剤治療の合間に自宅療養していた父に、月に二回ぐらい帰省していた時に、駅ビルでシブーストという林檎のケーキを買って帰りました。食欲が減退して、効率良く栄養が取れるケーキはありがたいらしく、美味しそうに父は食べていました。父親の暴力で私は家庭的にいろいろあった青春期でしたが、胃癌を患っていることを知ってから、良く駅で父に栄養のあるケーキや貧血の人にも鮮やかに見える色彩の花を花屋で買ったりしました。

    今でも街でシブーストを見ると、私の矛盾した感情は何だったのだろうと思います。しかし、亡くなるとわかってから、娘として精一杯だったと思います。
    これは親への愛でしょうか。家庭内暴力もあったので、複雑な思いで父の好きだった夜のタンゴなどの曲を聴きます。

    トピ内ID:37a2e238c3caf5e7

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 4 びっくり
    • 21 涙ぽろり
    • 42 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    お父様、嬉しかったと思います

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    私の父も大腸がんが末期で見つかり、最後は何も食べられなくなりました。それでもパン一口、アイスクリーム一匙を頑張って食べていたのを思い出しました。娘もずっと部屋にいる父にお花を買ってきたりしました。
    私も父の事が大好きというわけではありませんでしたが、亡くなってから思い出すのは良い思い出ばかりで、元気な時にもっと優しくしてあげたらと後悔でいっぱいです。自己満足かもしれませんが、最後は家族みんなでそばにいられて、ありがとうを言えた事はよかったかなと思っています。

    トピ内ID:dfe4659f2ac964d1

    閉じる×

    シブーストを見ると涙がにじむ

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    さくらさん、食べれない消耗性疾患というのはつらいものですね。父は結構食べていたので亡くなる前日まで、娘の私の顔を見ると、生きようとして、そうめんをわしわしと食べていました。
    末期の水のようなものですが、マンゴージュースガ飲みたいと言われ、母が、私が六か月ほど前に沖縄で買ってきた宮古島のマンゴージュースの瓶をあけて、飲ませていました。
    宮古島に行ってよかったと思います。
    父が亡くなる前日まで、私は帰省していて、ちょうど春で、春嵐が来て電車が止まるとニュースで言っていたころ、「早く帰ったほうがいいよ」と一言言われました。その日は午前中に慌てて帰り、午後から電車が止まりました。

    速く帰れ父の言葉や春嵐

    駅ビルの洋菓子店で、シブーストの四角いケーキを見ると、今でも胸が痛みます。お値段的に手ごろで、シブーストだったのですが、秋から冬の帰省のお供でした。
    父の誕生日が亡くなる二十日ほど前にあり、地元の洋菓子店の豪華なショートケーキのラウンドを母が用意して、父に一口食べさせましたが、さすが九州男児、栄養のある所を一口で食べていました。

    先ほども、駅ビルの洋菓子店で売られているシブーストをネットで見ていて、涙がにじみました。おいしそうに食べていた父はもういないのだと思うと。

    早速の返信、ありがとうございます。

    トピ内ID:37a2e238c3caf5e7

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる×

    私も複雑です

    しおりをつける
    🙂
    わたあめ
    私の身内も随分前に亡くなりました

    私も身内から暴力を受けていました
    20代の頃までそのストレスからガリガリに痩せ
    記憶がフラッシュバックするのでカウンセリングも受けていました

    身内が亡くなった後の尻拭いに何年もかかり経済的にも困窮して精神的に更に疲弊しました

    今も身内には複雑な思いのままです
    思い出すのは毎日です
    暴力を受けていたあの頃の様に小さく弱いままでは無いので
    文句を言い反対に殴り返してあの時の仕返しをしようとしても出来ない事を思うと
    情けなく、憤りも感じます

    でも身内の亡くなる迄の心情を思うと何故か胸が詰まります
    自分がムシャクシャすると私の事をサンドバッグ代わりにしていたのに
    なんで死ぬ時は一言も愚痴らなかったのか。
    言ってくれたら死なずにすんだだろうに。

    身内が生き辛さを感じストレスを溜め小さな私に暴力を振るっていた時に
    私以外の家族はただ逃げる事しかしていませんでした
    本人も辛かっただろうなと思ったりもします

    身内が亡くなってから数年は関連するものを全て処分したり目に入れない、
    耳にも入れない様にする事にのみ苦心しました
    でもここ最近は、好きだった食べ物を買って仏壇にお供えしたり好きだった歌を繰り返し聴いています

    先日は好きだった料理を作って食べてみました。
    身内の事を思い出すので一度も作った事も口にした事もなかったメニューです。
    小さな頃を又思い出してあの時の感情がぶり返してしまったらどうしようと思いましたが大丈夫でした。

    貴方のトピのおかげで身内との事をこうして多くの人の目に触れるところにでも書けるのだと認識できました。

    ありがとう。

    トピ内ID:f050e474bbc6f313

    閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0