詳細検索

    夫婦関係・離婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    お金の管理、貯金について

    お気に入り追加
    レス15
    (トピ主2
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    ななこ
    夫婦
    基本情報
    二十代半ば夫婦、子供2歳
    夫 年収400万円 お小遣い月3万円
    妻 年収250万円 お小遣いなし

    夫はお金の管理が全くできず、あるだけ使う人なので、お金の管理は任されています。夫から頼まれました。にもかかわらず、ボーナスのたび会社に申請して夫の別口座に10万円程度移しており、これは最近知ったのですが積み立て?も年に10〜20万円ほど移していました。
    夫は会社の人みんなやってると言います。私としては節約して貯金しているのがバカらしく思えてきました。夫の主なお小遣い使用目的はタバコ、パチンコ、競馬です。
    そこで下記ご質問です。
    *一般的に見てお小遣いが、すくないですか。
    *どうすればお金の管理ができるようになりますか。
    *皆さんのご家庭ではお金の管理をどのようにされているのでしょうか。
    *お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産であるという考えは間違っているのでしょうか?私はそのように思っているので、勝手に使われたくないですし、2人の共通認識のもと生活費はもちろん貯金や旅行などにあてていきたいです。

    お小遣い3万円でストレスがたまるのかとおもい、ボーナスを移していることは黙認していましたが、積み立て?を移していたことは納得いきません。

    お答えできることだけでいいので参考にさせてもらえると嬉しいです。

    トピ内ID:9154ad8e9e1a1959

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 66 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数15

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)
    このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    別な趣味を、お子さんと

    しおりをつける
    blank
    しま
    パチンコと競馬をやっていたら、もしもおこづかいが多めにあっても足りないのでは。
    賭け事は金額を目安に納めるのが難しいですから。
    「お金は夫婦の共有財産だから…」と言って聞かせても歯止めをかけるのは難しい気がします。
    夫さん、ずーっと賭け事だけが趣味では経済的な先行きが心配だし、その人の人生としても虚しいような…。
    若いので、これから賭け事以外の趣味を持って、自然に賭け事へ行く時間を減らし、使う金額の目安ができればいいですね。

    お子さんはまだお母さんべったりかもですが、お子さんがもうすこし色々なことに興味を持ち始めたら、お子さんと一緒にできる趣味を持たれるとなおいいですよね。

    今から子どもさんに対しては「わーパパが帰ってきた、嬉しいな!」「パパに連れて行ってもらおうね、いいなー」となんでもパパ、パパと懐かせ、夫さんを立てまくり、お子さんが行きたがっているからと釣りやキャンプなどの他の趣味に誘う というのはどうでしょう。

    トピ内ID:e1d69372e86ed971

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    目的と手段は別

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    トピ文は手段の話ばかりですが、目的を達成するためにはいろいろな手段がありますから、目的が達成できるかどうかで考えましょう。

    まず、「会社の積み立て」と「節約した貯金」はお金を貯めるという目的で考えれば同じですよね?
    そこに目くじらを立てる意味がわかりません。

    それとも、積み立てたお金を趣味に使っているんでしょうか?
    だとしても、生活費は出しているのですから、「聞いてなかった」だけですよね。
    今は把握しているのだから問題ありません。

    >2人の共通認識のもと生活費はもちろん貯金や旅行などにあてていきたいです。
    と書かれていますが、これは現時点ではトピ主一人の認識ですよね?
    「共通認識」にするには話し合いが必要ですが、「お互いに年250万円出して、残りは個人管理」と主張されたらどうするんですか?
    日本の法律ではお金は稼いだ人のものです。家族は助け合う義務がありますが、それは250万円で十分果たしているといえるでしょう。

    ちなみに我が家では、年間の目的別の貯金額が決まっていて、それぞれは例えば会社の積み立てを利用している部分もあります。お互いがどこに貯まっているかは知っているので、名義とか手段にはこだわりはありません。

    とにかく「夫のお金に口出しする妻」と思われると不利にしかなりませんよ。

    トピ内ID:9b0f110e6367402c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    あくまでもトピ主は

    しおりをつける
    blank
    カクノ
    ご主人から「お金の管理を任されているだけ」であり、ご主人のお金の「どこからどこまでの管理をトピ主に任せるか」はご主人次第です。

    ボーナス10万円、積み立てから年に10〜20万円を自分のお金とするのがご主人の判断であれば、それは決定事項であり、トピ主が節約して貯金しているのがバカらしく思えるとか、そんなこととは何の関係もありません。

    お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産であるという考えは間違っています。トピ主が勝手に共有財産と思いこみ、夫のお金なのに「私に相談もなく、夫に勝手に使われたくない」という主張は立派な経済DVに該当します。
    日本は夫婦別産制と法律で決まっており、離婚するまでは「共有財産」という概念すら存在しません。婚姻中は「稼いだお金は稼いだ人個人のもの」とされます。

    また、余談ではありますが、「お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産」は決まって収入の低い側からの主張です。そして、これを法律で否定されると「私だけが節約、貯金しているのが悲しい」と、感情論を持ちだして、ありもしない権利を主張する女性が非常に多いのです。そういう真似はみっともないのでやめましょう。

    本来なら、トピ主は毎月決まった生活費だけを渡され、残りは全額ご主人管理でも問題ないのです。それを勝手に「お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産」として所有権や裁量権まで与えられたかのような主張は改めるべきでしょう。

    トピ内ID:e835c767f9acf1f0

    ...本文を表示

    トピ主さんのお小遣いが0の不思議

    しおりをつける
    🙂
    BERU
    >*お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産であるという考えは間違っているのでしょうか?私はそのように思っているので、勝手に使われたくないですし、2人の共通認識のもと生活費はもちろん貯金や旅行などにあてていきたいです。

    私もそう思っていますし、私の夫も同じ考え方なので、夫(妻)が勝手に家計費に手を付ける事はありません。小遣い以上の物の購入を希望するときは夫から家計から出せるや否やの打診があります。

    ですが、トピ主さんのご主人の考え方は違うようですね。

    そう言う人も少なくはないのはないですか?
    所謂別財布のかたは、お互いに必要な分を家計に入れた残りは、夫々の自由裁量
    家計の貯金は家計の中で貯めていく・・・
    トピ主家はお小遣い制ですが、賞与や積み立ては家計に組み込まないというご主人お考えなのでしょう。

    それと、トピ主さんのお小遣い0って本当ですか?
    化粧品などの理美容費やトピ主さんの交際費は家計費からってことですかね?

    お小遣いの範疇にもよるけれど、職を持つ成人女性のお小遣い0って俄かには信じがたいのですが・・・

    トピ内ID:fe6cf532835fa94e

    ...本文を表示

    どこまで管理するか?

    しおりをつける
    🙂
    白ポメ
    お小遣いについては、
    手取りの1割と言われますが、
    それが多いか、少ないかは別です。
    どこまで小遣いで負担するかにもよるし、
    1割と言っても、手取り30万だと、3万、
    手取り50万だと、5万で差があります。
    でも、そもそも、家庭、子供のいる方が、
    満足できる小遣いを使おうという考えは甘いと思います。
    庶民ですから、あれも、これもは無理ですから、
    優先順位を考えると、小遣い3万という金額は妥当なものだと思います。
    ただ、旦那が管理するのは、その小遣いだけなのかは別です。

    うちは、小遣いは、小遣い口座に振り込みますが、
    そのキャッシュカードは、旦那が持って、
    旦那が自分の判断で出し入れしてます。
    その口座は、もともと、会社が出張費などの清算用に作った口座で、
    出張費は交通費+1泊9000円とか一律だったので、
    安いところ探して、うかせて、給与口座と分けて、
    ヘソクリしてるという男性陣はいるようでした。
    あと会社の業績がよかった時に、従来のボーナス以外に、
    特別に10万程度の金額が入金されていたことあります。
    でも、それらは、もともと、家計として、あてにしてないものだから、
    小遣い口座の使い道は、旦那の裁量に任せてます。
    積立など、家計として、考えてるものは、
    使う時は、動かす時は、話し合いです。
    クレジットカードあるので、完全な小遣い制ではありません。
    家計口座から引き落とすカードを使う時は、事前に確認しますが、
    小遣い口座から引き落とすカードは、小遣い口座の残高範囲内なら、関知しません。
    共働きの場合、
    完全な小遣い制でなく、
    家計口座にそれぞれ決められた金額を入金して、
    残りは各自が管理する方もいます。


    トピ内ID:5a8905c09b1ab29a

    ...本文を表示

    共有財産?

    しおりをつける
    🙂
    Cynthia
    *一般的に見てお小遣いが、すくないですか。
    お小遣いの額は他の支出を知らないので、多寡の判定は出来ません。
    一般的にはまぁ普通では?
    だからといって、あなたのご家庭で妥当だとは限りません。

    *どうすればお金の管理ができるようになりますか。
    管理以前に家計に対する夫婦間の擦り合わせ、合意が取れていないのが問題なのでは?

    *皆さんのご家庭ではお金の管理をどのようにされているのでしょうか。
    貯金額を設定して、各々で管理です。
    家計に必要な支出額(予備費を含む)をそれぞれ供出し、それ以外の部分には干渉しません。
    百万千万単位の大きな買い物に向けた予算も支出に含みますので、個々の貯金を切り崩したことはありません。
    やむを得なく一方が働けなくなった場合は、もう一方が全面的に支出します。

    *お小遣い以外のお金は夫婦の共有財産であるという考えは間違っているのでしょうか?
    ここ日本では法律で夫婦の共有財産は持てません。
    相続/贈与/分与と矛盾するのに、何故こうした考え方になるのでしょうか。
    しかもこれ、年収の低い方が主張して良いことなんでしょうか?
    フリーター夫が高収入妻に対して「二人の共有財産だから」と言っていたらどう思います?
    夫婦間には相互扶助義務がありますが、それを履行するのに財産を共有化する必要や、稼ぎを全て家庭に捧げる必要は全くありません。
    家庭内でのお金の取扱いは自由ですが、あくまでも基本は「稼ぎは稼いだ人のもの」です。
    この基本に無理解で「2人の共通認識のもと」といいつつ、実態はご主人をあなたの認識に沿わせたいだけだから意思疎通出来ず、結果管理が出来なくなるのではないでしょうか。

    節約がバカらしく思えるなら、もっと稼ぐことを考えた方が建設的でしょう。
    世代平均以上に稼ぐご主人より、年収250万のあなたの方が伸びしろがあると思いますけど。

    トピ内ID:8e0e0084634ce0b4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    最初から予備費を作ればいい話

    しおりをつける
    🙂
    ヨシ!
    そもそも予算というものは、ある程度の変動も込みで立てるものなんですが、それでも突発的な例外は起こります。
    そういう時のために予備費という概念があるので、なりゆきであちこちから下ろすんじゃなくて、いつでも使えて管理ができる枠を設ければよい話。
    たとえば年間10万円(金額は各家庭による)の予備費を家に用意しておいて、緊急でいるとなったらそこから出して、封筒に日付を書く。
    そうやって半年か1年で、トータルいくら使ったかを集計すればいいだけの話ではありませんか?

    トピ内ID:e68431be4285075d

    ...本文を表示

    とても参考になりました。

    しおりをつける
    🙂
    ななこ
    いろいろなご意見ありがとうございます。

    共有財産については自分の考えが違っていたと気付かされました。夫と話をする前にご意見が聞けてよかったです。

    夫が自分の別口座にボーナスや積み立てを移すと、自分のお小遣いとして全部使われちゃうのでそこを不満&不安に感じていました。
    ですが、夫の稼いだお金なのであまりめくじら立てないように、度を越さないうちは見守ろうと思います。

    ありがとうございました。

    トピ内ID:9154ad8e9e1a1959

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    お小遣いって認識がない

    しおりをつける
    ミセスシンデレラ
    とりあえず主人の収入は生活費、私は私で積み立て、主人のボーナスは基本貯蓄です。
    お互い個人のお金っていう認識はなくて「家族の」お金です。名義はとりあえずって感じ。
    お互いの認識では共有財産です。

    お小遣いは特に決めてなくて欲しいものがあれば都度クレジットカードで買ってます。
    流石にPCとかスマホは一言あるけどそれは翌月のカードの請求額が上がるから報告って感じ。
    でもこれは稀で。基本物欲がないので普段の生活は地味です。

    私も主人も自由を第一にしてて、お小遣いってするとその金額を意識して萎縮してしまうのであえてこの方法です。週末のお出かけ費用も家計からでどちらからのお金って認識がない。

    毎日の生活で「お金」を意識するとリバウンドするのよね。これはダイエットと同じで。
    食べ物を意識して我慢しても結局リバウンドするでしょ。頭の中不満でいっぱいで。

    主人の前ではお金のこと意識しないようにしています。奥さんに金金言われると嫌でしょ。
    でもきっちり管理してますよ。どちらかがしっかりしてるなら大丈夫。

    でも最近自分は幸せなんだって思います。
    今は認識が違うみたいですね。大変ねーって思ってます。

    この前は臨時収入の数十万をそのまま家計の口座に入れてくれました。別に一緒ごとだからと。
    家族はチーム、そう思ってます。うちの子供達は幸せだわ。

    トピ内ID:285083c120eef65a

    ...本文を表示

    もう少しお話させてもらうと

    しおりをつける
    🙂
    ななこ
    ちなみに現状ですが、お小遣い三万円以外を家のお金として生活費や貯金として管理してくれ。なるべく貯金してくれ。と言われて管理している形です。私のお金はお小遣いを差し引かないので、全額生活費もしくは貯金です。
    それで知識のない私が共有財産と勝手に思ったのがそもそも間違いでした。夫は最初からそんなつもりないかもしれないのに。お恥ずかしいです。
    よく話し合って、特にあらかじめ貯金額を設定して残りは各々管理という方法が合うかもしれないと思ったので、相談してできそうであればやってみたいなと思います。
    貯金は500万円程度なのですがどのくらい貯めたら安心なのかわからず、不安で貯めれるだけ貯めたいというスタンスももう少し勉強して変えていきたいです。

    私のお小遣い0円は嘘くさいですかね…
    美容院や化粧品は家計からですが、もともと化粧はあまりしない&プチプラ品なのと髪は自分で染めてカットのみ行きます。
    夫も美容院は家計からですし、会社の人と飲みに行く場合は別で一万円を渡しています。
    私も友達と会うことはありますがそもそも子供を預けれるところもなく、夫も1人ではみれないため、子供同伴になるので家や、友達の家のみです。
    なのでお金はほとんど発生しません。
    手土産やうちでご飯を振る舞うのは食費から出させてもらっていますが、そんなことも2、3ヶ月に一度です。
    我が家のお小遣いの定義は、個人的な趣味趣向品に使うお金なので、基本的にそれ以外は別途相談報告して家計から出るようなかんじですかね。

    無趣味で楽しいお金の使い道を持っていないことは成人女性として恥ずかしいとは思っていますが、今は子供が私の楽しみということで…。

    皆様ありがとうござます。

    トピ内ID:9154ad8e9e1a1959

    ...本文を表示
    トピ主のコメント(2件)全て見る

    従来通りで良いのでは

    しおりをつける
    🙂
    Cynthia
    >特にあらかじめ貯金額を設定して残りは各々管理という方法が合うかもしれないと思った
    3万/月と賞与の一部が小遣いで、他はご主人の意向もあってあなたが管理しているのですから、無理に変える必要はないと思いますが。
    間違えていたのは管理方法ではなく、財産についての認識とその誤った認識に伴う感情ですよね。
    それはキチンと理解して改めたのですから、管理については今まで通りで良いと思います。
    ご夫婦とお子さんの年齢から、まだ婚歴は浅いと思われるのに500万円も貯めているのですから、管理や家計自体には問題が無い様に思えます。

    >共有財産と勝手に思った
    結婚したからといって、財産の帰属先は「個」から「夫婦」や「家族」へとは移行しません。
    家庭内のマイルールで家族のものとしたところで、最終的な勘定はあくまでも「個」で算定されます。
    夫婦や親子であっても、控除額以上のものを相続したり、贈与を受けたりすると課税されるのは、財産が「個」に属しているからですよね。
    これは冷静に少し考えれば、一般常識のある人であれば誰にでも分かる理屈なはずです。
    根拠もなく自分の考え方や感情を是とするのは危険です。
    感情的になった時は、一度立ち止まって自分の言い分に裏付けがあるのか省みましょう。
    最後の二行は自分にも向けて発信しています(笑)

    トピ内ID:8e0e0084634ce0b4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ギャンブルが好きな人はお金が貯まりません

    しおりをつける
    🙂
    華丘
    もうお気づきと思いますが、ギャンブル好きな人は、1万円あれば1万円、100万円あれば100万円使ってしまいます。

    なので、どんなに高収入でもお金は貯まりません。

    お小遣いを3万円から5万円に増やしたところで、ボーナスから掠め取ったり、貯金を勝手に降ろしたりすることは続きます。

    そういう性質をきちんと理解して、あなたがお金の管理をしっかりやるしか方法がないのです。

    頑張ってください。

    トピ内ID:0d37244e02d04c0e

    ...本文を表示

    「パチンコ、競馬」はダメだよね

    しおりをつける
    🙂
    専門家
    >なるべく貯金してくれ。

    こう言いながら、「パチンコ、競馬」してたらダメですよね。

    無趣味よりもよっぽどタチが悪いと思いますよ。

    >貯金は500万円程度

    20代なら十分な貯金額だとは思いますが、世帯年収650万円でお子さんも小さいので

    頑張れば年間200万円くらいは貯金できますよね。

    トピ内ID:252a74b6e2191313

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    二十代で子供がいて500万円は十分ですよ

    しおりをつける
    🙂
    かな
    月3万円が純粋な趣味のお金で昼食費や美容院代などが家計から出ているならお小遣いとしては普通だと思います。
    ただ、そもそもお小遣い制を嫌がる男性は多いので不満があるのかもしれません。

    競馬やパチンコが趣味なのは困りますが、とは言え二十代でお子さんがいて500万円も貯金できているなら十分だと思いますよ。

    トピ主さんはお金を使わなくても大丈夫なのでしょうが、旦那さんは窮屈に感じているのかもしれません。

    夫婦別産制とはいえ、子供がいるのに好き勝手にお金を使う旦那さんも困りますが、それだけ貯金もできているならそこまで酷いわけではないと思うので、あまりうるさく言わない方が良いとは思います。

    トピ内ID:2068ca83663778e6

    ...本文を表示

    余計かもしれませんが、アドバイスを。

    しおりをつける
    🙂
    人生の後半
    夫があるだけお金を使うなら、できる限り余分なお金は無いことにしましょう。
    今500万貯金があるなら、公式には300万の貯金。子供のため、家のため。200万は別口で。最終的には自分の老後のお金が別口で1000万、子供の影の口座が1000万はあるように貯めましょう。ギャンブル好きな夫を持つと、貯金を狙われますよ。仕事は絶対に続けましょう。

    トピ内ID:041a2d72fbbb7e6c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (2)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0