詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    50代子どものいない夫婦のお金

    お気に入り追加
    レス3
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    穏やかに暮らしたい
    話題
    東京に暮らしています。
    夫は55歳。私は50歳。結婚が遅く、子供はいません。2人とも会社員で、世帯年収2500万ほど。3年前にマンションを買い直しローンはまだまだあります。
    投資はちょっとやってる程度で、東京のごく一般的な、適度に教育を受け、適度に収入があり、特にお金に興味を持たずに、浪費も節約もせずに暮らしてきた夫婦です。
    同じような教育程度の方の場合は、お子さんがおられる場合が一般的です。自営や起業された方はもっと稼いでおられ、定年もありません。
    晩婚も進む今の日本社会では、私たち夫婦のようなカップルは増えている筈ですが(実際身の回りにも多い気がします)彼らの生活の様子の声はあまり聞こえてきません。ものすごくお金にも困ってもないからかもしれませんが…。
    実社会ではお金や老後のことは話しにくく(親の資産状況も異なりますし)、同じように子どものいない世帯で(子育てを終了した世帯ではなく)、ディンクスご夫婦のお金事情、老後の楽しいプラン、ちょっとした不安等を色々お話しできたらと思いました。

    手始めに…
    私は金融資産は2000万。留学で働き出しが遅く、年収は600万程度、退職金なし。遺産は2000万程度予想。最近親用マンションを購入し、ローン残債は5000万ほどですが、家賃を貰っているので、ローン負担は現時点ではありません。
    夫は大卒からずっと同じ企業に勤務。金融資産6000万、退職金や401kは8000万。ローン残債が8000万。遺産なし。
    (退職後にローンを残すことには色々なお考えはあるでしょうが、低金利や団信を踏まえ、満額借りました。)

    老後の具体的なプランはまだ未定です。60以降は働きたくないです。死に際は自宅か最後は快適なホームで最後を終えたいと思ってます。みなさんはどうですか?

    トピ内ID:7719c732c56e777f

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 56 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 20 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数3

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    要はご主人の資産に頼るってことでは?

    しおりをつける
    🙂
    FP95
    年齢が50才ならご両親は75才~80才くらいでしょうか。
    家賃を払ってローン支払とバランスできるのは、大変失礼ですがそう長い間ではありません。
    計算上、ローンの残債を貯金と遺産で払って、マンションの一室は残るもののキャッシュとしてはゼロ。
    ご両親が結局「快適なホーム」とやらに入れば遺産そのものの計算だって大きく狂います。

    そこを賃貸に出すにしても、空室リスクもあれば古くなるに従って賃料は下がっていく。
    あまり計算には入れられません。
    入れても想定の半分まででしょう。

    そうなるとご主人の退職金相当をローンの繰り上げ返済に充てたとして、残るのは金融資産の6千万円だけ。
    それにこれから5年の預金の上積額と60才以降の定年延長(一般的に給料ダダ下がり)による収入。

    ご主人が6千万プラスアルファであなたがゼロとプラスアルファ。
    すみません。
    悠々自適という計算にはほど遠い気がします。

    そりゃそうでしょう。
    年収1900万円で一生一人暮らしを想定していたであろう男性が、コツコツと貯金に勤しむはずがない。
    年収600万円の人間が悠々自適の老後なんて望むのもおこがましい。
    ご主人の年収を見て、金持ちの仲間入りと勘違いしちゃいけませんよ。

    ご主人が30代からコツコツと貯めていたならいざ知らず、マンションすら買っていなかったのにそれだけしか貯めていなかったのは「自分の分さえあれば良い」と考えていたからでしょう。
    ご主人を介護の後に見送り、その後、快適なホームで・・・という皮算用なら成立しますが、順番が狂ったり夫婦仲に齟齬をきたしたりしたらそんな計算は吹っ飛びます。

    ご主人が完全リタイアする65才の時に還暦を迎える。
    そこから先は老後を楽しみたい気持ちは分かりますよ。
    でも年収600万円なら、それは自力ではできません。
    リスクを考えるなら働けるうちは働く必要がありそうです。

    トピ内ID:c0391549bcc846aa

    閉じる× 閉じる×

    老後は悩みますね

    しおりをつける
    🙂
    不安あります
    私は主様と同年代。夫は10歳年上です。
    夫婦とも国家資格の専門職で定年はなく、好きな仕事で働ける間は頑張るつもりです。
    世帯年収は4千万円から5千万円ほど。変動があります。仕事上のピークは過ぎました。

    金融資産がトータルで5億円ほど。不動産が1億5千万円相当。
    私の独身時代のヘソクリが2千万円。夫の分は不明。
    ローン、借金はありません。
    あと15年働くとしたら2億円ほど増えますが皮算用。今後稼ぐ分は貯めず運用もしません。
    年金は70歳を予定。個人年金を含み夫婦で税引前年間1200万円ほど。

    義母と独身の親戚の介護中です。
    この5年間で、義母の有料老人ホームと定期的な入院、諸雑費など全部合わせて4千万円かかっています。
    義母の貯金の半分相当で、今後怖いです。

    介護が始まる前は、老後は多少の贅沢をしながら暮らせていけると思っていました。
    しかし、子に手続きなどを頼めない私たちは後見人を金銭で頼らないとなりません。
    老後は自分の思う通りにいかないもので、リスクを取った場合、後見人費用含むとひとり1億円は軽く超えます。
    今は特養ですら高くなり、有料も年々上がっています。

    親戚の後見人になって手間や手続きの多さに、後継がいない大変さが身に染みています。
    弁護士や金融機関がその煩雑な手間までやってくれると思えません。お金で解決できないものがあります。

    なのでどちらか亡くなってから、養子を迎えるのも方法と話し合っています。
    いつ不動産のすべて処分し施設入所するか、法律や税金やお金の絡む契約などをその時期にこなせるかなど、考えて恐ろしくなる日が増えました。

    楽しみのことも。
    少し落ち着いたら、夫婦で旅行を増やしたいです。
    また、大学に戻って好きな研究を続けたいです。

    頑張りましょうね。

    トピ内ID:7fd4689dce9e482b

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    ちょっと不安要素がありますね

    しおりをつける
    🙂
    専門家
    >60以降は働きたくないです。

    退職後、年金受給まで貯蓄を取り崩せば、この希望は特に問題なく叶えられると思います。

    住宅ローンもありますが、まあ、多額の金融資産をお持ちですので

    もなんとかなるような気がします。

    不安要素としては、お子様がおみえにならないので、

    終活費用がそれなりにかかる場合があることくらいでしょうか。

    自分が動けなくなってから、いろいろなことを信頼できる第三者にお願いすると

    結構な費用が掛かりますから。

    私の知り合いのお金持ちの方が、施設に入るのがイヤで、信頼のできるヘルパーさんを

    365日お願いしている方がおられますが、50万円/月かかると言われていました。

    介護保険をうまく使えばもっと費用は安くはなるのですが、

    制約が多いので使っていないと言われていました。

    トピ内ID:9ed8f0800c0ace60

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0