詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚して子供を産むのが当然だった世代

    お気に入り追加
    レス74
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    朝顔
    話題
    20代後半の女性です。ふと疑問に思ったことがあります。

    先日60~70代の女性たちと話をしました。その際に彼女たちが「私たちの時代は適齢期になったら結婚するのが当然、結婚したら子供を2~3人産むのが当然だった。当然である以上、自分であれこれと考える類のものではなかった。」と話していました。しかし全員大学や専門学校を出て、手に職があったり正規の仕事を定年までやっていた人たちで、別に男性に頼らずとも生きていける人たちでした。

    私は既婚ですが、同世代の友人と話していても必ずしも結婚と出産が結びつくわけでもなく、中には「親になる自信や経済力や、仕事との両立のキャパがないから」と躊躇する人もいます。また仕事や社会貢献が大好きだから週末の同棲だけで十分、という人もいます。

    上記の60~70代の世代の方々で、自分の意思と経済力で自立した生活ができる人であっても、結婚も子供を産むのも本当に”当然”だったのでしょうか。

    トピ内ID:9077e7bc1612e79b

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 62 面白い
    • 426 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 9 エール
    • 35 なるほど

    レス

    レス数74

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 30  /  74
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    ご両親に聞かれてみては?

    しおりをつける
    😉
    れい
    私の両親は50代後半です。
    母親は短大卒です。
    なぜかというと、「女は勉強しては結婚が上手くいかない」と祖父(私の曽祖父)に言われたそう。
    本当は大学に行きたかったけど、行けなかったようですよ。

    なので、トピ主が出会った女性達は、その当時でも大学に行けた方です。
    親も勉学に寛容で、裕福だったんでしょうね。

    一度トピ主さんもご両親に聞いてみてはいかがですか?
    今は感覚が違う人も周りには多かったと思いますよ。

    トピ内ID:5723d8ed6e5ff29d

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    若い時だけ

    しおりをつける
    🙂
    もっさん
    当時は会社員だった70代の母の話です。
    その当時は収入があっても、ずっとは働き続けられなかったそうです。

    20半ばで売れ残りと囁かれ、30過ぎれば嘲笑の対象。
    「パワハラ」や「セクハラ」なんて言葉は無かった時代です。
    閑職に追いやられるのは当たり前、苛烈なイジメを受ける事も。
    バブルが弾けた後の追い出し部屋なんて生ぬるく感じるような待遇が待っていた事でしょう。
    無事だったのはコネ採用で入ったお嬢様くらいだったそうですよ。

    そんな世界で一生働き続けたいと思う女性がどれだけいたのか。
    まぁ普通は結婚するのが「当然」と思うでしょうね。

    トピ内ID:7361b01018b2b6bd

    閉じる× 閉じる×

    結婚が多数派

    しおりをつける
    blank
    はとむぎ
    25歳までに結婚するのが多数派だったそうです。
    しかし、たとえ少数派になろうとも、見合いを何十回と断り続け、独身を貫いた人も実在します。
    仕事は自営業や公務員、士業等色々です。
    当然だと思って結婚した人達にも、安定した職についていた人も多いです。
    共働き、寿退社して専業主婦、どちらもいました。腰掛OLという言葉があったのもたぶんその世代だったかと。
    出産については、さずかりものなので、当然というわけでもなさそうです。見渡せば、子供いない夫婦結構います。
    もっと上の90代とかの世代からは、子どものあるなし、性別のことをうるさく言われたそうです。

    トピ内ID:065f51db96502f3c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    うーん

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    私はアラフィフですが親に「女の子はどうせ2.3年働いたら結婚退職するから大学は不要」と短大しか進学は許してもらえませんでした。周りでも結構多いですよ。

    職場でも私の入社前くらいまでは結婚退職が当たり前で、既婚者は1人でした。でも一部上場企業です。


    >上記の60~70代の世代の方々で、自分の意思と経済力で自立した生活ができる人であっても、結婚も子供を産むのも本当に”当然”だったのでしょうか。

    結婚後は退職しないといられないくらいハラスメントにあったり(当時はそういうのは全然問題視されてない)、昔はそう簡単に能力があっても働き続けるのは難しかったし、本人の意思だけではどうにもならないことも多かったと思います。

    適齢期で結婚して出産、それが当然でそれしか許されなかった人は確かに多かったと思います。仕事ができても女には仕事をさせないなど平気で昔は面と向かって言われたりしましたから。

    トピ内ID:6ac494fea91e928c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    バブラー
    58才です。

    私の時代は、(進学校だったこともあり)殆どが大学か短大に進学していました。
    景気も良かったので、卒業後も全員正社員。
    そして、数年勤めて寿退社で専業主婦。
    今みたいに「子供1人に○千万かかる」なんて話もなく、大抵2.3人産んでました。

    せっかく大学出て専業主婦なんて、もったいない
    と思うでしょうが、世の中の価値観が違っていたのてすよ。
    女性は結婚して家庭にはいるのが1番の幸せ、それも24才までに結婚するのが今で言う「勝ち組」。
    結婚しても妻が働いていると、よほどの専門職でなければ、夫が「甲斐性無し」と思われたのです。
    妻を働かせなきゃ生活できないのか、
    情けない と。

    驚かれたでしょうが、これが当時の価値観です。
    バブル期だったので、恋愛も盛んでしたが、ダラダラ何年も付き合うということは少なかったと思いますし、娘が25過ぎると親も焦り出してお見合いさせたりもしていました。

    トピ内ID:0b0a913442689ef2

    閉じる× 閉じる×

    そうでもないよ

    しおりをつける
    🙂
    ジョン
    当然だったから考えることもなかったって、自分の人生に責任を持たない、考えない人はどの時代にも一定数いますよ。
    今の世の中でもいるでしょ。
    恋人できた、なんとなく同棲した、子どもできたから結婚した。子どもできたから結婚して当然、みたいな感じの人。別に子どもできて結婚するのは当然でもなんでもないです。一人で育てる選択肢も、別の選択肢もあります。
    単に思考停止した人たちが集まって話していただけのことですよ。
    少なくとも、私の周りの年配女性はみな定年まで勤め上げているし、独身のまま海外赴任して戻ってきて定年を迎えた方もいます。
    60〜70歳の年配の方でも、ノープランで流される人ばかりではないと思いますよ。
    きちんと自分の人生の舵を自分でとっていた人も多いでしょう。
    試しにこのトピでのその方々の発言を87歳の女性に聞かせてみたら「そんなことあるかいな。ちゃんと当時も、きちんと自分の人生に向かい合っていた人はいる。その人達がたまたま自分がなかっただけでしょう。当然や当たり前なんて、昔から常に疑われていたものさね。そうするのが当たり前なんてものは当時からある人にはあったし、ない人には全くないよ」だそうな。
    87でこれなので、60〜70なんて超絶自由桜花世代では?
    私の母もそこに入りますが、結婚して子どもを産むのが当たり前なんて思ってもないし、言われたこともないそうな。結婚したら仕事を辞める人は多いけど、強制されるようなことは全くなかったそうです。母が20代の時の管理職(直属の上司)は女性だったようですしね。

    結婚して子どもを産むのが当然なんていう侮辱的な価値観を受け入れない女性は当時も沢山いたはず。
    たまたまその方々が、元々物事を深く考える習慣がない人たちなのでしょう。どの時代にも考える人はいますよ。

    トピ内ID:313dc56d75a4229f

    閉じる× 閉じる×

    ”当然”でした

    しおりをつける
    🙂
    ぽち
    当方、62歳女性。
    女性は、25歳以上になると、クリスマスケーキと言われていました。

    それが良いこととは、今も思いません。
    女性も男性と同じ教育を受け、社会でも活躍できる今の方が、女性にとっては、とても望ましい社会です。

    今でも、一流と言われている会社で、一番初めに、寿退社をしなかった先輩。初めて子育てを頑張った友人。
    本当に大変だったと思います。

    私は、結婚後は専業主婦。子育てを終えてから、仕事にも恵まれました。本当に恵まれた環境でした。

    ただ、子供たち(息子と娘)を見ていて思うのは…。社会状況が変わっても、人間の妊娠適齢期はあまり変わりません。
    今の社会では、不妊の方がとても増えています。どうしたらいいのでしょう?

    自分一人で生まれているわけではなく、誰かが産んでくれて、初めて人は産まれるのだから、そのあたりをうまくできる方法はないのかな、と思います。

    トピ主さん、難しい問いかけです。

    トピ内ID:845ed6d2bfda6f6f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    アラカンです

    しおりをつける
    🙂
    フクロウ
    私の若い頃は
    女とクリスマスケーキは25を過ぎたら貰い手がない。
    と言われていました。
    25にもなるとしっかりとした仕事をして自立していても
    「お局様」
    と周りから言われ
    親も親戚やご近所さんから
    「親の勤めを果たしていない!」と責められるんですよ。

    私はバブル期に就職。そこそこの収入があり男に頼る必要はなく、結婚に夢を持っていなかったので、独身でいるつもりでした。
    ですが夫と出会い28で結婚しました。
    友人の中で一番最後に結婚です。
    それまでは勤め先でも色々と言われましたし、親にも結婚するように懇願されました。
    同期は25までに結婚しないと!と躍起になってお見合いしてましたね。
    結構気が強くないと独身であることに耐えられなかったかと思います。
    だから結婚しようとしない私は気の強い変わり者扱いです。

    今は生きやすい時代だと思います。
    女性蔑視も昔ほどでは無いし
    多様性が認められている。
    だからこそ少子化なんだ、とも思います。

    ちなみに私も親になる自信や経済力があったとは言えませんが、愛する人と子供を育てる事で、親としてどうあるべきか?どういう親になりたいか?を考えるのは有意義であったと思います。自信があるから子を持つのではなく、人として、親としてより成長したいから持つのではありませんか?

    トピ内ID:6abe26fea9196bf4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    旧民法の家制度

    しおりをつける
    🙂
    ヨーコ
    60~70代は終戦後に生まれた方々ですね。

    戦前、民法には家制度がありました。
    個人ではなく「家」という単位を軸とする制度です。
    後継ぎ長男が家を継ぐ、子供を産んで家を継がせる、だから嫁を取るという考え方です。
    女性の地位は低く、嫁の立場はさらに低かったようです。
    民法が変わっても家制度は風習として強く残り続けます。
    60~70代の方々の親は戦前生まれです。
    だから親から「女は嫁いで子供を産むもの」と言われていたのでしょう。

    ちなみに男女雇用機会均等法が制定されたのは1972年。
    終戦の時に生まれた方が27歳の時にようやく制定されました。
    憲法で男女差別が禁止されているのに、長い間、雇用の場では平然と男女差別(賃金格差)がありました。
    仕事を続けていても女性は男性よりずっと給与が少なく、出世の機会も貰えない時代が長く続きました。
    だから結婚して夫の扶養に入ることが主流だったのですね。
    均等法が成立されても、すぐに格差が縮まる訳ではなく、本当の平等になるのには時間がかかっています。

    そして育休休業法が制定されたのが1991年。
    上記の方が46歳の年ですよ。
    ではどうやって仕事をしながら子育てをしたのか?
    その時代の働く女性は家族の協力を得て子育てをしていました。
    育休が取れないので産後休暇後にすぐに復帰。
    だから親にお願いするしかなかったと思います。
    昔の保育所は延長保育があってないようなもの。病児保育もありません。
    親に育児を頼む・・・とはいえ、昔は結婚も出産も早いですから、祖父母の年齢も若かったと思いますが。

    女が働き続けるのはイバラの道だったと思います。
    さらに結婚せず、というのは中傷の対象になったと想像できます。
    昔は「パワハラ」「セクハラ」「マタハラ」なんて言葉すら無かったですからね。

    トピ内ID:dc2e37090ab74d10

    閉じる× 閉じる×

    あまり変わってないと思う

    しおりをつける
    🙂
    tatta
    実感として当時とあまり変わってない気がします。
    トピレスの少し下、男女雇用機会均等法世代です。
    大学って一括りにされてもピンキリだし。キャリア指向の人間は今も昔もたいして変わらないと思う (男性並みの働きってこと)。

    私は大手金融機関総合職だけど本社転勤ができず退職しました。
    その後、設計職キャリアとして自分の意思と経済力で自立しました。
    母子家庭なんで、平等に働ける人間は働くべし家事すべしって家で育ったし、
    「僕に尽くして」なんて面倒で世話のやける男性にはドン引き、結婚話になると逃げてました。
    なにより仕事が好きで好きで仕方なかった。特別視されたことなんてなかったですよ?

    >正規の仕事を定年までやっていた人たち

    って身近にいないですけど?
    公務員、逆に中小零細なら可能かもしれないけど、大手で定年まで残るなら役員でしょう?
    キャリア組はバブル以降リーマンはじめ、景気に合わせて男性同様リストラの嵐に会ってるから、単純事務で定年まで残れた人間なんていないと思うよ。

    >「私たちの時代は適齢期になったら結婚するのが当然、

    こういう人たちは今でもいっぱいいるでしょう?
    昔は社内にいたけどこの層はごっそり非正規、派遣へ移行しただけ、社会構造が変わっただけ。
    女性は結婚、専業主婦、出産!今も昔も変わらない。まんま40年前の女子です。
    なにせ日本は女性の社会進出、数々のランキング最下位なんだから!

    キャリア組とはいえない彼女たちが働く動機は今も昔も経済的理由が多い。
    収入の実質低下(税金、保険料UP)、正社員削減、終身雇用消滅など、社会情勢は各段に厳しくなっている。だって40年前と初任給変わってないもんね。
    だから結婚できる人たちが減っている、つきつめないで生きてこう、となっただけでは?
    どんな時代でも、自分でしっかり人生見据え選択し納得することが大切なのは同じ!

    トピ内ID:93f9273ccb1ef8b8

    閉じる× 閉じる×

    当然だったと思う

    しおりをつける
    🙂
    かな
    私の母は70代です。
    母は手に職があり、「男性に頼らず生活できる」どころか、
    父の倍以上の年収があり、むしろ「一家の大黒柱?的存在」でした。

    そんな母はこう言います。
    「世の中、国レベル、世界レベルで素晴らしい功績を残している女性はたくさんいて、
    そのこと自体はすごいなと思うけど、
    その人が独身で、子供がいなかったりすると、
    ああ、子供がいないんだったら、いくらでもできるよねって、
    なんか、すごいなって気持ちが薄れるんだよね。
    結婚して、子供もいて、そのうえでその活躍となると、本当にすごいなって思う」と。

    要するに「女は結婚して、子供を産むのが当たり前」「結婚して子供を産んでなんぼ」で、
    その当たり前をクリアしてない場合は、どんなに素晴らしい面を持っていても、
    評価に値しないみたいな価値観があるということだと思います。

    客観的に見れば、母は経済的に男性に頼る必要はない人間だったと思いますが、
    でも、母自身「結婚して子供を産むのが当たり前」という価値観だったから、
    今の人生になったのだと思います。

    60~70代の方への質問なので、本来なら書くべきではないとは思いますが、40代の私も一言。

    私自身は手に職があり、経済的には男性に頼って生きる必要はないです。
    ですが、自分の人生「結婚して子供を持つことはマスト」という価値観です。
    ※他人が独身・子無しを選択するのはお好きにどうぞと思う

    40代のくせに、古いですかね?

    でも、私の身の回りの、経済的に自立した同世代の独身者は、
    「男性に頼らなくても生きていけるから結婚しない、したくない」という人よりも、
    「結婚したいけど~できない」という人の方が圧倒的に多いです。
    つまり、それだけ「結婚、出産は当然」という価値観の人が多いということだと思うのですが。

    60代まで行かなくても、40代でもそんな感じだと思います。

    トピ内ID:bf832c548c5f3c43

    閉じる× 閉じる×

    1980年代が境目かな?

    しおりをつける
    🙂
    竹の子とか
    大卒のアラ暦です。

    私達が大学を卒業する辺りから、
    女性も結婚しても皆仕事を続けるべきという社会に、
    徐々に変わって来たように思います。
    それまでも働く女性はいましたが(専門職を突き詰めたい人、仕事が好きな人、
    働かなくてはならなかった経済力の人、様々ですが)、
    「女性は就職しても結婚したら退職して専業主婦」という人が多かったと思います。

    逆に言うと、普通の男性のお給料が専業主婦を養える水準にあったし、
    日本は明治以来の良妻賢母という思想がまだまだ主流だったのだと思います。

    しかしながら私達が卒業する辺りから、
    女性も職業を一生持つべきという風潮になって来ました。
    日本女性の社会進出が欧米に比べて遅れていたので、
    追いつこうという流れだったのかもしれません。

    また、子供がいなかったりすると「何故持たないの?」と聞かれる事もありましたが、
    (私も子供はいなかったので)、
    それも失礼な質問だという認識に徐々に変わって来たのが、
    80年代だったと思います。

    トピ内ID:593921bc893e9068

    閉じる× 閉じる×

    そういう時代もあったと思えばいいのです。

    しおりをつける
    blank
    うの花
    昭和40年後半に結婚していますが(現在72歳女性です)、結婚したら仕事は辞めるのも全然普通の時代でした。

    寿退社と言われる時代です。家庭に入ったら子供を産んで育てるのが自然的な流れでした。
    それが時代だったので何ら違和感もなかったですよ。
    色んな時代を経て現代もある訳で、別に驚くことでもないと思います。
    それで十分幸せと思いながら家庭に尽くして、子供がある程度大きくなればパート経理事務に復帰して自分の道も築いてきました。

    周りの同世代の友人たちを見ても然りですが、中には結婚後も退職しないで実両親に子供の世話を看てもらいながら定年まで頑張った人もいます。

    やがて還暦になる従妹は結婚願望は無くてずっと仕事だけの人生で来ているけど、職場ではお局様と長く言われ嫌われる時期は長かったらしいです。虐めに近い位だったらしいですよ。

    今の様にネットがあり情報過多時代では無かったのもある意味幸いしたのではないですか。
    情報に振り回されないで愛して信じて結婚した夫と家庭を築くのに、懸命だったとも言えます。
    愛する夫の子供を産みたい育てたい思いが強かったですよ。

    多様な生き方ができる時代だからまさしく人それぞれで良いと思います。

    トピ内ID:8c939c3d940b1c1c

    閉じる× 閉じる×

    同調圧力が強い国です

    しおりをつける
    🙂
    れんのん
    そうだと思いますよ

    逆に言えば、それが良かった事もあります
    私は、あなたとその方々の間くらいの年代なので
    まさにその狭間の感覚でいるつもりです

    今ほど自由ではなかった事くらいは想像できますよね?

    だから、それくらいの世代が
    すぐに子供、こども言っても許してます

    その人たちは、職があったけど
    大部分の女性というククリで、そういうものだと思って生きて来た結果を
    否定することもないでしょう?

    違う世代と話すと
    価値観や考え方が違っておもしろいですよね

    あなたが60歳になったとき、
    若者はどんな事を感じるか楽しみではありませんか?

    トピ内ID:14a11d64bc20b063

    閉じる× 閉じる×

    当然でしたね

    しおりをつける
    🙂
    あら~フィフ
    私の時代は変化してきていましたが、まだ“25歳を過ぎればクリスマスケーキ”という言葉だけは生き残っていました。
    60~70代なら“寿退社”が大半だったと思います。
    結婚したと思えば次には当たり前のように「子供は?」が始まります。
    一人産んだと思ったら「二人目は?」と。
    つまり、結婚したら次は子供を産むのが当然と思われていた証拠です。

    女性社員は“腰掛け”扱いで、どうせ結婚すれば辞めるんだから責任ある仕事は任せられず、お給料も女性というだけで男性より低かったです。
    結婚すれば夫のお世話に従事する事になるので、結婚は“永久就職”とも呼ばれていました。
    その名残で今なお「結婚したら家事は妻」が悪残りしていますね。
    逆に男性は結婚すれば妻子を養っていくのが当然と考えられており、それが出来なければ甲斐性無しと言われました。

    そんな社会ですから、自分が先駆けとなって“職業婦人”として活躍するにはかなりの困難があったでしょう。結婚もせず子供も産まずだと世間の目も気になっただろうと思います。

    とは言え、私の母は第一子を産むまでは会社勤めを続けていたようです。
    20代前半で結婚し子供を2人もうけました。

    トピ内ID:f946077fbfc0ec4f

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      1990年代頃まで当然でしたよ

      しおりをつける
      🙂
      普段は節約家
      バブルのころは「女性はクリスマスケーキ。」という謎理論がありましたよ。

      なので、40~50歳以上の人は「当然」と思っていた時代がありました。

      25歳までに結婚するために、女性は短大卒が多く、OLをお茶くみレディと呼んでいた時代があったのです。

      ちょうどトピ主の親世代ですし、60代の女性の話の通りですよ。

      トピ内ID:cc1a3e21e5cb0ac4

      閉じる× 閉じる×

      少し下の世代です

      しおりをつける
      🐱
      猫派
      >上記の60~70代の世代の方々

      私は50代で地方出身ですが、結婚が決まった途端に「退職してパートで来てね」でしたよ。
      その頃、がんばって残っても妊娠したら産休の前に退職。(仕事がハードな面もありましたが)
      職場で初めて産休をとった人が出たのは私の退職後でした。

      地方のせいかもしれませんが、時代的には仕事をして出世をとるなら結婚しても子供は難しかったと思います。
      また男性社会で女性がそこまで出世できるかというとよほどの会社で理解ある職場(かつ理解ある配偶者)でないと難しかったかも。
      あとは子育ては実家(裕福であればあるほど良い)のバックアップがどれくらいあるかと、最終的には辛酸をなめてもそこでやっていく根性も必要でしょう。

      私の元職場では女性総合職ができたのは退職後でしたし、退職して何十年経ったいまだに女性の重役は出ていないです。

      進学については私の同世代のママ友は成績もよく進学希望(推薦もとりつけていた)でしたが、親が女には学歴はいらない(高校進学の時も入学できるか危なかったらしい)と口利きで無理矢理就職をねじこまれたそうです。
      親が学歴はあった方がいい、でも女なので大学はダメ、短大ならと”近場”(一人暮らしはダメ)の短大に姉妹で進みました。
      弟は当然のように一人暮らしで大学進学です。

      結婚については20代のうちに当然のように結婚して子供の数はそれぞれの家庭次第、いつの間にか結婚するのは当然と思っていました。
      職場では30代半ばで結婚した人がいましたが、まわりにはもう結婚しないものかと思われていましたね。
      仕事の両立はほぼ考えなくて良いので(辞めさせられるから)子供を産んで育てるだけですね。
      自信なんてないですよ。
      経済的なことを考えた上で選択し、【もうやるしかないだけ】です。

      トピ内ID:6ad229fea92a1a17

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      システムとして利用できた

      しおりをつける
      🙂
      資格職
      60-70代なら、

      >私たちの時代は適齢期になったら結婚するのが当然、結婚したら子供を2~3人産むのが当然

      「当然」と言ってくるのは、その親世代の80-90代ですね。会社でも年配の上司達がそういう考えでした。

      悪いことばかりではなくて、結婚や複数回の出産・育児でキャリアを中断しても、女性なら復職しやすいシステムができました。

      今でも、男性はイクメンでも時短や育休はなかなか難しいですが、女性は当然の権利になっています。育児をしながら時短や短時間パートをしてキャリアも失わず、子供が大きくなったらフルタイムに復帰するなど、女性の方がメリハリのある働き方ができます。

      トピ内ID:145e195f25a58f3f

      閉じる× 閉じる×

      レスします

      しおりをつける
      🙂
      通りすがり
      男女雇用機会均等法ができたのは昭和60年です。

      それまで女性は賃金も安く、職種も限られていました。

      兄弟の人数ももっと多かったし、貧しい家も多かった。
      男女の兄弟であれば、教育は男性が優先です。

      家が比較的裕福な家庭は、少しでも良い人と結婚するために箔をつけようと、娘を短大へ通わせました。

      保育科、家政科など、結婚しても役に立つ学科が多かった。

      例えば4年制の理系の学科などを卒業しても、女性の就職先は殆どありませんでした。

      専門学校も事務に役立つ簿記などが人気でした。

      今のように就職情報紙もなく、学校の就職斡旋ぐらいしか情報がなかったのです。
      どうしても決まらない人は親のコネで入社していました。

      やっと企業に就職しても、新入社員から男女ですでに賃金差があり、研修内容もまったく違っていました。

      会社は男性のものであり、女性はあくまでも補助、お茶くみや電話取り、伝票の処理が主な仕事です。

      今のようにパソコンもなく、伝票も請求書もすべて手書き。

      携帯電話もなく、固定電話だけが唯一の通信手段であったため、電話を取るというのは重要な仕事でした。

      今とはまったく違います。

      当時、女性は自分の給料だけでは生きて行けなかったのです。
      産休制度もなかったので、大多数の女性は結婚か出産を機に会社を退職しました。

      今は、等しく能力で評価される、良い時代になりましたね。
      このような時代に産まれたかった。

      若いあなたが羨ましいです。

      トピ内ID:682eb48f4f187c3b

      閉じる× 閉じる×

      今も当然だと思う

      しおりをつける
      🙂
      40代男性
      なぜ婚活ビジネスが盛況なのか?
      なぜ不妊治療にお金をかける人が沢山いるのか?
      それは望んでいる人が多いから。
      私自身、結婚願望もそれほどなく子供好きでもなかったですけど最初からナシの人生は全く考えていなかったです。
      周りの友人に独身の人達もいますけど、望んで独身している訳じゃないです。
      40代でも結婚したい、子供が欲しいって言ってますから。

      婚活で子供がいらないと公表してみれば現実が分かりますよ。
      まず若い男性からは相手にされないと思います(遊び目的なら別)

      >しかし全員大学や専門学校を出て、手に職があったり正規の仕事を定年までやっていた人たちで、別に男性に頼らずとも生きていける人たちでした。

      別に男に頼りたいから結婚したい、子供が欲しいじゃないから。
      自分が結婚と子供を望んでいるだけ。
      生きる為じゃない。

      >中には「親になる自信や経済力や、仕事との両立のキャパがないから」と躊躇する人もいます。

      その程度の理由の人はリミットが近くなれば心変わりすると思います。

      >また仕事や社会貢献が大好きだから週末の同棲だけで十分、という人もいます。

      トピ主さんにはそう言っていても彼氏の前では言っていないはず。
      本音は分かりません。

      トピ内ID:c91348db7368474d

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      そんなに変わらないのでは?

      しおりをつける
      🙂
      専業主婦よ
      男性でも結婚もできないと一人前に見てもらえないのですから、女性が未婚で歳をとれば、肩身が狭いものです。

      子供を産めるのは男性ではなく、女性ですから、結婚しているなら子供を産むものだと思われる事も、想像できると思います。

      私は50代前半のバブル就職組で、その頃は贅沢優先で、ディンクスなんて言葉が流行りました。

      ダブルインカム、ノーキッズ。
      共働きで子供を作らないことです。

      トピ主さんの価値観は、その頃からあったということ。それでも、殆どの夫婦は子供を作ったし、不妊に悩む人は今でもいます。バブルがはじけて景気が悪くなってから就職した人たち世代からは、共働きでないと暮らしが成り立たない家庭が増えたから、今は共働きが普通のように言われるようになりました。

      今は、結婚しない子供はいらないと大きな声でいえるのかもしれませんし、それを差別するのは恥ずかしいことだという価値観が存在するので、皆んな否定しません。

      でも、結婚するものだ、子供は作るものだという価値観も根強いので、それが当たり前だという価値観も依然として存在すると思います。

      結婚して何年も経つのに、子供がいないと、不妊なのかなと気を使いませんか?トピ主さんのいう通りの世の中なら、あえて子供を作らないの?と、何の気も使わずに聞けるはずですが、聞けますか?

      トピ内ID:5f3b84b9465cee03

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      50代後半の者です

      しおりをつける
      🙂
      いち子
      たまたまそういう方が揃っただけじゃないでしょうか。

      ただ60代と70代には結構乖離がありましてね。
      50代と60代でも捉え方に差があるかも。

      まず結婚観についてですが、確かに60代以上の女性は25才で未婚ですと「クリスマスケーキ」「売れ残り」と言われることが多かったでしょう。

      私のころにはそんな風潮が少し残っていたかな。

      でもね、女性活躍の場を開拓してきたのもその世代なんですよ。
      時代が違います。
      高度成長期の波に乗った人たちです。
      私自身もバブルを経験しています。

      別段考えなくても子供を複数人持つことに経済的不安をあまり感じずに済んだ世代です。
      終身雇用制度もあったしね。

      今の人たちは大変だと思います。

      悪いけれど夢も希望も持ちにくいのが現代ではないでしょうか。

      ああ、50代後半の私と60代半ばの姉はあまりそういう概念を持ってはいなかったかしらね。
      姉は子供がいないですし、パートナーはいますけれど結婚はしていません。
      私は子供もいますし結婚もしていますが「結婚するのが当たり前」だとは思っていませんでした。

      まあ時代背景をたどっていけば、概念の変化も理解できるのではないでしょうか。

      トピ内ID:fd5325db91143973

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      当然だったと思います

      しおりをつける
      🙂
      ゆこゆこ
      私は50代前半です。
      私は短大卒(保育科希望の為。当時保育科は短大が一般的だった)ですが、今は保育科も4年制大学になり、短大そのものがかなり減りましたが、私の頃は保育科に限らず女性は短大が多かったです(地域にもよると思いますが)
      もちろん大学へ進学した人も普通にいましたよ。
      さらに私の親世代70〜80代ですが、高卒が多いと思います。男性だって高卒は珍しくないです。女性なら中卒だって珍しくない。
      トピ主さんが聞いた通り、女性は結婚して出産するのが当たり前だったと思います。
      20歳超えたら親が「誰かいい人いない?」と動き出す感じ。
      女の幸せは結婚して子供産む事だと思ってる時代ですからね。
      トピ主さんが話した方の様に、大学を出ていたり経済的に自立していた60〜70代の女性というのは、昔はかなり少数派だったと思います。
      更に言えば、今みたいに共働きが一般的ではなく、結婚したら女性は家庭に入り専業主婦が一般的な時代です。
      当然制度も含めて社会全体が、女性が結婚・出産・育児と仕事を並行して出来る様にはなっていません。
      結婚後も仕事を続けるのは今より何倍も困難だったはずです。
      私の世代は適齢期をクリスマスケーキに例えられた時代です(25過ぎたら「売れ残り」という事です。酷いですよね)
      まだ寿退社が一般的でした。
      私は幼稚園教諭でしたが、保育士資格も持っています。
      ですが、当時は幼稚園>保育園です。
      保育士は余っていて、今では考えられない位需要が無かったです。
      それだけ子供が幼い頃は共働き家庭が少なかったという事です。
      時代の風潮や社会の仕組みは変化していきます。今では考えられない「当たり前」はいくらでもあるでしょう。
      その当たり前に逆行して生きるのはいつの時代も大変な事ですが、昔は今以上に女性が逆行して生きる事に対して世間は冷たかったと思います。

      トピ内ID:5f3b85b9465cefb6

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      個人の考え方の問題

      しおりをつける
      🙂
      はなこ
      私は60代ですが、そんな風に考えた事はなかったです。 友人も最初の職場からずっと働いている人が多いし、80代の叔母もまだ現役で働いています。

      地域や家族環境によって差はあるかも知れませんが、60代、70代が皆同じ考えと言う事はありません。
      叔母は大学の時に女性でも一生働ける職業を持つ事が重要と言われたそうです。 

      「みんなそうだから」とか「これが当たり前だから」というのは、実際は「自分はそう思う」という意味だと思います。 つまり「結婚して子供を産むのが当然だった時代」ではなく、その方が「結婚して子供を産むのが当然だと思っていらしたのだと思います。

      トピ内ID:4e2a1a9e1948e038

      閉じる× 閉じる×

      色々

      しおりをつける
      🙂
      ss
      色々突っ込みます。

      >結婚して子供を産むのが当然だった世代
      これ、世代じゃなく時代だよ、その時代は男女にかかわらず結婚するものだよ、今よりね。
      今だって、結婚「する」と「しない」じゃ「する」方が多数だよ(トピ主だって既婚でしょ)。
      生涯未婚率(生涯独身率)(50歳の時点での未婚の割合)は’15年頃で男性20%女性15%程度みたいよ。
      まあ、’90年頃だと男女とも5%程度みたいだけど。

      >60~70代の女性たち・・・2~3人産むのが当然
      これは、田舎の古い環境にいた人たちね。その環境の話だから割引が必要よ。
      合計特殊出生率は’90年頃で1.5ぐらいよ。

      >自分の意思と経済力で自立した生活ができる人であっても
      今でもそうでしょ。
      憲法24条を見ても結婚(婚姻)というのは自立した両性が協力して、でしょ。
      まあ、養う、ってもらうという発想の方が一定数いるけどね、トピ主さんみたいに。

      結婚というのは基本的にそうじゃないよ。

      トピ内ID:ad8790a9db2ecedd

      閉じる× 閉じる×

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        レスします

        しおりをつける
        🙂
        みか
        60代から70代とひとくくりになっていますが、その年代は実際の歳の差以上に価値観の違いは大きいはずです。70代後半の人は戦後生まれではありませんし、その下の年代はベビーブーム世代で学生運動が盛んでした。一方、わたしが子供のころは高度経済成長期でした。

        わたしは61歳女性です。義母は79歳ですが、何から何までまったく違います。義母は昔ながらの家制度の価値観を持ち、結婚して子供を持つのは当然だったでしょう。一方のわたしは、結婚して義実家に同居したからといってその家に入ったのではなく、夫婦で新たな家庭を別に設けたという価値観を持っています。また、結婚して子供を持つのが当然だと思っていた人は義母の年代よりははるかに少ないはずです。子供の人数にしても、義母の歳では兄弟が何人もいるのが普通でしたが、わたしのころにはもう最近の子供の数と変わりませんでした。

        わたしが就職したころ、男女雇用機会均等法ができました。もっとも、寿退職が当たり前の会社もまだまだ多かったです。わたしの友人は入社式で、最低でも4年はつとめてほしいと言われたそうです。つまり、4年後くらいに寿退社してね、という意味です。でも、そうではない会社も増えていました。また、さまざまな価値観を持つ人が出てきて、東大卒でファストフードの会社に入社した女性の話題もありました。身近で寿退社した人はほとんどいませんでしたし、必ず結婚するとまでは思っていない女性も多かったです。

        ところで、現在でも、若い女性たちも案外と専業主婦志向は高いようですよね。だから、人それぞれだということです。そういう意味では、あまり大きくは変わっていないのかもしれません。ただ、それを公言できる環境があるかないかという点においては大きく違うのかもしれません。昔よりいまのほうが確実に自分の希望を言いやすくなっているのではないでしょうか。それは感じます。

        トピ内ID:bb6e75eafd495e73

        閉じる× 閉じる×

        その時代なら「常識」レベルの価値観でしょう

        しおりをつける
        🙂
        派遣歴もうすぐ23年
        えっと、男女雇用機会均等法は1985年制定、1986年施行です。

        私(1986年短大卒業後広告会社に就職)の実感では「女性は25歳までに結婚しないと」といわれていたのは1970年代でした。
        その頃は高校卒業して就職するのが一般的。だいたい23歳ぐらいで結婚してました。
        「いいとこの娘さん」だったら女子大出てすぐ結婚。在学中からお見合いさせられてましたね。本人も親の敷いたレールを歩くのになんの疑問も持ってませんでした。

        トピ主さんのお知り合いの方々が歩んできた人生は、当時珍しいパターンだったと思います。
        推測ですが、女性一人で生計を立てた自負があるのではないでしょうか。トピ主さんには話さなかったけど、男性だったら味わうことのない苦労は絶対にあったはず。「私も若いうちに結婚して、専業主婦で旦那さんに守られて、優雅に生きたかったわー」と考えても不思議ではありません。

        令和の時代に生きるトピ主さんからすると疑問に思うでしょう。
        でも昭和の価値観の中働いてきた私たちからすると、お知り合いの方々の発言は身に沁みます。

        ちなみに私たちバブル世代は、一般企業で働き続けた60〜70代女性の後ろ姿を見て頑張りました。
        おおむね次の2パターンです。
        ◯激務だったので、28歳ぐらいで結婚して会社辞めて家庭に入る→フリーランスでゆるく働く
        ◯一度も結婚せずに働き続ける
        同世代でも「私は違う」と言う人がいると思いますが、それだけ女性の生き方が多様化してきていたのではないでしょうか。

        トピ内ID:dfb5a01da130ea71

        この投稿者の他のレスを見る フォローする
        閉じる× 閉じる×

        母の親友

        しおりをつける
        🙂
        ベガ
        亡き母が生きていれば70代ですが、母の大学時代の親友が独身で人生を謳歌しています。
        母はもう20年以上前に亡くなったので、最近の様子はよく知りませんが、少なくとも母や母方親戚、父方親戚でその親友の方を悪く言う人はいません。
        父方祖父(母の舅)がその親友の上司となり仕事のサポートをしていましたが、祖父もいつもその方を褒めていました。
        夏になるとしょっちゅうイギリスやアメリカなどに長期旅行をして、母からその話をよく聞きました。
        母は父とお見合いで結婚しましたが、考え方は常にリベラルでニュートラルでしたね。
        母も父方祖父母もその方が独身であることをとやかく言うのを聞いたことがありません。

        父方祖父母(現在90代)が独身をどうこう言わないのは
        父方祖父の叔母の一人が生涯独身(明治後半生まれ)を貫いてますしね。
        私も小さい時に会ったことがありますが、当時80〜90歳くらいだったと思いますが、上品で賢そうなおばあちゃんでした。
        そういえば同じ親戚筋にそこそこ大きな会社を親から継いだ60代女性もいますので、そもそも男性優位の考え方も薄いかも。
        母方も医師系の家系で薬剤師や女性医師が沢山いるので、「結婚は好きに〜」という雰囲気です。

        こんな環境で育っているので、社会に出てネットで広く意見を目にするようになってから、「女は結婚して子供を産んで当たり前」という価値観が割と最近まで実際にあったことに驚いたくらいです。
        私自身(40代)も進学校でかつ女子校で育っており、友人達も独立心旺盛で当然その親達もそれを応援する人達ばかりだったので「女は結婚して子供を産んで当たり前」の価値観を持った人ってテレビの中の話のように捉えてました。

        ちなみに上記の私の実家周辺の話は全て大阪での話です。

        トピ内ID:973f4bd43c0009b4

        閉じる× 閉じる×

        女性への質問ですね?

        しおりをつける
        🙂
        ロッ君ママ
        男性に 全く同じ質問しませんよね?
        ……つまり そういうことです。

        現代の女性も ひと昔の男性に近い立場や考え方を持つようになってきてます。
         私は還暦すぎの年代です~「ひと昔前までの世代」です。

        時間をかけて 女性が 経済的な事や学歴等が男性並みになってきていても 「時代」と「社会の目」が 結婚や子供を持つことを当然にしていました。

        いま、これから…… 社会の目からも自由になっていって、
        こんな内容の質問がフェードアウトしていくのだろうと感じます

        注)決して トピ主さんの疑問を否定してるのでは無いですよ。 私も同様の感覚で 世間をながめていますから。

        トピ内ID:8a9beab95ef358da

        この投稿者の他のレスを見る フォローする
        閉じる× 閉じる×

        当然だったと思ってます。

        しおりをつける
        🙂
        おばはん
        五十代女性です。
        私の若い頃ですら、男性も女性も結婚するのが当然で、まだお見合いもありました。
        女性は二十五歳までに結婚して子供を産むのが当たり前と言われていましたよ。
        雇用機会均等法が始まってすぐの頃で、大卒女性が総合職として初めて入社していました。
        この方々の殆どが結婚か妊娠の時点で退職を選ばされていたはずです。
        昇進のために結婚も諦めた方もいたでしょうね。
        そこは今もかわっていないかも。

        その親世代の話ですから、当然でしょうね。

        >しかし全員大学や専門学校を出て、手に職があったり正規の仕事を定年までやっていた人たち

        少し前の時代まで、職業のあるなしに関わらず、女性は結婚し男性の庇護の元に暮らすのが当たり前で幸せのかたちとされていました。
        男性も女性も三十、四十を過ぎても独身でいるということは、何か問題があると見られてもおかしくない、恥ずかしいことされていたと思います。

        今の七十代で女性でありながら大学まで出ているということは一般的では無かったでしょう。
        かなり裕福なご家庭の方々か能力が高い方で特別。
        地域によっては女性には教育は必要ないと考える時代が長かった。
        教育はただではないのです。
        大学に行かせるためには収入の半分以上かかってしまうこともあったでしょうね。
        一家の大黒柱になる男性にこそ教育を授けるしか無かった。
        今は良い時代になりました。
        誰でも能力さえあれば、大学で勉強出来、一生の仕事を手に入れられる。
        一人で生きていても誰にも咎められない、自由な時代です。

        トピ内ID:b7d2d58d52ba2a34

        閉じる× 閉じる×
        • 1
        • 2
        • 3
        先頭へ 前へ
        1 30  /  74
        次へ 最後尾へ
        並び順:古い順
        全て表示
        • レス一覧
        • トピ主のみ (1)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

            Twitter

            Follow
            みんなの投票結果

            編集部から

            編集部からのお知らせはありません

            Horoscope | 大手小町

            発言小町大賞0