詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    中学生が主人公の小説

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    キウイ
    話題
    こんにちは。アラフォーのキウイといいます。私は読書がわりと好きなのですが最近自分は中学生が主役の小説が特に好きだな、と気づきました。いわゆる思春期、難しい年頃。少し暗い話になってしまいますが私が中学生の時母親が家を出て行きました。元々仲の悪い夫婦でしたが私に何の説明もなく「もちろんわかってくれるよね?」という感じなのが寂しく悲しかったです。あの時から自分の中で何かが止まってる気がします。だからか中学生くらいの子が楽しそうに周りの大人達と奮闘してる小説を読むと何だか元気を貰えます。例えば森絵都さんの「カラフル」「宇宙のみなしご」「アーモンドチョコレート入りのワルツ」宮部みゆきさんの「あかんべえ」楽しくて、大好きです。小学校高学年から中学生時代の主役の面白い小説オススメありましたら教えてほしいです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:4a170174e1c3a90d

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 3 面白い
    • 3 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 2 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    年齢的には小学生なのかもしれませんが

    しおりをつける
    🙂
    北国生まれ
    ロバート・ニュートン・ペックの『豚の死なない日』。
    昔のアメリカの農家に暮らす少年が主人公。
    この家は貧しくとも虚飾を排した質実剛健に生きる、信仰心の篤いシェーカー教徒です。
    その中で少年は、豚の世話を通じて、精神的に大人へと成長していきます。
    (最後は大人になることは少しばかり切ないということも描かれます)
    今ではシェーカー教徒はすっかり減ってしまったようですが、家具の世界では彼らのデザインや考え方に多大な影響を与えているようです。

    トピ内ID:981ce330fd79b80d

    閉じる× 閉じる×

    風が強く吹いている

    しおりをつける
    🙂
    キュン
    三浦しをん作が、オススメです。

    主人公達は大学生ですが、皆、クセが強くて、いい奴らばかりです。

    とにかく頑張って走ります。
    箱根駅伝の話ですが、読んでからは、応援に
    行ってます。

    私は三浦しをん作を読むたび、何故か癒されます。

    そういう話しでは、ないんですけど、癒されます。

    トピ内ID:58af4a008d546cad

    閉じる× 閉じる×

    ぼくらの七日間戦争

    しおりをつける
    🙂
    zzz...
    作品のテーマが、トピ主さんの求めるものとは違う気もしますが、おすすめさせていただきます。

    先日書店で、男の子がこのタイトルを口にしていたのを聞いて、懐かしく思いました。
    なるほど。今度アニメ映画化されるのですね。
    トピ主さんなら、もしかしたら実写映画を見ているかもしれませんが、原作小説が未読でしたら、ぜひ読んでいただきたいです。

    あらすじで紹介されているので、ネタバレにはならないと思って書きますが・・・
    この小説の面白さは、とある中学の1クラスの男子生徒「全員」が立てこもるところにあると、個人的には思っています。

    トピ内ID:c178669e8f4354f0

    閉じる× 閉じる×

    プリンセストヨトミ

    しおりをつける
    🙂
    万城目学さんのプリンセストヨトミの主人公(?)が中学生だったと思います。
    (正確には主人公は大人かもしれないけど、中学生も主人公と言えます)

    トピ内ID:8529009267fb403c

    閉じる× 閉じる×

    楽しい話ではありませんが

    しおりをつける
    🙂
    テツコ
    中学生が主人公ということで、村上春樹「海辺のカフカ」を思い出しました。
    主人公は15歳の少年です。
    村上作品の中では好きな本です。何度読んでも、理解できないところも多く、
    それをいろいろ考察するのが面白く、何度も読みたいと思える本です。
    大まかには、15歳少年が、成長する過程という感じかな?

    私が住んでいる四国が登場しますので、親近感もあります。
    確か、村上さんは現地を訪れることなく書いたとか?
    それでも、本に出てくる表現は「多分このあたりのことかな」と思えるほど不自然な感じは
    ありませんでした。

    トピ内ID:75a67b78b5c6cc82

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    昭和のコバルト文庫

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    昔のコバルト文庫は中学生が主人公の学園ものたくさんありました。
    氷室冴子さんのクララ白書、アグネス白書なんかは復刻もされていたような。

    当時の作家、氷室冴子さん、久美沙織さんなどは今も買えるんじゃないかなと思います。

    トピ内ID:8b5cded8757cfde4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    バッテリー

    しおりをつける
    🙂
    まるまる
    あさのあつこさんの
    「バッテリー」
    繊細な
    中学生の心理描写に
    胸が締め付けられる様な
    感覚でした。

    トピ内ID:270e81e78ff6b808

    閉じる× 閉じる×

    有名どころで

    しおりをつける
    🙂
    なな
    辻村深月さんの、「かがみの孤城」

    青春な感じなら、高校生が主役ですが、「島はぼくらと」

    おもしろいので、
    あさのあつこさんの「バッテリー」

    本好きな方だと読破済ですかね。

    トピ内ID:69a2696049a5b300

    閉じる× 閉じる×

    推理小説から

    しおりをつける
    🙂
    音の絵
    宮部みゆきさん、子供目線の小説いくつも書かれていて面白いですよね。
    すでにお読みかもしれませんが

    『東京下町殺人暮色』
    中学生の少年が主人公です。
    両親が離婚し刑事の父親と二人暮らし、ベテラン家政婦さんが家事をみてくれています。両親の離婚について鬱屈を抱える主人公に、家政婦さんが掛けた言葉が心に染みました。

    短編集『我らが隣人の殺人』
    この中の『サボテンの花』が好きです。たわいもないお話かと思ったら、最後に……


    東野圭吾さん『浪花少年探偵団』
    主人公は小学校の新米教師ですが、お転婆なガキ大将の感じです。
    子分の生徒たちもイキがよくて楽しいです。


    それから、かなり古いのですが(昭和40年代くらい)仁木悦子さんという作家が、子供が主人公の小説を多数書いています。
    宮部みゆきさんの小説初めて読んだとき、「仁木悦子さんに少し雰囲気似ている」と思いました。
    本屋さんではもう売っていないとおもいますが、全集が出ているので図書館にあるかもしれません。

    トピ内ID:a2db66b1d2aad71f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0