詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    実母が嫌いな方の心境について

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ハナ
    ひと
    当方は40代の子供あり兼業主婦です。実母は高齢で現在一人暮らしです。私は実母が子供のころから嫌いでした。学生時代まで実家で同居していたのですが、子供を見下す、父や親せきや知人の悪口を言う、夫婦仲が悪い、家事子育てが手抜き、身だしなみが変、友人関係やパートの仕事等が長続きしない・・・等、見習いたい要素がほとんどありませんでした。子供のころは、いつも憂鬱で、こんな暮らし嫌だと思っていました。夏休みに親せきの家に行くと、だれも怒ったり嫌味を言ったりしないので天国でした。自宅に帰ってくると絶望的な気持ちになりました。
    食事は用意してもらい、必要な衣服等はお願いすれば準備してもらえ、大学まで学費を出してもらいました。それでも、母親に感謝する気持ちを持てません。文句、嫌味、悪口を言いながら暮らすお母さんだった、という印象を持っています。
    父は他界しておりますが、アルコールに逃げる弱い性格で、ネガティブな発言が多く、また人の気持ちがわからないので、これまた嫌いでした。でも、人間的な愛情を感じられたので、小さいころは慕っていました。
    現在は、実母と年に3-4回程度電話で話します。込み入った話をすると私が不愉快になるので、なるべく当たり障りのない会話で短く切り上げています。一人暮らしできる程度に健康でいてくれていることには感謝しています。一人暮らしが難しくなったら、母の近くに住んでいる姉と相談し、介護を分担しようと思っています。
    質問ですが、この年まで実母が嫌いという場合は、もう仲良し親子になることは難しいですよね。
    たぶん嫌々介護をして、見送ったら、実りのない親子関係だったと虚しく思うと思います。
    実母が嫌いな方、介護が必要になったときと、見送ったときに、どのような心境を抱かれたか、教えていただけないでしょうか。漠然とした質問で申し訳ありませんが、経験談や、心境をお聞きしたいです。

    トピ内ID:bf50bc16593d233f

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 5 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 90 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    並び順:古い順

    見送っていないのですが…

    しおりをつける
    🙂
    ぷらむ
    同年代です。
    私は両親ともに子供の頃からしつけという名の暴力を受け、高校までは行かせてもらいましたが、見習いたいところは全くない両親がいます。
    当時はこんなものかと思っていましたが、自分が結婚して子供ができて、あの親は普通じゃなかったと思いました。
    詳細は省きますが、絶縁して10年近くになります。
    多分このまま両親が死んでも私はお葬式にも行かないと思います。
    今は私はそれでいいと覚悟を決めていますが、後で後悔しないかはわかりません。
    余計なお世話かもしれませんが、もし迷っていらっしゃるなら、実りのない親子だったかもしれませんが、自分はやることはやったと見送った方が自分も為にも良いのかもしれません。

    トピ内ID:08a3d1d0538a3664

    閉じる× 閉じる×

    どうでしょうね?

    しおりをつける
    🙂
    つむちゃん

     自分を肯定されずに育ってしまった感じがあると言う事でしょうか?

     割と良い年齢になれば1人の大人として親をみる事が出来るので親の背景も
     分かり現在の自分と重ねて許せると言う人が多いいかなと言う印象です。

     トピ主さんがそういう境地に至ってないのであれば、もしかしたら同じような
     事をしている可能性があるのでお子様や周りに聞いてみた方が良いよ思いますよ。

     愛情が無いなら別ですが愛情の向け方がちょっとずれてしまったんだなと
     決して自分は否定されているわけでは無かったんだなと気が付けばなんとか
     なると思いますが・・・。

    トピ内ID:ca08416521246ae1

    閉じる× 閉じる×

    嫌いなままです

    しおりをつける
    blank
    まなまな
    実母が嫌いなままの、50代ひとりっ子です。

    私が大人になったら分かり合える日が来るのかもと思った日もありましたが、そんな日は来ませんでした。
    実母は40代の私に「親を何だと思ってる!」と言い放つ人でした。
    「大人同士の話」はできず、いつまでも私は「思い通りにできる、何を言っても良い存在」でしかありませんでした。

    今は実母に認知症が発症したため施設に居ますが、介護してあげたいなど露ほども思いません。

    こんな私でも施設にいれたての頃は自責の念にかられて泣いた日々もありましたが、割り切りました。
    このまま実母が亡くなっても、悲しくない自信があります。

    その分、夫や子供には恵まれたので、満足しています。

    トピ主さんの母親も、今後老人は意固地になる一方ですから、分かり合うのは難しいんじゃないかな。

    トピ内ID:1a64ad343cc06142

    閉じる× 閉じる×

    難しいですよね〜

    しおりをつける
    😷
    あさきち
    私も主さん程の思いではないけど母が好きでは有りません。
    ネガティブで置かれてる状況に文句ばかり言ってます。
    通院の付き添いで会わなきゃならない時は憂鬱です。
    たまに会うと生気を吸い取られるかの様に疲れます。
    でもそれでもやっぱり気になるのは肉親、捨ててもおけないのが本音。
    私は60代、母も来年90才になります。
    あまりこだわらないようにやり過ごす、聞き流す、自分はこんな風にはなりたくないと反面教師として見る、そう思う今日この頃です。

    トピ内ID:413a0d3a5c38c8e3

    閉じる× 閉じる×

    ええ?

    しおりをつける
    🙂
    いち子
    介護なんてする気、これっぽっちもないですが?

    当方五大後半、親80代後半。

    私の親も、自立して生活してくれています。
    というか、そうしてくれと私も姉妹も宣言していますからね。

    私の親も私たちのことを卑下し、外面だけは良くて「素敵なお母様」で通っていましたけれど、実際はDV毒母でした。

    一時(15年間ほど)絶縁宣言のもと疎遠にし、父には「母が死んでも知らせるな」という電話での会話を最後にしたんですよね。
    で、そういっていたにもかかわらず(あたりまえか)ちちから「母危篤」の知らせがあり、私はいくつもりがなかったのですが、夫や義母にケツを叩かれ病院に行きました。

    開口一番「なんだ生きているじゃないですか。じゃあ帰りますね。」

    ヒデー娘だ。

    まあそれをきっかけに父とは「あなたは見て見ぬふりして私たちを守らなかったひどい父親」と宣言もしましたし、「昔から子の世話にはならないって言っていましたよね。有言実行でよろしく」とも言いました。

    現在コロナ関係なく、会うのは3年日℃くらいですかね。
    電話も年に2~3度でトピ主様と一緒ですね。

    先月に電話で少し話しましたが、「まあ、私をあてにはしていないでしょう?がんばってくださいね~。」で会話終了。

    ひでー娘だ。

    トピ主様はまだお優しいお心をお持ちのようでなによりです。
    ただですね、ご自分が拙悪なる人生だけは送られますな。

    トピ内ID:3b64ddf482a0de0e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    ハナ
    私もなのですが、我が子を産んで育ててみると、親に感謝するどころか、両親が自分にしてきた仕打ちが信じられない、と思うんですよね
    小さい子供は全身で親を慕ってくるじゃないですか
    なのに嫌味を言ったり叱ったり、混ぜっ返したり
    夫婦喧嘩を見せたり
    テストの点が良くても褒めないとか
    どうして小さい我が子にあんな仕打ちをできたんだろう

    子供の時は私はお手伝いする良い子でした
    そうしないと怒られるから
    大人になったのでもう付き合いたくありません

    トピ内ID:bf50bc16593d233f

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    虐待

    しおりをつける
    🙂
    虐待、暴言、暴力が日常の家庭でした。しかし共働きで大学まで出してくれたし不満は押し殺し付き合いを続けていました。
    しかし、自分が親になり両親の異様さに、気づきました。小さな子供を叩く、蹴る、どう考えても私には理解できなかった。
    上から目線な高圧的な話し方、口を歪めて誰かの悪口を言う母親。未だに悪夢を見ます。
    縁は切りました。後悔する日が来るとしたら、純情に従い洗脳されていた自分の馬鹿さをです。

    トピ内ID:d0da34832d69a359

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    ハナ
    レスをありがとうございました
    我が子を産み育ててみると、親に感謝するどころか、疑問だらけです
    小さくて全身で親を慕ってくる小さな我が子
    私の親はなんであんな酷い仕打ちをしていたんだろう
    かわいそうだな、とか褒めてあげよう、とか少しでも思ってくれれば良かったのに
    夫と子供には同じことをしたくありません
    そう思うあまり、自分が不自由です
    でも前を向いて、恨みに呑み込まれないように生きていきたいです

    トピ内ID:bf50bc16593d233f

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    母と娘の難しさ

    しおりをつける
    🙂
    春雷
    相性ですね。
    100%私の母は素晴らしいと思っている娘は
    皆無かと。
    欠点もあるけどここが良いからな~と
    思っている娘がほとんどです。
    どうしても欠点に目が行くのは
    相性です。
    嫁姑に似ています。
    目について仕方がない、
    思い出すのはされたことばかり
    こういうとこが嫌だった
    そういえばこういう事もされた
    学費を払ってもらった事など
    どうでも良くなるのです。
    とくにイライラしていると
    昔母親にされた事を思い出し
    母親が悪いと思い詰めるのです。
    40代の女性が多いですね。
    相性が悪いのは仕方がありませんが
    母親を責める前に自分の心と
    向き合うのも大切だと思います。
    過去は変えられません。
    母親を擁護しているのではなく
    誰かをいつも敵対している自分の心を
    見直す事も必要だと思うのです。

    トピ内ID:39e078b7771bbfee

    閉じる× 閉じる×

    精神的に理想を追い求める余裕があると言う事

    しおりをつける
    🙂
    neko
    実母を見送った者です。もともと母親は人格障害の傾向が強い人で年々それが酷くなり、晩年はもう手が付けられなくなりました。沢山の人に迷惑を掛けてました。だから母親が亡くなった時にはホッとしましたよ。

    でも不思議ですね。涙も何故か出てくるんです。もう母親が亡くなっても泣く事なんてないだろうなと思っていた私が…。

    「たぶん嫌々介護をして、見送ったら、実りのない親子関係だったと虚しく思う」その人ひとで感じ方は違うのでしょうけど、「実りのない親子関係だったと虚しく思うだろう」は、あなたがどこかで「仲良し親子になりたい」とか親との良好な関係を夢見ているからなんでしょうね。

    私は良好な関係を全く期待して居なかったので「実りのない親子関係を虚しく思う」とかはありませんでした。後、数年介護が長引けば、私は荷物を纏めて逃げ出していただろうと思いますから、自分が冷静で居られた間に見送れて良かったという気持が大きいです。

    実際は近居のお姉様が主となって介護なさるだろうから、きっと介護が長引けば長引くほど、お姉様はやり切った感が出て「育ててもらった分の恩返しは出来た!」と思いこそすれ「実りのない親子関係を虚しく思う」とは無いように思います。反対に主様が「実りのない親子関係を虚しく思う」とすれば、それだけ精神的に理想を追い求める心の余裕があると言う事なんです。

    トピ内ID:3e8aa3e8ee451738

    閉じる× 閉じる×

    同じです!

    しおりをつける
    🙂
    しまこ
    トピ主さんこんにちは。私も40代、大学生と高校生のこどもがおります。
    子どもを産み育てていて、私もトピ主さんと同じように思うことが頻繁にありました。

    親には、衣食住はとりあえず提供してもらえました。
    しかし、母は自分が世界の中心にいるかのような人で、常にイライラしており、娘の私には無関心でした(兄と弟には優しい母と思われました)。どんなに良い成績をとっても、絵画読書感想文などで賞をもらっても、褒められた記憶がありません。逆に容姿についてはひどいことを言われ続けました。母は看護師でしたが、私は国立大学医学部に入学、その際言われた言葉は「いい気になって」です。
    穏やかな父の事は嫌いではないと思っていましたが、今となっては母の所業を諌めるわけでもなく、ただ傍観していただけでしたので、今は共犯者だと思っています。

    母との温かい思い出は一切ありません。母の愛情を感じた記憶も全くありません。抱きしめられた記憶も、手をつないだ記憶もありません。なぜ小さな私にいらいらを常にぶつけ、父親や舅姑・御近所の悪口を聞かせ、自分がどんなにかわいそうであるか語っていたのか、謎です。

    息子たちは可愛いです。だいぶ図体がでかくなり、生意気なことも言うようになり、親としては嬉しいような悲しいような(笑)。あんな母親にはなるまいと思って育ててきました。

    母にも父にも諦めています。今どんなに私が思いの丈をぶつけても、逆切れされるのがオチです。物理的にも心情的にも距離をとっています。こちらから電話をかけることはありません。向こうから時々かかってきますが、馬耳東風を心がけています。

    トピ主さんが書かれた「恨みに呑みこまれないように生きていきたいです」、いい言葉ですね。私も同じように思います!
    トピ主さんは絶対に大丈夫!

    トピ内ID:ffe8c0410f892c7f

    閉じる× 閉じる×

    親との関係、子供との関係

    しおりをつける
    🙂
    アラカン
    実母のことは大嫌いというほどではありませんでしたが、愛情は感じませんでした。
    衣食住の世話はしてくれましたが「産まなきゃ良かった」「育ててもどうせ他人のものになるから無駄だ」「女の子なんていらなかった」などという言葉に傷つき、母のぬくもりを感じたことはありませんでした。

    義母のことは大嫌いでした。
    とにかく人の心をえぐる言葉を平気で言う。
    反論すると10倍になって返ってくるし、もっとひどいことを言われる。
    最悪でした。

    自分の子育ては実母と義母を反面教師にしたところもあります。
    本当に可愛かったし、良いところは褒めて、膝の上でのスキンシップは怠りませんでした。
    けなすばかりで褒めてくれたことのない実母と義母のようにはなるまいと。

    でもある時成長した子供に「幼いころ、母(私)のこんな言葉や態度に傷ついた。一生忘れない」という言葉に心が凍りました。
    自分で自分を良い母だと思っていた愚かな自分に気づきました。
    あんなに「お母さんお母さん」と慕ってくれた子供だったけど心の中には闇があったのだと。

    その後、後期高齢者になった実母と義母。
    相変わらず好きにはなれないけど、娘として義理娘としてやるべきことはやろうと決めました。
    母たちと私は結局大して変わらない人間だったのだろうから。

    老いて小さくなってしまった母たち。
    もう過去の強烈さはありません。
    実母は無事見送り、義母は施設のお世話になってるけどやるべきことはやってます。

    ふたりとも見送ってもおそらく寂しさは感じません。
    でも「やりきった」と心からホッとするでしょう。

    トピ内ID:d9cc292c21971442

    閉じる× 閉じる×

    レスから考えました

    しおりをつける
    🙂
    ハナ
    レスをありがとうございました
    愛情のかけ方が間違っていただけ、なのかな
    その程度のレベルでボタンの掛け違いを後から訂正できたら良いですね
    自分の場合は、確信犯で訂正不能というケースだったのだと思っています
    大人になってから気付いたのですが、父も姉も傍観か加担していたので母と同類です 
    本当にそのレベルだったか?は程度の問題になるので、細かい事情まで分析しないと判断できないのだろうとは思います

    恨みがベースにある自分の心の持ち方を改善したいです
    大人になって自分の家族ができたので、過去からフリーになって、自分の人生を生きて行きたいです
    母親を反面教師にもしたくない
    こんな人もいたんだ、そうなりたくない、とは思います
    それは教師じゃなくて、身近にあった極端なサンプルの一つだと思いたいです
    自分のことばかり考えていた人たちにたまたま囲まれてしまっていたけれど、今は違う
    色々な考えを聞かせてくださりありがとうございました

    トピ内ID:bf50bc16593d233f

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    いろいろ考えました

    しおりをつける
    🙂
    ハナ
    国立の医学部に入学するほどの快挙に対して、いい気になって、との発言に驚きました
    ひどい!ではなく私にも似た経験があったからです
    私の場合は、学生時代にある資格試験に合格したところ、これでまた調子に乗るね、と母親から電話で言われました
    思わず言い返しそうになりましたが、周囲に友達がいたのでこらえました
    これも沢山のエピソードの中の一つです
    今はもう学習したので、仕事の成果や楽しかった経験は母と姉には話しません

    日本に生まれて衣食住は確保されて大学まで出してもらったのだから私は恵まれているのですよね

    国立医学部卒でお子さん方もいらっしゃるとは、本当に優秀で努力された方なのですね
    普通の母親だったら自慢の娘でベタ褒めだと思います

    私は子供たちを褒めて自信とか自己肯定感をプレゼントしたいです
    無責任に肯定するだけではなくて、足りないところを克服していく方向づけも必要なので難しいのですが

    色々な経験や考えをレスで聞かせてくださりありがとうございました

    トピ内ID:bf50bc16593d233f

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    二度目です

    しおりをつける
    🙂
    しまこ
    ハナさん、まだ見ていらっしゃるでしょうか。
    学生時代に資格を取得されたとのこと、ハナさんこそ大変努力されたのですね。
    また、ハナさんのお母様と私の母は大変よく似ていますね。毒母あるあるで盛り上がってしまいそうですね。

    私の両親は80歳手前となり、介護や見送るときのことを考えるようになりました。
    冷たいと思われるでしょうが、私は両親が亡くなっても涙ひとつこぼれないと思います。今まで傷つけられた傷跡が多すぎて、悲しくは無いです。
    介護が必要になったら、訪問看護、介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、ありとあらゆる資源を使います。手続きが必要であればしますが、それ以上のことはする気はありません。

    このようなトピを立てられたということは、ハナさんはご自身のことを親不孝者と思ってらっしゃるのではないでしょうか。私も一時期はそうでした。でも、愛情を与えられていないのに親に尽くすなんて私には無理だと悟りました。親の愛情が感じられるエピソードを自分の記憶から一生懸命探そうとしたのですが、出てくるのは悲しい思い出ばかり。私には無理、と思いました。

    ハナさん、今現在のハナさんご自身をいたわり愛して差し上げてください。ご両親からは望むような愛情を得られなかったかも知れませんが、自分で自分を癒すことはできますよ。「よく頑張ったね」といいこいいこしてあげて。
    そして、旦那様とお子様たちと楽しく健やかな日々をお過ごしください。お子様たちをたくさん褒めて、愛情を伝えてください。私は息子たちに「愛しているよ我が息子よ」と言ってハグしようとすると逃げられますけどね(笑)。

    高橋リエさん(元毒母という経歴の持ち主)の書籍、大変興味深いです。一読をお勧めいたします。
    何度も失礼いたしました。

    トピ内ID:4fbd3579d4400292

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      ありがとうございました

      しおりをつける
      🙂
      ハナ
      2度も書き込んでくださりありがとうございました
      本当に、毒母あるあるってあるんですね
      他の人の経験を聞くと、自分の場合との共通点も違う点にも気付かされます
      そうやって客観視できるようになりたいです
      自分、自分の子供、その他の人についても、真っ当な愛情を与えられていない状況を見ると、かわいそう! 大丈夫だからね! と励ましたくなります
      そのためにも、自分が強く優しく生きていけるように、周囲に愛を与えられるようになりたいです
      実母の介護は私もできるだけ外部の手を借りたいです。自分でする部分も出てくるだろうと思いますが、嫌々になるだろうし態度にも出ると思います
      嫌だった実家から独立して自分の家族を作ったのだから、子供〜学生時代にとらわれず、自分を労って、愛のある生活を続けたいです
      自分のことを薄情だとも思っています
      自責の念に囚われないよう気をつけます
      おすすめの書籍も近いうちに読みますね
      本当にありがとうございました

      トピ内ID:bf50bc16593d233f

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(5件)全て見る

      見送りました

      しおりをつける
      🐤
      柚子胡椒
       私の母は微弱毒親(自分で名付けました)でした。私が正常な青春時代を送れなかった原因は、自身の性格と家庭環境と半々くらいと思っています。時代錯誤な観念で私を縛る母親、母親を見下し責任逃ればかりの父親、私に嫌がらせばかりする根性が腐った弟達、本当に嫌な家庭でした。
       母は私を憎んではおらず母なりに一生懸命だったし、私が何か成功すればすごく喜んでくれました。でも感覚がすべてズレており意思疎通できない部分があり、幼かった当時はそれに抗議するすべもなく、ジメジメと暗く息苦しい家で20代半ばまで鬱々と過ごしました。
       そんな母は還暦前に脳出血で亡くなりました。持病もありましたが、家庭を顧みない夫と日常生活に異常なこだわりを振りかざすニートの息子達による心労が一番の原因だと思います。母が亡くなった時私は、悲しみよりも「お母さん、もう苦しまなくて済むんだね」とホッとしました。
       母親のせいで楽しい青春をフイにしたという思いは消えませんが、自分の家庭をつくり職業を持ち、充実した日々を送るうちに少しずつ心が晴れ、今は明るく過ごせています。私も亡き母と同じく血圧が高いので早めにこの世を去るかも知れませんが、人生前半にさんざん辛い目にあった分、残りの人生は楽しく生きようと思います。
       40代引きこもりの弟達、それらの世話を私に押し付けようとする父親は今もこの世にいます。振り回されないようになるべく距離を置くつもりです。

      トピ内ID:f54fb177c3ee8856

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (5)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0