詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    心配(母の行く末)

    お気に入り追加
    レス4
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😨
    ひと
    はじめまして。
    母の行く末が心配でなりません。
    私は27歳の医療従事者です。
    半年前地元を離れ福岡で転職しました。
    63才の母も同じ時期に別居し故郷である福岡へ引っ越しました。(お互い一人暮らし、電車と徒歩で1時間ほど)
    母は未経験で調理補助のフルタイムのパートを始めましたが体を痛めて一カ月で退職しました。
    前職は15年以上事務をしていました。
    貯金はおそらく200万、年金を早く受け取っています。父からの仕送りは無いです。
    母の仕事が見つかるのか、将来が心配です。
    同居も考えましたがもし介護が必要になった場合受けれるサービスに制限がかかること、私はいずれ地元に帰ろうと考えています。(仕事の修行として福岡に来ています。)
    私の地元も新幹線で1時間ほどなのですぐ会えますが将来が不安で胃が痛いです。
    同居すべきか頑張ってフルタイムの仕事見つけてもらうか…
    母に仕送りできるほど収入も高くなく、毎月食料や日用品を少し渡すくらいです。

    お互い大人だし母が自分で別居することを選んだので見守るのがいいと思いますが心配で心配で…
    何かアドバイス等いただけると幸いです。

    トピ内ID:6ba989a3ba8f5fec

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 12 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 6 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数4

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    今すべきことは自分の基盤づくり

    しおりをつける
    🙂
    はな
    トピさんはまだ27歳。結婚も含め今はご自身の人生の基盤づくりが最優先です。
    お母さまはまだ63歳です。年金前倒しで受取りとりあえず暮らせますよね?
    少なくとも80歳位まで、もう15~20年お一人でがんばってもらいましょう。

    あと20年近くあります。その間にトピさんがすべきこと。
    結婚するならしっかりした家庭を築いてください。
    一番大切なことはトピさん自身が経済力を持つことです。
    同居するしないに関わらず、トピさんに経済力がなければお母さまに充分な支援はできません。

    高齢親を心配する娘の相談は多いです。
    惚れたはれたで結婚して、遠くの地に嫁ぎ、経済力もなく、ご主人の理解もない、動くことも支援もできない。最初からわかっていたことです。

    私はトピさんとほぼ同じ境遇でした。
    トピさんと同じ20代後半、大手総合職の転勤に応えられず別業界へ転職しました。
    だからトピさんと同じ齢の時、年金も払えない位お金がなかったです。
    30歳からスキルと資格を得てキャリアを磨きました。おかげで稼げるようになりました。
    彼女(私)の親のことなど頭の角にもない彼氏たちとはサヨナラしました!
    ついていけば先々高齢親で苦労するのはわかりきっていました。

    仕事は本当に面白くて没頭しました。怒涛のような30代を夢中で過ごして結婚忘れてました。
    …私はまったく後悔してませんが、できるなら結婚しましょうね!
    40代で先々見据えて独立、今50代。お勤めじゃないから家庭との両立ができます。
    今や高齢になった親の世話もできるし、(自分の老後費用も含めて)施設費等も潤沢です。
    大好きな仕事はまだまだ大きく動きそうです。

    好きな人にどうしてもついて行きたい。遠くへ行くことになっちゃった。経済力もない。
    …なんてことなら、実質的に何もできないから母親のことはもう忘れなさい。

    トピ内ID:33c8916cd9ded3e0

    閉じる× 閉じる×

    同居したほうがよくないか

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    福岡同士で一人暮らしされているのでしょう。同居されたほうがよくないですか。そのうえで、何か仕事を見つけてもらうのです。
    まだ介護まで時間があるとお見受けします。
    それに介護は介護する人が働いているとなると、優先して受けられますよ。そのために介護施設がありますから。
    私の場合、主人がフルタイム、私が短時間勤務でしたが、私のパートの時間に合わせて、送迎が夜七時以降の認知症の老健を捜してきて、通所していましたよ。其れなら主人も帰宅しているため何とかなりました。
    富はなるべく集めるようにして、二人で一緒に暮らし、介護に備えられたら如何でしょう。
    かならず市内をすべて当たると、働いている人のために夜遅くまで、預かってくれるところはありますよ。
    また夜勤なら、ショートステイを利用されるとかですね。

    トピ内ID:e6d76bdd039eab0f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    あなたの人生に集中に一票

    しおりをつける
    🎶
    60代半ば
    心配し過ぎじゃないの?

    もっと信頼してもいいのではないかと。

    あなたがお母さんに執着してる感じですね。

    地元が恋しくて帰りたいんじゃないの?

    親離れ出来ないとか?

    60代ならまだ若いでしょ?

    お母さんもそれを望んでの別居ならあなたは自分の人生生きてくれた方が喜ぶでしょ?

    自分の人生発展させて下さいな。

    トピ内ID:cf800de6cbff0a80

    閉じる× 閉じる×

    自分で不安を煽っているのかも

    しおりをつける
    🙂
    チュン夫
    >年金を早く受け取って
    年金の繰り上げ受給を申請し(毎月の年金額を減額し)60歳から受け取っているのでしょうか?。年金は受給開始年齢が65歳ですが、厚生年金には「移行処置」があります。

    私(64歳男性)は移行処置で62歳の誕生日から「厚生年金の比例報酬部分」を受け取っています。私の大雑把な理解では、(私の場合)厚生年金が62歳から、国民年金が65歳からの受給になると思っています。

    女性なら生年月日が昭和33年4月2日~昭和35年4月1日の人は61歳から受け取ります。もし、お母様が昭和33年4月1日以前の誕生日なら、60歳からの受け取りになります。

    この移行処置ではなく、本当に繰り上げ受給(年金減額)をしているのでしょうか?。

    >貯金はおそらく200万
    これも想像のようですが、根拠はどの程度確かですか?。本当にその程度の貯金額だとしても、質素に暮らせばなんとかなるかもしれません。

    将来、介護施設に入れば介護費用が必要ですが、そのときの年金額で賄える可能性もあります。90歳の実母(認知症)が昨年までグループホームに入ってましたが、入居一時費用も不要で、毎月の支払は12万前後でした。(施設費用だけでなく、施設にくる医師や美容師の費用、施設で購入するオムツ代、など、諸費用込みです)

    また、思いがけないことに、母の医療費の一部と他の補助金が市から毎月数万振り込まれ、その分、貯金が減る割合は少なくなりました。

    トピ主さんのお母様も自分で収入や支出を考えてその道を選んだのでしょう。仕事は掃除などのパート程度なら働き口があるかもしれません。最悪、生活に行き詰まれば、生活保護もあります。

    今、お母様が困ってないのなら子供が勝手に手を差し伸べるのも変です。

    あまりお母様の心配をしすぎず、自分の将来を一番に考え、貯金に励み、自分の家庭も持ち、将来に備えるのが良いと思います。

    トピ内ID:efea23dd08dffa6a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0