詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    共同(協力)出版商法

    お気に入り追加
    レス25
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    blank
    はー
    ひと
    故郷の友人がある会社から共同出版で本をだしました。本気で喜んでいるので、騙されたんだよ、なんて言えないし、近々会うのも憂鬱です。この商法、まだまだ世間では認知度が低いのでしょうか・・・?

    トピ内ID:

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 0 面白い
    • 0 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 1 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数25

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    騙されたわけじゃないと……

    しおりをつける
    blank
    ちるちる
    なんともタイムリーな内容!と思いました。
    私は編集&ライターを生業としています。先日、共同出版をする人の原稿を作る手伝いをしました。文章の書き方をはじめ、全体を通してのイメージの統一など、様々なことをお教えしました。
    もちろん共同出版という体裁をとっていますが、一般に流通してもおかしくないレベルにまで仕上げました。

    共同出版とは、作家が費用を出して本を作り、出版社が本屋に並ぶ流通に乗せて販売するという仕組みです。
    出版社によってはだますところもあるかもしれませんが、そういうところばかりではないです。
    作家が自分でお金を払っても本を出したい!と思うことから始まり、それの手伝いを出版社がするということなのです。

    もちろん自分で費用を払うことなく出版することが出来ればいいのでしょうが、それには出版社にこの本は売れる!と思わせなければなりません。
    素人にはそれは難しいのではないでしょうか?

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    だまされているとは限らないよ

    しおりをつける
    blank
    匿名おとこ
    共同出版がすべて詐欺のような考えはちょっと。

    いくら払ったのか、どれだけ作ったのか、そして何より十分な説明があったのか、説明に嘘がなかったのか等々。

    それだけのお金を払ってでも本にしたかったという気持ちが強いならば、それを否定するのもちょっとねぇ。

    たしかに、悪徳業者が詐欺まがいの事件を起こして問題になっているのは事実です。あまりマスコミが取り上げないだけで、被害件数もそれなりに多いのも知ってはいます。

    被害の相談を受けて、中身が明らかにおかしいなら「だまされてるんだよ」と教えてあげるのもいいかもしれませんが、中身も何もわからないままでは「あ、そう。よかったね」と傍観者をしているのが、お友達のプライドを傷つけない方法だろうと思いますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    低いでしょうねぇ

    しおりをつける
    blank
    SnowSugar
    物書き志望の人からすれば
    自分の本が出せるというのは夢でしょうからね。

    まぁ、冷静に考えれば、
    無名作家の本が大手書店で横積みになっていても
    (まずならないでしょうが)
    買ってくれる人がどれだけいるか。

    まっとうな編集者や一般読者が「おっ!」っていう本は殆ど無いでしょうし。

    私だったら、こう云うでしょうか。
    「出版にいくらかかったんですか?ほぉ、○○万円。高いですねぇ。
     初版は何部ですか?印税は増刷分から?なかなか難しいですね。
     次回は他の出版社に原稿を持ち込んでみたらいかがですか?」

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    騙されたかどうかは本人の認識次第

    しおりをつける
    blank
    今回は匿名
    ネットで小説を発表し、今年、完全自費出版した者です。
    700冊もの本を自分で発送しなければならず大変でしたが、完売したので、無事、制作費はペイできました。
    出版社にとっては、制作費しか入らない訳で、あまりおいしい仕事じゃなかったでしょうね(笑)

    私の場合、既にいる読者さん達の要望で出版しましたので、書店販売の必要性はあまり感じませんでした。
    むしろ、製本の確かさと制作費の安さにプライオリティがありました。

    でも、世の中には、「自分の本が本屋に並んでること」こそに、プライオリティのある人もいます。
    つまり、書店に自分の作品を並べて、プロ作家の気分を味わうためにこそ、本を出す、という人です。

    この場合、騙されたかどうかは、本人の認識次第です。
    出版費用はほぼ戻ってこないだろう、と悟った上での共同出版なら、納得の「お買い物」です。
    本気でベストセラーでも狙ってるのだとしたら……相当、イタイです。

    私も、共同出版の仕組みには、疑問を感じます(どう考えても出版社の二重取り…)。
    でも、ご本人がその値段に納得し、望みどおり本が出ているのなら、仕方ないと思います。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    まぁ

    しおりをつける
    blank
    ほほほほ
    >>共同出版とは、作家が費用を出して本を作り、出版社が本屋に並ぶ流通に乗せて販売するという仕組みです。

     けど、共同出版は、出版社は自分では一切リスクを負わない仕組みで、本を作りたい人の幻想と財布に完全に寄りかかってますよね。
     「流通に乗せて」って、全国に何軒本屋があることやら。1000部刷っても一つの県のすべての本屋に1冊も行き渡らないのに、「流通に乗せる」なんて良く言えると思いますよ。
     「ISBNコードが付く」とか「国会図書館に所蔵されます」とか、これらがさも特別なことの様なセールストークも良く見られますが、申請すれば個人でもコードは付きますし、国会図書館は自費出版でも資料として保存するために献本を要請してますから、自分で送れば所蔵してくれます。
     詐欺とは言わないまでも、説明が極めて不十分な問題のある商法だと思いますよ。
     純粋な自費出版ならはるかに安上がりに済むものを、それになんだかんだとマージンを上乗せして、本を出すことに幻想を抱いている人から金を巻き上げてるのは間違いありません。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    本人に気付いてもらいましょう

    しおりをつける
    blank
    ぴすたちお
    多田文明さんの「ついていったらこうなった―キャッチセールス潜入ルポ―」(彩図者)という本を友達に貸すなり、さりげなく近くに置いておくなりするのはどうでしょう。

    この本には、さまざまなキャッチや強引な営業活動をしている団体・会社についてとりあげられていて、その中に共同出版の話も載っています。
    (全ての共同出版が詐欺というわけではないかもしれないですが)

    実際に作者の方が体験したことが書いてあるので説得力も高いと思います。
    そういう私も、共同出版に憧れていて、この本を読んでハッとさせられた一人ですが(笑)

    もしかしたらですが、その本の例と比べて、きちんとした対応の共同出版だとわかり、めでたしめでたしということも・・・あるかもしれませんしね(?)。

    普通に読み物として読んでもおもしろい本だと思いますので、ぜひ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    お手伝いしたことがあります

    しおりをつける
    blank
    ぽんた
    本を出した方が「これで作家になれる」とか、「本が売れて儲かる」だとか、そんなふうに浮かれているのでなければ、あまり批判めいたことはおっしゃらないほうがいいかと思います。
    少々お金がかかっても、本という形にして、自分の思いや体験談を人に伝えたい、とわりに冷静に考えた上で、完成を喜んでいる場合のほうが多いのでは。
    共同出版の本が書店で飛ぶように売れるということは、まずないと思いますが、しかし、使いようです。
    私がお手伝いしたあるサラリーマンの方は、介護体験を本にまとめ、本の完成後、講演会も開くことができ、評判がよく本はさらに再版。そして会社の関係部署で指導的な立場になりました。
    また別の男性の体験記はちょうどタイムリーな話題だったので、大手新聞の家庭欄でも取り上げられましたし…新聞の地方版や地域のミニコミ紙などに送っておけば、取材を受けることはわりとあることで、そこから同好の友人ができたり、いろいろ楽しい思い出ができたりもしますよ。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    騙されたとは思いませんが 1

    しおりをつける
    blank
    ハナコ
    今年本を出しました(自己啓発本のようなハウツー物です)。ちゃんとした老舗の出版社から出させてもらったのですが、自分がプロの作家として通用するかどうか分からなくて、あと海外に住んでいるので出版社に持込などもできなくて、

    共同出版の出版社が主催する出版賞にも応募していました。これで賞が取れると、共同出版ではなく、作家の負担なしに出版社が企画出版してくれるということですが(トピ主さんはよくご存知ですよね)、賞は取れませんでした。

    他のチャンネルを使って売り込みに成功し、いまもそこそこ売れているのですが、商業出版が決まってから共同出版社2社からお知らせがきましたよ。「今回は残念ながら受賞は逃しましたが、すばらしい作品だと思うので共同出版を提案させていただきます。通常150万円のご負担のところ、ハナコさまでしたら特別に、130万円でお引き受けいたします、と。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    騙されたとは思いませんが 2

    しおりをつける
    blank
    ハナコ
    私の場合、現在その1作目は割と売れていますし、同じ出版社さんから2作目、3作目のお話も具体的に出ておりますが、今回そこで芽が出ていなかったらどうなっていたかな、と考えることはあります。

    ただ、いい作品だから企画出版として出してくれたり賞をくれるとは限らなくて、リピーター(以前共同出版・自費出版で出版した方)の作品を優先的に受賞させたりはあるようですし、まあ巷の雑誌社の新人賞などとは意味が違うということは知っておいて損はないと思いました。

    でも、いい大人が自分の判断でしたことなら、私は「けっこうなご趣味ですね」と言うと思います。100万円から150万円くらいかかるようですが、ギャンブルやオトコ遊び・オンナ遊び、飲み歩きなどよりは高尚な趣味でありお金の使い方ではないでしょうか?

    放っておいてさしあげたらいいのに・・・。

    トピ内ID:

    ...本文を表示

    ありがとうございました

    しおりをつける
    blank
    トピ主です
    みなさま、ありがとうございます。
    共同出版がすべて悪くもなく、人脈を広げたりできる場合もありますね。彼女の場合は、作品をどなたかが手に取ってくれれば、というスタンスですし
    疑問・不満を言い出さない限り、一緒に喜び続ける決心をして会って参りました。
    自分の本音を隠すことは彼女との間には今までなかったことなので、それがつらいです。

    トピ内ID:

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    先頭へ 前へ
    1 10  /  25
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0