詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    老後のお金が心配です。

    お気に入り追加
    レス87
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    地方住みサラリーマン
    話題
    定年まであと3年切りました。いちおう60歳の誕生月が定年退職日です。

    典型的な平サラリーマンと専業主婦でやって来ました。ねんきん定期便に依ると、65歳から月17万ほどです。妻の国民年金を受給すると23万となる予定です。少ないですね。
    こうなることは分かっていましたので、社内預金(一般財形、財形年金、企業型年金保険)など掛けて来ましたが、それでも600万程度しかないです。1千万の貯金なんて夢物語です。
    あとは、退職金が有りますが、今のご時世なかなか厳しそうです。

    皆さん、老後資金が足りないと心配はありませんか?

    トピ内ID:1d4699b74de22748

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 35 面白い
    • 462 びっくり
    • 26 涙ぽろり
    • 266 エール
    • 29 なるほど

    レス

    レス数87

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    このトピはもうすぐ投稿受け付けを終了します
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    働く

    しおりをつける
    🙂
    シャコ貝
    65歳になったら働きもせず年金だけで生活するつもりなのですか?
    奥様も無職?

    介護などで大変、病気で働けないという事でしたら仕方ありませんが、そうでなければ働いて収入を得ればいいでしょう。
    年金は繰り下げ受給すればもらえる月額は増えます。
    (82歳以上まで生きればトータル額も増えます。平均年齢の低い男性は微妙ですが)

    不安なら定年後も働きましょう。
    奥様は今からでも働いてください。

    トピ内ID:27eda823dcf6ae27

    ...本文を表示

    夫が間もなく定年です

    しおりをつける
    🙂
    もも
    夫は60歳で定年を迎えますが、再雇用されるかどうかまだわかっていません。
    預金はほぼなく
    個人年金と投信で1千万ちょっとくらい蓄えがあります。
    退職金もありますが住宅ローンを払うとそんなには残らなさそうです。

    私は夫より年下なので夫婦で年金をもらえるのはまだ先の話。
    ですがそこまで不安を感じてはいません。
    夫の年金を満額でもらえるのは65歳からですが
    どうしても困ったら年金を早めにもらってもいいかなあと思っています。

    それと投信はかなりの含み利益があり必要なときは一部解約をしたり
    今は再投資している分配金を受け取ってもいいと考えています。

    夫が60歳以降も働いてくれればそれもいいですし、
    リタイアしてもいいです。
    私自身はパート務めですが65歳まで雇ってもらえる職場ですので
    ぼちぼち働きます。

    私は他にも為替や金取引でちょこちょこ小銭を稼いでおり
    仕事以外で収入を得ています。

    まあどうにかなるだろうという
    楽観的な考えでいます。

    トピ内ID:d280b55883a58d09

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    足りなさそうな・・・

    しおりをつける
    🙂
    テル
    夫は3年前に定年退職後個人事業主として同じ会社で仕事を頂いています。
    今の時代は60歳定年退職でキッパリ仕事を辞める人は少ないのではないでしょうか?
    雇用延長や再就職で65歳までとか、さらにバイトなどをする人もいると思います。
    健康保険も国保より会社の健康保険組合に加入出来たほうが良いようですし
    わずかながら厚生年金も長くかけられるでしょうから、専業主婦の奥様は引き続き3号でいられますよ?
    奥様の分の掛け金も馬鹿になりませんね。。。
    で、奥様が専業主婦は何か持病なや介護などやむを得ない理由がおありでしたか?
    今からでも、月5万円でも10万円でもバイト無理なのかしらね?
    退職金の予定がお幾らなのかもわからないですが
    今の預貯金が合わせて600万円とは・・・
    よほどお子さんの教育費につぎ込んだのかしら?

    家計がいかほどで、回っているのかにもよりますけれど・・・
    今現在17円程度で生活できていますか?
    住民税も国民健康保険(夫婦二人分)も奥様がお若ければ国民年金の掛け金も
    給与天引きではなくなり、その年金の中から支払うことになります。

    少しでも長くご夫婦での就労を目指したほうが良さそうですね。

    トピ内ID:c821247b113a15f0

    ...本文を表示

    自営業の30代妻です

    しおりをつける
    🙂
    モモ
    奥さん、ずっと専業主婦なのですか??

    うちは主人が自営業の為財産が持ち家(資産価値が下がらないエリア一軒家)現在貯蓄2000万以上有りますがぜんぜん安心できず私も、仕事する事や節約生活です。

    やはり年齢いくと仕事もできないお金を増やせないと思うから。

    サラリーマンなら先が見えやすいしそれなら余計に夫婦で協力してお金を稼ぐ事が大事だと思いました。。。

    トピ内ID:adf344154eb8952d

    ...本文を表示

    60歳はまだまだ働ける

    しおりをつける
    🙂
    はは
    今57歳、ですね。老後資金は決して多くはないようですが、退職後も何かと働き続けましょう。収入は減りますが、同じ会社で65歳までの延長雇用の制度も最近では多いと思います。まずは退職後5年間の生活資金を得る。このままですと、年金開始65歳までの生活資金がありません。

    奥様の年齢が不明ですが、いくつか年下ですと、夫婦で満額の23万になるにはさらにあなたが70歳近くまで、になると思いますから、もし可能なら奥様も少しでも働きたいですね。収入目標は夫婦で合わせて年金と同額の月23万。そうすれば様々な悩みも小さくなると思います。

    なお、年金満額23万、といっても、手元にくるときは介護保険料・所得税・地方税がすでに引かれてきます。さらには、会社員時代とは違って、国民健康保険料の支払い、自宅があれば固定資産税、といった社会保険料はけっこうな金額となって払わなければなりません。様々な病気への医療費も後期高齢者でも2割負担となる予定です。のんびりと老後、というのはなかなか難しい時代ですので、まずは、働ける限りは働きましょう。

    トピ内ID:831c7785c2a7d7ba

    ...本文を表示

    奥さまはなぜ働いていないの?

    しおりをつける
    🙂
    たぬ姫
    その家計でなぜ奥さまは働いていらっしゃらないんでしょうか。
    特に理由がないなら、明日からでも奥さまにも働いてもらっては。

    とりあえず、トピ主さんは働ける間は引退をあきらめる方向で。再雇用していただけるなら再雇用していただき、難しい場合はアルバイトでも何でも探してください。

    お子さんが社会人なら、今からでも財形の積増し等も。月額の積立金増額で使えるお金を絞り、15万円程度でも運営できる家計にスリム化を。

    他の方もおっしゃってる通り、国保や介護、75才以上の後期高齢者医療制度の保険料も高いですよ。
    大変だと思いますが、頑張ってください。

    トピ内ID:3614c3b44e7ff2bd

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    全然普通ですよ

    しおりをつける
    🙂
    う~む
    いや、中央値より上でしょう。足りないと感じるならば労働時間を減らして
    働けばいいだけのこと。この老後の心配って実は、いくら金があっても
    不安なんですよね、たぶん、ここで色々なトビを検索したらでてくるかもしれない
    たとえるなら、3000万円しかなく不安ですとか、あるのですが
    そしたら、いくらあれば安心なのってなりますでしょ
    つまり上限がないわけさ、いくらあっても不安なんですよね
    それが、どうやら人間の心理みたいなね

    トピ内ID:47f001b458c40403

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    働くか今から出費を抑えた生活に慣れるか

    しおりをつける
    🙂
    cloud
     大病後の予後を抱えている人以外では、自分の周りでは働いてる人が多いです。少なくとも70歳くらいまでは?

     お仕事の場があるかは地域差もあるので後は徹底した家計の見直しで、今から抑えた生活に慣れていくことでしょうね。

     年金は変わらないけど介護保険料とか時と共に上がっていきますからね。世の中の物価も・・・。

    トピ内ID:9072d6617bdd20e2

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    心配ですよ

    しおりをつける
    🐱
    猫派
    50代です。
    心配なので働きます。

    定年が60歳なら、退職して(再就職してトピ主さんが扶養にはいれなければ)国民健康保険料は二人分必要です。(75から後期高齢者保険料)
    まぁ収入によるので退職の次の年くらいまでは高額でその次からはそうでもないかもしれません。
    介護保険料だってずっと必要ですし、心配ですというより一円でも手元に入るようにした方が建設的だと思います。

    一ヶ月3万円でも働けば、年36万、定年までの三年で108万。
    現在の社内預金の1/6も貯まりますよ。

    トピ主さんが家庭(介護など)・心身等の事情があってずっと専業主婦を選択せざるを得なのであったなら仕方ないと思いますけど・・・。

    トピ内ID:5cceed6fa44e1f6e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    23万円で収める

    しおりをつける
    🙂
    専業主婦よ
    生活費を20万円でおさめたら、何とかなるのでは。3万円貯金すれば、電化製品買う時なんかに使えるし。

    貯金が少ないので、減らさないようにするしかありません。

    トピ内ID:2d1304b4494d0ab0

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    だから意地でも共稼ぎなんですって 昭和で専業主婦は終わり

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    今から夫婦でパートに出ればいいのですよ。
    人材不足の業界は広く募集しています。
    今は持病があっても働く時代です。

    >典型的な平サラリーマンと専業主婦でやって来ました。
    典型的だと思っているのは還暦までの現役世代の内ではアラカンだけです。
    そうですね、平成初期のバブル崩壊でガラリと常識は変わりましたのでもう30年ってとこですね。
    平成時代には専業主婦というものは贅沢品になってます。
    考えるアラカンの皆さんでさえ子供が学校に上がって子供の手が離れたらパートに出て、子供の学費が掛かるようになったらフルタイムで働いてます。

    トピ内ID:84c54d5857aeed9e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主妻は年下ですか?

    しおりをつける
    🙂
    生ハム
    まあ、何とかなりそうではありますが。

    心配なら妻にパートに出てもらえばいいのでは?
    定年後はトピ主が家で家事できるし、遊び歩くには資金も時勢も良くないです。

    再雇用も色々と問題がありますし、トピ主も家事を覚える必要があるでしょう。
    妻だって外の空気を吸わないと、家庭内の空気が悪くなりそうです。

    老後に向けて役割を交代して、総合的に生活力を強化しましょう。

    トピ内ID:e987a76c5c4c2f70

    ...本文を表示

    身の丈に合った生活をする

    しおりをつける
    🙂
    我が家も地方住まい。
    夫は年金受給年齢です。
    今は老親含めて4人家族。
    我が家なら月23万あれば生活できますが。
    慎ましく静かに暮らしてます。
    老後はそれで十分幸せ。

    老後はね、現役時代より生活水準落とすのが当たり前くらいに思ってて丁度良いです。
    働かずに得たお金なんだから現役時代と同じ生活できて当然じゃないんです。
    もちろん現役時代並みの収入得ている人もいるでしょう。
    それはその人の甲斐性なんだからそれでも結構。
    でも無ければ無いなりの生活するものです。

    皆さん言われるように働いたっていいですよ。
    でもね、労働対価は水物。
    死ぬまで得られるものじゃない。
    稼ぐ工夫も結構だけど、手元にあるお金で暮らせる人が一番強いんです。

    トピ内ID:d1384e4db2c602fa

    ...本文を表示

    個人年金

    しおりをつける
    🙂
    よつば
    個人年金で月15万円もらえる予定です。
    終身なので掛け金もなかなかです。

    年金だけで足りないことは何十年も前からわかってたことですから、自分で対策するしかありません。

    別途貯金もしているので、公的年金は繰り下げ予定です。

    トピ内ID:47fa13b458cc771e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    何を今頃言っているのか・・・・

    しおりをつける
    🙂
    RI
    トピ主さんと同年齢の者です。主人も同い年です。

    ちょうどリーマンショックあたりからリタイヤの件を考えだしました。うちは子供がいない為、老後は全て2人で乗り切らないといけませんし、最終的にはどちらかが残されるわけです。その時にまわりに迷惑をかけないプランを立てないといけないね、と。

    ただ、私自身が病気がちで正社員として働くことは厳しく、常にパートという形で働いてきましたが、金銭的に困窮していたお互いの老親!の尻ぬぐい・・・いえ、サポートもしなければならず、毎年貯金額の目標を設定してもなかなか思うようにいかず・・・・が長く続きました。

    今から5年前ほど一念発起してお金の事を勉強しだし、投資という新たな挑戦の場を知ってひたすら実践。痛い思いもしましたが、今では不労収入で毎月パート代くらいは捻出でき、60歳までにはここまで貯蓄額を増やしたい!のゴールが見えてきているポートフォリオを組むことができています。全てゼロから勉強し、実践したからです。

    トピ主さん、タイトルでは何を今頃言っているのか・・・と書きましたが、今からでも決して遅くはありません。是非、退職後も働き続けるという選択とともに『お金にまつわる様々を勉強する』を始めてください、奥様と一緒に。

    勉強するだけで満足してはダメで、小さな一歩からでいいですから具体的に動くことが肝要かと、自分の経験から感じています。

    トピ内ID:1167f672de3de558

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    今から支出を抑えてみたら?

    しおりをつける
    🙂
    虫の声
    老後の収入が分かっているのなら、今から、その範囲内で
    生活してみたらどうでしょうか?

    地方の一軒家であれば、少し土地があれば、野菜を作って
    みるのも、食費を抑え、健康にもなります。

    食費、美容院代、被服費、交際費・・・など、節約できる
    なら、今から頑張って節約してみることです。

    贅沢だと思う生活を断捨離していくと、結構、年金の
    範囲内で生活できるものです。

    毎月の家計簿をつけていれば、毎月必要な項目が分かり、
    節約できる項目が判断できます。

    また、可能な限り働くことも念頭にいれながら、
    今から、夫婦で、老後の設計を考えたほうがいいですね。

    トピ内ID:b35821bb9410395b

    ...本文を表示

    還暦過ぎたけど働いています

    しおりをつける
    🙂
    男性です
    私は晩婚&子沢山なので、末っ子はまだ義務教育。
    頑張って働いています。親の介護もしています。
    余裕がある訳ではありませんが、何とかなっています。
    この後、長い老後が待っています。
    不安だったら働きましょう。

    トピ内ID:13e22a080ccf50b9

    ...本文を表示

    働ける限りは働く。

    しおりをつける
    blank
    72歳母
    貴方の年金満額支給までの5年間の生活費はどうされるのでしょう。
    働かない選択はもちろんないと思うけど。
    奥さんはどうして働かないのでしょうか。
    普通に元気ならパートにしても家計を助けるのが妻だと思うのですが。
    それだけの年金なら余計に不安になりそうなものですが。

    二人で満額23万円の年金だとしても、持ち家があれば固定資産税、家修理代、車維持費その他年額絶対必要経費もいる訳で、毎月23万円を生活費として全額は使えないです。しかも保険料など諸々引かれるから満額23万円ではなくなりますよ。

    プラスほとんどの人は通院を余儀なくされる持病もちだから、病院代も頭に入れましょう。
    その後は介護費用も掛かるようになるから、健康が財産だと肝に銘じて今からでも健康生活を意識して心がけましょう。
    病院代がかかるのとまったく使わないとでは年間では雲泥の差が出ます。

    老後はこうなるのは分かりきっていたのだから、夫婦で稼ぐべきでしたね。
    専業主婦であった奥さん、これまで通り老後も自由に豊かに暮らせると思っているのでしょうか。
    余談になるけど、もし貴方が先に亡くなれば(すみません)奥さんの遺族年金受給は、総額で十万円少しなはずです。それでやっていけるか出来ないなら今からでも夫婦で働いて数万円づづでも貯金をしましょう。

    私は幸い遺族年金(公務員)と実家の家賃収入があるので、一人暮らしでも毎月貯金も出来ています。
    ありがたいことなんです。

    トピ内ID:5cea5f6fa465a8dc

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    そうですね。

    しおりをつける
    🙂
    一花
    不安を払拭させるには働くしかありませんよね。
    それかアタマを使って投資等で稼ぐとか。
    我が家も50代ですが夫はSEで、頭さえ錆びなければ仕事はずっとありそうです。私は在宅のフリーランスのデザイナーですが今まで頑張って来て顔も広いのでまだまだやれそうです。
    私は投資も30代からしておりましたので5千万程は確保しています。多分夫も同じかそれ以上(義両親からの遺産)保持しているでしょう。
    80代の私の両親も最近は終活に姉や私への相続、孫達への生前贈与などあれこれ画策している様です。
    それでも安心の為夫も私も健康に気を付けながら70歳位までは仕事をしていたいですね。
    アナタの所は失礼ですが我が家よりは不安要素満載ですが何故奥さま働かないんですか?
    ご夫婦共に健康であれば定年後も仕事をすれば少しは不安も解消するのではありませんか?



    トピ内ID:f84e68ed985fdde2

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    心配はありますね

    しおりをつける
    🙂
    会社員
    定年までもう少しあるようですが、これまでの会社勤め、専業主婦。夫婦で家庭を支えてきてるわけですから、どちらも立派なことだと思います。家庭を支える方法はひとつではなく選択肢がありますしね。そうはいっても資金面で心配なら、収入を増やすか支出を減らすしかありません。

    そのためには、夫婦とも健康第一だと思います。ちょっと病院にかかると医療費だけで支出が大きくなってしまいます。健康であれば働くこともできますし、余計な支出を増やさないことになると思います。

    すぐにできることは、現在の支出内訳を把握して、少しでも支出を減らすことができるものがないか、検討することですかね。

    トピ内ID:6e85aec1f238247b

    ...本文を表示

    まだまだ働ける

    しおりをつける
    🙂
    フィヨルド
    ちなみにうちは老後資金はあまり心配してないです。
    こつこつ貯めてきたので。
    トピ主さんもまだまだ働けるんですからこれから貯めればいいじゃないですか。
    一千万まであと400万なら、夫婦で年80万貯めれば5年で貯まります。
    月でいえば2人で7万弱ですよ。
    1人なら3万5000円程度貯めればいいんですよ。
    お子さんや親の介護にお金がかかるとかじゃなければ出来る金額では?

    トピ内ID:00d39572d5100e39

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ちゃんと考える

    しおりをつける
    🙂
    ろうねこ
    同世代です
    何とかなるって言う人も多いですが
    本気なのか建て前なのか

    まずは年金ですが、たぶんその金額手取りではないですよね
    奥様の年齢が書いてないですが、場合によっては加給年金があるかもしれませんし
    逆に健康保険などの出費もあります

    それと月々どのくらいの出費になるのかわかっておられますか
    例えば手取りで20万で暮らしていけるのかどうか
    家が持ち家かどうか、ローンがあるかどうか
    リフォームがいるのかなどもです

    50代は一番収入が多い時です
    その時に生活費を抑えられるかどうかが大切なんじゃないでしょうか

    足りなければ働くしかないです

    トピ内ID:616e90b46710edeb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    生活のダウンサイジング

    しおりをつける
    🙂
    はな
    今の50~60代、結婚する女性はまだまだ寿退職、専業主婦主流の人生観が多かった。
    もう少し上の世代の、「稼ぎはすべて子どもに費やす、将来は子どもに託す」
    そんな思考が残っている家庭すらあります。
    終身雇用世代だからと安心して組んだ住宅ローンが老後長く家計を圧迫する。

    老後資金問題が騒がれだしたのはここ10年。老後は自助努力が協調されだしたのもここ10年。
    なので皆さんのレスに同意しつつ、トピさん(の奥様?)が昔の人生観のまま働かない気持ちも理解できます。

    同世代の多くが同じ不安を抱き、同じ生活状況、資産状況。同じスタートラインにいるのです。
    この齢になって働くつもりなんて毛頭なかった。でも「まさに今」どう動くかで、この先の30年余に差がつきます。過去の人生観ではなく「今」に意識を置き動いてください。
    また高齢期に想定外の資金がかかる要因は病気です。これは健康管理必須です。

    最近よく特集される「老後破綻」、この原因の多くは年金生活での生活資金計画ができず、現役時代と同じ生活を送り、年金はもちろん貯蓄も枯渇させてしまう方々におこります。
    22歳から約40年働き続けた、でもこれから30年位の年月の生活があるのです。
    サザエさんの時代はこれが10年くらいだったわけです。

    ご主人は家計を主婦まかせ、家計こそできても資産管理はできない昭和主婦のずさんさ、年金額を踏まえない生活。とどめは昭和楽観主義のご主人が退職金を投資につぎこむ。
    微々たる節約には励むけれど、長い高齢期今までと同じ生活ができると楽観する意識の低さ。
    年収800万円の暮らしと年収200~300万円の暮らしは全く異なります。

    私のご近所は職人町なので、貧しく国民年金だけ、生活保護という家庭が多いです。
    昔から厳しい節約生活を送る家庭では、借金でもしない限り「老後破綻」は起こりません。

    トピ内ID:16b4dbb9e8fda8fc

    ...本文を表示

    75歳以降まで夫婦で仕事を続ける

    しおりをつける
    🙂
    contingent
    私が20代の時に考えていたことをトピ主様が今更あれこれ考えても仕方ないので、できることをすぐに実践に移すことをお勧めします。

    ・奥様には厚生年金加入事業所にすぐに就職してもらい、税込月収15万円を目標に働いてもらう。
    ・トピ主様は60歳以降も税込月額報酬20万円を目標に仕事を続ける。
    ・65歳〜75歳までの老齢基礎年金+老齢厚生年金と国民年金(所得税、住民税、国保税、介護保険料その他を引いて23万の75%の10年分=2070万)は全て貯金する。
    ・退職金も全て貯金する。
    ・トピ主様と奥様の生命保険の死亡保険金を5年/10年給付の年金に転換できることを確認する。

    結論としては、退職金を1000万とすると単純計算では約3600万円の資産が保有できます。仕事の継続を70歳まで、退職金を700万にすると約2300万円の資産になります。但し、車の買い替えや冷蔵庫、エアコンなどの高額耐久消費財の買い替え、外壁やトイレなどのリフォーム代、私傷病等による入院手術代、介護付き老人ホームの入居一時金などの高額出費は考慮されていない金額なので注意が必要です。

    最も重要なことは、夫婦の片方が亡くなった後の介護付き老人ホーム代です。入居一時金は不動産の処分で賄うとして、毎月の利用料+介護保険利用料+生活雑貨代(+税金等の支払い)で最低25万は必要です。仮に奥様が87歳で入居し、トピ主様の遺族厚生年金として比例報酬部分の75%を受け取るとすると、奥様の国民年金と合わせた場合の不足金はひと月107500円、100歳までの13年間利用すれば1677万円の不足金になります。

    現在、我々夫婦は妻の母を老人ホームに入れ、父親は在宅で週に4回我々が介護に出向いており、老老老介護状態です。万一妻の父まで老人ホームが必要なら我々の自宅を売却することになります。トピ主様も十分にご考慮の上ご決断下さい。

    トピ内ID:1d12860752a7e645

    ...本文を表示

    夫婦でガツガツ働くしかない

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    現在、六十四歳夫と、五十七歳妻の夫婦ですが、夫は定年後、嘱託で引き続き働いています。私は四十五歳から、ずっと同じ企業の短時間パートをしていて、月七万から八万の仕事をしています。来期から少し、時間数が減る可能性がありますが、もう乗り掛かった舟で、少ないけれど契約して働こうと思います。
    主人の方は六十五以降も働き続ける話が出ていて、体が続く限り働こうかと話しています。私の方は定年まで、あと八年。雇ってくれる限り働くつもりではいます。
    姑は、特養に入って、近くの特養なんですが、預けている形になっています。娘は、独身で、まだ同居しています。コロナで離職して、また働きだしたと思ったら、十万人に一人の難病になり、離職し、今職業訓練校に行っています。運がつかめずにいる感じで、先行き不透明です。

    蓄えは、私は両親が他界して、ある程度相続を受けていて、千五百万ぐらいあります。夫も退職金やらあるからその程度はあると思いますが、働けるだけ働くつもりです。

    将来娘にどれだけお金がかかるかわかりません。貯めるだけ貯め、節約し、それなりに小さな楽しみを見つけて生きていきます。旅行に行くのもままならないけれど、家を維持して、老後を楽しもうと思っています。

    トピ内ID:d58ad772bc8d9fbb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    今頃何言って・・・。

    しおりをつける
    😅
    夏の後ろ姿
    老後資金の事なんて、もう世間で言われ始めてだいぶたつというのに、ずいぶんとのんきなご夫婦ですね。
    年金も60歳から65歳に支給年齢が繰り下げられるのだって、10年以上前から分かっていた事ですよ。
    私はトピ主と多分同じ年です。
    非正規低収入の独身女ですが、60歳から65歳までの5年分の生活費対策は、それこそ10年前に済ませましたし、独りの老後が厳しいのも分かっていたんで、離婚した39歳の時から即対策を実行し始めました。
    かなり頑張ったので、年金はトピ主よりも全然少ないですが、自力で準備したもので余裕で生活できます。
    60歳になったら仕事は辞めて、遊んで暮らす予定です。
    本当は今すぐ辞めても生活には全然困りませんが、社会保険料のためにあと2年ほど仕事は続けるつもりです。
    が、時間はギリギリ抑えて、月の半分は休日にしてラクな働き方にしてますけど。
    月23万あるのなら、贅沢しなければ生活できるんじゃないですか?
    まあ、不安があるのなら定年後は再雇用か、奥さんはパートで働けばいいだけです。
    定年70歳目指している今の社会、65歳過ぎても働いている人など、男女問わず山ほどおられます。
    私の職場でもいらっしゃいますよ。
    肉体労働にはなりますが。

    トピ内ID:32ba079abb8bc6d8

    ...本文を表示

    何故奥さんが専業主婦?

    しおりをつける
    🙂
    メロン
    同じような年代です。いろいろ事情があり、預金が少ないのかもしれませんが…ちょっと考えられないな。
    今、専業主婦世帯は少数派で典型的ではないです。同級生でも働いていない友人はいません。中学受験した元々ご実家が裕福な人達ですが、専業主婦を経て子供の手が離れると働き出しました。私自身も難病持ちですが働いています。
    典型的とおっしゃっている時点で時代を読んでいないのでは(ニュース見てない?)と思ってしまいました。
    今からでも働いてもらった方がいいかと。その23万から、税金などかかって手取りはもっと減ります。夫が65過ぎて年金受給始めました。一人分でトピ主さんよりかなり多いですが当てにできないくらい家の維持費や固定資産税などに取られます。幸い不動産収入など入り、困っていませんが、私に辞める選択肢はありません。個人年金も入ってくるので私は年金を繰り下げるかもしれません。専門職で仕事が楽しいこともありますが…
    これから少しでも働いて2馬力で力を合わせた方がいいですよ。もっと早く奥様と話し合うべきでしたね。

    トピ内ID:e8b0adfca9d49190

    ...本文を表示

    不安ですよー

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    主人は53歳で脳こうそくになった為に毎月の薬代で約6000円 要ります。それに加えて私も毎月病院通い。病気で退職したため、年金も期待できません。今は農業をしてますので、こちらは定年も無いのでやれるところまでやるつもりです。既に贅沢できる収入ではないのですが…

    トピ主さんご夫婦が健康でいられれば節約して何とか頑張れそうな気もしますが、人生何があるかもわかりません。働けるうちは頑張って働きましょう!もちろん奥さまも。

    トピ内ID:aa546964d8b85f15

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    昭和生まれ
    そんなに貯金が少ないのに
    呑気に働かないと言うことは
    恐らく親の代から多額の遺産でも入るんでしょうね

    うちは
    旦那が会社員(55歳)
    私はパート主婦(同い年)
    子供二人は独立済

    旦那は3千万くらい
    私は2千万程度の貯金しかありません

    でもガツガツ働くのは
    もう無理かな…
    体力も落ちて気力もない

    これから旦那の定年退職まであと5年
    子供費が必要なくなったので
    夫婦二人で毎年300万の貯金を続け
    旦那の退職金(見込額二千万程度)を足して
    何とか老後は過ごせるかな?

    贅沢するつもりはありませんが
    子供に迷惑をかけたくないので
    施設費(月30万/1人)は払えるようにしたいです
    夫婦二人、同時に老いる、同時に認知症とかになる、同時に施設に入ると、お金も必要ですからね

    親(現在両方の親は健在)からの多額の遺産があるのなら
    トピ主さんのように
    専業主婦をやりたいんですけど

    あんまりアテにしてもねえ…

    恐らくそれぞれの親から
    それなりの不動産や動産は相続するでしょうけど
    ないものとして、自分達の子供にそっくりそのまま残すかな

    そんな状況でも
    心配だらけですよ

    トピ内ID:7f821df4a9379dd1

    ...本文を表示

    二人で働き続ける一択

    しおりをつける
    😮
    同世代共働き
    トピ主さんと同世代(妻)です。
    うちはずっと共働きで、資産運用も各自でしてきているので、金銭面では老後の心配はありません。
    トピ主さんの状況では心許ないです。余裕の資産がない場合、今からの資産運用はあまりお勧めしません。他の方のご意見のように、夫婦で働き続けるしかないと思います。
    年金も二人分を足して考えていらっしゃいますが、一人残された時、残された方が生活できるかどうかも考えた方が良いです。

    トピ内ID:464c619aa856bd22

    ...本文を表示

    貯金の少なさに驚きました

    しおりをつける
    🙂
    Sally
    二人で頑張って働きましょう。
    我が家は、夫が60歳になりましたが、早期退職後、再就職しました。
    お身体と相談しつつ無理のないお仕事が見つけられると思います。

    家のリフォーム、病気の際の入院費など、
    生活費以外に必要なお金もあるはずです。

    私は自宅フルタイムで仕事をしています。
    定年ないのでできるところまでは働くつもりです。
    我が家は、私の貯金だけでトピ様以上あります。
    奥様にはパートに出てもらいましょう。
    月5万円でも働いてもらえれば、10年で600万にはなりますよ。
    家のリフォーム費用などに充てられると思います。

    応援しています。

    トピ内ID:e47715588e009fcd

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    典型的な平サラリーマンと専業主婦?

    しおりをつける
    🐶
    ソラ
    典型的な平サラリーマンと専業主婦?いつの時代のお話ですか?
    専業主婦は典型ではないですよ。
    80代の母でさえ若い頃から65歳ぐらいまでずっとパートをしてましたけどね〜。
    我が家は主人は今年、定年退職し引続き同じ会社で再雇用で働いています。
    私は58歳です。妊娠で退職してから子供が小学低学年までの10年間位は専業主婦をしましたが、後はパートで
    働き続けています。

    流石に貯金が600万円は心許ないと思います。
    住宅ローンは終わってますか?
    今からでも貯金を増やす努力をしましょうよ。
    トピ主は再雇用で働く。奥様も働ければいいですが長年、専業主婦ですとパートでもハードルが高いですかね〜。投資も元手が少ないと失敗した時に余計に貯金を減らしてしまうリスクがあるので中々難しいですが今は少額でも出来る積立投信などもありますから調べて実行してみる。
    不安でため息をつくばかりでなくちゃんと行動しましょうよ!

    我が家は住宅ローンは完済。貯金はトピ主の10倍程あります。年金は2人で30万程です。
    それでも共稼ぎで貯金も投資に回したりお金が増える様に工夫していますよ。

    トピ内ID:1a66a572e36e7c5e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    30年遅すぎる

    しおりをつける
    🙂
    ぼんぼんたんむ
    定年直前で考え始めたのですか・・・30年遅すぎる感じがします。

    定年退職した独身女性です。老後のお金については、30代半ばあたりから考えて、計画立てて、貯蓄しました。同時に投資にも本格的に取り組みました。もちろん損もしましたよ。でもそれも勉強になりました。今では投資だけで生活できています(そうなってからほぼ10年です)。投資のルールも自分なりに作ったので、それを守ればプラスにこそなれ、マイナスにはなりません。

    トピ主さんは世間知らず過ぎるかも知れません。でも今気づいたのは、気付かなかったのよりはましです。とりあえず定年後もご夫婦で働き続けることをお勧めします。トピ主さんの思考パターンは、投資には不向きなので、退職金にはくれぐれも手をつけないように(金融機関その他から色々美味しい話を聞かされても、乗ってはいけません)。

    トピ内ID:720adcd9343b87ce

    ...本文を表示

    二種類しか居ない

    しおりをつける
    😱
    はてなハテナハテナ
    このコロナ禍の時代に、自分の老後の資金が心配ない人って2種類しか居ません。
    ー お金が充分ある人
    ー 能天気な人

    上記の『お金が充分ある人」ってのは、計画的に貯金し、日頃の生活の考えている人と使いきれない程の財産のある人が居ます。

    でも多くの人は、自分の老後の資金に何らかの不安を抱えながらも、年金定期便と貯金と日頃の家計簿をにらめっこして、1)いつまで働くか、2)定年後どういう形で収入を得るか、3)どうやって支出を抑えるかを考えています。
    そして、月に23万円ももらえるのですから、今からその範囲で生活するようにすれば良いだけではありませんか。

    非常に単純・明快な解決方法だと思いますが。

    トピ内ID:9f084cb8cf2f2112

    ...本文を表示

    人それぞれ

    しおりをつける
    🙂
    シカゴ
    貯金の額が600万でも6,000万でも、大した違いはない。
    不安を抱えながら、でも人は餓死ではない死因で死んで行くのだと思います。

    私は6億の資産があり、それなりに気ままに暮らしていますが、やはりインフレは気になります。

    不安はつきもの、でもお互い生きたい人生を生きましょう。

    トピ内ID:2fbf1f8a5bf31c15

    ...本文を表示

    心配なら働くしかない

    しおりをつける
    🙂
    玄米米子
    人生どうなるか分かりませんよね。
    理想は「ピンピンコロリ」ですが、どんなに健康に気を付けてもどうしようもない病気や怪我もありますし。
    長生きするかしないか、
    運な部分はありますよね。

    ご心配なら、70歳まで働いて年金受給を遅らせてはいかがでしょう。
    奥様にも少しは働いてもらって。
    扶養範囲月8万でも、あるのと無いのとでは全然生活のゆとりが違いますから。

    トピ内ID:e618ac72c5b61d48

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ここでは

    しおりをつける
    🙂
    なな
    わたしは余裕がある、トピ主さんは働かないとやばいっていうコメントが多いんだろうなーとは思いますが、実際トピ主さんみたいなご夫婦たくさんいらっしゃるんじゃないでしょうか?

    なんだかんだ厳しかったら再雇用で働いて貯金すればなんとかやっていけるのでは?

    わたしは30代なのでまだ老後のことは遠く感じちゃいますがそれでもやっぱり老後のお金は不安ですね

    トピ内ID:d4d3877e1b196830

    ...本文を表示

    生活レベル

    しおりをつける
    🙂
    白ポメ
    年金は、手取りは、実際、もっと少ないと思います。
    介護保険料や、国民健康保険料など、
    負担しなくてはいけませんので、
    実際に使えるお金は、その金額より少ないです。

    うちは、旦那が65歳ですが、
    私が、まだ54歳なので、
    私は、まだ国民年金保険料を払わないといけません。
    3号は、国民年金の自己負担なしですが、
    3号の条件は、2号に扶養されている配偶者です。
    そして、65歳になると、厚生年金に加入することはできるが、
    2号ではなくなるので、
    配偶者が60歳以下なら、専業主婦でも、3号から外れ、1号に切り替え、
    国民年金保険料を負担しなくてはいけません。

    持ち家、ローンなし、
    旦那は、定年過ぎましたが、まだフルで働いてます。
    年金額は、想定できるので、
    なるべく早く、生活レベルを
    旦那の年金額(老齢基礎年金、老齢厚生年金、厚生年金基金)に近いレベルに合わせましたので、
    給料分は、貯金してます。
    旦那の勤務先は、70歳くらいまで、働いてる方いますが、
    厚生年金は、最高70歳まで加入できますので、
    60歳以降も、働いて、厚生年金に加入すれば、年金を増やすことは可能です。

    毎月の基本生活費だけなら、
    今のところ、貯金崩すことはありませんが、
    介護費用、持ち家のメンテナンス、建て替え費用など
    考えると、多少、不安はあります。

    トピ内ID:cc1b10d38ac2e6c0

    ...本文を表示

    子沢山と親の介護で貯められなかったとか?

    しおりをつける
    🙂
    ひまわり
    この状態で奥様が専業主婦とは、何か特別な理由でもあったのでは?
    だとすれば、奥様のご病気とか、親の介護かな?と、思いました。

    でも自宅は有るでしょうから、不動産を入れた総資産は、結構あるのでは?
    もしくは、親からの相続も期待できるから、それも老後資金として、計算に入れていたのではないかしら?
    そうでなければ、この貯蓄額にはならないと思うんですよね。

    老後資金が不安なら、皆さんが書かれているように、自給自足したり、節約したり、体が動くうちは働き続けるのが良いと思います。

    頑張って下さい。

    トピ内ID:5ccb6e6fa44b11ca

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    年金は典型的と思います

    しおりをつける
    🙂
    61歳の夫の65歳からの見込み額もその位です。年間200万ちょっと。
    政府のサラリーマンと専業主婦の試算がそれくらいと思います。
    私は50歳ですが扶養内で働いているので見込み額は奥様と同じくらいです。

    夫は今年1年だけ延長雇用して3月で辞めます。もう働きません。
    高校同窓会の理事をしてますが、同級生は仕事を辞めてる人も多いそうです。
    65歳まで働く人はいますが70歳って、働き過ぎでしょ。
    そんなに働いたって使う前に死んでしまいますよ。

    トピ内ID:37ef57d70e4fe03d

    ...本文を表示

    アリとキリギリス

    しおりをつける
    🙂
    人間万事塞翁が馬
    昨年9月末定年を迎え、再雇用制度で半年働いて今年4月から無職生活です。
    退職金+社内預金+600万程度+ねんきん(月23万)で65歳から贅沢せずに暮らしていけば大丈夫なのでは?
    (退職金がいくらなのか不明ですが。)
    私の場合、母子家庭育ちで、都営団地に住んで、高校時代からアルバイトもしながら大学進学も許してくれて
    何とか生きてきました。幼いころからお金の大切さを身に染みて感じていました。
    新築マンションも10年間で住宅ローンを返済。(勿論、母と同居。)
    質素な生活と20代から積極的に投資をして50歳の頃、億り人になれました。
    投資は不労所得ですので定年はありません。
    毎月現役時代の給料程度の利益を得ています。(今後テーパリングが始まるので、不安ではありますが。)
    母子家庭で将来どうなってしまうのか?不安でしたが何とか資産形成に成功しました。

    時間だけは平等に皆に与えられていると思います。
    その時間を有効利用するかしないかで資産形成は大きく左右されます。
    時間を有効利用してこなかった人は、今になって老後のお金が心配ですと言われてもこれから資産形成は難しいです。
    なので先ほども言った通り、
    65歳から贅沢せずに暮らしていくしか他に手はないと思います。
    銀行、証券会社は老後不安の人に忍び寄って、大切な退職金に手を付けて資産を増やしましょうと言って
    信用取引(FX、空売り、オプション(先物))のビバレッジ付投資で一発逆転を薦めてくる輩がいます。十分注意してください。虎の子のお金を失います。

    トピ内ID:e4c22925d3c6b467

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    17万、立派なものです

    しおりをつける
    🙂
    ねこかい
    同い年です。
    うちは旦那が会社を首になってから自営で、予想年金額は月8万くらい。
    私と合わせても月14万円ですよ。

    ベーシックインカムとしては意味があるけど、働くのが前提の年金額です。

    23万あったら私なら嬉しいなあ。
    確かに働いて少し収入を足さないと、余裕がある生活にはならないでしょうけれど。

    トピ内ID:65238f6163555deb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    今更?

    しおりをつける
    😮
    60代ですが
    トピ主より年上の60代女性です。
    びっくりして、トピを何度も見直してしまいました。
    貯金がたった600万? 一桁違いませんか??
    それなのに奥様はずっと専業主婦???
    脳天気にもほどがあります。

    性格にもよると思いますが、私は就職した時から親に「将来何があるかわからないから、貯金だけはしっかりしておきなさい。老後にお金がないのは惨めだから」と言われてきました。
    親の言う通り、色々なことがありましたよ。
    今、私はバツイチの子なし、一人暮らしですが・・・今のところお金には困っていません。
    勿論、最先端医療が必要な病気にでもなれば別ですが。

    まあ、今更何を言っても仕方ありません。
    少しでも不安があるのなら、今すぐに奥様に働いて貰うこと。
    勿論、トピ主も定年後も働くこと。
    私の知り合いは、定年後も仕事を探して働いています。
    そうして僅かでも貯金を増やすしかないでしょう。
    ちなみに、年齢的に投資は危険です。
    コツコツ貯める方が安心です。
    若い頃のツケが回ってきたと思い、頑張るしかないでしょう。

    トピ内ID:57ee0a4daad92086

    ...本文を表示

    不安の正体は収支ができてないから

    しおりをつける
    🐱
    リキッド
    家族4人(私立高校生、小学生)で
    貯蓄を除いた生活費月22万でやってます
    住宅ローン、教育費含んでます
    別財布なのでそれぞれのおこづかいだけ別ですけど…

    定年後で国保などの負担があるとしても
    夫婦2人で23万で足りないってどんなんよと思いました
    失礼ながらドンブリ勘定で今まで来た家計では?

    妻の被服費やランチ代をおこづかいではなくちゃっかり家計に入れてるとか
    夫の交際費(内容はゴルフ)で、実質的に夫婦のおこづかいが20万とかになってませんか

    あとは保険ですかね、多いですよ
    保険貧乏の方…
    会社員で子どもが巣立ったら保険は不要ですよ

    理想の家計割合を検索して
    夫婦2人の家計割合を参考に23万で暮らす算段を今からしましょう

    介護費用は自宅介護で切り詰めても
    ひとり300万は用意しておきたいので
    自宅改修費用としてあと400万ほどは
    頑張って貯めて下さい
    65歳、1000万は最低限のラインと思います

    トピ内ID:712592b0426f57d3

    ...本文を表示

    そこまで心配しなくても

    しおりをつける
    🙂
    ぷりん
    どこにお住まいか分かりませんが、今の貯蓄でしたら、贅沢しなければ特に問題は無いように思います。様々な社会福祉サービスもあるので、いざとなればそれを利用しながら暮らされたら良いと思います。

    といっても、貯蓄が沢山あったとしても、どんどんお金が減っていくのは寂しいし、不安になる気持ちは分かります。
    とりあえず、お仕事お疲れ様でしたと自分を労って、その後余力があれば年金をもらいながら働いてみても良いと思います。もちろん、働かなくてもトピ主さんの貯蓄なら、生活は大丈夫な気がしますが。

    おすすめは短時間のシルバー人材派遣や、学童保育や子どもの一時預かり施設ですね。まあ、向き不向きはありますが...
    自治体の社会福祉協議会などで、アルバイトを募集していることがありますので、検討してみて下さい。

    トピ内ID:b7b1f49062c62cd1

    ...本文を表示

    考え方次第では

    しおりをつける
    🙂
    都民
    いくらでも考えても、不安は尽きません。
    だから悩んだところで時間の無駄なんです。
    しかし老後で最大の出費は、やはり医療費です。
    でも健康ならそんなに医療費も掛からずに済みます。
    健康を維持するのは、毎日、規則正しい生活と食事、負担にならない程度の仕事が必要です。
    仕事を引退してから体調を崩す人は少なくないです。
    社会と関わりを持つことで、一定の緊張感を維持し、健康を維持できる。
    それが労働だと思ったらどうでしょう。

    若い頃と同じ定義で働くのではなく、働く定義を変えてしまう。
    健康と若さを保持するために働くのだと。
    そうすれば働くことも少しは苦にならないのではないでしょうか。

    うちの父は自営業で85歳まで仕事してました。
    でも1千万の貯金なんてありません。
    仕事以外はなにも考えず、医者嫌いなのでかかりつけ医もなく、
    もう89歳になりましたが、何とかやってます。
    医療費は皆無に等しく掛かってないです。
    なんでも考え方だと思います。

    トピ内ID:00f5ae72d52d1f1a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    不思議

    しおりをつける
    😢
    apple
    どうしてその貯蓄額で働かない選択が出来るのでしょうか。何も考えずにいきればそうなるのでしょうか。
    働かない選択をした理由は何でしょうか。介護?介護としても、結婚生活の中で20年、30年も介護は続きませんよね?子育て?私の周りでは寿退社、出産後、子が幼稚園入園時からパートとかアルバイトとか始めてた人が大半。働かないのは、旦那さんが高給取りか、資産家か、そんな感じ。トピ主さんの貯金額からして、旦那さんは高給取りではなさそうなので、親が資産家とかですか?
    今の貯金額なら細々と生きていくしかありませんが、老後お子さんに迷惑をかけるかもしれません。お子さんはその覚悟がおありですか?うちの義両親ですが、最初に義父が認知症になり義母の手に負えなくなったので入院を経て施設入所となりました。その後義母が一人暮らしを始めましたが半年経った頃からどうも様子がおかしい。そうです、義母も認知症となったのです。どんどん症状が進み、買い物に行った店から連絡があったり、大変でした。その後息子夫婦がお金を取ったと警察に行ったり、暴れたり。施設に入れるまでこちらもフラフラ。
    義両親二人分の施設費は月60万程必要で、亡くなるまで10年以上、相当な出費でした。幸い義両親は預貯金が十分にあったので大丈夫でしたが。
    トピ主さんご夫妻は、うちの義両親のような状況になったら、施設費等はどうされるのでしょうか。お子さんが施設費を負担してくれるのでしょうか。それともご自宅以外に売却できる不動産をたくさんお持ちなのでしょうか。それなら安心ですが。

    子供の世代に迷惑だけはかけたくありませんよね。

    トピ内ID:5cdc9ae64c730961

    ...本文を表示

    その預金で何故専業主婦してたの?

    しおりをつける
    blank
    結婚10年目
    奥様は働けない事情があったのか、何が何でも働きたくない人だったのか分かりませんが、その預金でよく専業主婦してるなぁ、とびっくりです。私の両親は70代ですが、共働きの正社員で62歳まで働き、今は年金と預金で生活してますが、持家があるから生活出来てますが、賃貸だったら大変だっただろうなと思ってます。

    今から生活レベルを落として、23万円以内で済むよう遣り繰りして、70歳まで2人で働くしかないのでは?

    老後の冠婚葬祭費用はバカになりませんよ。子供がいれば、出産祝いや初節句、入学祝い、様々なイベントでお祝い金出す事を考えれば、600万円では全く足りない。

    お金はいくらあっても困りませんし、何かあった時に助けてくれる頼りになるものです。

    トピ内ID:ab17842e7e3e94ab

    ...本文を表示

    指摘されたい?よその話が聞きたい?

    しおりをつける
    🙂
    快答ルパン
    どっちなんだろーと思って。
    トピ主は金額だけなら普通の範疇と思いました。
    だって、本当にお金が必要なら奥さん専業主婦のままではいないでしょ?
    メリットデメリットを秤にかけた結果の専業主婦世帯でしょ?
    (もしそうじゃないっていうなら、え、今更何言ってんの?ただの自業自得でしょってなりますけど)
    600万に仮に1400万の退職金を足したら2000万になる。
    よく夫婦で年金10万円台でも、贅沢しない晴耕雨読の生活だから貯金までできる、という話も見るので、どこでどんな生活を希望するかでしょ。

    うちはその逆で、額は多い方と思いますが、現役中よりさらに都会的な暮らしを希望しているのでこれはこれでハラハラです。
    家購入もこれからですが都内はここ数年で平均3000万ほど上がってます。
    今家の予算を上げるか、老後の家事サービス依存度を下げるか考えています。

    一番危ないのは現役中高所得の世帯と言われてます。
    年収低めの人は、現役中から月の支出もセーブしていて年金額とのギャップが少ないから、年金生活に入るのもスムーズだそうです。

    トピ主は60歳定年で仕事予定はないんですか?
    それで仮に2000万程度用意できるなら、多くを望まない前提ならばですがマシなほうではないんでしょうか。
    最近は再雇用や定年延長を前提に、それでも貯蓄ができるかおぼつかないって話をよく見ますので。

    漠然とどう思いますか…だと、上の人からは悠長だ危機感がないって言われるし、下の人からは望みすぎ、贅沢言いすぎって指摘になるのは目に見えてます。
    あなたの希望と譲れない点を書かないと。

    トピ内ID:b8766864f8ad2965

    ...本文を表示

    同じ様なもんですが

    しおりをつける
    🙂
    hokutin
    >ねんきん定期便に依ると、65歳から月17万ほど

    あれ?ウチと同じような金額だと思うけど…
    ウチは60定年であと2年切ってます。取敢えず65歳までは今の会社で働けます。
    定年後の年収は5~600万位じゃないかと言われてるのでやり繰りは可能です。

    トピ主さんあと3年あればそこそこ貯めれませんか?
    お子さんがまだ大学生とか?それもかなりお金のかかる大学とかですか?
    そうじゃなきゃ月に10万位は貯めれません?ボーナスは丸々貯めれるとすると年間で
    少なくとも200万位は貯蓄に回せるのでは?3年あればさらに600万+になりますよ。
    切り詰めればもっと貯めれそうだけど…
    因みに、誰がお金の管理してるのかな…奥様ならトピ主さんが知らない貯蓄とかある
    かもしれませんよ。

    ウチはお互いに60歳から個人年金があります。

    一般財形だけでもそこそこあるみたいですが、主人が自分のお小遣いだと言ってます。
    我が家の場合かなり豪遊してます。後悔してます。それでも国が必要だという額+α
    は確保できてます。これから65歳までにもっと貯める予定です。

    あと3年…今気が付いて良かったです。引き締めて貯めましょう。

    コロナ禍で旅行も行けないし、外食もままならないし…貯めようと思えば貯めれますよ。

    トピ内ID:ed90b2589347dff5

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    危機感なさすぎません?

    しおりをつける
    🙂
    眠れぬ羊
    全然足りないと思いました。

    これからご夫婦で働くのはもちろんですが、
    レスの中に23万円以内で暮せばいいじゃないみたいな意見も見られたことにも驚きました。
    これからどんどん歳をとっていくのに二人共病院にかからないと思ってるんですか?
    病院にかかるかもしれないし、介護だっているかもしれないし、おむつ代とかバカにならない金額ですよ?
    片方だけじゃなく二人共必要になる可能性だってあるのに…

    いざとなれば子供に頼ろうとしてるんでしょうか。今どき子供だって自分たちの生活に余裕などないでしょうし、金銭的にも肉体的にも親の面倒をみるということは難しいのではと思います。

    これからファイナンシャルプランナーにでも相談してしっかり対策をねるべきです。

    トピ内ID:c5877eed7bf3f1de

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    社交的な方?

    しおりをつける
    🙂
    シャン
     交際費という、出費結構ありました? 老後の事にいつ気づくか、だと思う。 

     私たちの年代は少ないけど、交際費を削って早くから投資してる人は将来楽だと思う。

     誘われるまま、いつも漠然とおつきあいしてる人で、気づいたら還暦、だとしたら、 働き続けるしか無いよね。

     日本人はお金の話は避けるし、挨拶も含め「家なんて、全く貯金してないわよ~」のやりとりを鵜呑みにしてました?

     人は人ですからね。収入は少なくても、相続をあてに出来る人もいるし・・・

     もし、人脈がおありなら、就職の相談でもしてみたら、少しは趣味を活かすとか出来ませんか?

     でも、お仲間多いと思います。

     億単位の資産を持っている少数の方々が平均貯蓄額を引き上げていて、中央値はぐっと少ないと思いますよ。

     残暑厳しいですがご自愛くださいませ。

    トピ内ID:f140114a77d7a149

    ...本文を表示

    年取ったら若い時のようにいかないのが当たり前

    しおりをつける
    🙂
    先苦後楽
    >老後資金が足りないと心配はありませんか?

    心配だから専業主婦家庭にしないんです。
    最近は、死ぬまで働けば大丈夫と、強引な楽観論まで出てきましたが、望めば死ぬまで健康でいられる、いつまでも仕事があるって究極の高望みだと思います。
    思うようにならない時のための備えなのに、思うようにならないことはあり得ないって変な思考停止ですよね。
    まぁ働けないとか働きたくない人にとってはそういう理屈を持ち出すと割り切れるのかな。

    結婚しているから妻が働けないという理屈がよくわかりません。
    数十年もの間、看病が必要な家族がいたのでしょうか?
    ならそれは典型的ではないので、世間並と比較するのが間違っています。

    家事なんてキリがないので、一人暮らしだと顕著ですが、掃除は週1回とか月2回とか、1週間分のお弁当の具や朝食か夕食の分は土日にまとめ作りをするとかして、働き続けられるレベルにとどめます。
    二人暮らしならそれに毛の生えた家事しか最低限なら必要ないし、1.3人分を2人で分担できるなら、一人よりずっと楽でしょう。
    ましてや4人、5人家族なら、家事分量が一人暮らしの単純に4倍5倍なんてならないので、大人数で分担できて効率的です。

    そういうのも楽ではないけど、若くなくなってから働きに出て家事をこなすよりはずっと現実的かと思うのに、トピ主さんはそうは思わないのかな。
    仕事だって若いほうがえり好みできるのに、なんで難易度が上がる定年後まで先送りするのか不思議です。

    我が家は子供がいないので、遅くとも50~55歳ぐらいまでに最低限の老後資金の目途をつける計画で、運用もした分早かったです。
    それでも尚お金はあったほうがいいと、夫は65歳まで定年延長に応じるようです。

    でも、それも架空の話です。
    そもそも若くないから定年とか雇用も限られてくるので、働けて当たり前なんて思っていません。

    トピ内ID:7ecf5a8f72d329dd

    ...本文を表示

    大丈夫ですよ

    しおりをつける
    🐱
    意地悪猫
    古希を過ぎました。ご自宅が持ち家であれば、心配は要りません。旦那の年金を生活費に充て、奥様の年金を貯蓄に回しましょう。
    現役の頃と同じうよな生活レベルにする訳には行きませんが、困るようなことはありません。但し、付き合いやお金の遣い方を見直す必要はあります。

    暫くは、お勤めを継続為さると思いますが、完全にリタイアすれば、自然にお金が要らなくなります。洋服を始めとする服飾系の費用は下着程度。食費が一番節約?できるかもです。何故なら、食べる量が少量になります。

    外食も儘ならなくなります。その理由は、検診数値を健康数値に維持しなければならないからです。齢を重ねると言う事は、身体の表面だけでなく、内臓も齢を重ねています。の為に、古い自動車を動かすように大切に大切にしなければなりません。気の向く儘に食していたら、辛い老後を過ごすことになります。

    高齢になると「病院通いとウオーキング」が仕事になります。特に歯科については、今から確り手入れをして置きましょう。そして何時までも動ける為に、ウオーキングを始められることをお勧めします。特に女性は、骨粗鬆症になる可能性が高いので、早め早めに手を打って置かれることがベターです。ウオーキングは、二人で楽に体力を維持できますし、お金も要りません。

    リタイアしたら、暇な時間が十分にあります。なので、ライフワークとまで言いませんが、何か継続してできる事があればと思います。
    追伸 今まで持っていた価値観も見直す必要があります。見栄っ張りは止める事。車は、故障なく走れば良しとしましょう。親戚や子供、孫たちとの関係もクールにすべきと思います。大切なのは、奥様であることをお忘れなくです。

    トピ内ID:2641d802d9bda6bd

    ...本文を表示

    奥さまはおいくつでしょうか?

    しおりをつける
    🙂
    留守番
    うちの夫と同世代ですね。
    夫も定年まであと4年ほどです。

    主様の奥様はおいくつの方でしょうか?
    まだ50代前半などであればすぐに仕事を探し夫婦で働いたほうが良いと思います。50過ぎであれば一日でも早いほうが良いかと。

    我が家は晩婚だったので、子供が入学したらすぐに扶養マックスまで働きにでました。
    年間100万ほどですが、やはりこれがあるとないのでは全然違いました。
    子供は二人いますが、とりあえず塾や習い事の費用で貯金を食いつぶすはしなくてすみ、財形、貯金を続けることができました。

    私のパート先の雇用の定年が65歳で、事務職のため年をとってもできる体力がいる仕事ではないため働くつもりなのでこれだけでも心にゆとりがでます。

    トピ内ID:b71018aa7da2dd0e

    ...本文を表示

    なぜ貯金が600万?

    しおりをつける
    🙂
    いで子
    定年前の正社員、既婚女性です。
    典型的な平社員、専業主婦家庭とおっしゃいますが、私の周りのママ友は、皆、子育てが終わってからパートを始めたり、資格を取って開業したりしていました。何もしていない人は一人もいません。私も子育て後の社会復帰です。

    子供が中学卒業してから10年以上。パートでも奥様の働きで今より一千万は貯金できたのでは?

    一足先に定年を迎えた夫を見て、色々考えさせられたので、私は先日老後を考える勉強会に参加してきました。お金のこと、健康のこと、これからのやりがいのこと、とても参考になり、夫婦それぞれに老後資金は考え、ローンも、親の介護ももうありませんが、もう少し働こうと思えました。

    トピ主さんは、もしかしたら退職金が2000万以上ある会社にお勤めですか?
    でも、国民皆保険ですから、定年後も健康保険、介護保険は加入が必要ですよ。
    税金も、家の補修も、医療費もかかります。17万円の年金がそのまま手元に残るわけではないです。

    貯金が600万しかないのは、トピ主さんの責任ではないし、これからもご夫婦の収入を得ることは可能です。
    一度ご夫婦で今後のお金のこと、暮らし方のこと、考えておいて損はないと思います。

    トピ内ID:7cbb81aefd25dbb3

    ...本文を表示

    まだまだやれることありそうです、大丈夫

    しおりをつける
    🙂
    マヒナ
    65歳支給開始の年金って70歳まで繰り越せば42%アップするんですよね。70歳まで頑張って働きましょう。奥様もね。

    あと、財経等のやれることはやってらっしゃるけれども、ふるさと納税、携帯電話を格安シムに変更、自家用車ならサブスクに、などなど、今から固定費を削れるまで削りましょう。
    それからあと13年働くとして積み立てニーサをやりましょう。余裕があれば投資信託なども、、

    まだまだ無理なくやれる事がありそうですね。

    トピ内ID:97be1ca0a445ce1a

    ...本文を表示

    同年代です

    しおりをつける
    🙂
    資格マニア
    主さん世代は専業主婦が当たり前で、パートに出るにもご主人の許可が必要だったりする世代ですよね
    専業のメリットも多かったし

    私は仕事が好きで兼業だったので
    周りにかなり言われてましたよ
    子供が可哀想だって

    大病する40半ばまで
    自分の給与は殆ど貯蓄してました
    夫は私の給与は私の好きにしていいよ。大黒柱は俺だからねって
    言ってたし

    今も闘病中なので専業主婦ですが
    まぁレベル落とさず老後は
    過ごせると思います

    夫は我が家の貯蓄全く知らないので
    知ったらビックリすると思います

    今は兼業当たり前、ワンオペ文句の時代だから聞いても無駄な気がします

    結局不安はお金の事だから働くしか答えはないです
    私も通勤は体調次第なので就職は出来ませんが、やれる時だけやる趣味の収入で月10万くらいあるので
    色々考えて行動あるのみですよ

    トピ内ID:a9f0141783cbb112

    ...本文を表示

    退職金は把握しているのか

    しおりをつける
    🙂
    別府のかぼす
    もし把握していないのなら驚愕です。
    それとも、このご時世とかおっしゃってるには退職金規程など無い退職金の金額が社長が勝手に決めることが出来るような零細企業にお勤めなんでしょうか。
    私は30年前にOLになった時社内規定の手帖を貰いまして、自己都合退職、定年退職、死亡退職それぞれの支給規定も書いてありましたので簡単に計算出来ましたけれども。

    まず自分の退職金を計算してみない様な計画性の無い人生設計から改めないと、安心か安心でないか等知りようが無いじゃないですか。
    お子さんが居る居ない、大学を卒業している居ない、結婚してるかしてないかで今後結婚費用の援助など発生するしないなど、貯金額だけ言ってもなんとも。

    その上でどうしても足りないのなら奥様に働いて貰う事。
    典型的なサラリーマン家庭は子どもの手が離れているのに専業主婦におさまっている奥様などほとんど居ません。
    私の職場でも50過ぎの人がポツポツ来ますけれども、三分の一ぐらいは研修時に振り落とされずに続けていらっしゃいます。
    そして一旦入ったら65歳まで働いている人がほとんどです。

    それから定年後2000万円必要論が跋扈してますけれどもアレは本当は間違いです。
    定年時に2000万円が貯金の平均値なんです。
    その統計を元に話が膨らんだだけ。
    皆さんお金が無ければ無いなりの生活をするだけの話。

    トピ内ID:df1df8ed8a5549f8

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    専業主婦というのは

    しおりをつける
    🙂
    ティファニー
    奥様が専業主婦というのは、長らく第3号だったという意味ではないでしょうか?
    扶養内パートも反映される年金は専業主婦と同じだから書かないのかもしれません。
    働いていないとは書いてないので奥様のせいばかりにするのはどうかと思います。
    貯金が少ないのは、他に資産があるのではないでしょうか?
    奥様が貯金していて見せてないだけとかではないでしょうか?
    あるいはトピ主さんが投資してることかでは。

    トピ内ID:abfa1d06fee32ef1

    ...本文を表示

    今更ですか?

    しおりをつける
    🙂
    ガン吉
    アラフィフおっさんです。トピ主様よりも年下ではございますが、老後の事は、2000万円問題がとりだたされた2年前にFPに本気で相談しました。
    初めは軽い気持ちで、老後も今まで通り、夫婦で旅行に行ったり、外食しようね!、車も買い替えようね!って言って、毎月○○円、○年後には車はランク落として(一応自粛)350万円位×2回!
    教育費も私学大学院まで入れとこう。子供の結婚式費用ぐらいは持ってあげよう!
    とか言って、容赦なく叩かれました(恥)
    財産公開して、85歳迄は健康に生きようと言う前提で計算しました。
    医療費は、高額医療費還付、後期高齢者自己負担率とかが有るから、一時的な出費に耐えられれば良いので、保険の見直ししました。
    細かいことは書き切れないので省きます。
    色々と「固定費の削減」のアドバイスを貰って、受け入れられる所「だけ」を受け入れたり、この機会に預金の1割を投資に回したりして、1年後にまたシミュレーションしました。投資はコロナ禍が来てマイナス(悲)ですが、それ以外は予定通り。
    今年にまたシミュレーションしたら、今度は投資が爆上がり!
    FPからは、長期投資なので浮かれてはいけませんと釘を刺されましたが、コロナ禍で交際費がほぼ0円(社の厳命で会食厳禁、部下や女性陣に奢る事が無かった)だったし、旅行に行かなかったので、給料が1割程減ったけど、老後資金は予定通り(以上)です。
    貯金魔の人の気持ちが判りました!
    自分の将来像を「考える」機会が出来たので、「私」はお金払ってもFPに相談したのが良かったです。
    妻とも、将来の話が「まじめに」出来たのは大きいです(ここが1番良かった)。
    子供には、「俺たちが長生きしたら遺産(家くらいだけど)なんか食い潰すからな!」と言っています。
    厳しい結果になるかもしれませんが、「数字」をしっかり把握出来る意味で、第三者に評定して貰うのは良いですよ!

    トピ内ID:f89212b42b695de6

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    大丈夫じゃないでしょうか

    しおりをつける
    🙂
    ポイント
    どんな生活がしたいのかわかりませんが、
    23万で、持ち家で田舎なら、十分な生活が出来ると思いました。
    貯金は600万プラス退職金がありますし、
    60~70歳って十分に働ける年齢なので月10万は稼げると思います。
    なんなら80歳まで働けます。
    さすがに奥様には今さら仕事は無理でしょうね・・
    でも、まだまだ貯金しながら生活していけますよ。
    23万ではやっていけないと言う意見もありますが、
    私は裕福な家の子供ではありませんが、両親とも看取りました。
    実際にそんなにお金は掛かりません。
    (裕福でないので節約的に暮らしに慣れていたのかもしれませね)
    叔父は今施設にいますが、やはり実際にはそんなにお金はかかりません。
    はっきり言えば、病院にかかろうと施設で暮らそうと、月23万以内で暮らせていました。
    日本の介護老人保険サービスとか後期高齢者医療制度って実際、素晴らしいんですよね。
    贅沢しなければ普通に暮らせていけます。

    でも、60歳だから定年だから遊んで暮らしたい、は無理ですね。
    年金って、だいたい65歳から支払われますから。

    トピ内ID:136df7622e20a501

    ...本文を表示

    全然足りませんよ

    しおりをつける
    🙂
    はなはなこ
    持家か賃貸かで資産総額が違いますが、600万ということは賃貸でしょうか。
    月23万の支出に抑えられるのでしたら、生活できるように見えますが、問題はトピ主さんが亡くなった後の奥様の年金受給額です。遺族年金があっても手取りが大きく減少します。奥様はそれでやっていけるんでしょうか(ふつう無理)。
    トピ主さんは大きな死亡保険に入ってますか?
    そうすると貯金切り崩し、又は親族からの仕送り、又は生活保護です。
    今からでも、月5万でも10万でもいいので奥様は働き、トピ主さん共々、出来る限り長く就労し続ければ、老後はなんとかやっていけるかもしれません。
    老後の経済設計は、いくつかのパターンのシミュレーションをし、想定する必要があります。経済的に頼れる人がいるならいいんですが。

    トピ内ID:b4d9ae6ae1f22158

    ...本文を表示

    奥様に確認を

    しおりをつける
    🙂
    しずく
    同年代です。
    年金額から拝見し、そんなに年収は低くないと思われるのですが、貯金額が不安ですよね。
    600万円なら30代の平均的なOLくらいだと感じます。

    たぶん、奥様は生活費から貯金されてらっしゃると思います。
    私も結婚当初から、生活費の中からやりくりし、コツコツと貯めていました。
    新婚時は一年でやっと60万円くらいでした。
    しかしチリも積もれば、ですね。
    年収が上がるとともに貯金額は増えていき、習慣になって貯まっていきました。
    それが資産を作る種金になりました。

    我が家は夫婦でお金の話はよくします。
    隠し事もないです。
    それが貯金の基本になっている気がします。

    奥様はずっと専業主婦とのことですので、不安はもっとあるのではないでしょうか。
    話し合って、今の段階で家にどのくらい貯金があるのかを知って共有することだと思います。
    そこからどうに老後を組み立てていくか、生涯かかる金額を算出し、具体的なプランを立てる。
    これから夫婦で働くにしても、今からならギリギリ間に合うかもしれません。

    物価がこれから少しずつ上がります。
    長いデフレが終わって、インフレになってくると、年金生活者の生活は悲惨です。
    働けるうちは働くのを目標に、健康でいましょうね。

    トピ内ID:616e93b46710f304

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    親のことがよぎった

    しおりをつける
    🙂
    祈るだけ
    トピ主と同世代ですが、むしろ親が危なっかしくて頭痛のタネです。
    ここ読んでそうで詳しく書けませんが。

    先送りするほど時間切れするから(親はもうアウト)収入源をふやすか、生活水準を切り詰めるかですね。

    奥さんが残された場合の生活費と、旦那さんが残された場合に自炊、大丈夫ですか。

    我が家は子供がいませんが、自分たちならまぁなんとかなるでしょう。
    退職金は予定通り貰えそうだけど、なくてもいいように目標立てました。
    次は年金が予定の半分でもいいように、次は年金ゼロでもいいように、早くに私だけ残されても大丈夫なように、と色々シミュレーションして備えるようにしました。

    自宅購入がこれからですが、リバースモーゲージの利用も視野に入れてます。
    なくても間に合いそうだったけど、甘く見積もるよりは最悪に備えたほうがいいと思って。

    もとの年金額はお宅とそう変わらないですよ。
    他にやりようがないんだったら、あるだけで暮らすだけ、そう腹をくくるだけでは。

    トピ内ID:78fa0a2af0650e45

    ...本文を表示

    退職後の再雇用は?

    しおりをつける
    🙂
    きのこ竹の子
    トピ主さんは定年されたら働かないおつもりですか?
    私は65歳女です。年金も1回20万円程頂いています。
    年金は60歳から頂いています、65歳迄は少なかったですが全て貯金しています。
    この先も70歳迄は働くつもりですこれまで貯めた貯金とこの先貯まるであろう年金とで老後は何とかなるから大丈夫かなと思っています。
    元気な内は働きましょう。

    トピ内ID:19d14ec6bfea1ad9

    ...本文を表示

    やれると思う

    しおりをつける
    🙂
    はなこ
    退職金、どれくらい出そうですかね。。。。。

    もし2000万円くらい出て、手元の600万円と合わせて、年間税引後で2くらいで運用できたなら年間52万円。
    月4万円くらいはプラスで手に入ると思います。
    まさかの用意に運用に回さぬ分を作っても、月3万円くらいは取らぬ狸の皮算用を、私ならしちゃいます。


    医療費も、高額療養費は還付される制度もあるし、健康保険も入ってるでしょう?
    そんなに心配しないでもいいのでは。

    持ち家ですよね?
    なら、あんまり心配しないで、ご夫婦2人で健康を維持できるよう、食事や運動を気をつけた方がいい気がします。

    トピ内ID:d7c98d5670c98913

    ...本文を表示

    いくらあっても、足りない、と思ってしまいます

    しおりをつける
    🙂
    CLARA
    仮に老後資金として今3億円あったら絶対大丈夫かと聞かれたら、将来インフレで価値が下がるかも、とか、運用に失敗してすっからかんかも、とも思うと思います。

    結局のところ、蓄えは無いよりはある方が良いですが、一番強いのはいつまでもある程度稼げる能力かもしれません。定年後のんびりするにしても、完全リタイアではなくパートタイム等は続けて、いくらかでも現金収入がある状態が良いように思ってるところです。

    トピ内ID:39ad8df0eb2d9285

    ...本文を表示

    持ち家で質素に生活すればいいんじゃない。

    しおりをつける
    🙂
    トワ
    それにしても数名の人が指摘していますが貯蓄が少ないのに
    何故、奥様は専業主婦だったのか。
    私は60代ですが私の友人で専業主婦している人は殆どいません。
    子供の手が離れたら皆さんパートしてそのまま正社員になったり
    又はパート継続です。
    2馬力と1馬力じゃお金の貯まり方も違います。
    そこを考えず今さら不安になるのは少なくても10年遅いですよ。
    私は老後2千万問題が巷で騒ぎだす前から老後に掛かるであろうお金と
    夫婦で貰える年金予定額を照らし合わせ計算していました。
    結婚してから金額の差はありますが貯蓄していたので老後不安はありません。
    老後の経済力に差が付くのは若い頃から堅実な暮らしと計画性を
    持つか持たないかだと思います。
    質素に暮らせば何とかなると思いますが、それは夫婦2人が健康である
    前提です。
    どちらか1人が認知症や重い病気になった時、施設に入る場合は
    その金額では足りません。
    もしもの時を備えるなら元気な内は働く。
    せめて70歳まで働いて下さい。
    田舎ですが、定年退職した人が70歳まで働いて居る人は沢山います。
    それこそ健康な人は70歳~80歳まで働いて居ますよ。
    体力や健康には個人差がありますので自分で判断するしかありません。
    働く所は幾らでもあります。
    見栄を張り体裁を考えてたら凡人は稼げませんよ。
    この10年を夫婦で頑張って働いた方がいいですよ。

    トピ内ID:07635e1a10675400

    ...本文を表示

    今の家計がいくらで回っているのか

    しおりをつける
    🙂
    べるる
    >社内預金(一般財形、財形年金、企業型年金保険)など掛けて来ましたが、それでも600万程度しかないです。

    それ以外の預貯金は全くないというわけではないでしょう?
    まさか奥様が何も貯めてこなかった?
    トピ主さんの家の家計管理はトピ主さんがされてきて
    生活費を渡す形だったのでしょうか?
    所謂お小遣い制で、給与を奥様に預けていたなら、なにがしかの貯金はあると思いますよ。
    じゃなきゃ、怖くて専業主婦なんてできませんよ。

    今の収入と家計費にいくらかかっているのかを、家計簿で確認してみましょう。
    それによって、今後の展望が見えてきます。
    私の夫も、家計には無頓着でしたがリタイヤ前にお金の計算をし始めました。
    今ある預貯金、退職金予想額、ライフシミュレーション
    夫婦で一緒に色々考えたうえで、孫に玩具の一つも買ってあげたいし、
    趣味にもお金をかけたいからと働き続けています。(私は専業のままですが汗)

    やみくもに恐れる事も、楽観することもせずに
    今の家計がいくらで回っているのかを把握するところから始めましょう
    持ち家なのか(築年数)賃貸か、子供がいるかいないか、固定費はどのくらいか・・・
    夫々の家庭で違うので、どのくらいの預貯金が安心なのかはそれぞれですね。

    トピ内ID:2d1d17b449557f7e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    投資は慎重に

    しおりをつける
    🙂
    浮遊層
    今まで経験のない方、余裕資金でないなら投資はあまりお勧めしません。堅実な長期投資を数十年してきた者なので、無知、過剰反応による反対ではありません。

    確かに堅実な長期投資であれば、長期で見ればそんなに危険でも難しくもありません。ですがそれは「余裕資金で」「長期で」取り組める場合です。

    余裕資金の意味は、それが万一大幅に減ったり、現金化を予定していた時期にタイミングが悪ければ、数年先まで見送っても困らないこと。でもトピ文からそんな余裕は感じられません。

    長期とは最低10年ですね、スタートする時の心構えとしては。そして先ほども書きましたが、状況に応じて予定より現金化を早めたり、あとにずらしたり、数年の幅を持たせられること。

    比較的鉄板の運用ですら、必ず売りは買いより難しい。そして未経験者が、年取ってからその難しいことしようという話に、安易に賛成できません。途中は誰でも簡単です。国債ぐらいなら…と思いますがそれではあまりインパクトはありません。

    「人にいわれたからやってみよう」ではなく、トピ主自身が投資に意欲的で、出口の難しさも覚悟した上でならどうぞ。

    くれぐれも、証券会社、保険会社、銀行、知人の受け売りで決定しないように。全て自分で判断、それが可能なぐらいに勉強しましょう。

    トピ内ID:7a85a03cbda01275

    ...本文を表示

    鱗雲

    しおりをつける
    🙂
    鱗雲
    年金が少なく感じられるでしょうが、年金とはそもそも老後、つまり現役世代と同じように働けなくなったときのものなので、レジャーやお金のかかる趣味の費用までは含んでいません。

    それらの費用は貯蓄を充てることになりますが、少なければ諦めるしかありません。

    それらを諦めても尚年金が足りなければ生活を縮小するしかありません。

    都会でない場合は車が必需品でしょう。でも都会に転居して車を手放したほうが安上がりになるかもしれません。

    持ち家もそうです。換金できるのなら狭い賃貸に転居するという選択肢は有り得るでしょう。

    狭くて快適度は下がるかもしれません、高齢者には部屋を貸してくれないかも、という不安もあるでしょう。それらも含めての生活を縮小するということです。

    >老後資金が足りないと心配はありませんか?

    心配してもお金は増えません。

    まずはお金のかからない趣味や嗜好へ切り替えるということから始めてみては如何でしょう。どうせ齢をとると色んなことが出来なくなります。食べることや酒も制約を受けます。粗食に不満を持たなくなります。

    高齢者が散歩している場面を見られることが多いと思いますが、あの位しか出来なくなるのですよ。だからあまり心配することはないと思います。

    トピ内ID:12b6e0f7b991b652

    ...本文を表示

    年金額は十分でしょう

    しおりをつける
    🙂
    匿名希望
    トピ主さん世帯は夫が厚生年金で妻が3号で40年働くいわゆる標準世帯に近いと思われますが、日本年金機構によれば令和2年4月の時点で標準世帯の受給額は22万円程度です。
    ですから、23万円のトピ主さんはそれ以上で年金額が少ないわけではありません。
    また、標準世帯は40年間の給与の平均支給額も43万円程度とあるので、トピ主さんの給与も同程度かそれ以上と考えられます。

    定年を3年後に控えているトピ主さん家族がやることははっきりとしています
    夫婦の年金が支給されるまでの収入の確保。これは夫婦で年金程度あればとりあえずよしとします。
    そして生活費を年金支給額以下になるよう家計改善。年金はおそらく3万円程度は税金と社会保険で引かれます。さらに家や耐久消費財などの修繕や買い替えのための積み立てを考慮すれば月々に使えるお金は17万円程度です。

    今のトピ主さんが老後を不安に思う理由は明らかです。年金額よりかなり多い給与をもらっていながら貯蓄がまったく貯まっていないということは生活費が多すぎるのです。これを適正額まで下げるよう夫婦ですぐに話し合いをするべきだと思います。
    どこから手を付けてよいのかわからないのであればFPに相談するのも良いと思います。

    トピ内ID:f5fcba7209cc49a4

    ...本文を表示

    還暦過ぎたおばさんです。

    しおりをつける
    🙂
    花杖
     主人はすでに年金受給者。私は、あと半年ほどで年金受給できる年(65歳)になります。
    現在は、10年ほど勤めていたときの年金を受け取れています。(金額は少ないけど。)私は寿退社したので、無理でしたが。
    主人は財形年金をかけていました。
    私は退職後に、個人年金に加入しました。現在、定期的に入金されます。まあ、公的年金までのつなぎ・・・の形になります。持ち家なので。
    ローンは完済していますので。固定資産税等はありますが、ならすと住居費関連は、月に家賃うん万円に比べると微々たる物だと思います。

     我が家は・・・。子供の教育資金。老後の資金。
    (これはアバウトですが。)それなりに考えて、結婚・出産後から考えてきました。出産後に教育資金にするつもりで、子供名義で積み立て作りましたし。今は、利率が低いですが。保険(養老保険等。)の利率が良かったので、加入しましたし。

     トピ主さまの場合なら。定年退職後も、再就職なさったらと思いますし。奥さまも専業ではなく、パート等なさったら良いのではないでしょうか。

    トピ内ID:6905b3b6eb58b7ce

    ...本文を表示

    働く!

    しおりをつける
    🙂
    レモネード
     還暦過ぎました。年度末には定年退職です。でも、年金は65歳まで出ません。だったら、働くしかないですよね。幸い65歳までは希望すれば働けます。当然、今よりも給料は減ります。でも、そんなことを言っても仕方ないですよね。節約して堅実に暮らせば何とかなると思います。というか、やらないと誰も助けてはくれませんからね。子どもに甘える訳にはいかないもの。
     トピ主は働かないのですか?

    トピ内ID:5cf0ef6fa46b093a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    老後ってなぁに?

    しおりをつける
    🙂
    ロッ君ママ
    その程度に考えてます。還暦過ぎた夫婦ですが 2人とも働いてますよ。 年金は 生活費として安心できる額です。貯金…… 上を見たらキリがないり一億あれば平気なの?

    定年は社会的な立場としての区切りですが 生きていくのに 〆は無い。 働くのは 生きがいに繋がります。 健康~といっても  それなりに病院通いや サプリ摂取などやりつつ~  「老後」なんて単語は 「隠居」と同じくらい 頭の中には無いですよ。  トピ主さん、出来ることを続けていきませんか?!

    貯金も 仕事も 出来ることを。
    不安で 病になることもありますから。

    トピ内ID:6a7e26b46c4fcda9

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    夫がトピ主さんと同い年

    しおりをつける
    🙂
    美しく年とりたい
    年金はお宅とどっこいですが、前からわかっていたし。20代から運用してきました。最近運用カミングアウトの書き込み増えましたね。言わないだけで昔からやってた人はそこそこいたってことです。

    配当(定期収入)狙いと、売却狙いの投資とあり、一見定期収入が入るほうがカンタンそうですが、特有の難しさもあるので分散しています。

    定期収入は、年金と合わせて基本生活費に。
    毎年少しずつ売却した分は、ぜいたく支出に。

    現時点では上記でまかなえますが、想定を超えるインフレ、税・社保負担になったら、その時は投資元本も切り崩しするでしょう。
    現状では80歳以降に取り崩しなら100歳以上生きても大丈夫らしいです(笑)。
    こういう計算は手書きでやっても計算ソフトでもいいし、政府の知るぽるとは私やトピ主さんが30代の頃から機能はほとんどかわってない、つまり昔からいくらでもやれたんです。
    今なら尚更、自分の好きなものが選び放題です。
    見える化しないから漠然と不安なままなんじゃないですか。

    想定以上に悪くなったらと思うと、我が家でも不安ですが、お金より体力気力が想像以上に衰えた場合のほうが心配ですよ、どうしようもないことですけどね。

    トピ内ID:8a4c737afa61d421

    ...本文を表示

    介護費が見込めないからみんな不安でしょう

    しおりをつける
    blank
    葉子
    私も結婚後は扶養範囲パートなので、私が受け取れる厚生年金は微々たるものです。
    でも子供はあまり塾に頼らず私が教えてオール国公立なので教育費はかなりの節約出来ましたし、毎日食事は手作りして節約して貯めて、住宅ローンもさっさと完済。
    私の親からの贈与と相続もあり。
    自宅は人気エリアの戸建てなので、リバースモーゲージ利用も可能だろうと思っています。

    諸々考えると、60歳時点で現金資産6000、不動産4000、ぐらいにはなるだろうと見込んでいます。
    年金は二人で25万ほど受け取り見込み。

    もともと節約思考なので年金25万から貯金もしていくつもりですが、それでもちょっと不安なのが介護ですね。

    私の親が有料ホームに入所したのですが、やっぱり結構かかるなーと痛感しています。

    いくらあっても「安心」とまでは言えないですね。

    トピ内ID:f08568371286e653

    ...本文を表示

    賃貸への住み替えはお勧めしませんよ

    しおりをつける
    🙂
    ねこかい
    オーナーの事情で出ていかねばならなくなることもあります。
    その時借りれない年齢になってたら詰みますよ。

    今の家を売って夫婦2人向けの小さな中古物件に買い替え、ならいいと思います。
    差額は老後資金に回せますから。
    ついでに家はリバースモーゲージをつける。つけられたらですが。
    これでも資金の余裕は増えます。

    病院へのアクセスがいい地域の小さめ物件っていいかも。
    (病院へのアクセスはいい方がいいです。発症後数時間以内に治療に入れたら救命可能、後遺症も出ない、なんて病気がいくらもあります)

    トピ内ID:65238f6163555deb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    同世代です

    しおりをつける
    🙂
    ろうねこ
    うーんその金額は不安ですよね
    不安をあおるつもりはないのですが
    奥様はどう思っておられるのでしょうか

    まずはよく夫婦で話し合う事です
    23万というのは手取りではありません
    働かないなら健康保険料は自腹でそこからはなります
    持ち家なら固定資産税とか車があるなら自動車税とか
    結構固定経費が掛かります
    実際に手取りはもっと少ないんです
    今の生活で夫婦で収支を把握してますか?
    一人で悩んでもダメなんですよ

    で、足りないとなるならそりゃ働くしかないです
    まさか60歳で定年してそのまま無職でいるつもりではないですよね
    奥様にも危機感を持ってもらって月にいくらでもいいので稼ぐことを考えることです

    まぁ同世代なのでわかります
    専業主婦が当たり前でしたから
    でも正直そんなことは言ってられないですよね

    職場でも大勢65歳越えの人がアルバイトみたいなことで働いています
    昔はビル掃除の人は中年以上の女性しかいませんでしたが
    今はむしろ引退後の男性の方が圧倒的に多いですよ

    トピ内ID:616e90b46710edeb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    定年後の延長雇用中です。

    しおりをつける
    🙂
    カレーパン
    私も年金定期便をよく確認しております。
    私は離婚をして年金分割しているので、質問者さんより少なくて、年間受給額は160万円の見込です。
    単純計算で13万円(月)です。なのでご夫婦合わせて23万円/月なら多い方だと思います。

    でも、それ本当に月額ですか?
    年金って2ケ月に1回の受給ではないかと思います。勘違いしないように年額で受給額を確認したほうがいいと思います。なお、ねんきんネットならいつでも確認できます。

    私は公的年金以外に、個人年金保険をかけており、年間120万円(10年間分)あります。若いころよくわからず年金加入しましたが結果的によかった思います。貯蓄は国が推奨する一人当たり貯蓄額の2倍以上用意できました。

    63歳で退職して、公的年金+個人年金で生活を予定しています。
    貯蓄は万が一に備えて温存しようと考えています。

    トピ内ID:8ddb6a585cf31e6f

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    年金なんてそんなモンですよ

    しおりをつける
    🙂
    専門家
    >65歳から月17万ほどです。妻の国民年金を受給すると23万となる予定

    まあ、年金なんて そんなモンですね。

    >社内預金(一般財形、財形年金、企業型年金保険)など掛けて来ましたが、それでも600万程度

    「少ない」と思えば少ないですが、「600万円余裕がる」と思えば気持ちも変わってきますよ

    >老後資金が足りないと心配はありませんか?

    貯金が1億円あったって心配する人もいますよ。

    トピ内ID:c4dc5e2edf3341d1

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    収入源は複数な方が良い

    しおりをつける
    🙂
    ぽんぽこたぬき
    海外小町です。

    定年退職後の収入源がもし年金だけだったら、私は心配で心配でそれだけで病気になりそうです。
    心配性なので、複数の収入源を確保しようとして来ました。
    それでやっと少し安心・・・くらいかなあ。
    独身なので誰にも頼れませんし。

    収入源は
    1 日本の年金
    2 住んでいる国で掛けている個人年金(終身タイプ)
    3 家賃収入
    4 株の配当金収入
    5 債券の配当金収入
    6 株式売買利益
    7 預金利息(これはほぼゼロ金利)
    と色々あり、トータルで言えば生活に不安はありません。
    30代からあれこれ試行錯誤したおかげで、今があります。

    でもまあ、今ではあまり欲しい物もないので、あまり出費もないのですけどね。
    ご参考までに。

    トピ内ID:c4391b632a52ba1a

    ...本文を表示

    「夫婦二人で」長く細く働き続ける

    しおりをつける
    blank
    勤労者
    私たちは団塊ジュニア世代でもうすぐ50になります。子どもは二人共海外の大学に居り、上は来年5月に卒業、下はあと3年あります。上が卒業後すぐ院に進むかは不明、下は6年制の学部です。下の子が家を出てから、本格的な老後準備に取り掛かりましたが、特に節約を意識せずとも2年で1500万以上貯まりましたよ。子どもはまさに金食い虫ですね。私(妻)も途切れることなくずっと働いておりますし、夫婦共に定年がないので、二人でずっと働くと思います。

    両親は四人共(75歳から86歳)フルタイムではないものの、現役ですから労働による収入、年金、個人年金、職場の年金、家賃や投資からの収入、相続等で潤っています。

    私たち夫婦の老後は親達よりはしょぼいでしょうが、長く働くし、親世代よりも早くから積極的な投資をしているので、何とかなるかも知れません。

    蓄えが心細いなら、トピ主さん夫婦も二人で働かないと。フルタイムでなくても、週に3日程度二人が働けば、預金の取り崩しペースが遅くなるかと。また、長く働いた分、年金も多少は増えるのでは?ヒマだとお金使いたくなりますし、休日の有難みが薄れます。いい事ありませんよ。

    定年までの3年間は年に100万貯める(二人で働けば年200万可能)、3年の間に定年後の仕事の目処をつけるか、起業する、を実行しましょう。不安は大分減るでしょう。健康にはくれぐれも気を使ってくださいね。

    トピ内ID:062f7e073bbeba20

    ...本文を表示

    共働き夫婦です。

    しおりをつける
    🙂
    ポイ
    私の国民年金が5年程、未納なので、一度、厚生年金を辞めて、パートでの60〜65才まで、未納の国民年金部分を払う事にしました。

    厚生年金では、60歳からは、国民年金部分が増えないとの事で、遺族厚生年金を受け取る際に、損をするようです。
    私の基礎年金部分は70歳まで繰り下げ、夫は、働きながら、67〜68歳ぐらいまで繰り下げを検討。
    1人になっても、片方が、老後に困らないように。
    年を取って、貧乏は、嫌なので、年金という不労所得を作り、人並みの生活を目指してます。
    年金は、普通の金額なので、今、できる範囲で、年金を増やす方法を考えてます。
    早く亡くなっても、亡くなったら、お金は、要らないので、生きてる間の資金だと思って、繰り下げを検討してます。

    トピ内ID:16e91e13aa50f366

    ...本文を表示

    心配してること

    しおりをつける
    🙂
    クロワッサン
    スタグフレーション、長期的で深刻な円安が進行する場合の対処が心配です。
    1ドル150円とか200円とか…数字は適当ですけど。
    今1ドル114円近辺で、ここから輸入品が1.31~1.75倍値上がりするイメージです。
    国産の農産物でも、海外からの肥料や飼料、エネルギーを利用して作られてるので値上がりするでしょう。
    海外株式投資で一定のリスクヘッジはできていますが、少な目に日本円資産もあり、それをどう動かすか考えたりします、金も増やすか、持つとしたら現物か?
    上記レベルの円安になったら、年金収入のみなら詰んでしまう可能性もあります。
    自給自足と言っても、先に書いたように肥料や燃料を外国依存してたら同じことでは?…それでも自家栽培のほうがまだメリットあるのでしょうかね。
    残念ながら農業は得意ではないので、とりあえずは一時的に外国暮らしをイメージし、それ以上はちょっと想像が及ばないですね。

    トピ内ID:ce390cc81d6d6735

    ...本文を表示

    あなた一人じゃ大変すぎる。夫婦二人で頑張りましょうよ

    しおりをつける
    🙂
    寝る前のどら焼き
    カウントダウンが始まっていますから、出来ることを片っ端からやりましょう。沢山来ることがあります。

    -定年まで毎年200貯める
    -支出を年金内に収めて生活する
    -定年後の延長雇用を現職場に願い出る(保険料などを自腹で自分と奥さんの分を払うと年金手取りがかなり減る)
    -定年後の就職・バイト先を探す
    -定年前に副業を始める

    奥さんは今からバイトを始めてご主人の定年退職後も続ける。または、トピ主さんがリタイアした後は、選手交代で奥さんが大黒柱になる。実際は、日程を調整をして、二人で2、3日ずつでも働いた方が楽だと思います。

    ウチは同い年の50歳夫婦ですが、夫はリタイアしたら仕事をしたくない(趣味三昧が良いらしい)、私はずっと働きたい。私が日々の生活費を得て、夫が家事、その他面倒なこと(旅行の手配や家のメンテナンス、手続き等)全般を担当する分業制の方向です。

    トピ内ID:ca37639bfe5b3b8f

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0