詳細検索

    夫婦関係・離婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    家事の分担について

    お気に入り追加
    レス6
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    悩める夫
    夫婦
    お互い50代の夫婦です。子供は大学生が2人。今は学費を出すだけで全く手はかかりません。妻は出産と同時に専業主婦に。20年以上仕事(家事以外の仕事)をしていません。
    そんな妻が先日「仕事をしたい。」と言い出しました。
    知り合いのツテで正社員として働けるようです。
    社会と関わる事はいいと思うのでそこは応援したいのですが、家事の分担について揉めています。

    妻の言い分。
    「私もフルタイムで働くので家事も半分ずつ分担するべき。」

    私の言い分「働く事は賛成。ただし、半々は無理。(帰宅は毎日21時から22時)もし半々にするなら家事を外注することを考えたい。もしくは仕事を減らして早く帰宅して家事をやる。(ただし収入は減る。)

    妻「外注はお金がもったいない。収入が減るのも困る。」

    私「それならば収入(家に入れるお金)に応じて家事の分担をするのは?」

    妻「私の方が収入が少なく、家事の分担が多くなるから嫌。」

    私「もし働き出したら毎月渡していたお小遣いはいらなくなるよね?」(生活費とは別にお小遣いとして毎月30万円渡していました。)

    妻「それはこれからも欲しい。」

    ここ最近ずっとこんなやり取りをしています。

    子供達も私よりで妻の発言に呆れています。
    これまで専業主婦として何の不自由もなく過ごしていたのに何故急に働きに出るのか・・・
    (私は年収4500万〜5000万円で妻が専業主婦のままでもお金には全く困りません。)

    どうしたらいいのかアドバイスをお願いします。

    トピ内ID:f0eda070f80b360f

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 8 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 37 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数6

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    大変ね

    しおりをつける
    🐤
    ドライシャンプー
    20年専業主婦だった奥様は、月30万稼げるのでしょうか?
    差額はお小遣いを渡してあげて、残りは家事の外注にあてるというのでどうでしょうか。

    イヤイヤ言われても、お金を握っているのがトピ主さんなら渡さなければいいだけだと思いますよ。

    トピ内ID:9b43878ffbabc196

    ...本文を表示

    しおりをつける
    🙂
    けんもめん
    あなたの年収がかなり多いので外注のお金が勿体無いというのは疑問に感じます。
    妻のお小遣い30万円のほうがよっぽど勿体ないのでは思います。

    妻が働きたい理由は何でしょうか。
    1.家族以外のコミュニティの人と関わりたい場合
    →年収が十分なのでこちらかなと思います。
     これはある意味、妻が新しく趣味を始めたいと同義だと私は思います。
     であればその趣味を謳歌してもらうための費用として必要であると主張すべきですね。
     あと長年専業主婦が急に働き出したいって何か男の気配があるのではと勘ぐってしまいます。
    2.老後のお金が心配な場合
    →貯金も十分にあると思いますのでこれはないと思っています。
     もしこれであれば、お小遣い30万円など無駄な出費があると思いますので減らしてください。

    トピ内ID:6fcb86916d0ad264

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    奥様の気持ちも分からなくはないし、トピ主軽いモラハラも感じる

    しおりをつける
    😒
    めめ
    意図的に奥様寄りに想像すれば

    夫も子供も妻が家事をして当たり前、子供の面倒をみて当たり前。感謝もされずこんな環境で20年過ごして来て、この環境が嫌になった

    ということかなぁと想像しました。

    ・稼ぎは多くとも子育てまでワンオペ。これはかなり孤独で辛く苦しい状況。子供に手がかからなくなった時にこそ強く感じるのではないでしょうか。「稼ぎには感謝しているけど、私は無料の家政婦じゃない(実際生活費を夫が入れているので無償ではないとはいえ、心情としてはこうなるのではないでしょうか)」

    ・専業主婦が幸せだとは限りませんよね。本当は奥様はパートをしたりして社会に出ながら子育てをしたかったのかも?専業・兼業どちらも隣の芝生状態ですし。でも、夫がそれだけ稼いでいれば「パートに出たいということがワガママ、子供が可哀想」的な状況もあります。

    ・子供達に手がかからない、といいますが、一緒に暮らしているなら洗濯、食事、ゴミ出しと夫婦2人より家事は増えます。子供達は奥様に面倒を見てもらっている自覚はありますか?感謝を伝えていますか?(これはご主人にも言えることですが・・・)

    ・何より「子供達も自分寄り」の発言にモラハラ臭を感じます。経済的に問題ないのに何言ってんの?という呆れが透けるというか・・・
    働くことはお金を稼ぐだけでなく社会との窓口、社会からの断絶を防ぐ手段だという視点が欠けているように感じました。
    (というか、息子さん2人に対しては「専業主婦に面倒見てもらってるくせに偉そうなことを言うな!」と怒りこそすれ自分の味方みたいにいうことに驚きました)

    奥様、こんな感じなのではないでしょうか。

    稼いだお金の半分は奥様のもの、”今までの”家事育児への感謝の姿勢が足りなかったことを謝った上で、社会とのつながりを持つに当たっては奥様も妥協して欲しいと話してみてはいかがでしょうか

    トピ内ID:dbbe516cdd448552

    ...本文を表示

    専業主婦ですか・・

    しおりをつける
    🙂
    つむちゃん
     個人的には3択くらいかなとパッと思います。

     1.お小遣額を上げる
     2.奥様の意思を真摯に受止める家事分担を改善する
     3.家の事を疎かにしない程度に仕事を認める

    1は言葉は悪いですが要はお金に物を言わせると言う事です。

    2は何故働きたいのかと真摯に思いを聞く事が大事だと思います。そのうえで現実的に出来る事出来ない事をフラットに相談できる関係性が大事かと思います。(個人的には奥様に刺さるのはここだと思います。刺さらないと厳しいですね・・。

    3は要は今のままで何も変えませんよと言葉をマイルドに言っているだけです。(ある意味一番冷たいかもしれませんね)

     
     関係性を変えるいい機会かなと個人的には思います。

    外で働くか働かないかは個人の自由ですが個人的には子供が小さい時以外は専業主婦をするのは大体ご夫婦それぞれの思惑が入った結果です。

    トピ内ID:4e0c3c7247ea940e

    ...本文を表示

    ハラスメント?というのは

    しおりをつける
    🙂
    危機管理
    奥さんの方でしょ
    家事の外発注もダメ、30万も欲しい、この年収の人間に無理難題

    私なら離婚します。

    トピ内ID:53f25fe703c63dd8

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    奥さんはただの世間知らず

    しおりをつける
    🙂
    アラフィフ妻
    あらゆる意味で単なる世間知らずなんだと思います、同年代の女性です。
    どうしたらっていうか、そんな幼稚な方を選んでしまったツケが今なのかも。
    その年齢になるまでに価値観やセンスなんて固まってますからね。
    びっくりされてるようですが今までもそうだったんじゃないですか?
    人はいきなりは変わらないと思うので。

    トピ内ID:4bb2baf2d8a2e29b

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0