詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    若くして死別された方いますか?

    お気に入り追加
    レス5
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐤
    えちゃまる
    ヘルス
    はじめまして。
    現在34歳ですが32歳の時に大好きな主人を突然死で亡くしました。
    結婚4年目で子供も考えていた矢先でした。

    現在は一人暮らしをしています。
    しばらくは県外の実家に帰りましたが、主人の実家のある今の場所に戻りました。

    死別してから約1年で就職して働きましたが、職場の人の心ないひとことで傷つき、ズルズル休んだうえ退職しました。

    これから先、頑張って生きていこうとも思えないし長生きもしたくない。なるべく早く主人と会いたいと思う日々です。

    主人の親や親戚は、まだ若いんだから再婚して子供を産めるうちに産んで幸せになってね!と言ってくれますが、とてもそんな気持ちにはなれません。

    まとまりのない文章ですが、若くして死別された方はどうやって生活されているのか伺いたいと思い投稿しました。
    よろしくお願いします。

    トピ内ID:96caa605f8869b98

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 1 びっくり
    • 15 涙ぽろり
    • 79 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数5

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    どうか安心して話せる場所を見つけて下さい。グリーフケア一考を

    しおりをつける
    blank
    ふーく
    トピを読み、そのお辛さと慟哭が刺さるようでした。

    ごめんなさい、「妻」としてではなく私は娘として事故で家族を失なった者です。

    突然夫を亡くし、幼子を抱え、更に転勤先だった母の立場を考えると、今でもあまりの壮絶さに震えます。

    ただ、15年後に母子でふとその話をした時、母はなんの記憶もないそうです。

    日常生活を送った記憶も、働き先を見つけた記憶も、子供の入学式等の記憶もあるけれど、遠い昔に読んだ小説のようなぼんやりとした記憶しかない。

    自分の記憶としての実感はない。

    その間、私を通じて周囲の人が再婚を勧めたことも、全く記憶にないそうです。

    母が覚えているのは、父といつか家族で行きたいと話していた沢山の旅行先に娘を連れて行って、あとは父のところに行くだけという想いだけ。

    たまたまお風呂に入っていると娘の私が「もっと生きたい」と言ったから、父のところにいくのはあと少しあと少しと考えて、いつの間に15年たったと。私も母も、父が亡くなったと実感したのは10年後です。
    亡くなったと分かっていても、どこか長い長い出張に行っているように感じていました。

    トピ主さん、大切な方の早すぎた旅立ち 心からお悔やみ申し上げます。

    トピ主さんが求めていた妻の立場ではなく娘の立場からでごめんなさい。
    ただ、遺族はどうしても比べてしまうんです。

    同じ遺族同士でも、失なった哀しみは同じなのに「あの人は子供がいるから」「若いから」「事故だから」「病気だから」等と比べてしまい、私の苦しみは分からないと更に落ち込み悲しむ。

    周囲の愛情のこもった慰めや励ましも「でもあの人は私と同じ経験をしたわけじゃない」から、私の苦しみは分からないとどうしても思ってしまう。声が届かない。

    まずは安心して哀しみを吐き出せる場所を見つけて下さい。

    トピ内ID:447c739bb6bbdaa1

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    私の母なんですが。

    しおりをつける
    blank
    うの花
    昔の昭和時代に母が28歳時に同じ年齢の夫(私の父親)を突然の病気で亡くしています(盲腸の誤診の診断)私1歳姉3歳の二人の子供を抱えて、まだ福祉が充実していない時代身を粉にして掛け持ちしながら働いて、私たちの為に再婚もしないで(まだ28歳なら再婚したら父親違いの子供を産むことにもなるので)育て上げてくれました。

    やっと楽になりつつある私21歳時に23歳で交通事故死した姉で、母の嘆きは大変なものだったと思います。その後私は結婚して二人の子供に恵まれているので、母にも孫を抱かせてあげれて同居した10年間は、62歳でくも膜下で急死した母には最高の幸せな時間だったと思っています。

    母親の人生を思えば今でも涙が出ますよ。愛する夫を数年間の結婚生活で失いその後の苦労を思えば辛いです。でもそんな母はいつも笑顔があり家庭内は笑いが絶えなかったです。裕福ではなかった家庭ですが、笑いがある家庭だったのが救いで前向き人生を今でも歩めています。母には感謝しかないです。

    まだまだ涙する日はあると思います。
    これからは前を向いて歩くのも必要かなと思います。
    まだ若いのだから夢を持ちましょうね。
    時間が解決するのもあるけど、心の切り替えをするのも大事です。
    貴女が笑顔で明るく暮らす方が天国のご主人は喜ぶはずです。

    トピ内ID:f8eaa46820881c2b

    ...本文を表示

    旦那亡くしてます

    しおりをつける
    🙂
    没イチママ
    同じような年代で旦那を亡くしました。
    乳幼児抱えて、数年介護をしてからでしたので、その時は正直「楽になった」でした。
    母業、介護、仕事と家と職場と病院を何往復もする日々で、正直辛すぎて何も覚えていません。
    やはり職場で心無い言葉をかけられて転職しました。
    「あの人は葬式で泣いてなかったから愛情なんてなかったんだ」と言いふらされていたのを知ったときは、立てないくらいショックを受けました。
    喪主&参列者600人超えで、遠方からの親戚対応まで一手に引き受けて、泣く時間なんてありませんでした。(加えて乳幼児)
    火葬場で親戚のみになってからワンワン泣いたので、私がへたり込んで泣いていたのは親戚にしか見せてません。(まだ健在の祖母に抱えられたくらい動けなくなった)
    子供もうろ覚えですが、記憶にあるようです。

    約10年経ち、時々フラッシュバックしますが、毎日駆け足のように過ごしています。
    仕事、子供の役員、時間があると家を模様替えしたり掃除したりと休みはほぼありません。
    のんびりできないのは、立ち止まると動けなくなるからなのかもしれませんね。

    何か夢中になれるものを探すのがお勧めかもしれません。
    私にとっては子供関係でしたが、今はそれで知り合った人と子供にスポーツを教えています。
    資格取得なども良いかもしれません。
    旦那から気を反らそうと始めた資格取得で、同じような職種の資格を取っているのが不思議です。
    何か旦那に言われているのかもしれませんね。

    最近になって、夢に出てくるようになりました。
    昔のことや行きたいと言っていた場所に行ったりです。

    トピ内ID:c7d20ec7297c6897

    ...本文を表示

    35歳で夫と死別しました

    しおりをつける
    🙂
    ローズガーデン
    はじめまして、えちゃまるさま。
    数年前の自分のように感じてしまいました。

    35歳で夫を亡くし、あれから10年。
    幼かった子どもも大きくなりました。

    看病した夫を亡くした時、私の人生は終わったと思いました。

    病気の子どもを育てながら、親の介護、仕事で睡眠時間一時間の毎日。怒涛のような数年でした。抜け殻だからこなせたのかもしれません。「自分の人生を生きていない。家族のためだけの人生。もったいない。」と指摘されましたが、構いませんでした。私の人生は夫とともに終わったのだから。

    再婚話をされても関心はなく、子どもが成長しても、自分の時間は止まったまま。数ヶ月に一度の夫を亡くした悲しみの涙が、唯一の感情で、他の感情と時間の流れは、自分とは無関係に感じました。

    その後病気になり、手術の時はこのまま死んだら、解放されるとさえ思いました。

    この時、自分と向き合いました。
    痛いほど。
    死んだように生きるのではなく、自分らしく生きてみようと。

    だからといって、人生上手くはいきません。
    子どもの病気、親の介護は相変わらず。
    手放した仕事の次は、なかなか見つかりません。

    しかし「生きてみよう」と、小さなことからトライしはじめたら、時計の音がします。
    悲しみ以外の感情もよみがえってきました。
    「今までは生きるための準備ができていなかった。」と思うようになりました。


    えちゃまるさまが再婚、出産、幸せになる気持ちになれない。
    でも、トピをたてるということは、今のままではいたくはないから…でしょうか。

    では「今はまだ幸せになる準備ができていない。」と思って、えちゃまるさまがしたいことをしてみませんか。したいこと、行きたい所に行っているうちに、新たな展開があるかもしれません。大きな目標でなく、小さなことからトライすることをオススメします。

    えちゃまるさまのこれからを祈っております。

    トピ内ID:118c0a559247a292

    ...本文を表示

    えちゃまるさんへ

    しおりをつける
    blank
    びたみん
    こんにちは。私は数年前に夫を亡くした経験があります。現在29歳です。

    私の場合は、夫との人生は思い出として保存し、これからは自分のために生きようと思い生活しています。


    今までやってみたかったけどできなかった事、やり残していた事などを振り返り、積極的にやっています。

    今、自分は縛りも何もなく自由で、自分の人生をより価値のあるものにしようと思うと、それに向かって日々充実した毎日を送っています。

    この先の再婚や子供などは今の所全く考えていません。幸せのなり方は人それぞれだと思います。

    トピ内ID:9206008fb78603b9

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0