詳細検索

    キャリア・職場このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    10歳年下の男の子との接し方

    お気に入り追加
    レス2
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    トピ主
    仕事
    バイト先に、10歳年下の男の子が入社してきました。未成年で、正社員雇用前提のアルバイト入社です。

    当たり前ですが、会社・社会のことなんて全く分かっていません。
    加えて、彼は島国育ちで、周りは年上の人ばかり、誰もが子は宝と考えている環境で育ってきたと想像できるのですが、そのためかコミュニケーションがうまくありません。

    どうコミュニケーションがうまくないかと言うと、とにかく自分に注目をして欲しい感じで、空気を読まずに急に突拍子のないことを言ったり、全部自分の話に持っていこうとします。

    なので、とにかく教えるのが大変です。

    例えば仕事の質問1つとっても、要点をまとめずに雑談ベースで持ってくる感じです。『そういう質問の仕方は相手の人の時間をとっちゃうし、敬意がないから、きちんと相手の時間をとってしまうと言うことを意識して、要点をまとめて持ってきてね』と言っても、とにかく注目して欲しいのか、雑談をしたいのか甘えているのか、いまいち成長は見られません。
    また同じことを何度も聞いてくるわりにはメモも取らないので、『同じことを何度も聞くって、相手の時間を取ってしまってるの分かる?例え一度で覚えることは難しくても、メモを取ったり復習したり、覚える努力はしようね。』と言っても、メモは取りません。

    私のバイト先は平均年齢45歳くらいで、30歳以下の若めの人は雇用しておらず、どちらかというとみんな淡々と仕事をしにきてて業務に対してプロフェッショナルな気質があります。
    なので、皆さん教えるのもうまくはなく、また会社・社会の常識を1から教える気なんてさらさらありません。

    ましてや未成年の男の子なんて皆さんからしたら息子くらいの年齢で、少々態度に困っても、面倒なのでまあいいかという空気になっています。

    【続きます】

    トピ内ID:09cff077997b0d37

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 2 面白い
    • 6 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 5 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数2

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    続きです

    しおりをつける
    🙂
    トピ主
    少し目に余る行動が多かったので、一度社長に相談をした(小さい会社なので、雇用を決定したのも社長)のですが、「彼を育てるのは私の使命だと思っているから、トピ主さんの方からも教えてあげて欲しい」という回答でした。

    とは言え、社長は常に会社に居るわけもなく、1から10まで教えるのはもちろん難しいので、細かい部分の指導はもちろん周りのスタッフにまわってきます。
    まわってくるのですが、慢性的に人員不足な会社なので、私以外のスタッフは日中の出入りが多く、基本会社には私しかいません。
    となると、必然的に教えるのは私にまわってきます。

    教えても、冒頭に話した通りなので、段々とストレスが溜まってきました。
    このストレス回避・解消の方法をぜひ皆様にご教示いただきたいです。

    トピ内ID:09cff077997b0d37

    閉じる× 閉じる×

    人に教えるときは、その場で実践させる

    しおりをつける
    🙂
    sei
     人間は、話を聞くだけより、自分で実践した方が、記憶に残りますし、身にも付きます。
     
     例えば、「要点をまとめて質問する」ことの指導については、その場で要点をまとめさせて、その場で再度質問させる。
     自分の時間がなければ、受けた質問について、自席に戻らせて要点をまとめさせたうえで、再度質問させる。
     また、その時に、要点のまとめ方も指導し、再度、指導内容を反映させた「要点をまとめた質問」をさせる。

     「メモを取る」ことの指導については、その場でメモを持ってこさせて、メモを書かせる。
     そして、書いたメモを読上げさせ、メモの書き方などもその場で指導して、メモを書き直させる。
     メモに書いてある内容について、再び質問を受けたら、メモを持ってこさせて、後輩の方と二人で確認する。
     後輩の方がメモを紛失したの回答をしたときは、後輩の方の席に赴き、紛失しないためのメモの保存方法、保存場所なども考えさせ、回答を受け、実践させ、その実践結果を確認する。

     指導については、以上の様な実践を交えたやり取りを、一回だけではなく、何度も何度も行うことにより、後輩の方も指導内容が身に付くかと思われます(※なお、回数は人によりますが)。

     その場で指導内容を実践させることは、その場での自分(※トピ主さん)の時間は取られますが、ただ単に言って聞かせるだけより、覚えるのも早く、結果的には指導に係る時間も少なくなり、トピ主さんのストレスも減っていくかと思います。

    トピ内ID:6ee07aba07c92cee

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0