詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    遺産相続って大変

    お気に入り追加
    レス29
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    トピ主
    話題
    90歳で亡くなった父の遺産相続登記をしようと戸籍謄本を取りました。
    手書きの謄本と最近の印刷された謄本2通。
    ところが、2通の間にまだ2通あるとの事、いきなり挫けてしまいました。
    遺言の検認の為なので、まだ司法書士を通していません。

    本当は、高額な司法書士手数料を回避すべく、自分で相続登記をしようと考えていたのですが、謄本を集めるだけで四苦八苦。
    やはり専門家に頼るしかないな、と諦め始めています・・・。

    思った以上に大変な遺産相続、自力でやり遂げたと言う方いますか?
    成功・挫折、何れでもお話をお聞きしたいです。

    トピ内ID:7d88df80feb87d1d

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 17 面白い
    • 58 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 243 エール
    • 14 なるほど

    レス

    レス数29

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    並び順:古い順

    私は二回やりました

    しおりをつける
    🙂
    クリア
    家族の相続手続きをやったことがあります。
    どちらも少々、厄介なのは不動産の登記くらいだったので、良い経験になりました。
    ただし遺言での相続は経験ありません。(どちらも遺産分割協議になりました)

    戸籍のことですが、故人が出生してから死去するまでの改製原戸籍ですね。
    実父のときは、本籍地が一ヶ所ですべて同じ自治体で手に入ったので、戸籍係の方に、
    「相続で必要なので・・・」と伝えると、すべて一括で手配してもらえました。
    本籍地を移したことがあれば、その自治体ごとに取得しなければならないです。
    でも郵送もできるので、わざわざ取りに行くことはありませんよ。
    様々な機関に提出する公的な書類を必要最低限で抑えるため、原本提出(返却不可)か、コピーでいいのか、両方を提出して原本は返却されるかを一覧票にしておくと、自ずと手続きの順番が決まるのでお薦めですよ。
    (余談ですが、添付書類は手続き後できるだけ原本を残しておきましょう。後で取り寄せできなくなる書類もあります。以前は「住民票の除票」の保存年限は5年でした。)

    書類に慣れている方なら、土地、建物の「所有権移転登記」くらいなら思いのほかできるし、
    法務局の方も相談窓口などで丁寧に教えてくれますよ。
    手続きをする前に一度、必ず法務局で全部事項証明(登記簿謄本の写し)を不動産の数だけ
    (故人所有の土地と建物すべて)とってみましょう。
    親戚の場合、未登記の建物があって驚きました。(固定資産税は徴収されていたので、未登記とは思いませんでした)相続を機に登記するか、そのままにするかで悩み、結局、将来的に売るとなると更地にする可能性があるので、そのままにしました。

    結局、相続による所有権移転登記では必ず必要となる登録免許税のみの支出で済みました。
    もし難しい案件になるのなら、専門家にお任せするのが良いと思いますが。

    トピ内ID:1b3c77582a4e1ec5

    閉じる× 閉じる×

    ほんと大変ですよね

    しおりをつける
    🙂
    さくら餅
    出生~死亡までの謄本の写しを希望すると出してくれません?
    これの前は○○市に依頼して取って下さいなど



    法定相続情報証明制度を利用して「法定相続情報一覧図」(住所なし)は自分で作りました。
    父の時にも必要になるかと思い試しに作ってみました。
    一覧図作って印刷して 法務局予約して と やってみると大変では無かったです

    ・実家A市が1時間以内。 
    ・両親ともA市から出ていない
    ・他の相続人もA市
    母の出生~死亡(5通ありました)までA市だけで取得出来たのも大きいです

    手書きの謄本の写しなんて読めないとこもあったので
    これは便利だなって思いました。

    銀行さんなど必要箇所でも使えて便助かる助かるようです。

    預貯金のみの税金掛からない相続だったので、
    相続人で記名と実印あり遺産分割協議書を作って残しました。

    父の時には不動産登記もあるので
    仕業の方に依頼が必要かなと思いますが
    住所を入れた「法定相続情報一覧図」までは作って費用を浮かそうと思っています。

    トピ内ID:ab4e168f2a2d1632

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    やってます。

    しおりをつける
    🙂
    アタン
    登記はまだですが、相続税の期限が来てしまったのでそちらをやりました。

    戸籍謄本は順番に探すだけですから序の口でした。
    遠い役場だったので、電話で本人の生まれから結婚した時期や場所、今の本籍地を話して相談したら、取るべきものを教えてくれました。
    戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍などなど、まずはありったけ取ってみて、時系列で繋がれば出来上がり。
    私は家系が単純だったから2箇所で済みましたけど、戸籍を移した回数が多いと面倒だと思います。
    ただ最初の一歩ですし、高ーい依頼料から見たら簡単です。
    へこたれつつ頑張ってください。

    戸籍が揃ったら、必ずコピーを取っておいてください。
    何かで必要になったときに、どれがいるかを実物で確認できます。
    時にはコピーで可となることもありますし、取り直すにしても間違いがありません。

    相続税計算が面倒でした。
    マンションあり、株あり、投信ありで、税務署からは散々会計士を頼むように言われました。
    が、根性で計算して、何度も地元の税務署に持ち込んで提出に漕ぎ着けました。
    やはり納付先は遠方だったので郵送提出でしたが、担当の方からお褒めの言葉をいただき、鼻高々でした。
    提出直前、何度計算しても高くて(笑)、数週間は繰り返し検算してました。
    入試以来の頑張りだった気がします。

    遺言はなかったのでそちらの手続きはわかりませんが、相続税は頑張れば何とかなります。
    書類仕事とか資料作成が得意でないと難しいかもしれませんが。
    事務職歴が長い人で、相続財産の把握が出来ている状態なら納税は出来ると思います。

    専門家に頼むのは最後でいいと思います。
    私も途中ですが、もうちょっと頑張ってみたいと思います。

    トピ内ID:e13dbc3b3351d9dd

    閉じる× 閉じる×

    おまえなら、出来るでしょ?

    しおりをつける
    🙂
    なな
    と言われて、揉めることもないし、きれいで単純だから、不動産登記も含めまあ出来るでしょ面倒くさいけど

    と全戸籍もとって保険手続きなども済ませ、後は銀行と不動産登記の変更だけになったところで、どうにも出来ない事態が

    配偶者(つまりトピ主親)が、体調不良で銀行に出向けないところで躓きまして
    他にも悪条件があり
    紆余曲折を経て、
    子は利害関係人なので代理出来ない!という結論に至り

    これはプロでないと無理となりました

    戸籍は原戸籍も含めて産まれてから死ぬまで全部取るのですけど
    必ずどこから出たか記載があるので、二桁年齢の方なら戦争や災害で戸籍が焼失などした場合以外は全部取れるはずです
    焼失しても名称忘れましたが何か出てきます(この場合はプロに依頼かな?)
    地名が現在のものと違っていても『あたり』をつけて、調べれば、そうトライ&エラーをせずに現在の管轄の役場が割り出せます
    親戚に聞けばわかることもあります
    今はGoogleで役場住所もすぐわかりますから、本当に便利です
    遠くても郵送で費用は小為替で取り寄せ可能なはずです
    不明な点はお近くの役場で確認すると教えてもらえるかとおもいます

    法改正して古いものを処分しても良くなった筈ですが
    大抵、きちんと江戸時代まで戸籍で追えますよ


    面倒ならプロに頼みましょう


    私の場合は上記のような状況で
    電話したり出向いたり、無駄な努力だったなぁと、おもいました

    手続きを同時進行で進めて早く終わらせたかったので、全戸籍二部とりましたが、銀行で止まっている間に他の手続きが済み、添付書類も返却されたため、これも無駄でした

    因みに不動産登記は一番最後にします
    戸籍を一緒に綴るので、ここは使い回せないからです
    使用可能期限にも注意してください
    たぶん3ヶ月は有効だった筈です

    トピ内ID:271cdb7c1d117cbf

    閉じる× 閉じる×

    わかります。

    しおりをつける
    🙂
    やり方がわかれば、自分で相続手続きをしたいと思っています。
    でも、書類集めや名義変更が多々あり、自分でやるのは諦めています。
    面倒で時間がかかるので、私は税理士さんにお願いします。
    手数料はかかりますが、お任せが気持ち的に一番楽です。

    トピ内ID:f712796e5e8033e3

    閉じる× 閉じる×

    大変なのは準確定申告のほう

    しおりをつける
    🙂
    esezou
    失礼ですがトピ主、謄本取り寄せ程度の事務作業で四苦八苦するようではこの先の手続きを自力でやり遂げるのは無理そうです。
    回答者は全ての相続に関わる作業を自分でやりましたが、一番大変なのは準確定申告の不動産に掛かる税金計算でした。
    法令を隅から隅まで読み込むのです、専門家でも誤る程度の難易度です。

    専門家に依頼されることを強くお勧めします、期限があるので。

    トピ内ID:d23c453e64f0d185

    閉じる× 閉じる×

    司法書士に頼む

    しおりをつける
    🙂
    豆大福
     司法書士に依頼して手数料をお支払いする方がよろしいのでは、と考えます。二親等以内を二人見送った者の経験談です。

     相続の手続きで、銀行や土地の登記の変更や、一連の手続きがたくさんありますよね。そのいちいちで、必要書類の確認が行われますが、司法書士が作った遺産分割協議書がある事によって、スピード感がまるで違います。銀行やら役所だって、ド素人が見よう見まねで作った書類を一つ一つ確認するより、専門家が作った書類を確認する方が断然安心な訳です。要は信用度の問題です。

     ある程度の遺産がある、不動産もあるとなるならば、遺言があっても無くても、司法書士に依頼することをお勧めします。

    トピ内ID:9ed435845f085803

    閉じる× 閉じる×

    何のための専門家

    しおりをつける
    🐶
    東京暦
    謄本取る位で挫折なら、早いとこ専門家を入れた方が良いですよ。

    謄本は郵送でも依頼出来ます。

    税理士や司法書士が手続きしないで出来る程度なのでしょうか。

    専門家に頼んでも、個人でやる事が山ほどあるのが相続です。

    手違いがあっても大変です。

    早目に依頼して打ち合わせ、書類集めで、何とか期限に間に合う位では?

    税金は待ってくれないので、頑張って下さい。

    トピ内ID:6b65af01f367ba91

    閉じる× 閉じる×

    私が死んだら

    しおりをつける
    🙂
    海賊の妻
    母が言うには「私が死んだら〇先生に頼みなさい」と専門家に丸投げするように言われています。お隣さんがやはり〇先生にお世話になったそうです。必要な書類はすべて揃えてくれて、本人が行くべきところにはついて行ってくれたそうです。そしてスムーズにいきとても心強い思いがしたと言います。やはりお専門家に頼み楽をしたらいかがでしょうか。

    トピ内ID:00b79a045849e2f9

    閉じる× 閉じる×

    皆さま、レスありがとうございます

    しおりをつける
    🙂
    トピ主
    郊外住宅地の家と土地、預貯金ほぼ無しなので、暇に任せてやってみようかな?と思っていましたが、そんな単純なものではないようですね。特に税金の計算が大変そうです。
    高額な手数料も妥当なものだと納得しました。

    家裁の担当者も「本やネットで調べて、自力で登記しようと言う方もいますが、司法書士に任せた方が良いですよ」と忠告してくれました。
    ここは、人生の必要経費と割り切って専門家にお任せします。

    後は何処の司法書士に依頼するかですよね、皆様どうされていますか?

    トピ内ID:7d88df80feb87d1d

    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(3件)全て見る

    司法書士さんにお願いしました

    しおりをつける
    🐱
    ラティーナ
    遺産相続の前段階で、家族信託(正しくは民事信託)の一環として不動産や金融資産の「名義変更」を手続きしました(生前贈与ではありません)。公正証書を作成するにも、素人では抜けがありイザというときに役に立たない怖れもあるので、うちは司法書士さんにお願いしました。高額な?といっても司法書士さんへのお支払いは80万円ほどで済みましたよ。やはりプロに頼むのがいちばんだと思いました。

    トピ内ID:acb75a82d769fc01

    閉じる× 閉じる×

    プロに頼むならお早めに

    しおりをつける
    🙂
    ochapi
    私は一通り全部自分でやりましたが、戸籍謄本を取るのは単に「役所行って窓口で頼む」を繰り返すだけの作業なので、一連の相続処理のなかでは簡単な部分です。戸籍には「どこから来たか」「どこへ行ったか」が記載されていますから、直近の戸籍から順次たぐっていくだけ。面倒ではありますが、それだけ。ここで挫折するようなら、早めにプロに頼んだ方がいいと思います。

    登記だけなら(いまのところ)かなり時間に余裕がありますが、隠し負債が沢山出てきて相続放棄とか、相続税がかかるような状況だとタイムリミットは結構短いので、早めにプロに頼んでください。知り合いの税理士に聞いたところでは「自分でやる! といってギリギリで駆け込まれると特急料金もらってもしんどい」とのことでした。

    トピ内ID:aba44580bc2a95d7

    閉じる× 閉じる×

    まず相続税の課税対象になるかどうか

    しおりをつける
    🙂
    四槓子
    相続人が何人なのか、そしてトータルで相続する資産額がいくらになるのかでざっと計算してみてください。
    これらの計算方法は国税庁のHPに整理する表が掲載されていますし、不動産の計算方法もわかりやすく出ています。

    これにより相続税に該当しないなら税理士が必要なく司法書士だけですむ場合あります。
    これくらいは、自力で算出してみた方が良いかな。

    90歳で収入は老齢年金だけなら、それほど面倒ではないように思いました。

    自力でやろうとするなら、
    時間とフットワークさえあれば、出来ると思います。

    私は50過ぎの専業主婦でしたが、親の相続にかかる手続きを登記から相続税まで全てやりました。
    決して賢い部類ではなく、どちらかと言うと底辺をさまようような頭ですが、トピ主様と同じような発想でやりました。

    市役所に2回。
    法務局に相談を含め、4回。
    税務署に相談含め2回。
    司法書士の無料相談1回
    あと有価証券を含め金融機関数社にそれぞれ2回。
    あとは、図書館で借りた本や、ネットを駆使して調べながらやりました。

    結論からいうと、司法書士への依頼料は決して高くないということです。そしてどこに依頼しても変わらないと思います。

    何よりビックリしたのが、不動産登記に係る収入印紙の金額。
    これは自力でやろうと士業に依頼しようと変わりませんから。
    司法書士の料金が高く感じるのは、この不動産の収入印紙代ではなかろうかと思います。

    私個人の意見ですが、
    トピ主様がフリーで時間が許すなら、出来る程度まで自力でやって、行き詰まったりしたなら、その時に士業に依頼してはどうでしょう。
    自分で集めた戸籍などの書類はそのまま士業にお預けになれば良いだけですし(実費がその分安くなる)

    まずは取り急ぎ、相続税などの概算を計算をしてからです。

    トピ内ID:18f780c8b2b18da3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    遺産相続って大変

    しおりをつける
    🙂
    ふくふく兎
    トピ主さまお悔やみ申し上げます。
    『遺言書』無しの相続でしたが、全て自分でやりました。
    不動産登記は法務局に、相続税は税務署で相談しました。
    分かりやすく、親切に指導していただきました。
    頑張ってください。
    お疲れのでませんように。

    トピ内ID:c9994f80ccc3b691

    閉じる× 閉じる×

    近所の司法書士に頼んだ

    しおりをつける
    🙂
    チュン夫
    >後は何処の司法書士に依頼するかですよね、皆様どうされていますか?

    両親、義両親4人の相続処理をしましたが、全部、近所の司法書士にお願いしました。

    30年位前、その司法書士が開業したときに、同じ大学の卒業生名簿を見て案内ハガキをもらっていたので、面識はありませんでしたが一応「後輩」なので、お願いしました。

    ちなみに友人は個人で土地家屋、預金などの相続処理をしたそうです。

    私も最初の相続では、兄に他県の自治体に連絡をしてもらい、親の戸籍を取り寄せて「産まれてから死ぬまでの戸籍」を集めました。義両親は車で1時間の自治体に戸籍があるので、妻と一緒に車で取りに行きました。

    最後の相続では他県の自治体に連絡して戸籍を取り寄せるのが面倒だったので、それも司法書士にお願いしました。

    遺産の分割方法は兄と話し合っていたので、遺産分割協議書として作成してもらうのと、土地家屋の相続登記は司法書士にお願いしました。「他県の戸籍取り寄せ・遺産分割協議書作成・相続登記」で10万弱でした。(税金や戸籍の料金も含まれるので、司法書士の実質取り分は6万強)

    単純な土地と家屋だけなら、登記の手続きは、戸籍と遺言書(なければ相続人全員が署名・実印捺印した遺産分割協議書:一人っ子でも必要とか)があれば、法務局で遺産分割協議書の書き方も含め、相続登記の方法を教えてもらい、自分でできたそうです。

    銀行の解約・払い戻しは、遺言書か遺産分割協議書を銀行に持参します。司法書士ではやってくれないのでは?。

    最後に亡くなった母の相続では、子供2人の相続で相続税の控除額を少し超え、相続税が必要でした。(母の貯金があったので、父の時に母の相続を少なくしておけば良かった)全部自分で計算しましたが結構面倒で、念のため税務署にも相談してみてもらい、その後申告しました。税理士に頼めば10万では済みそうにないので。

    トピ内ID:b1ca0d8d31308c79

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      昨日、土地の相続が完了しました!

      しおりをつける
      🙂
      ねこねこ
      コロナの影響で窓口相談は今はやらないそうです。

      代わりに電話相談ができます。
      最初に法務局に電話をして予約をすると、
      指定した時間に電話が来て20分だけ相談できます。
      私は揃えた書類の過不足、作った書類に間違いがないかを聞きました。

      税務署は税の申告の相談等も業務ですが、
      法務局は教えるのは業務ではないとHPにあり
      手取り足取りとはいかないため、自分でやりたい実母に代わってやりました。

      本人の生まれてから死ぬまでの戸籍謄本ですが、
      途中、離婚や養子に出ているとその期間の別戸籍になり、途中の謄本も必要です。
      「生まれてから死ぬまで」と言ってしまうと役所の人はそこまで見ないので
      取ったら流れを確認した方がいいです。

      あとは生きている相続人それぞれのの謄本か抄本&印鑑証明が取り寄せる書類。
      これも謄本の方が、何か気づいたとき楽でした。

      そして
      相続関係図(相続人に死別者がいる場合はここで「死亡」と記載だけで書類不要)
      遺産分割協議書
      登記申請書
      を自分で作ります。

      うちの土地は
      一筆
      測量不要
      数次相続なし

      と簡単なパターンだったので法務局には出して取りに行っただけでした。
      母からの手間賃は、印紙代と一万円でしたがね・・・

      トピ内ID:83b6cab6b4129050

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      再レスです

      しおりをつける
      🙂
      クリア
      ケースバイケースですが、準確定申告(所得税)と相続税の申告は必要がないことも往々にしてあります。

      私が手続きをした実父の場合も、親戚の場合も、高齢で公的年金以外の収入がなかったため、準確定申告は必要ありませんでした。
      年金停止や遺族年金の請求などの手続きのために、担当部署へ連絡を入れた際に、担当の方に「準確定申告が必要か否か」を確認したところ、「必要なし」とのことでした。
      (年金関係は、日本年金機構と加入していた年金の両方に連絡を入れ、念のため、税務署にも電話で確認しました。)
      故人の収入が公的年金のみで、存命中に毎年、所得税の確定申告をしていなかった方(非課税枠)なら、その可能性は大です。(一番新しい年金の源泉徴収票があれば見てみてください。所得税が控除されていなければ、非課税枠です。)
      とにかく年金関連の連絡先へ確認して、申告の必要があるかどうか聞いてみてください。

      相続税に関しては税務署から分厚い書類が届きますが、これも非課税枠内に収まるかどうかが分かれ目で、非課税枠内に収まる、つまり課税対象でないという場合は「相続についてのお尋ね」という書面を提出するのみで終わりでした。
      (この「相続についてのお尋ね」ですが、不動産については、固定資産税の書類に書かれている内容を写すくらいのボリュームですみます。)

      準確定申告も相続税申告も、課税か非課税かのどちらになるかで手続きの煩雑さはかなり変わると思いますよ。

      トピ内ID:1b3c77582a4e1ec5

      閉じる× 閉じる×

      クリアさん ありがとうございます。

      しおりをつける
      🙂
      トピ主
      何とかなりそうな・・・少しやる気が出てきました。
      土地が父名義(評価額800万円)、建物(評価額400万円)は10年前に亡くなった母名義です。
      父は遺言有、母は間に合わなかったので遺産分割協議書が必要です。
      何れも預貯金がなく、非課税の範囲内なので急ぎの登記は必要ありません。
      年金のみの収入でしたので、税務署への計算・申告は必要ないと思います。
      皆様の体験談を拝見し、取り敢えず土地だけでもチャレンジしてみようかと考えが変わりました。(検認が終わって遺言書が有効である事が大前提ですが。)
      建物に関しては一年後位に、司法書士を通して依頼するつもりです。

      トピ内ID:7d88df80feb87d1d

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      すみません、訳ありではないでしょうか。

      しおりをつける
      🙂
      四槓子
      この資産状況が不自然だし、
      これでお父様がなぜ遺言をわざわざ残されたのかわかりません。

      遺言に書かれている内容って御存知ですか?
      生前お父様から聞いてますか?
      他にご兄弟は?

      戸籍集めで苦労してるようですが、転籍を繰り返したのか、ただ戸籍を引っ越しの度に持ち歩いてるのか知りませんが、
      お父様は再婚とか、過去に家庭を持っていた可能性ありませんか?

      また、他の方のレスにもありますが、
      マイナスの資産には注意が必要です。
      相続放棄には期限があり、これが相続手続きの中で、手続き期限上一番直近です。

      それと登記を含め順番的には、
      お母様の家屋の処理後、お父様の土地を含めての相続手続きをおやりになった方が良いと思います。
      お父様が鬼籍に入られた今、面倒なのはお母様の家屋の処理かと。

      地域の司法書士会や弁護士会などで定期的に無料の相談会など開催してます。
      もちろん有料でも相談は受け付けていると思うので、一度ご相談してみてはどうですか?

      "遺言書"の存在が気になりますね。

      何もないことを祈ります。
      頑張ってください。

      トピ内ID:18f780c8b2b18da3

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      うちは苦労知らずでした

      しおりをつける
      🙂
      アラ50
       父死亡時。私はノータッチでしたが。特に苦労してないそうです。

       農家なので転居なし。隠し子、財産、再婚も無し。
       農家なので、長子が土地、預貯金を貰う事に異存なし。
       また、兄弟も少なく。預金は亡くなる前に引き出し。土地の登記はまだ緩かったから、変えてない。

       相続放棄のハンコすら押していません。

       次回母の時は登記の関係は出るでしょう。後継ぎが独り占めで異存無し。税金を払うほどの財産もありません。兄弟も少く、孫は二人。

       独身資産家の伯父がいて、法的には相続人かもしれません。
       姉とその子は可愛がって貰って、独り占め予定(遺言有り)です。それも異存は勿論ありません。転居は2回と確認は取れていますから、苦労は無いでしょう専門家の費用は既に貰ったから、お任せだそうです。

       トピ主がそれほどに大変なのは、後のトラブルを防ぐためなのでしょうね。

       婚家の親戚数件や知人の親戚が昭和の相続に関して今頃裁判を起こしています。田舎の土地が値上がりしたからなんでしょう。
       今更相続放棄の判子を押してくださいと言われましたが。
       無礼なお手紙なので、無視しました。しかし、専門家が作った書類(相続相関図)見ると、大変だなあ、とは思いました。
       最早相続人が沢山です。感慨深く相関図を眺めました。

       
       婚家は自己破産で差し押さえ。相続放棄のみなので、楽なものでした。

       トピ主は貰えるモノがあるからの苦労ですよ。

      トピ内ID:7b41d7d23ced4b91

      閉じる× 閉じる×

      遺言状なしで自力でしました☆

      しおりをつける
      🙂
      tamalyn
      相続税非課税で似た感じの不動産の登記移転しました。
      当方は父が先に亡くなって、父名義の不動産の相続手続きをしないまま母が亡くなったパターンです。
      相続人が手続きを完了する前に亡くなった場合の相続を数次相続と言うそうです。

      先にお父様の相続を進めてしまうと余計ややこしくなって、お金が余分にかかる可能性があります。
      遺言書の内容や、相続人の人数にもよりますが1回に済ます方が時間も掛からず、お財布に優しいかと思います。

      私に場合、
      父と母、それぞれの「法定相続情報一覧図」を法務局で作ってもらう (無料)

      この一覧図他必要な書類を揃えて、2件分の登記移転手続きをしましたので、法務局に納めたお金は1.5件分くらいだったと思います。

      「法定相続情報一覧図」は被相続人の口座を閉める時や年金の手続きでも使えますので、複数枚発行してもらうといいかと思います。
      作り方は法務局のホームページの「法定相続情報証明制度の具体的な手続について」を参考に作って、一度法務局に行くといいかと思います。
      足りない書類について法務局の人は、私の時はかなり親切にどうしたらいいか教えてくれました。

      ちなみに後に延ばす程、やる気が低下します…(苦笑)

      トピ内ID:d6e3e87cee496809

      閉じる× 閉じる×

      自分で相続手続きをするのは無理だと思います

      しおりをつける
      🙂
      茶トラ11キロ
      相続って、人が亡くなったとたんに発生するんですよ。
      お母さんが亡くなったとたんに、登記はしていなくても建物はお父さんが2分の1、主様(と兄弟がいれば兄弟)が2分の1の持ち分で所有していることになります。
      お母さんの相続手続きをしないまま、お父さんの相続手続きはできません。
      司法書士のところに行くと、同時に相続手続きをとってくれます。
      私はできた、簡単、という書き込みもありますが、素人ができる場合とできない場合があります。この場合は、無理だと思いますよ。
      相続手続きには戸籍を取り寄せるだけでなく、名寄帳を取り寄せたり、遺産分割協議書を作ったり、登録免許税の計算をしたり、登記申請書を作ったり、と大変な労力がかかります。
      そしてミスがあると法務局から呼び出しがかかります。
      私の場合は登録免許税の計算が違っていて、追加の印紙を法務局に送りました。

      司法書士に支払う報酬が高いといいますが、高いのは「国に支払う登録免許税」であって、司法書士の報酬はそんなに高くありません。
      自分で一から調べて書類を整えることを考えると安いと思います。

      トピ内ID:a23845345c3f5b60

      閉じる× 閉じる×

      建物の所有者、本当にお母さんですか?

      しおりをつける
      🙂
      茶トラ11キロ
      連投失礼します。

      建物がお母さん所有とのことですが、お母さんは医師か夜勤のある看護師か教師だったのですか?
      建物の登記は、建てる時に負担した金額で持ち分が決まります。
      お母さんが所有していたとなると、家を建てる時にお母さんが全額お金を出したということになりますが、そんなことができる人だったのでしょうか。
      それともお母さんは建物を親から相続したのですか?親から家を一軒建てられるだけの現金を相続したのですか?

      そもそも、建物の登記が取れているのですか?
      住んでいる自治体の固定資産台帳に載っていることと、法務局に登記がされていることは別です。
      相続手続きをしようと思ったら、建物の登記が取れていなかった、はよくあることです。

      まず、土地家屋調査士のところに行って、法務局から登記情報を取り寄せてもらってください。
      その時には、自治体から発行される「固定資産税の課税明細書」を持って行ってください。
      「住所」と「土地の地番」は違います。土地の地番が分からないと調べられません。
      登記がされていなかったら、まず建物の登記をして、それから相続手続きをします。
      建物の登記は土地家屋調査士の仕事です。それが終わってから、書類が司法書士に回ります。

      トピ内ID:a23845345c3f5b60

      閉じる× 閉じる×

      建物は登記されてますか?

      しおりをつける
      🙂
      やおつち
      建物はお母さん名義とのこと


      登記はされていますか?
      (課税通知書がお母さん名義で来ても、建物を登記しているとは限りません
      未登記の可能性もあります
      課税通知書の家屋番号が空欄なら、未登記家屋です)

      もし登記はされていないのなら

      未登記家屋の名義変更をするだけでいいです


      未登記家屋の名義変更は
      市役所の税務課で
      手続きします

      トピ内ID:ccd6a036f986d06b

      閉じる× 閉じる×

      皆さま ありがとうございます

      しおりをつける
      🙂
      トピ主
      詳しく教えて下さって有難いです。
      建物は登記済みです、私の場合数次登記となり面倒そうなので司法書士にお任せした方が良さそうですね。
      それから遺言書の内容は把握しています、全く問題ありません。

      トピ内ID:7d88df80feb87d1d

      閉じる× 閉じる×
      トピ主のコメント(3件)全て見る

      生活・身近な話題ランキング

        その他も見る その他も見る

        お母さんの相続手続き書類はありますか

        しおりをつける
        🙂
        なな
        2度目です

        遺産分割協議書を作りませんでしたか?

        お母さんの相続をどのようにしたのかがわからないと、ちょっとめんどくさいことになるかもです
        (相続人は配偶者と子なので、問題ないかもですが……)

        念のためにプロに依頼することをおすすめします

        トピ内ID:271cdb7c1d117cbf

        閉じる× 閉じる×

        無学な私でもできた。

        しおりをつける
        🙂
        父の遺産相続で経験しました。

        行政書士・司法書士に依頼すると、遺産金額に対しての手数料ですので、遺産金額が多いと手数料も多くかかります。

        もし任せるなるなら、行政書士のほうが安いと思います。

        私の場合は、本を買って、取り合えず自分なりに作成、やはり不備があるので、2,3回は法務局に通う覚悟で始めました。

        不備の部分があると、計算の仕方、書き方、必要書類など、登記官が教えてくれますよ。
        無料相談窓口もありますので、絶対に自分で登記したほうが安上がりです。

        数字登記も基本は同じです。

        無学な私でも出来ましたので、時間を惜しまなければできます。

        トピ内ID:65c02ae218286bcc

        この投稿者の他のレスを見る フォローする
        閉じる× 閉じる×

        花さん

        しおりをつける
        🐱
        茶トラ11キロ
        >行政書士・司法書士に依頼すると
        >もし任せるなるなら、行政書士のほうが安いと思います。

        行政書士には相続登記はできません。司法書士法違反に問われます。

        トピ内ID:a23845345c3f5b60

        閉じる× 閉じる×

        今回の相続登記、自分でできること

        しおりをつける
        🐱
        茶トラ11キロ
        全部司法書士に頼む必要はありません。自分でできることもあります。
        司法書士に支払うお金は大雑把に
        ・登録免許税
        ・戸籍謄本や固定資産評価証明書の手数料+司法書士の手間賃
        ・司法書士の書類作成料と登記申請に係る報酬
        に分けられます。
        登録免許税は評価額の1000分の4ですので、4万8千円です。これは自分で手続きしても司法書士に依頼しても変わりません。
        戸籍謄本や固定資産評価証明書は自分でとれます。以前のレスで「名寄帳」という名前を出しましたが、固定資産評価証明書で十分かと。(私の場合は非課税の公衆用道路を持ち分6分の1で所有していたので、夫に「名寄帳をとって来て」と言われました。)これらを司法書士に頼むと1通につきいくらという手数料を支払うことになります。
        それ以外は司法書士に依頼かと。
        数次相続だと遺産分割協議書の書き方から特殊なので、委任状や登記申請書も含めてお願いしてください。6万前後で済むかと思います。

        先日うちの事務所の金庫を整理していたら、大正時代!に亡くなった人の登記書類が出てきました。
        夫に聞いたら。無くなった舅(司法書士)が親戚の相続手続きをした時の書類だそうです。
        孫・ひ孫・玄孫と、相続人が20人もいて、「この人たちの戸籍謄本を全部取り寄せたのか」と想像するだけでもめまいがするような書類でした。

        父が亡くなった時、私と夫で書類をすべて集めて遺産分割協議書も書いて司法書士にお願いするだけにして帰ったのに、母が登記を完了したのは4年後でした。
        気持ちに勢いがあるうちに進めてください。

        トピ内ID:a23845345c3f5b60

        閉じる× 閉じる×
        並び順:古い順
        • レス一覧
        • トピ主のみ (3)

        あなたも書いてみませんか?

        • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
        • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
        • 匿名で楽しめるので、特定されません
        [詳しいルールを確認する]

        アクセス数ランキング

        その他も見る
          その他も見る
          気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
          使用イメージ
          使用イメージ

          マイページ利用でもっと便利に!

          お気に入り機能を使う ログイン
          レス求!トピ一覧

          注目トピ

          注目トピはありません。

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0