詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    自然食レストランのなぜ。

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🐶
    スイカ好き
    話題
    調味料や食材などにこだわった、優しい味の自然食レストランが好きです。
    月に2回くらい1人でランチに行きます。
    ただ、残念ながらあまり周囲に多くなく、5-6箇所くらいで、どこもすごく混んでいます。

    中部地方と関西地方の間の県です。

    それ以外の選択肢というと、チェーン店のお寿司や牛丼屋さん、ハンバーグ屋さんや焼肉、居酒屋さんなどで、たまには良いのですが、それなら家で作ろうかな…という気持ちになります。

    無添加の自然食レストラン、知っているお店はどこもとても人気があるのに、なぜあまり増えないのでしょうか?

    また自然食のお店は基本的にランチか夕方までの営業が多いのも残念です。
    たまにですが、仕事が遅くなった時、子ども達と夕ご飯をさっと食べに行きたいな、というときに、家の周りの自然食レストランはほとんど閉まっています。たまにバイキング形式のところは夜の営業をしているのですが、疲れてるし、落ち着いて席について食べたいしなぁ…と躊躇してしまいます。

    自然食レストランは夕食どきの家族単位の集客があまり見込めないから、夜の営業は敬遠されるのでしょうか?
    夫もたまにはこういういいけど、やっぱり家族で外食するときは鳥焼きとか回転寿司がいいな〜と言うので。

    子どもと一緒にこそ行きたいので、夕ご飯どきにもっと増えてほしいです。

    素人の浅知恵を並べただけなので、飲食店の事情をご存知の方教えていただけたら嬉しいです。

    トピ内ID:9a67bbcebebfef9e

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 43 面白い
    • 288 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 19 エール
    • 30 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    原材料費が高く、収益が上がらないからでは?

    しおりをつける
    🙂
    ミライ
    素人の勝手な想像ですが。
    チェーン店のように安い原材料ではないし、大量にも仕入れることもできない、調理にも手間をかけていて人件費もかかるからではないかと。

    トピ内ID:bd5cc142ddd3796e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    結局「それなら家で食べられるから」だと思う

    しおりをつける
    🙂
    にん
    自炊するようになってからよく感じるんですが
    外食で高いお金を払って、わざわざ「家で自分で作れるようなもの」を食べたいと思わないんですよね。

    子供の頃はおしゃれなサラダやハンバーグ、目玉焼きなどが外食の素敵メニューとして輝いて見えましたが、大人になると、わざわざ普通のレタスだけのサラダとか注文したいと思えない。
    ハンバーグも自分で作ったほうが美味しいし。
    あと、目玉焼きにお金払うとか、もはや意味がわからない。

    それだったら、自分では作れない(作っても上手にできない)お寿司とか、家でやると面倒な揚げ物や焼肉、焼き鳥などのほうが外食で食べたいです。

    それでも、ごくたまーに、オシャレな雰囲気の自然食レストランに行きたいなあと思うこともありますよ。
    そういう人の需要に応えた結果が、今のレストランの数かなあと思います。

    ちなみにこれはトピの主旨とは関係ない話ですが、私は回転寿司ももうほとんど行かないです。
    値段と質のバランスを考えると、実は回ってないお寿司屋さんのほうが断然コスパ良いことに気付いてしまったので…(あと、同じネタを2つも食べたくない)

    トピ内ID:eb677153417438ce

    閉じる× 閉じる×

    自然派レストラン好きです

    しおりをつける
    🙂
    豆乳ラテ
    私も自然食が好きですし、マクロビに近い食生活ですので、外食は自然食縛りにしています。ここ数年、特にコロナ禍ではかなりの自然派レストランが無くなっていますね。残念なことです。 
     私はというと数年前の身体が不調がきっかけで自然食に目覚め、勉強と兼ねて自然派レストランに行くようになりました。それまでは自然食なんて量が少なく、満腹感がないので割高だと思ってました。でも、実際行ってみると優しい味付けで食べると元気になるし、愛情込めて作られた野菜と料理、食べてみると本当に幸せになります。

     私が思うに客単価は低い割にコストが割高、自然派の人は小食だし、お酒もあまり飲まない、本当にこだわっている人は自分で作るし、客層も限られているから儲からないのだと思います。ヴィーガンなどが多く訪れる京都や沖縄ですら、コロナ禍でたくさんのお店が閉店していましたので悲しかった。

    私は地方在住なので、時間をかけて食べに行っているので自然派レストラン増えてくれると嬉しいですけどね。

    トピ内ID:d0a6e26ad2de2450

    閉じる× 閉じる×

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    みか
    たぶん、そのような自然食レストランは女性客をターゲットにしていると思います。子供連れであっても、あまり年齢の高くない子供。そして、お酒を飲みながら食べるイメージではないのがいちばん影響あるのではないでしょうか。

    夜の営業は基本的にお酒を提供する店がほとんどだと思います。やはり利益を出すためにはアルコールは欠かせないのではないでしょうか。もちろんそうではない店もあるでしょうが、お酒を出す店のほうが客を集めている印象があります。そして、男性客と女性客を比較すると、男性客のほうが割合としてはお酒を飲むことが多いと思います。

    一般的に、自然食レストランは女性客のほうが多いと思います。野菜のおかずが多く、どちらかというと和食中心という印象です。そうすると、男性や育ち盛りの子どもにとっては物足りないと思うでしょう。実は、わたしは60代女性ですが、はっきりいって物足りません。もっとしっかりとした料理を食べたいです。わたしにとっては、「やさしい味」は「いまいちの味」なのです(トピ主さんはお好きなのに、本当にごめんなさい)。そのため、どうしても女性や歳の若い子供が中心になってしまうのだと思います。そして、そのような客はあまりお酒を飲まないはずです。だから、昼の営業が中心になるのだと思います。

    トピ内ID:bbffabe430b6ec92

    閉じる× 閉じる×

    自然派の人はあまり外食しないから

    しおりをつける
    🙂
    もももんが
     自然派なら、日の高いうちに仕事を終わらせ、普通の時間に眠るので。

     ディナーの営業は(8時ラストオーダーでも)片付けて家に帰って寝るのは午前様。
     自然派に生きるの経営者ならランチ、ティータイムのみです。
     

     自然派なら野菜ですよね。自然派の野菜は一般ルートは乱高下するので、外食向きではありません。それで撤退するのは多い。
     「自然派」のお店は「何時までもつかな、、」という視線で見てしまいます。人気を惜しまれつつ、のパターンです。

     自然派食材の仕入れルートの安定確保は結構大変です。それが仕事の成功の決め手です。

     どこの産地でも「大変な思いをして、低農薬するなら、安定したチェーンで、できるだけ高く買い取りしてほしい。」と思います。
     それを叶えるのは大手の経営努力です。
     
     そして自然派の人はあまり外食しないので、安定性がありません。
     トピ主も「たまには」だし。
     繁盛しているのは店舗数が少ないジャンルだから。

     トピ主の言う「自然」が何を指すか分かりませんが。
     ファミレスも産地を明瞭にしたり、化学添加物にはかなり気を使っています。それこそファミリー狙いなので。
     
     メジャー系こそ、ある意味安心です。厳しいチェックがあるし、ヘンなモノを出せば大変な事になる。
     セントラル方式でも味については改善されています。

     お近くでお気に入りの店を一軒探すか。
     良心的なファミレスで手を打つか。

     もっとも、私は疲れて遅いときは冷凍野菜使って、ミールキット使って食べて寝ます。

    トピ内ID:de337aa134ce8082

    閉じる× 閉じる×

    ひとつひとつに手間がかかっているからでは

    しおりをつける
    🙂
    まりあん
    あくまでイメージです。 調味料や食材にこだわるとなると、ソースやドレッシングなども素材を厳選して手作り。 メニューも冷凍ものや業務用のものは使わず、その日その日に仕入れた新鮮な材料で手間をかけて作っている。

    なので、たくさんは作れないし、夜に家族連れなどで来られたらてんてこ舞になってしまいそう。 

    細々とランチのみ、数に限定あり、というところがまた、自然食愛好家を惹きつける戦略にもなっているのではないでしょうか。 

    トピ内ID:e54158cdb24f9503

    閉じる× 閉じる×

    食材の調達はどこから?

    しおりをつける
    🙂
    ooba
    レストランを増やすには、その前に、食材の調達場所が増えないとどうしようもありませんよ

    調味料も食材も限られてきますよね
    手間暇がかかるから大量生産もできない

    それから、自然はレストランを営むような人たちは、生き方にもこだわりがあるでしょう
    レストランで半日以上過ごすなんてことはしないでしょ

    経営者がすべて見える範囲で経営するとなったら仕込みから閉店まで無理のない時間で開店し
    あなたが家族との夕食を楽しみたいように
    その経営者や従業員も家族との時間を楽しめるような経営状態にするわけですよ

    トピ内ID:a390fa6a94e22b89

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    食材が限られる?

    しおりをつける
    blank
    晴れるかな
    自然食だから無農薬とかに拘るでしょうから、地元でなければいけないだろうし、大量生産が出来ないはずなんです。拘りがあるほど生産者と近場での営業になりませんか。

    忙しいから近場にあってほしいのは貴女側の希望であって、無添加レストランを街中で採算が取れるか疑問に感じます。
    高い料金でも自然派志向の人とお値打ち値段で食べたい安い料金優先の人と人口的にどちらが多いかによります。
    現代はおそらく料金が安い方が営業利益は多いと思うからそういう事になると思いますよ。

    トピ内ID:ead93a450b0e4ec7

    閉じる× 閉じる×

    答えの一つが

    しおりをつける
    🙂
    ばるーん
    トピ主さんも書いていますよね
    >残念ながらあまり周囲に多くなく、5-6箇所くらいで、どこもすごく混んでいます。

    店舗数が少ないから混んでいるのでは。
    これが例えば2丁歩けば一店ある状態ならどこもそんなに混まないと思います。

    自然食レストランって割高なイメージですし、私もトピ主夫同様焼き鳥(鳥焼とは違う?)なんかの方が良いです。

    トピ内ID:19b768c1655b5a70

    閉じる× 閉じる×

    手間がかかるから

    しおりをつける
    🙂
    わーまま
    手広くしようとすると、うまくいかないからだと思います
    ある程度の品質や味を確保するのが大変、無理がある

    あと、少ないからこそ価値がある
    チェーン店化して横並びになると、そんなに売れないと思います

    夜の営業するには、アルコールの提供とかが必要になる
    そこに自然派は、受けないと思いますよ
    家族向けってそんなにもうからない
    子供を入れるリスクもある(単価が安くなるし、量もお酒もたのまないから)

    結局、わかりやすいくて、みんながおいしい、そして味の維持がしやすい
    お寿司や牛丼屋さん、ハンバーグ屋さんや焼肉、居酒屋さんが強くなってしまう

    コンビニのお弁当、ヘルシー志向のメニューはあるけど
    メインは、揚げ物中心のお弁当です
    早くてうまくておなか一杯になるメニューを求めてくる人が大半なんですよね

    コロナ禍で閉店の目立つ飲食店ですが
    やっぱり安いうまい早いなチェーン店が強いし
    この安定感はありがたいとも思います

    トピ内ID:f901936acc73d28a

    閉じる× 閉じる×

    ファミリー向けではない

    しおりをつける
    🙂
    カフェ好き
    飲食店に詳しくはありませんが…。

    自然食を取り扱っている、それを売りにしているお店は割高です。

    正直なところファミリーに向いてません。

    それに自然食をよく好まれるのは若い女性に多い感じがします。特に独身女性。

    私の周りでは自然食を取り扱っているお店はカフェ的なものが多いですね、やはり。

    カフェは子供は敬遠されがちですしね。

    バイキング方式でない自然食なお店はどうしてもお値段が高くなると思います。
    オーガニック食品が高いように。

    ランチならそこそこ頑張って家族連れも来れそうですが、ディナーとなると値段があがりますよね。

    なのでカフェ系が多いんだと思います。

    私も無添加の食品は惹かれますが、たまにカフェで楽しむ程度がいいと思います。
    家族で行ったら財布が悲鳴をあげるかも…。

    育ち盛りの子連れなら質より量って人の方が多いと思いますよ。

    トピ内ID:a26bc242ce4bd3ab

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    食材が入手しにくい

    しおりをつける
    🙂
    レモネード
     自然食の食材は、大量生産が出来ません。病気や虫に弱いからです。なので、当然コストがかかります。安い値段では出せません。だから、チェーン店には向きません。
     トピ主のようにたまにしか利用しない人は、少々高くても気にならないのでしょうが、毎日のように外食を利用する人もいます。特に夜に利用する人は、それなりの値段で利用したい人が多いのです。
     外食産業も、お客さんのニーズで成り立っています。自然食のレストランが少ないのも、結局は大手のチェーン店では採算が合わないからです。それにコロナ対応でお酒が出せない状況では、夜営業は難しいと思います。
     それでも、コアなお客さんを相手にしたお店はありますから、コロナが落ち着いたら、探してみて下さい。個人的には、お子さん連れなら、夜で無い方が良いとは思いますが。

    トピ内ID:87402cd78c04c1bc

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    理由は簡単です

    しおりをつける
    🙂
    私は好き
    需要がないからです。
    慈善事業ではなく、利益を出さないといけない「商売」なので夜はやらないというところが多いのだと思います。
    多分、夜は他のお店の選択肢もある中で生き残りはできないでしょうね。
    それなら営業時間を絞って仕入れ量も減らして有効な時間帯だけ開けた方が良いでしょう。
    どう考えてもその手の店は昼に時間のある、しかも意識高い系の客層を狙ってますから、夜の家族連れは釣れないんですよ。そうするとコストの方が高くついて潰れます。
    男性はその手の意識高い系マダムが集う店を苦手とする人も多いですしね。
    子どももそういう店はあんまりということも多いです。
    大多数の家族連れのニーズには合わないし、ウケないのです。
    だから営業しない。利益がないから。商売が成り立つくらいの需要がないから。

    まぁ、単純に優しい味ってのは外食文化の中では魅力が低いのだと思います。
    外食にそんなの求めてないから、というのが大多数の意見だと思います。
    あと、世の中の多くの人はそこまで添加物を忌避しません。
    無添加であることにさして魅力を感じないし、なんなら「自然派」という言葉に謎のぞわっと感を感じる人もいると思います。
    これは私も取材して聞いた話ですが、割と少なくない数の人間が「自然派」とか「優しいお味」というワードに拒否感を示すようです。その界隈にいる女性の特徴が苦手、もしくは一度痛い目を見ているようです。こちらの食べ物まで否定してくるなど。
    そういうイメージも一部にはあるので、余計に利益に繋げるのは難しいのでしょう。
    あとは単に、一人あたりの単価が高くなりがちなので、それなら別の選択肢を、と言う人も多いのでしょうね。

    トピ内ID:26f3798c1549c3aa

    閉じる× 閉じる×

    家庭料理が究極の自然食レストランだから

    しおりをつける
    🙂
    みっこ
    自然食レストランって、素材を活かすため、あまり複雑なもの、作らないですよね。
    「こんなんだったら家で食べられる」と言うのを超えて、美味しいものを提供するのは
    すごく手間暇かかるのだと思います。
    よく考えたら、家庭料理と言うのは、ほぼ自然食だし・・・。
    レストランだと品数は多いですけど、一つ一つ見てみると。普通の家庭料理ではありませんか?

    「お金をもらう味」と言うのは難しいものです。

    トピ内ID:c74ea46fb5572cbe

    閉じる× 閉じる×

    ありがとうございます

    しおりをつける
    🐶
    スイカ好き
    皆様、色々な角度からご意見をいただきまして、まことにありがとうございました。

    自然食レストランの肝となる、無農薬野菜の安定供給のことまで頭が回りませんでした。
    それに、経営者の方も自分の生活のバランスを重視する方が多いのもそうですよね。
    原価率が高く、手間隙もかかり、客層も女性客が中心というのも、また飲み物も、お酒が合わずドリンクで採算を上げる訳にはいかないというのと納得です。
    自然食レストランに農家直営のところが多いのも、自家製の無農薬野菜を安定して使える場所を作りたいということだったのか、とこちらのご回答を見てようやく分かりました。

    私の母は無添加やオーガニックが大好きで、若い頃はそれに反発してジャンクフードやチェーン店の味や、コンビニ食に傾倒していました。

    でも3人目の悪阻があまりにひどく、自分で作れなかった時期に、今までよく利用していたチェーン店のテイクアウトの食事をどれも受け付けられなくなりました。そんなある日、家族で休日のお昼に自然食レストランに試しに行ってみたところ、びっくりするほど心身ともに元気になり、吐き気が嘘のように起きなかったのが自然食ファンになったきっかけです。

    それ以降体調が安定して作るようになってから、なるべく無添加の食材を使うようになりましたが、やはり高いので家計のことを考えると半分から6割くらいでしょうか。
    それでも体調は目に見えて良くなりました。
    我が家の子ども達も私の幼少期のように、チェーン店の牛丼やファストフードの味が大好きです。
    しかし今4人目妊娠中ということもあり、やっぱり自然食レストラン行きたい!
    疲れた時に、どうしてもキッチンに立てない時に、気軽にいつでも行けたらいいのに、と我儘に考えてトピを立てた次第です。

    皆様、貴重なお時間を使って色々教えていただきまして、誠にありがとうございました。

    トピ内ID:9a67bbcebebfef9e

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      もう解決したようですがもう一点

      しおりをつける
      🙂
      てるてるてるこ
      かなり神経が太くないと続けられない商売なんだそうですよ。

      無添加とか自然食を標榜はしているが、100%達成するのは難しい。
      概ね無添加、概ね自然食だったいいはずなんだけど、ちょっとでも添加物が入っているとクレームが沢山寄せられます。
      醤油の味の角を取るのにつかわれるみりん。
      みりん自体は無添加で作られていても、醤油を作るのに使えばみりん自体が添加物。
      そこを突かれて添加物を使っているのに無添加を標榜するのはウソつきだって批判してくる人達がいるのだそうです。
      ぶっちゃけヒマかよって思うけどね。
      実際に存在するようです。

      そして無添加であればどうしたってフードロスは多くなりがち。
      一度食中毒を出してしまえばお店の存亡にかかわる。
      しかし保存料や防腐剤は使えないし、ph調整剤ですら難しいでしょう。
      冷蔵庫保存でも生肉なら3日。食中毒のことを考えれな2日程度にしておかないと危険。
      今日、仕入れた材料を翌日までに使い切り・・・って簡単そうで実はとても難しい。
      そうなればどうしった普通の飲食店よりロスは多めになってしまう。
      そうなると今度はフードロス問題に対して批判が来てしまう。

      気持ちが強くないと続けられないビジネスモデルなんですよね。

      その上、あまりにも材料費が嵩み、もうからないとなれば手を出す人は少ないでしょうね。

      トピ内ID:e90351070f9a8860

      閉じる× 閉じる×

      外食業界の仕組み

      しおりをつける
      🙂
      ななし
      ご存知かもしれませんが、
      外食産業はほとんど既製品・冷凍品ですよ。
      たとえばどこかのメーカーが、和えものなら和えものばっかり作る。デザートならデザートだけ作る。
      それがどこかの普段は聞いたことない中小メーカーなこともあるし、大手の食品メーカーが外食産業向けに食品を作ってることもある。1kgとかパックにして。(業務スーパーとかで見るようなやつ)

      レストランはそういうものをセレクトして、少しアレンジして出してるだけ。
      大手チェーンはセントラルキッチンを保有してたりしますけど。

      で、それらは当然冷凍できたり保存が効くように製造されてます。比較的、肉類は冷凍できるので加工度合いは低いのかなぁと思いますが。
      だからコストが安く、利益も出やすい。
      故に経営者は規模を拡大して、新規出店もやりやすい。

      じゃぁ自然派の食品を冷凍したり保存したりできるのか。
      利益度外視でやらないと難しいでしょう。
      あと、お客さんが来るか来ないかわからない時間までお店を開けると人件費や光熱費が勿体無いです。

      もっとも、そういう食べ物を好みそうな層が集まる場所でなら成り立つ場合もあると思いますよ。
      例えば独身女性。ただそういう人たちは都市部でオシャレな生活をしたい。その一環で自然派な食事が存在している気がする。
      逆にファミリーだとどうしても決定権が男性にある。やっぱり男性はハンバーグ、牛丼好きです。

      そういった要因から、自然派レストランが少ないのだと思います。

      トピ内ID:834a74453eea399c

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0