詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    五十の手習い、キャリアに繋がる?

    お気に入り追加
    レス24
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    話題
    50代です。子供が中学に入って土曜も学校に行くようになったこと、子供が英検を受け始めたので、親の学ぶ背中も見せるべしか…とフランス語を学び始め、娘の英検受験を追っかけて仏検も受け始めました。

    元々語学は得意だったとは思っていたものの、やはり寄る年波には勝てないと言うか、思った程効率よくは進まず、頭打ち。娘との検定競争は私が追い抜いてしまい、娘を励ますつもりがやる気を削いだだけだったかもという哀しい状況になっています。

    かといってここまでお金も時間もかけてしまい、私のやる気だけは上昇。

    ただ、やはりこれから娘にも更に大学とかでお金かかるであろう状況で、どうすべきか悩んでおります。

    フランス語通訳になれるくらい極めたいなぁと思っても(それ自身が妄想かも?)、年齢的に元はとれそうにはありません。

    趣味だけにとどめるのももったいないかなぁとか。現実的にフランス語通訳の需要自体が高いとは思えません。殆どのフランス人は英語も話せますので、やはり英語が需要も高ければ供給もピンキリで溢れてるところでしょうね。

    家計にさほど余裕が有るわけでもないし、そんな勉強するくらいならなにか副業始める方があるべき姿か。悩みます。

    中高年以降で.新たなことを始めてそれで生計も立ててるって方がいらっしゃったら教えていただければとおもいます。

    気力も体力も昔とは違うし、無理も利かなくなってくるし、悩ましいところで自問自答中です。他にやるべき事があるのではないかと。

    トピ内ID:b3147262c4fe5d78

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 15 面白い
    • 156 びっくり
    • 0 涙ぽろり
    • 44 エール
    • 0 なるほど

    レス

    レス数24

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    ボランティア

    しおりをつける
    🙂
    もももんが
     資格の勉強しています。
     万一受かっても就職させてくれる事なんてありませんが。

     学ぶ姿勢を見せるのは大切な事と思います。一方的な「勉強しなさい!」より、会話が弾みます。

     迷うなら、小遣い稼ぎにパートに行くのも良い。それでも時間を持て余しますよ。

     語学学習の目標は語学ボランティアも良いでしょう。

     習う人が少ないので、逆にチャンスはあるかも?ビジネスでは無く、観光、文化関係の交流とか。

     収入や学ぶ姿勢も大切ですが。
    ボランティア精神を子供にみせるのは大切と思います。

    トピ内ID:ca47dcc8f0b7d430

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    副業OK?

    しおりをつける
    blank
    はな
     勉強する時間があるなら、副業した方がいいか悩むという事は、きちんとお仕事されている方なんですよね?
     そもそも、職場で副業OKなんですか?

     隙間時間や休日に勉強して(さほどお金を掛けずに)、退職後に生かせるよう頑張ってみたらどうですか?

    トピ内ID:10a70d2a582884fe

    閉じる× 閉じる×

    副業を始める方がるべき姿かって…あなたの本業は何ですか?

    しおりをつける
    🙂
    明雲
    >家計にさほど余裕が有るわけでもないし、そんな勉強するくらいならなにか副業始める方があるべき姿か。悩みます。

    あなたの本業は何なのでしょう?
    仏語を習い始めたのは解りました。
    副業始めるという事は本業があるという事。

    >中高年以降で.新たなことを始めてそれで生計も立ててるって方がいらっしゃったら教えていただければとおもいます。

    副業をするなら本業から派生したような業種にしないと。

    というか、あなたは本業をやりつつ新たな事(あなたにとって仏語って事かしら?)をして、いずれはそちらにシフトチェンジして生計を立てたいって事ですか?
    通訳とか実績もないのにどこから仕事を貰う気ですか?
    今は本業で生計を立てられている事って事ですかね?
    ん~よく分からない(苦笑)

    あと大変申し上げにくいのですが、私も同年代ですが、この歳から何か新しく初めて、身体が動くうちにそれで元を取るとかそういう考えの方は、お金を使うだけ使って、たいてい中途半端で終わります。

    ただ純粋に楽しみ、努力し、極めて、気が付いたらいつの間にか結果(収入)は後からちゃんとついてきてくれたの!という人なら何人か知っています。
    大抵お金の心配のいらない良いところの奥様です。
    何故知っているかというと、そういう習い事の講師を私は20年以上続けているからです。

    お嬢さんの事もいろいろ書いておられますが、あまり関係ないかですね。
    強いて言えば、あなたの承認欲求だけは強そうという事が垣間見れただけです。

    家計に余裕がないのでしたら、副業なんて考えず本業を大切にして、仏語は趣味に留めておくのが賢明だと思います。

    トピ内ID:070c4376e08f895d

    閉じる× 閉じる×

    通信大学と中国語

    しおりをつける
    🙂
    なすび
    家庭の事情でしばらく専業主婦、40代後半で派遣で大学事務職として働き始めました。
    仕事と並行して通信大学で勉強、ちょうど50歳で卒業。
    その後、大学の直接雇用の非常勤職員として、学位と関係ある業務についています。

    コロナ禍となり、家で過ごす時間が増え、職場にも中国からの学生がいることもあり、
    以前勉強していた中国語のNHK講座を聞くようになりました。
    勉強が面白くなり、さらに市民講座の中国語の夜のクラスを見つけ、これにも参加。
    一年後に中国語検定を受験し、3級に合格することができました。
    大して費用もかかっておらず、楽しみながら上の級の合格を目指しています。

    トピ内ID:fe3625a1cfb620a4

    閉じる× 閉じる×

    お金がないなら勧めませんね…

    しおりをつける
    🙂
    わちこ
    習い事っていうのは、お金のプラスとマイナスだけで考えると虚しいものですよ。
    20代くらいまでなら将来のリターンの金額も重要かもしれませんが、50代になったらそんなにガツガツしても残り時間が少ない分どうなるかは予測しようもないですよね。

    しかしそのくらいの年代になると、お金以外のリターンは大いにあると思いますよ。
    有体な話ですが、何か教室を開くなどして、さほど利益にはならないけれどいろいろな人から感謝や尊敬を集めたりなど。
    私の親戚や知人、お世話になっている人にもそういうタイプが何人かいますが、人生が豊かだなあと思います。

    しかしトピ主さんの場合、家計に余裕がないとのことで。
    どのくらい余裕がないかにもよりますが、お子さんの学費の心配もしなきゃいけないくらいなら、今は大人しく普通に副業をするのが、取るべき選択肢じゃないでしょうか。

    お子さんもせいぜいあと5年くらいで学費かからなくなるでしょうし、習い事はその後にされては。

    ちなみにちょっと話が戻りますが、私が尊敬しているカウンセラーさんは40代中盤から自分を見つめるために心理学を習い始めて、その後50代からカウンセラーデビュー、50代終盤くらいからそれだけで生計を立てられるようになってます。
    ただこの方の場合かなり苦労されてきたので、ハングリー精神とでもいうのか、そういう後に引けない事情でもないとここまでのガッツは出ないかもしれませんね。

    トピ内ID:b0a3e0fce69f6706

    閉じる× 閉じる×

    「生きがい」ならアリ

    しおりをつける
    🙂
    マルガリータ
    同年代のものです。
    若いころから語学は好きで、最近、中国語を始めました。
    いつモノになるかわかりませんが、新しい言語と、それを話す地域や人のことを学ぶのは楽しいものです。

    しかし、経済的に「元がとれる」かというと、たぶん無理でしょうね。
    上達したら、仕事やボランティアでかかわっている分野で多少役立てるチャンスがあるかな、という下心も少しはあるものの、経済的には持ち出しになると思います。それでも、新しいことを知り、人と出会う喜びはそれに勝るので、それでいいと思っています。

    フランス語は、学習者は多いけれど、ビジネスで使うチャンスは少ない言語だと思います。
    昔から学問や芸術で使われてきて、第二外国語で習う人も多いけれど、日本に住むフランス人は少ないし、ビジネスで日本と関わりを持つフランス人は英語もできる人が多い。
    料理人やパティシエでフランスからの情報を知りたい人、アニメやマンガを海外に紹介したい人など、自分の専門分野との関わりがある人なら、生かすチャンスもあるでしょうが…。

    ただ、経済的には割に合わなくても、ボランティアでも生かせれば、という方なら、フランス語は案外需要があると思います。日本に住んでいるアフリカ出身の方、フランス語圏の方も多いので、支援の現場ではフランス語ができる方の需要はあります。紛争下の国から命からがら逃れてきて、難民申請をしている方もいます。人の人生がかかっているので、ボランティアだからといっていい加減な仕事はできません。その割にお金にはならないので、経済的に元を取りたいという方にはおすすめできませんが。

    トピ内ID:ca958e01f3b96525

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    最初は趣味だけの予定でした。

    しおりをつける
    🙂
    レスを下さった皆様、ありがとうございます。

    リターンを求めなければ人生は、豊かになる…それはその通りだと思います。すでに実感済です。

    当初は子供の英検に合わせてママも頑張る!だけの趣味の予定でした。良心的な語学学校の総合講座ひとつとってただけ。 

    ですが、クラスが上がるのと共にまわりの頑張ってる人とかにも刺激され、欲も出て来てしまいました。それ自体は悪くないとは思ってますが、娘効果はほぼ空振りに終わり、自分の趣味道楽、でも極めたい!と言うある意味分不相応な野心だけ湧いてきてもて余しております。

    自分自身の五十チャレンジとしてどこ迄行けるか?と試したい気持ちも大きい。

    副業は、本業に影響与えない範囲でと考え、在宅で探し始めています。コロナで同業の人がかなり失職していたことを鑑みるとずっと、お仕事があったのは有難い限りで、そこで副業なんて、やや条件付きで見つけるのも厳しいなぁと感じています。

    結局副業を確保出来るまては、フランス語は捨てられないですね。すでに趣味としては十分私の興味などさらに豊かにしてくれてると思ってます。映画、ドラマ、そしてSNS、範囲が大きく広がり楽しい。

    でも出来れば一石二鳥にならないかなーなんて考えてしまうのです。

    仏検は申込期限の勘違いを数回しでかしてしまい、今春やっと2級合格しましたが、申込人数に制限のあるフランス教育省の試験の方は準一級相当まで合格してます。フランスの大学へ願書も出せるくらいには達したのですが、家族のことを考えると今更留学とかはないですし。今いる猫たちが天寿を全うすれば考えられるかもしれませんが、10年以上は後になりそう。

    私の承認要求の強さですが、強いと思いますよ。子供の頃に誉めて貰えた事がないのですよ。何か出来てもいつもその程度の馬鹿扱いでしたもん。
    でもそれが原動力だったら頑張るのは醜いですか?

    トピ内ID:b3147262c4fe5d78

    閉じる× 閉じる×

    元を取るという考え方を変えてみては?

    しおりをつける
    🙂
    フランフラン
    同年代既婚女性です。

    私は中国語で、それを使って一時期生計立ててました。
    自分で勝手に現地に行って取引先探して、何年もかけて組める人を見つけました。
    独学だったから教科書とCD DVDこれだけでとてつもないリターンでした。
    でもそれは私が自営業で、独身時代バックパッカーっぽかったから出来たことです。

    私は今は別の言語勉強中です。教科書3冊だけで、あとはCDと動画サイト。もう少ししたらオンライン授業受けてもいいかなと思ってます。ほぼ毎日30分で1ヶ月7000円くらいです。

    トピ主さんは多分どこかに習いに行って検定試験に合格されたんだと思います。習いに行けば時間とお金がかかりますもんね。基礎はわかったのなら独学に変えてはどうですか?

    勉強って工夫次第でいつでも出来ます。起きてる時間、読むもの聞くものかくもの全部学習したい言語に変えればいいです。インプットとアウトプットも同じくらいすれば、上達早くなります。SNSで外国人と関わる事も可能です。

    お金かけずにフランス語勉強して、別に副業するのがいいと思います。損得勘定よりも好きだからする。じゃないと無駄な時間とお金を使ったと思いかねませんね。子供も何も関係なく、自分がやりたいと思う事をする。これが後悔しないと思います。

    トピ内ID:a6b5b69634ff3e43

    閉じる× 閉じる×

    お金がかかるのはレッスンを受けてるからでしょうか

    しおりをつける
    🙂
    純一
    お金をかけずに続けたらどうでしょうか。フランス語ならNHK講座も充実していますし、ネットのサブスクの映画やドラマをフランス語音声で見てみるとか。

    トピ主さんと同じような動機で子供が中学の頃に中国語を始めました。親が「勉強している姿」を見せる方が、「勉強しろ」と1万回言うよりも効果的だと思ったんですね。それがうまくいったのかわかりませんが、本人は第一志望の大学に進学して家から出て行きました。目的は果たしたので辞めてもいいんですが・・・今度はこっちが辞められなくなってしまいました。
    NHKの講座中心で独学しているのでお金はたいしてかかりません。文法書やドリル、検定対策の書籍、辞書、後は検定料金くらいですね。サブスクで中国語の映画やドラマ見てますが、別料金という訳でもないので楽しんでます。お金をかけずに楽しむこともできると思いますよ。
    あまり仕事のことは考えないようにしています。語学って仕事レベルまで持っていくには習得に膨大な労力がかかりますが、あまり報われることはないですね。「役に立ったらラッキー」くらいでいいと思いますよ。

    トピ内ID:ba0c71a07e47a15f

    閉じる× 閉じる×

    本気なら、日本と西欧の違いを理解+専門性有が有利だと思います

    しおりをつける
    🙂
    在欧、副業翻訳経験者
    西欧の方に
    >五十の手習い、キャリアに繋がる?
    と聞いたら、他人がどう思うかは関係ない
    自分がしたい→する、したくない→しないと自分がどうしたいかで考えれば?
    実現させたいなら
    >寄る年波には勝てない…思った程効率よくは進まず、頭打ち
    >元はとれそうにはありません
    >勉強するくらいならなにか副業始める方が…
    >需要自体が高いとは思えません
    と言い訳を並べないで、実現できる方法を考えた方が前向き等と言う人は多いと思います。日本とは、色々考え方が大きく異なりますから。トピ文、レスを拝読し日本人らしい考え方・質問だと、私は感じました。

    >承認要求の強さですが、強いと思いますよ。…それが原動力だったら頑張るのは醜いですか?
    まず、誰も【醜い】とは言ってないと思います。

    >仏検は申込期限の勘違いを数回しでかし
    主様は、言葉の受け止め方に課題がある印象です。母・外国語が流暢でも、言葉の受け止め方に課題があると主旨が正確に伝わり難くなり、通訳・翻訳は更に難しくなります。

    また主様は50代。
    西欧では16~18歳以降、大人扱いされるので
    >子供の頃に誉めて貰えた事がない
    成育歴が…と言ったら
    親離れしてから、成長・克服する機会や時間もあったのでは?
    いつまでも他罰的に考えるのはどうか?
    自力で改善困難ならプロに相談し心のケアを受けた方が良いのでは?
    >娘を励ますつもりがやる気を削いだだけだったかもという哀しい状況
    お嬢様の心のケアをしなくて大丈夫?負の連鎖になっていない?
    等と相手が考えても不思議ではありません。

    主様が本気で
    >通訳になれるくらい極めたい
    とお考えなら、日本語能力を高める事=外国語が母語を超える事はないので、通訳・翻訳者は「母語も」言語能力の高さが必要です。後、何か専門分野があった方が有利です。簡単な内容なら翻訳機もあり、今の時代、海外在住の方でもできますから。

    トピ内ID:f60882f9233dd6b0

    閉じる× 閉じる×

    叶うかもしれないし、叶わないかもしれない

    しおりをつける
    🙂
    つくえ
    何か目標があるのは良いことですよ。
    何歳になっても。
    できれば一石二鳥にならないかなあというのも、多くの人が思ってることじゃないですかね。

    自分や周りを見ていて思うのは、仕事などで何かを達成した人って2つのタイプがあるんですよね。
    ひとつは「何が何でもやってやるんだ!!」と長年諦めなかったタイプ。
    もうひとつは「好きで何となくやってたら、いつの間にか仕事になってました」のタイプ。

    トピ主さんは後者のほうに該当している感じがするので、そのうち何かに繋がる可能性はかなり高いと思いますよ。
    ちなみに私もこのタイプで、何だかいつの間にか仕事になってましたって感じです。
    (語学関連ではないですが)
    どうやったらなれるの?と時々聞かれるのですが、正直わかりません。
    でも、会社員じゃない働き方ってこういう「いつのまにか」のパターンの人すごく多いんですよね。
    多分「何が何でも!」の人より多いと思います。

    でも、同じようにやってても叶わない人もいるのが現実です。
    だからトピ主さんも今後どうなるかわかりません。

    誰にも未来のことはわからないので、トピ主さんも楽しみながらアンテナを張りつつ、チャンスがあったら掴みにいけばいいんじゃないかな。
    お子さんや猫が困らない程度に、やっていってはどうでしょうか。

    ちなみに「承認欲求を原動力に頑張るのは醜いですか?」とのことですが、仕事にしたいならそれはやめたほうが良いと思います。
    仕事にする上ではどうしても商売相手が存在するので、承認欲求が強く見える人との仕事はやりにくいです。

    褒められたいだけなら、趣味の内容をSNSで公開して「いいね」がたくさんついたほうが満たされると思いますよ。
    商売になると「いいね」の数より売り上げのほうが大事になりますからね。

    承認の実感と売り上げは、実は比例しません。
    ここがわかってないと躓くと思います。

    トピ内ID:fa4088d82bff5f03

    閉じる× 閉じる×

    「生きがい」「やりがい」中心なら

    しおりをつける
    🙂
    パル子
    フランス語を本業にして、高収入を得たい、と言うならば正直無理でしょう。副業で「生きがい」や「やりがい」が得られれば、儲けたものと思っているのなら良いと思います。50歳以降で生きがいを求めて、海外の大学に留学した人も何人か知っていますが、人生に一段落つけて、チャレンジをすることに重きを置かれていました。

    フランス語を使って何か専門分野を広げることができるなら良いと思いますが、通訳とか翻訳とかフランス語のみを中心にするというのが、英語でも中国語でも同じことだと思いますが、困難だと思います。ただ、ご存知のように、フランス語はフランス、またはヨーロッパだけで話されている言語ではありません。例えば、アフリカに視野を向けたら、違う可能性もあるかもしれません。

    私はフランス以外のヨーロッパ某国フランス語圏で小学校低学年から大学院まで過ごしました。8年前から日本の大学で専門分野を教えていて、仏検1級を持っている社会人の方に何人かお会いしましたが、みなさんフランス語と関係のない本業をお持ちまたは専業主婦の方で、フランス語は観光業でのボランティアや自分のお子さんに教えるときのみ使うとおっしゃっていましたので、やはり副業かボランティアで使うというのが現実的だと思います。ただ、私の教え子で美術関連の卒論を書き、美術館や画廊に就職し、フランスの美術館やアーティストとのやりとりを仕事でしていたり、アフリカ研究で修士を取り、アフリカのフランス語圏諸国との輸出入関連の会社に勤め、出張に行ったり(コロナ禍の今はしていないはずですが)、現地とのやりとりでフランス語を日常的にしている人もいますので、何か他に専門があれば、本業にするもの可能なのだと思います。

    トピ内ID:a2ef83a3048b6117

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    お金の問題ですよね

    しおりをつける
    🙂
    ろうねこ
    そこまでやる気があるなら頑張ってほしいと思いますよ
    実際辞めたくはないんですよね
    でも、まだお子さんが中学生
    これからお金がどんどんかかかる
    しかも50代ならご自身の老後費用の心配もしなければいけない時期と被る
    だから対費用効果を求めたい
    うーんそれに対して誰も答えは出せないんですよ
    ご自身もかけた費用を回収する事は難しいだろうと思ってますよね

    とぴ主さん宅のお金の問題である以上それはもっと具体的にアドバイスが欲しいなら
    現状としてクリアできるかどうかを具体的に専門家にでも相談する事です
    あくまでその趣味で稼げるかどうかという取らぬ狸のなんとやらは考えないというのが
    現実的だという事にすぎません

    トピ内ID:0c692f1749002f5a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    年齢なりに

    しおりをつける
    🐤
    ペルル
    一般論ですが
    毎年、日本各地の外国語大学のフランス語学科の学生達が卒業してきます。
    それらの若い学生に比較して、五十代のトピ主さんに勝ち目がある部分
    それは、経験かと思います。

    今している仕事、学生時代の専攻、子育て・介護など実践してきたこと
    周囲とのネットワーク、あるいは、中年になってから学び始めたという自身の過程
    そんな、個人的な資産が何かあったら、それをフランス語とマッチングさせていけば
    何かにつながっていく可能性がある気がします。

    単純に通訳などは
    現地に住んだこともなく、他の方がおっしゃる通り日本語が洗練されていないので
    かなりハードルが高いかと。

    語学は、趣味で学んでいる人も多く
    帰国子女だったり、帯同だったりの方も多いので
    人気のフランス語で頭角を表すのは、現実的ではないと思います。
    若い人があまり関心のない分野で、トピ主さんが自信、または蓄積のある分野があれば
    それをフランス語と組み合わせて発展させることが、自分でも楽しく進めていけるのではないでしょうか。

    お茶や生花、柔道、折り紙なんかはありふれているので
    日本刺繍、金魚、落語、和竿、のような、あまりまだ人が少ない分野で得意なものがあれば
    副業に繋がる気がします。

    トピ内ID:fbc52d37df602c31

    閉じる× 閉じる×

    勉強はそのくらいにして使った方が楽しいのでは

    しおりをつける
    🙂
    純一
    トピ主さん、レベルを上げる事に執着しているようですが、そんなことしてもフランスの人に「フランス語が上手ですね」って褒められ、日本人から「スゴイ!」って言われるるだけ。他に何にも残りませんよ。

    もう基礎はできてるそうですから、使う方に行く時期じゃないかと。その方が実益があるし楽しいでしょ。例えば、フランスの雑貨や趣味の品物を輸入販売する。あるいは日本のグッズをフランス語圏にネット販売する。そういう商売を始めてみるんです。
    例えば、輸入であればフランスに仕入れに行きませんか?。お店回っていろいろ質問してって、コミュニケーションができますよね?。気に入ったお店ができて定期的に仕入れる事になれば商売上の取引ができるので、より密な関係になりなすよ。業界団体があれば資料もあるでしょうし、展示会やパーティもありませんか?。
    逆に、日本のグッズを紹介するフランス語のサイトを作ったり、フランス語で説明する動画をあげたりしたらどうでしょう。興味を持つ人もできて、友人や取引先ができるかも知れません。
    フランスの人は「フランス語が話せる人」に興味がある訳じゃないですよね?。フランス語はペラペラだけど、自分の知りたい事を何も知らない人に興味なんか湧きません。
    そろそろ「お勉強期間」は終了して、フランスやフランス人と関わりを持つ、という方向にシフトしたらいかがでしょうか?。そうすれば学んだ語学が一石二鳥にも三鳥にもなる、かも知れません。

    トピ内ID:ba0c71a07e47a15f

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      余裕があれば好きに

      しおりをつける
      🙂
      エシレ
      暗記力があって、浅く広く暗記するのは得意な人は、よく資格をいくつもとったりなさいます。が、その資格はツールに過ぎないので、どう仕事するかはまた別問題になります。
      50代の方に仕事で求めるものとは、その年齢に見合った深い知識や判断力等なので、本業のほうを極めるのにその時間とお金を使われたらいいのにと普通思いますが、そちらに興味がないからこそ、語学の勉強にあてる時間があるのでしょう。

      趣味にそれだけお金と時間を使われるのも、金銭的な余裕を示すものなので、もとはとれなくても、すごいなーと言ってもらえ、承認欲求はかなり満たされると思います。どれだけ資金に余裕があるか、ということですね。

      トピ内ID:f2f202dfab552bd5

      閉じる× 閉じる×

      SNSとかどうですか?

      しおりをつける
      🙂
      ほーりー
      最近いろんなSNSを見てるんですが、日本在住の外国人の方が日本の文化や日常生活を切り取って自国語で発信して紹介しています。観光的なこともあれば、「夕暮れ時の住宅街とは」みたいな日本人にとっては当たり前すぎることなども含めて結構発信してる方多いです。それも東京や大阪などの大都市ではなく地方の人も結構いますよ。

      トピ主さんもフランス語で日本の事を発信してみてはどうですか? フランスの方は日本のポップカルチャーや食生活、文化にも興味がありそうですよね。日本を紹介する数多い投稿の中で、外国の方にできなくて日本人にはできそうなことと言えば日本の家庭料理の紹介でしょうか。


      フランス語を話す国はフランス以外にもありますから、レア過ぎるという事もないと思いますので面白ければアクセスはあるんじゃないですか。サイトによっては広告収入も見込めますし、それがトピ主さんの言う所の「趣味で生計を立てる」の範疇に入るならアリかなと思います。

      トピ内ID:0a88740a8347dd05

      閉じる× 閉じる×

      そもそも論として

      しおりをつける
      🙂
      女性専門職
      50歳を過ぎてから語学教室に通った程度の語学が、仕事に結びつくことはまずないでしょう。例えば市町村の観光案内のボランティア程度であればまだ可能性はありますが、それでお金を得るのはまず無理。

      職業としての通訳になるには、フランスに限らずその国に在住経験があり、言葉だけでなくその国の文化や風習などをある程度理解できるようになる必要があります。日本語で顕著ですが、どこの国でも「言葉通り」ではなく、文化や風習が理解できて初めて真意が理解できる言葉の言い回しは多々あります。
      それと。フランス人は訪日者数も少ないため、通訳としての需要は極めて少なく、すでにフランス語の通訳として活躍している人の中でも仕事の取り合いになっています。50を過ぎた未経験者が入り込む余地はないでしょう。

      また、中高年以降で新たなことを始め、それで生計を立てるのは絶望的にハードルが高いと思って間違いありません。それこそ、今の社会にはない新たな何かを生み出し、需要を得るくらいのことができなければ難しいです。
      言うまでもないですが、既存の仕事・企業は50代の新人など必要としません。資格を取ったところで、その資格職の企業に採用してもらえない。資格はあくまでもその資格職に就くための権利を得られるだけで、資格取得後は普通の就職活動と同じ。若い世代と競い合っても、10年たたずに定年を迎えるトピ主には勝ち目はありません。50歳を過ぎて仕事に就きたいのであれば、実務経験がすべてです。

      トピ内ID:6df227c66373c24a

      閉じる× 閉じる×

      お勧めした理由は

      しおりをつける
      🙂
      在欧、副業翻訳経験者
      仏語を話す・公用語になっている国は、フランス以外にもありますが…殆どがフランス、又はベルギーの元植民地です。また、主様は
      >フランス教育省の試験
      を受け
      >フランスの大学へ願書も出せるくらいには達した
      とお書きになっているのでフランスを念頭に置いていると、私は感じました。
      私は西欧言語2つ+英語を日常的に使いますが、言語習得はその文化・歴史も学ぶ事でもあると感じています。日本語にも「元鞘」「誤魔化す」等、昔の文化・生活・宗教等に密接した言葉があります。
      主様もフランスの文化や歴史、生活習慣等を知ると、机上の勉強では良く分からなかったことが「あぁ~」と腑に落ちる・感覚的な理解が深まる経験をすると思います。私の経験上の理由で西欧・仏、日本との考え方の違い等を知った方が主様の仏語も深みを増すと考え、前レスでお勧めさせて頂きました。

      1つ気になるのが…主様の言葉の受け止め方の癖です。
      副業、無償のボランティアで通訳・翻訳をしたいなら、「可能な限り自分の主観を取り除き」客観的に考える習慣を身に着けた方が良いと私は思います。
      通訳・翻訳者が先入観を持って解釈してしまうと、正しく伝わらない可能性が高くなるだけではなく、誤誘導してしまう可能性があります。

      >仏検は申込期限の勘違いを数回しでかし
      誰にでもウッカリはあると思いますが、「同じ案内を読み」間違えずに申込みした・間違えない様に問い合わせた方もいると思います。通訳・翻訳者が期日を間違えて訳したらクライエントが困るし、主様に依頼が来なくなる可能性が高いので、勘違いを数回繰り返したなら
      何故、勘違いしたのか?
      再発防止の為に何をしたら良いか?
      等の振り返り学習をお勧めします。

      トピ内ID:f60882f9233dd6b0

      閉じる× 閉じる×

      二兎を追っても

      しおりをつける
      🙂
      マグノリア
      もしかして、語学で稼ぐことの現実を
      あまり理解していらっしゃらないのかな?

      「副業」とお書きなので、本業がおありなのだと思いますが、
      本業の稼ぎが少ないのかな?その説明が一言もないのはなぜでしょう?

      純粋にフランス語で稼ぐなら、相当なレベルでなければ需要ありません。
      そこはお気づきのようですが、そのそばから、
      >フランス語通訳になれるくらい極めたいなぁ
      …20代ならまだしも、記憶力が急低下する50代で、ですか!?

      実際に
      >申込期限の勘違いを数回しでかしてしまい、
      失礼ながら普通のお勤めも怪しい状態なのでは?

      私の友人の一人は商社マンの娘で欧州育ち、
      フランスのエリート校を卒業して国賓クラスの同時通訳をしています。
      それでも、依頼の大半は英語なのだとか。

      また、私は一時期フランス系有名外資に勤めていましたが、
      使うのは英語ばかり、たまに本社のお偉いさんを迎えて食事会になれば、
      フランスの学位を持つ上司がフランス語で話すこともありましたが、
      大人数になれば必ず英語でした。

      趣味で私も20代に数年アテネ・フランセに通いましたが、
      旅行に役立っただけで満足でした。
      仕事に役立ったのは、フレンチ晩餐会のメニュー原稿にあった
      初歩的な文法の間違いを発見して印刷前に訂正できた1回のみ。

      私の場合は、大したことないTOEICスコアの方が役立ち、
      これで採用されました。
      本業にプラスできるなら、その程度の英語でもそれなり意義はあります。
      例えば経理の経験がある人なら英文経理を学ぶなど、
      トピ主さんも語学が得意なら、本業に英語をプラスしてみては?

      二兎を追うものは…とある諺の通りです。
      ましてや残り時間も、またエネルギーも減る一方の50代。
      だからこそ、目的はしっかり絞りませんか?
      もちろん趣味と割り切って楽しむのも、目的を絞った結果として
      大いにありです。




      トピ内ID:9c49f4d803cb3df3

      閉じる× 閉じる×

      50代は超厳しい

      しおりをつける
      🙂
      縷々
      英語ではないとある言語の通訳者です。
      50代で通訳者になるのは結構厳しいものがあります。

      通訳業は、デビュー後の若い頃はそれほど難しくなく、尚且つ若い人が求められる案件を紹介されます。きびきびと動き、年上の人の話に素直に従える人が理想です。40前後では、中堅の落ち着いた人が求められる案件が増えます。内容も難しめだったり、クライアントから中堅やベテランをと依頼される事も多くあります。

      50歳の新人通訳者を使うシーンは、ボランティア以外ではとても難しいと思います。通訳も翻訳もまず経験がないことには仕事が斡旋されません。実際やってみて思いますが、社会も通訳エージェントも通訳者を育てるということにはまるで無関心です。商売なので仕方がないのですが、とても厳しい世界ですよ。

      トピ内ID:8a0320c02a170612

      閉じる× 閉じる×

      やってみて決めましょう

      しおりをつける
      🙂
      一つのことを極めるには、10年くらいはかかると思っていますが、
      人生100年ですから、やりたいことはやってみましょう。

      目標を持つことは人生にはプラスだと思います。
      仕事にするかどうかは、副業などやってみて柔軟に考えればいいと思います。

      スキルを2つ足せれば叶いやすいと思いますが。
      例えばフランス語+専門分野→技術翻訳など。
      応援しています。

      トピ内ID:f4442ec3b22a0092

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×

      羨ましい

      しおりをつける
      🙂
      55歳
      英語を真面目に頑張って勉強していますが、まったくものになりません。
      もともと、学生時代につまづいてもいますが、なにをどうすればいいのかお手上げ状態です。要はセンスがないのでしょう。

      正直、あなたがどれだけできるようになっても仕事には結びつかないと思います。でも、それがなに?
      私は難関国家資格も持っていますが、活かせていません。要は肩書きではないんです。
      実はフランス語ができる主婦、いいじゃないですか!
      なにも目論まないところから、意図せず結びつくことならあるかもしれません。そんな、地味に活動の根を広げるのでは不足ですか?

      今日も通勤電車で、英語の本を読んでいる日本人がいました。
      ふつうのオバさんの私が,実はそれを横からチラッと見て理解できているとしたら、かっこいい。
      能ある鷹じゃないけれど、そういうのがいずれなにかに結びついていくものじゃないですか?
      それが、多少は余裕のある年代の強みじゃないですか?

      狙って職業に直結は難しい。でも、実はできる。それこそが強みに思うのは、私だけかなぁ?

      トピ内ID:a2470aebed8a6545

      閉じる× 閉じる×

      想像して下さい

      しおりをつける
      🙂
      ラッキー
      トピ主さんがある企業の採用担当者と想像して下さい。
      フランス語翻訳者が必要になり、募集をしたところ複数の希望者があった。
      その中からトピ主さんの職歴で採用しますか?
      トピ主さんに任せて安心と思いますか?

      語学学校で学習を始めてフランスの大学に応募できるくらいにまで到達したのは素晴らしいです、よく頑張ったと思います。
      しかし、それでは第二言語としてフランス語を学んだ高校卒業レベルではないですか?
      トピ主さんのライバルになるのはフランス語を長く学んだ、日本語もフランス語も同じレベルで操れる人たちです。

      プロとして他人からお金を貰うレベルであるかは疑問を感じます。
      しかし、フランス語を活かしてボランティアをするのはどうでしょうか。
      アフリカ系の人はフランス語は話せるけれど英語は話せず日本で苦労している人たちがいます。
      そのような人のお手伝いをしてはいかがですか?

      トピ内ID:be3a6b62b65ccf0b

      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0