詳細検索

    心や体の悩みこのトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    植物状態の母

    お気に入り追加
    レス12
    (トピ主6
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😢
    たむむ
    ヘルス
    7月末、毎日のように連絡を取っていた母と急に連絡がつかなくなり、嫌な感じがしたので実家に戻ってみると部屋で倒れていました。すぐに病院へ搬送されましたが熱が40度以上あり、重度の熱中症や脱水で重篤な状態でした。検査で分かったことですがコロナ陽性でした。母はいつも気をつけて感染対策していたのにと、信じられずに悔やみました。発熱で倒れ、そのまま熱中症になってしまったみたいで急にこんなことになり、頭が真っ白になりました。ついこの前までとても元気で一緒によく遊び、ご飯も食べていました。60代なのでこれからも2人の孫と沢山の思い出を作って共に人生を歩むはずだったのに‥助からないとハッキリ医師から言われたにも関わらず今は奇跡的に一命を取り留めましたが意識障害で2ヶ月程経ってしまいました。誰のせいでもないですが、受け入れられないのです。絶望感がすごいです。
    その直後は仕事に行くことや自分の好きなことにさえ興味が失せてしまい、生きることがしんどかったです。子供たちがまだ小さいので、母としてギリギリ立っているという感じです。30代の私ですが、これまで忙しい仕事や家事、育児を乗り越えてこられたのは母がいたからです。旦那も忙しいので、いつも母に助けて貰っていました。気持ちの面でも支えて貰っていたのでこれからは私が恩返ししたかったし、旅行だってコロナが落ち着いたら行きたかった。子供たちの成長を一緒に見届けたかった。なのに、なのに‥とグルグル考えてしまいます。MRIで脳梁という箇所が白く写っているから回復は厳しいと言われました。それでも奇跡を信じたいですが寝たままの母を見ると心が折れそうになります。コロナで面会できないため、家族の声や音楽を耳元で流して貰っています。30代でご家族が病気になったり死別されたご経験がある方どのように現実と向き合い、乗り越えてこられましたか。どうか教えてください。

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 8 面白い
    • 10 びっくり
    • 28 涙ぽろり
    • 308 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数12

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)
    並び順:古い順

    頑張りすぎないで

    しおりをつける
    😢
    ゆかぽん
    私は、たむむさんのような経験をしたことはありません。ただ、私の母の母(私から見た祖母)は、51歳という若さで亡くなってしまいました。
    私は、祖母に抱っこしてもらった写真はありますが、はっきりと覚えていません。
    ただ、不思議なことに、なんとなく、雰囲気や、おばあちゃんのにおいを覚えているのです。
    私の母もまだ20代前半でしたから相当辛かったのでしょうが、子供や、周囲の親戚に頼って、乗り越えることができたと話していたことがあります。
    母にとっては、旦那の親戚と一歩引いた付き合いをしていたようですが、祖母の病、死をきっかけに、わがままなくらい甘えて、泣きたい時に泣いて、暮らすようになったそうです。
    確かに、よく、母が電気の消えた部屋で押し殺すように泣いているのを見て、駆け寄ったものです。その時、母はよく、ごめんね、と言って抱きしめてくれました。
    お母様は頑張っておられるでしょうが、たむむさん、家族や世間体を投げ出し、狂ってしまっても良いのです。面会できないとのこと、本当に、歯痒く、全くの他人の私ですが、消防車のハシゴを病室にかけて、たむむさんに、一目、会わせてあげたいと思いました。
    私の母は、祖母を早くに亡くし、非行に走ることも多々ありましたが、私がアラサーとなった今、よく、あんなに辛いことを乗り越え、それでも子供を捨てずに母でいてくれたのだと、感謝しかありません。
    亡くなった祖母に、会いたくてたまらず、足跡を辿る旅をする予定です。
    たむむさんのお子さんと、私は同じ経験をすることになるかもしれませんが、子供は、よく見ています。
    強がらないで、母さんが一番大好きなのです。
    やりたいこと、言いたいこと、我慢せずにしてください。
    何も遠慮はいりません。
    最後に、どうかたむむさん、お母様、そしてご家族が、幸せに、笑って過ごせる日が来ますように。

    トピ内ID:eabe71a660721c59

    閉じる× 閉じる×

    お母様はあなたのために頑張っている

    しおりをつける
    🙂
    なすび
    私も30代で母を亡くしました。
    突然難病で余命数か月と宣告を受けたとき、受け入れられずにこのまま
    自分がショック死してしまうのではないかと思うぐらいの衝撃でした。
    しかし母はまだ生きている。。
    生が与えられている間は、母に悔いが残らないように私もできる限りのことをしよう、
    できる限り入院先の母のところで付き添い、母が気にしている様々なことを整理していきながら、
    自分でも母との別れの準備をしていきました。
    半年後、母は旅立ちましたが、母は精一杯私たちのために生きてくれたことへの感謝でいっぱいでした。

    トピ主さんのお母様がこんな状態になっても頑張っていらっしゃるのは、
    旅立つ前にあなたに別れの準備の時間を与えてくださっているからです。
    お辛い気持ちはわかります。でもお母様にとっても、あなたにとってもかけがえのない、
    大事な時間です。
    どうか、辛い経験ですが、お母様の人生を見届けることがあなたの未来への希望につながるように、
    その時間を大事に使ってください。

    トピ内ID:2c40816accb43461

    閉じる× 閉じる×

    ゆかぽん様

    しおりをつける
    🙂
    たむむ
    大切なお母様のお話を教えてくださってありがとうございます。
    2ヶ月半立った今も毎日が本当につらく、朝が来ると絶望します。子供たちに優しくする余裕もないです。仕事の日々だけが続き、生きていても今はまったく楽しくないです。義務感だけです。少し前までは、子供がいなかったら死にたいと本気でふと思ったりもしました。でも見ず知らずの私にこんなにも温かい言葉をくださって、本当に救われます。心から感謝を申し上げます。面会ができないことがつらいですが、毎日祈り続けます。母はきっと戻ってきたいと思っていると信じて。ゆかぽんさんもお祖母様がとても素晴らしい方だったのでしょう。きっといつも見守ってくださっていますね。

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    なすび様

    しおりをつける
    🙂
    たむむ
    おつらいご経験をされたのですね。お気持ちが痛いほど分かります。どこか他人事だったことが、いざ自分にふりかかると、混乱しますよね‥。急に余命を告げられるなんて、本当に苦しい気持ちになります。
    私もコロナのせいで面会ができない時間が続きかなりつらいのですが、とにかく希望は捨てずに、母を信じて支えていきたいです。いま与えられている時間を大切に過ごしていきます。ありがとうございました。

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    お母様に明るく接してあげて

    しおりをつける
    blank
    大人のおねいさん
    母は私が幼少の頃に結核を患いました。
    私がアラフィフなので半世紀近く前のこと。
    速攻入院で隔離病棟!私はまだ保育園児だったのでサラリーマンの父は始終面倒をみることができないので母の実家に預けられる事になりました。
    入院前の母が苦しんでいた事と田舎に行く前に母に会いに病院に行った時に(隔離病棟なので)「子供は入れないの」と看護師さんに言われて私は病室の外に、母はベッドから私に微笑みかけてくれたことをおぼえています。
    2年後母は退院して通院に切り替わったので私は家に戻りました。
    2年間母に甘えることを我慢した私に小康状態ながら沢山愛情を注いでくれました。
    その後、私が知らない間に当時環境問題であった埋立地の六価クロムが作用したのか、本当のトコロハ定かではありませんがリウマチを発症、これも当時は治療薬は無く涙が出るほどの痛みを抑えるために劇薬を服用するしか無かったようでした。
    結局劇薬のために骨はボロボロとなり膠原病も併発し私が中学生のときに他界しました…

    私が母に甘えた自覚のある期間は退院からリウマチ発症までの3年程。
    今で言うヤングケアラーでした。

    でもそれも私にとっては母の思い出となって辛かったとは思わないのです。
    母なりに私に見せてくれたこと、今の私の糧です。
    心残りは母が旅立つ瞬間に間にあわなかったこと。

    トピ主さん、つらい思いを現在リアルタイムでなさっていると思いますがお母様はきっとトピ主さんが悲しむより楽しいお話をしたり明るく笑いかけて欲しいと思われているはず。

    お母様のために「入院中こんな笑っちゃう事があったんだから!」なんて言えるような思い出を残して差し上げてくださいね。
    心残りこないように。

    頑張りすぎは禁物ですよ!

    トピ内ID:8130f544d5a7401c

    閉じる× 閉じる×

    大人のおねいさん様

    しおりをつける
    🙂
    たむむ
    レスありがとうございます。とても大変なことを乗り越えられたのですね。お母様が、貴方のお母様でいらっしゃったことがきっと幸せであったのだろうと感じました。私も、時代は違えど病室に入ることができないのは同じで、とても歯痒さを感じています。コロナさえなければ、と毎日思います。もう1ヶ月とか、そんな単位で母に会えていなくて、なんだか感情が麻痺してきてしまって‥母がいないことに慣れてきてしまってきている自分もいて、寂しいです。でも、どこかで気持ちの折り合いをつけなければ母も悲しむと思うし、自分も少しずつ現実を受け止めて前を見ないとという気持ちもあります。来月までに一度くらいは面会の許可が出ると思うので、母に会えたら手を握って、楽しい話をしようと思います。ありがとうございました!

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    せめて面会できるようになるまで

    しおりをつける
    🙂
    いち子
    お母様には頑張っていてもらいたいですね。

    コロナでご家族を亡くした方を職業柄知っているだけに、面会できずにお別れするのは本当に辛い。

    ここのところ東京でも100人を下回る日が続出しています。
    第6派も懸念されますが、どうか一時でも面会ができる状況になってほしい。

    もうなさっていると思いますが、「私が行くまで待っていて!」「まだ逝っちゃだめだからね!」と願ってくださいな。

    もちろん奇跡的な回復をしてくれるのが一番。
    でもね、とにかく命あるうちに会いたいですよね。

    これ、本当に大事なことで、看取れるかどうかが亡くした後の心の持ちようが違うんです。

    ちょっと非現実的なレスかもしれませんが、お母様は機械の力で生かせてもらている状態です。
    ですからまだ死んではいないのね。
    多分「魂」は身体のそばで待っていると思います。

    ぎゃくに、トピ主様のお気持ち・お心はお母様に伝わっているんですよ。
    「おかあさん、まだ逝っちゃだめだから!」

    強く思ってください。

    どうかご生存中に会えますように。

    トピ内ID:c5636d99c75bfe04

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    36歳の時に実父を・・・

    しおりをつける
    🙂
    もんた
    36歳の時に実父(当時60代後半)を亡くした者です。
    うちの場合は父に持病があり、その影響で胃癌になり入院、
    全摘出手術を受けましたが予後が良くなく半年ICUで過ごし退院出来ず
    他界しました。

    持病がもともとあったことで手術予後の経過が芳しくならない
    ことは(医者も私達家族も)想定外でしたけど、ICUの約半年間、他界後の約一年ほどは
    ポッカリと心に穴が開いた感じでしたね。
    胃を切除したら元気に戻ってくるとばかり思っていましたけど、、、
    もう20年近く前のことです。

    確かにトピ主さん同様、ここに至るまで子として何か出来ることはあったのではないか?
    という自問と、いや持病があってもこの歳まで生きられたのは幸いなんじゃないか?と
    自答する日々は続きました。時間が経つに連れ、父の持病では(胃癌にならずとも)
    そう長くは生きられなかっただろうと、、、そう思うようにしました。
    無理にでもそう思わないとしんどいですからね。

    トピ主さんのお母様に関して今後どうなるかは私達には知る由もないですが、
    家族として出来ることとをするしかないです。起こったことは今悔やんでも仕方ない。
    面会も出来ない今は存在を忘れがちになりますけど、
    気をしっかり持つことです。

    ただこれだけは言いたいんですが、人の死って色々あります。
    長い闘病の末、もあれば長生きして自宅で大往生もあるし、
    事故死もある。すべて「綺麗な死に方ではない」し「やがて人は死ぬ」もの。

    トピ内ID:49edb50defa0bbe4

    閉じる× 閉じる×

    いち子様

    しおりをつける
    😢
    たむむ
    そうなんですよね。コロナ禍でなければ、と心底思います。毎日でも面会に行きたいのに‥と。子どもたちもばぁばと会いたいねと言って待っています。
    家族だけではなく、母の人柄で本当に沢山のご友人がいつも回復を祈ってくれております。心配して娘の私に支えてくださるメッセージも度々くださいます。ありがたいことです。こんなに待ってくれている人がいるのだから戻ってきてほしい、本当に強く思います。母が介護してくれていた祖母も90代で認知症ながらも元気に過ごしているので、母が回復してくれたらきっと喜んでくれるはず。私は祈ることしか今はできないのですが、面会が許可された暁には手を握っていっぱい話しかけたいです。子育てや仕事をこれまでずっとずっと支えてくれた母に、恩返しをできる限りしたいのです。いつもいちばんの味方でいてくれてありがとうと伝えたいです。

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    もんた様

    しおりをつける
    🙂
    たむむ
    お辛いご経験をされたのですね。話してくださりありがとうございます。仰る通り、起きてしまったことを悔やんでもつらいだけですし、仕方ないですよね。私が駆けつけられていなければ助けることもできなかったのだから、駆けつけられてよかったのだと思うようにしています。最初は、もっと早く見つけてあげられていればと思ってばかりいたのですが。たられば言ってても、別居している以上、親の状況なんてリアルタイムでは把握できなくて当たり前、いつも連絡を取っていたからこそ、母を病院に連れて行くことができた、命を取り留めた、と。少しずつですが、この状況も受け入れることができるようになって来ました。諦めとは違うのですが、命あることに感謝し、どんな結果になっても、母をしっかり支えたいです。

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る

    私の場合

    しおりをつける
    🐱
    さらら
    アラカン女性です。

    30代で母が突然、脳溢血で植物状態になりました。

    最初は軽症で明日になれば食事を開始してと医師に言われていたので安心していたのですが、翌日急変し植物状態になりました。

    当時私は独身で、母の回復を願い毎日仕事帰りに病院にいって、音楽を聞かせたり、話しかけたり、マッサージしたりしていました。

    意識はないのに母はいつも手を握るとぎゅっと握り返してくれました。

    1年くらいたつと兄弟もあきらめてしまい誰も見舞いにも来なくなりました。

    それでも私は毎日母に話しかけに行きました。
    結局は自分を納得させるためだったのかもしれません。

    生きていてほしいけど、この状態が長く続くのも母にとってはつらいのかもと思い始めました。

    母は2年がんばり、最後は肺炎になり亡くなってしまいました。
    意識はもどりませんでした。

    覚悟していたつもりでも呆然としてしまい毎日涙にくれていました。
    まわりはみんなお母さんが元気な人が多くてうらやましかったし、母の日はとても残酷だなと思ったりしました。

    それでも仕事に行き、なんとか毎日をすごしていくうちに、テレビをみて笑えるようになり、泣く時間が減りました。

    親を亡くすのは誰しも経験することです。
    見送ってあげられるのが親孝行と自分に言い聞かせていました。
    そして母は私が幸せに過ごしてくれることを願っていたと思います。
    毎日泣いていてはダメだと思いました。

    たむむ様のお母様は今もがんばっていらっしゃいます。
    コロナ禍で会えなくても生きていらっしゃいます。
    ワクチンや薬で対応できるようになれば面会にも行ける日は近いと思います。

    あのころは必死で毎日を過ごしていましたが、なんとなく母には声が届いていたと思っています。

    早く面会にいってお話できるといいですね。
    それだけでも落ち着くと思います。

    トピ内ID:4b568b2e0006b323

    閉じる× 閉じる×

    さらら様

    しおりをつける
    🙂
    たむむ
    お母様、さらら様に最期まで支えられてとても幸せな人生でしたね。おつらい中、毎日会いに行かれて大変だったと思いますが、お母様との時間を大切にされていらっしゃったのが強く伝わって来ます。私もできることなら毎日でも会いに行きたいのですが、やはりなかなか面会の許可がおりません。。幸い病状は安定していますが、意識不明のままです。病院からは、コロナ禍であることは変わらず、皮肉なことに危篤や緊急時でないと会えないと言われました。
    なので毎日母のことを考え、家族とも母の話をしています。伝わると信じながら。
    いつかは親との別れがあるのは皆同じことではありますが、もっともっと母と一緒にいたいです。できれば、退院してほしいですが、脳の状態から(脳梁にダメージがある)物理的に難しいのかもしれません。でも、希望を捨てることなく、母が戻ってきてくれることを強く願おうど思います。ありがとうございました!

    トピ内ID:29ae2b2c5973683e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×
    トピ主のコメント(6件)全て見る
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (6)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0