詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    姑になった後の気持ち

    お気に入り追加
    レス13
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🤔
    こんな家
    ひと
    50代になりそろそろ姑になる年齢になりました。夫婦共々お互いの両親は健在で、まだ嫁の立場だからか、姑の気持ちがあまり理解できません。(長男嫁です)
    「後継ぎのために男の子を孫を望む」「同居するべき」など嫁に強くて求める姑が多いようですが、嫁から姑になると、誰もがこんな気持ちにだんだんと移行していくものなのでしょうか。
    姑も元は他人で、舅の家族や家に思い入れなんてなかったはずなのに(意地悪されて大変な事の方が多いかも)いざ姑になると、孫に「この家は○ちゃんの家だよ!後継ぎだからね!」なんて言い出し、家を守る気持ちが強くなる。このタイミングというか気持ちの切り替えがいつなのか、どうしてなのか想像できません。
    ちなみに私の実母と姑は同い年で、同じような発言を孫に言っていました。
    姑とは同居はしていませんが、近く同居になると思います。
    姑になられた方や、親の変化を間近で見られた方など、ご意見を頂けるとありがたいです。よろしくお願いします。

    トピ内ID:e20e7c6aac4e0c9d

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 25 面白い
    • 22 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 10 エール
    • 9 なるほど

    レス

    レス数13

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    違うタイプの姑になります

    しおりをつける
    🙂
    わーまま
    物理的に姑になるのではなくて

    大概の女性は
    やっぱり、姑というか
    古い女にはなると思いますよ

    お局様とかもいまだにご健在だし
    おおむね、本人にそのつもりはないみたいです

    うちの姑は
    あった瞬間に孫を産め、二言目にはいい姑とのたまってました
    嫁には同居を求めるのに、自分は嫁をしなかったタイプの人です

    賢い人、わきまえられる人は、今も昔もいると思いますよ
    お姑さんのほうが好きな人もいるし、
    よき隣人として仲良くしている人もいるし

    嫁姑揉めて当然ではあっても、おおむねそれなりにうまくやっているほうが多い
    当たりはずれはあります(うちははずれですね)

    若くても年老いても
    同居したい、子世帯と仲良くしたいという人はいますよ
    突然ではなくて、最初からの印象があります

    年を取るとより本能的になるので、本音が出ているだけとも言えます
    若いうちは突っ張れるんですよね

    私は早くから独立したので、少し親を客観的に見れてます
    親元にいたときは、すごく影響を受けていたし親は絶対だけど

    この人も前の世代の人だなぁと感じます
    親子でもそうなんだもの、赤の他人じゃ無理がある

    一回りも年下なら、逆のことを思われていると思います
    自分だって、年上の先輩はお友達にはならないと思ってたもの
    これが職場で一回りでもこれだけ格差があるんだから

    姑なんて
    共通点は夫というか息子なだけ

    いじわるな姑だって、別に犯罪者ではないんだし
    基本は、意見の違いがあるだけのことが多いと思います
    よほどの悪人ではないんです

    ただ、価値観が合わなかった

    世代間格差は大きいです
    あなたの姑の世代なら、家に入るという意識が高いんだもの
    それを子供のころから刷り込まれて、ずーと生きてきて
    令和になったからと簡単に切替はできませんよ

    さて、私はどんな姑になるでしょうか

    トピ内ID:74ba4c2e30b887b8

    閉じる× 閉じる×

    姑になって…

    しおりをつける
    🙂
    カメリア
    私は何も変わりません。今のところ。
    現在、2人の息子のお嫁さんを迎えてます。孫も最近生まれて1人います。
    孫フィーバーにもなってません。

    私は自分が姑にされて嫌だった事はお嫁さんにはしてないつもりです。
    そして姑にしてほしかった事をお嫁さんにしてあげてます。

    それが良いか悪いかはお嫁さんの性格に寄りますし、必ずしもそれが上手くいくとは限りません。

    思うに、暇な姑ほどお嫁さんや孫に世話を焼き、文句を言い、手や口を出すのではないかと感じてます。

    〝男の子を望む〟〝後継〟など考えもしません。まず一緒に暮らす事自体、したくないです。息子家族と仲良くやってても、同居したいとも思わない。

    私は私の時間が一番大切であって、やりたい事もまだまだあります。
    だから、まずは自分の生活。
    なので、世間でいう〝ザ・姑〟にはまだなってませんし、ならない自信があります。

    お嫁さんさんにも孫にも距離感が大切だと思います。

    トピ内ID:c39586cd5a33cacd

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    63歳、最初から同居、長男嫁

    しおりをつける
    🙂
    私は、同居と言っても完全二世帯なので、ほとんど苦労はなく、もめたこともなく、さらに舅も姑も、ほんの短期間の介護で、旅立ちました。本当に感謝しています。

    数年前に息子が結婚して、孫もいますが、幸いなことに男女なので、男の子が欲しかったとか、そうした感情は判らない。
    姑になってから、気持ちの変化ですか?
    うーーん、特には無いかなあ。
    持ち家ではあるけれど、継いでもらうほどの家ではないから、

    「長男なのだから同居しなさい!」などとは、全然思ってないしね。

    将来、息子たちが同居したいと言ってくれば、その時はみんなで考えます。どういう形が最善か…

    あ、私が結婚当初から同居したのはなぜか?と思われるかな。
    私の実家はいわゆる本家と呼ばれる家で、母(昭和5年生まれ)は当然完全同居。
    でも、両親も祖父母も家族仲良く暮らしてたから、私自身同居に嫌悪感や不満はなく、
    むしろ、祖父母との生活は楽しかった。
    母もそんな感じでした。

    なので、長男と結婚する=同居、も特に嫌ではなかったんです。
    もちろん、夫の両親が良い人たちだったから、ですけどね。

    同居というだけで、頭から大反対する今の若い人には、考えられないかな。

    なんだか、質問とずれた答えでごめんなさい。

    トピ内ID:0dd61572d20a3b40

    閉じる× 閉じる×

    私の守る姓じゃない

    しおりをつける
    🙂
    イゲタ
    50代半ばの既婚女性です。
    息子はまだ大学生。
    この子が高校くらいまでは「結婚して奥さんの実家の近くに住んだり、向こうの姓になったりするのはちょっと抵抗があるなー」って思っていたけどある時突然悟りが開けちゃったんです。
    こだわっているこの家の姓って私の姓じゃないじゃん。
    私の実家の姓は私が結婚したときに変えられちゃったのに、私が必死に夫の方の姓を守る義理ってあるの?って。

    うちの夫は農家の長男で、結婚するときは「農家は継がないし、手伝わなくていい」と言われたのに、結婚したらすべての長期休暇は夫は実家の手伝いに行くし私も行くのが何だか当然みたい。
    農作業はしなかったけど、義母が田んぼに入っているのに家で一人残っている私がご飯も作らず掃除もしないわけにもいかず…。

    そんな目に遭った義実家を守る謂れなんて全くなし、ここは私の家じゃないし。
    もう息子は好きな人と結婚して好きに生きてくれればいいです。
    農家を継がないというのだけは本当で夫ももう実家の手伝いをしていない。
    夫は多分お墓がーとか実家の建物がーとか言い出すだろうけど、そこはもう夫と息子と二人でやってほしい。

    義母もさんざん苦労したくせによくこの家の姓を守ろうとしたな~。
    えらいな。
    でも私はもうこの姓はどうでもいいです。
    一応、奥様の実家にATM代わりに依存されるのだけは嫌ですけど。

    トピ内ID:79850a3c75a359e9

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    確かに私もふと思うことがある

    しおりをつける
    🙂
    ほぼ専業主婦
    私も同じ50代。姑と呼ばれる立場になりつつある年齢です。

    私も、また私の友人達も、まずそこまで息子夫婦や娘夫婦に、干渉をしていないので、同じような年齢なのに、何でこんなにも差があるのかと、不思議に思います。

    そして結婚した息子を持った友人は、お嫁さんに気を遣っていますし。
    同居なんて考えられない、したくない、という友人がほとんどです。

    これは、私達の年代がまだ若いからなんでしょうか。
    お孫ちゃんは可愛いけど、誰一人、孫フィーバーをしてる人はいないし、なんなら自分達の楽しみや付き合いを程よく堪能してるって感じです。

    もう後10年も経てば、私も煙たがられるお姑さんになってしまうのでしょうか…
    いやいや、ここ小町を反面教師として、こんな姑にはなりたくない、と心に誓っています。

    トピ内ID:8b63643c7fe9d09a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    姑歴4年 嫁歴33年現役

    しおりをつける
    🙂
    サバトラ
    同居で介護中です。
    お嫁さんとは産前産後を含め2年近く同居も経験しました。
    今は息子の転勤に伴い別住まいです。
    その同居の間は息子は単身赴任してましたので濃い同居生活でしたが、お嫁さんは穏やかに過ごしていました。
    その後、第二子の際の産前産後もお世話する事が出来ました。
    今になって思うと良い経験をさせて貰ったと思います。
    姑には散々いじめられて来たので、された事は絶対にお嫁さんにはしないと固く心に決めてます。
    金は出しても口は出さない
    息子、娘両夫婦は私達夫婦の子供ではあるが、もう「家族」では無い。
    息子、娘の一番大切な人は配偶者と子供達
    私達夫婦は夫婦だけで楽しく過ごす事が一番。
    などなど義両親と同居し、嫌だった事などを思い出して反省材料にしています。
    今は介護中なので自分の好きなようには過ごせませんが、子供達の邪魔にならないように孫の世話も頼まれたら機嫌良くお世話する事を心がけています。

    トピ内ID:cdd32c10b811e80a

    閉じる× 閉じる×

    変わることも変わらないことも

    しおりをつける
    🙂
    姑になったからと言って家に対する意識はあまり変わりません。
    生きてる時代が違うので姑になったからと言って劇的に変わるものでもないと思います。
    ただ嫁時代は無責任発言が多かったなあとは思います。

    たとえばお墓。
    嫁時代は「墓を代々継ぐなんて古い。さっさと墓じまいしてしまえ」などと結構乱暴な言い方してました。
    姑になった今。
    墓を代々継ぐという考えが時代遅れになりつつあることは理解してます。
    でも墓じまいするのが自分となると手間もかかるお金もかかる、まわりの人の意見も無視できないから慎重になるのです。
    お墓に参る人の気持ちもわかるようになってくるし。

    私も長男嫁なので夫実家の墓じまいしたい気持ちはありますが、自分の実家の墓を兄嫁が墓じまいしようとしていたらイラっとするかもしれません。
    まあ幸い(?)私には兄も弟もいないのですけど。

    ま、要するに姑になったらいろんな人の気持ちと立場を考えるようになったということです。
    「頭が古い」と義母を責めてた過去の自分。
    間違ってたとまでは言わないけど、ちょっと浅はかだったかな。

    トピ内ID:9f0e1ad215f303ee

    閉じる× 閉じる×

    同じです

    しおりをつける
    🙂
    義母は長男教
    トピ主と同じく50代になった長男嫁です
    女の子しかいないので、
    義母と同じ立場の姑になることはありませんが

    結婚した当初、義母からは、さんざん
    <家の嫁><長男の嫁>と言われたし
    それこそ、「嫁に来た自覚がない」とか
    「長男の嫁っていうのは家を守るものなのに
     こんなんじゃ(あなたみたいな嫁じゃ)
     この家も私達がいなくなったらおしまいだわ」
    とかも言われました、

    >姑も元は他人で、舅の家族や家に思い入れなんてなかったはずなのに
    >いざ姑になると、孫に「この家は○ちゃんの家だよ!後継ぎだからね!」
    >なんて言い出し、家を守る気持ちが強くなる。
    >このタイミングというか気持ちの切り替えがいつなのか、
    >どうしてなのか想像できません。

    私は結婚と同時に遠方の主人の地元へきましたが
    それこそ、結婚して1年もたたないのに
    夫実家に愛着や思い入れがあるはずもないし
    会ったこともない夫の祖父母をご先祖として敬えと言われても
    無理ですよと思っていましたが

    30年たった今でも正直、当時の義母のような考えとか
    気持(家を守るだとかそういった気持ち)はまったくわきません

    そう言えば、昔、同居の話が出た時に
    離婚も考えるぐらい反対だと言う感じで
    「○○(娘)を連れて実家に戻ることも考えてる」
    と言ったら
    「○○は家の子なのだからあなたが連れていくとか勝手に言うな」
    とか見当違いのこと言われて、言い返す気もおきなかったなぁ~

    もっとも、そんな義母との決定的な違いはやはり
    結婚する=家に入る
    結婚する=新しい家を築く
    という根本的な考えの違いなんじゃないでしょうかね?

    なので前者ののような考えがないから
    どれだけたっても
    家を守りたいという気持ちには当然ならないのではないでしょうか

    ただそういった発言をするようになる人がいるのは
    気が付かないうちに洗脳されてるのかもしれませんね~

    トピ内ID:82463b3c7a9f6cb7

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    今時のお姑さん像

    しおりをつける
    🙂
    サラサラ玉ねぎ
    やっぱり年齢が上がってくると昔通りのやり方にこだわってしまう、新しいことを取り入れるのが難しくなるといったことはあると思うのですが、今の50代の方とそのお姑さん世代だと生まれ育った時代や環境がかなり違うので姑のステレオタイプもまた違ってくるのではないかなと思います。

    トピ主さんは50代ならそのお姑さんは戦後生まれかなと思うのですが、やっぱり明治大正生まれの方と、昭和前期
    、中期の方でもまた雰囲気は違う気はしますしね。何となくですが今の50代の方は高度経済成長からバブルの華やかな時代に青春をすごし、若者文化もエネルギッシュだったのかなという印象なので、そんなに封建的なイメージはないのですよね。もちろんご家庭や地域によってはまだまだ保守的なところもあったのだろうなとは思いますが。

    孫の顔がみたいみたいな気持ちは時代が変わってもそんなに変化はないかもしれませんが、やはり戦中戦後の混乱期の影響を受けて育った世代と、バブル華やかなりし頃に青春を送った世代だと考え方や価値観もずいぶん違うのではないかなと思います。

    トピ内ID:85e7c003b4df11a8

    閉じる× 閉じる×

    同居の問題

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    私自身、敷地内や2世帯同居をしてきたので、

    息子が家庭を持ったら、敷地内に住んでもらって…と考えていた。
    私と義父母は仲良しというほどではなかったが、そこそこ親しくしており、それでもトラブルなどなかったので、
    息子たちとも上手くできるだろうと思ってた。
    どうせ、空いてるスペースだし、使った方がいいしね。

    でも実際に息子が家庭を持ったら、同居は気が重くなった。
    義父母がいなくなり、夫婦二人の生活が当たり前になったから、その空間に新しく5人も増えるのはきっとしんどいだろう。

    だから私のほうからは、同居の話は出さない。

    と決めてたが、今、息子(というかお嫁さん)から、同居の話が出そうな雰囲気。
    仕事に、趣味の教室に、子供の通学に、我が家の立地は最適らしい。

    息子はむしろ、通勤時間が少し長くなるけど。

    さて、これからどうなる?
    そろそろ姑歴10年の私、あれこれ考えることが増えていく…

    トピ内ID:825a019caba619df

    閉じる× 閉じる×

    社会経験の違い

    しおりをつける
    🙂
    三色アイス
    それは親がどのような社会経験を積んできたか、端的に言って専業主婦か共働きかによるでしょうね。つまりは経験工学、経験伝承ということです。
    私の両親は昭和の初めの生まれでしたが、共働きで親とは別居でした。
    その子の私や兄妹も結婚して共働き、親は同居を求める意識は全くありませんでした。その孫たちも同様です。
    そもそもフルタイムの共働きだと、子供が結婚するというのはやっと仕事や趣味に打ち込める自由を手にするということ、嫁になんて構っている暇はありません。
    それに今の親もデジタル世代ですから、子供夫婦とはネットで自由にコミュニケーションができます。たとえ介護が必要になってもパソコンとネットがあれば会話も買い物も映画も思いのまま、在宅の同居介護なんて必要ありません。
    嫁姑関係も時代とともに変わります

    トピ内ID:50633ce59c5f26eb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    そうでしょう

    しおりをつける
    🙂
    夕闇
    >誰もがこんな気持ちにだんだんと移行していくものなのでしょうか。

    私の印象ですと、若い頃、もっと言えば子供の頃からその原因特性はあるように感じます。例えば家族思いであったり、寂しがり屋であるなど、良い特性、悪い特性、様々な特性が原因特性として挙げられます。特に、客観視や俯瞰能力を司る想像力や、それが強いとうまく機能するであろう自己制御性が、加齢により衰えるに伴い、特性制御が効かなくなり、トピ主様が気にされているような言動を発せずにはいられなくなるのだろう、と思われます。

    移行や変化、とも言えますが、そもそもそうである、のだと思います。また、上述の理由により、トピ主様が気にされる言動変化は、わりと多くの人に現れると思います。

    なお、姑特有と言われる自己中的な物言いも、加齢による上述の能力の衰えで強調されただけで、ほぼ全ての人が若い頃から持っているものだと感じています。姑というラベルがつくと急に構えだす印象がありますが、どのオバさんも似たり寄ったりだと思いますし、また、もっと言えば、加齢による自己制御能力低下も説明として妥当か疑問です。というのも、若いママも同年代のママ友とトラブりますよね。嫁姑、御局、ボスママ、色々名前を変えますが、抱える課題は皆同じです。なので、年齢も関係ないのかなと思うことも多いです。

    誰もが、若い頃から、かなりクセのある自己中な側面を持っていると思ってちょうどいい、と、個人的には思っています。自分は真っ当で常識的な人間と思いがちですが、自己客観性がそれだけ乏しいからだろうと感じます。
    私を含めた凡人は、それを自覚できないものなのでしょう。

    つまり、姑の変化は想定の範囲内、形を変えて誰にも起こりうることだと思いますし、既にそうだとも言えます。

    トピ内ID:58e7f920ff3767e7

    閉じる× 閉じる×

    大変参考になりました!

    しおりをつける
    🙂
    こんな家
    トピ主のこんな家です。
    お礼が遅くなりすみません。
    たくさんの方の経験や考え方を教えて頂き大変参考になりました。

    私と母親世代とでは、かなり大きな差があるとは以前から感じていました。「姑に仕える嫁」という構図が今の50代(まさに青春時代がバブル期)には理解しにくい部分なんでよね。
    なので仕える世代は母親達で終わるのだろうなぁと漠然と感じていたのですが、ここ小町では姑となった同世代の方の「後継ぎ」やら「同居」やら発言に、姑になると自分もそうなるの?!と思い、投稿させてもらった次第です。

    みなさんがおっしゃる様に、生まれ育った環境、家族構成、取り巻く社会によって、だんだんと刷り込まれていくんですね。
    姑に限らず、お局様、ボスママなども同じような構成なのかもしれません。
    私自身、若い頃は遠慮して言えなかったことが、中年になったら義両親や義兄弟に言えるようになってきたので、子どもの結婚相手にも遠慮なく発言するようになれば、波風が立つのは目に見えてます。
    無知な若者に経験豊富な年配者が上から目線でモノを言う。相手にされないと困るから、何とかそばにいて欲しくて(1人になるのは不安)あれこれと口を挟む。これも家にこだわる姑を作り出す原因のひとつなんですね。
    気を付けないと、私にもそんな姑になる要素があるかもしれません。

    みなさんのように、子ども達に迷惑をかけずに「自分の考える姑像」をしっかり見習いたいと思います。

    最後に、みなさんの文章の上手さに感心しています。どのレスも読みやすく、ニブイ私でもすんなり理解できる構成で、とても勉強になりました。
    まとめてのお返事になりましたが、改めて感謝申し上げます。

    トピ内ID:e20e7c6aac4e0c9d

    閉じる× 閉じる×
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        Twitter

        Follow
        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        発言小町大賞0