詳細検索

    恋愛・結婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    結婚したいのか、したくないのか、、

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    きりたんぽ鍋
    恋愛
    37歳独身女性。
    30代、中々人を好きになれず、興味持てず「1人で生きていくか〜!」と仕事に没頭する日々。
    そんな中、唯一、心惹かれ、興味を持って2年間片想いした人と、奇跡的に2021年よりお付き合いはじめました。

    彼は絵を描いたり、デザインをするアーティスト。(収入は不安定。一歳下)
    私ははなから養ってもらおうと思っておらず、一度は一人で生きると決めた人生、相手がいるだけでも幸せ。多くは望みませんとの意気込み。

    付き合い始めて早々に、色々な効率を考え、同棲を認めてもらおうと、私の実家に挨拶へ。彼を気に入ってもらったものの、「結婚前の同棲は許さない。」との父の意向を尊重し、(すぐ結婚も決意できず)自分の家は借りたまま、彼の家で過ごすこと10ヶ月が経ちました。

    協力して家事分担、仕事後に食事を一緒に作って食べたり、喧嘩もしつつ、1人ではない時間を共に過ごす事に喜びと温かさを感じ、去年までとは違う自分がいます。

    前置きが長くなりましたが、
    彼と結婚するべきか迷っています。

    元々は、「こんな奇跡ない!」と結婚する気満々でしたが、
    ・アーティストだからといって、毎日創作活動する訳ではなく、むしろ創作意欲が湧かない時の方が多いのか携帯を日中扱っていたり、散歩したり。お金を稼ぐ事より節約して何もしない時間を過ごしたい様な。
    結婚となると、それをどれだけ自分が許せるのか少し不安が増しました。

    ・彼はこの先も一緒にいたいと未来を漠然と口にするものの、先日話してみると仕事的にも収入も不安定な分「結婚に対して漠然とした不安がある」と言っていました。(結婚する事で逆に金銭的余裕が出る話もしました)

    好きですが、でも中途半端な同棲をダラダラ続けるつもりは無く、結婚という重さと憧れと、そしてこの先に進むためのアクション、気持ちの整理、後押しなのか何なのか、

    ご意見頂きたいです。

    トピ内ID:3f4bbe4dc20aa2dc

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 7 面白い
    • 39 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 3 エール
    • 1 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    苦労するとは思います

    しおりをつける
    😣
    ひつじの戯言
    結婚は愛だけではできません。
    もちろんお金だけでもありませんが。

    子供を望まず、一生慎ましい生活を送る覚悟があれば良いのではないでしょうか。

    心配なのは老後です。
    彼はおそらく年金は払っていないのではないでしょうか。
    病院代がかさみ始めた時に貯金はいくら用意できますか?

    彼の収入がどの程度かわかりませんが今の生活で貯金が出来ていないのなら、生活を成り立たせるのは難しそうです。

    彼がスマホ弄りや散歩する時間をバイトに当てるのであればちょっとは違うかもしれません。
    バイトが嫌ならフードデリバリーなど気が向いた時にできるやつだけでもするとか。

    それかデザインの会社に入社し個人事業主から会社員に変更となれば毎月決まった金額が手に入ります。

    彼に変わる気がないのなら、彼がヒモになろうとも養う覚悟がトピ主様にあるかどうかだと思います。
    彼にヒモになる意思は現在のところなくても、トピ主様が家賃や生活費を出して家事もやってとしてあげていると、そうなっていくかもしれません。

    結婚や事実婚は責任が生じます。
    彼がこの先どうなろうと一緒に責任が取れるのであれば結婚してはいかがでしょうか。

    トピ内ID:0834afc9cfda6eb3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    苦労の内容を具体的に思い描いているか?

    しおりをつける
    🐤
    WOW
    >私ははなから養ってもらおうと思っておらず

    自分が相手を養う可能性については考えていますか?

    >「結婚前の同棲は許さない。」との父の意向を尊重し、(すぐ結婚も決意できず)自分の家は借りたまま、彼の家で過ごすこと10ヶ月が経ちました。

    借りたままの自分の家で過ごすことはほとんどなく、基本的に彼の家で生活しているわけですよね?
    それは同棲していることになるのでは?

    >アーティストだからといって、毎日創作活動する訳ではなく

    それのどこが問題なんですか?

    >結婚となると、それをどれだけ自分が許せるのか少し不安が増しました。

    なぜトピ主の許しが必要なんですか?


    トピ主の思い浮かべている結婚生活と、彼の考えている結婚生活は、大きく違っているような気がします。
    彼は、この先も(結婚しても)アーティストの仕事で生活していくつもりなんですよね?
    トピ主は、そのことをちゃんと理解していますか?

    >(結婚する事で逆に金銭的余裕が出る話もしました)

    でも、彼の自由な創作活動に対して、トピ主の許可が必要になってくるのでは?

    彼は、仕事や収入に不安があっても、一人ならなんとかやっていけると思っているでしょう。
    でも、トピ主と一緒だと、トピ主の基準に合わせなきゃならない部分も出てくると考えているのでは?
    それが、彼の「結婚に対する漠然とした不安」の正体では?

    トピ内ID:d4baf2d260317db7

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    トピ主さん

    しおりをつける
    🙂
    匿名‪38
    養う気満々なら良いんじゃないんですか?
    それとも養って貰う気はないが、
    彼も自分と同じか、一人で生きれるくらいは稼いで欲しい、
    または、家事力があればまた別とか?

    これが27歳なら、まだ別れたら?
    と言いますが、
    37歳ですから、
    自分で決めましょう。

    そうだな、彼と別れる、
    もう会えない、
    離れる、
    離れがたいか否か、
    で考えてみたら?

    私はそれで考えました。
    別れる選択肢はない、というか。

    私の場合は、トピ彼と同じように
    収入が低いので、
    迷われる側ではありましたが。

    トピ内ID:3e3a3cc0eca79720

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    芸術家ってそういう感じだと思うんだけど。

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    作曲家でも画家でも作家でも
    何かを作り上げる人はそういうものだと思いますが。

    作曲家が一日中ピアノの前に座っているとは思えないし、
    作家が一日中何かを書いているとも思えない

    芸術に携わる仕事ができる人って、能力がないとできないと思うんですよ。
    なので、一般的な人とは比較できないんじゃないかと。。

    0から何かを作り上げるって大変なことだと思います
    一日中、机に向かっていれば何かが生まれるとはとても思えない

    とぴ主は何を望んでいるのでしょうか?
    芸術家の彼との結婚なのか
    たんなる結婚をしたいのか?

    それは自分で結論を出さないと。。

    トピ内ID:7b611f3ff0e5da0e

    ...本文を表示

    無題

    しおりをつける
    🙂
    さくら
    私ならそんな賭けのような結婚、無理ですね。
    自分が働けばいいとお考えのようですが、それは現在特に大きな身体の問題などがないからでは?
    いつ倒れるか分からないし、当たり前のように働き続けられると本気で思っているんですか?

    トピ内ID:018b325d0fc63299

    ...本文を表示

    トピ主様は自宅に戻りましょう

    しおりをつける
    🙂
    猫丹
    会社勤めの人たちが結婚を前にしてどちらの収入が多いとか少ないとか、子ども何人ほしいからお金が…って、面倒そうだけど中身は結構単純な話です。

    でもパートナーがアーティストなら、これからは夫も収入上げよう!とか、二人で貯蓄を頑張ろうねといった即物的な話ではないと思うんです。

    トピ主様は彼が毎日創作しないことに違和感を覚えているんですよね。

    サラリーパーソンのように時間を決めて創作するアーティストも居ますが、そうでない人が数多。
    そこすら納得が及んでいませんよね?

    そういうトピ主様との生活は、彼からみて必要なのか疑問です。
    収入不安のないトピ主様と結婚した方が生活が安定するという申し出は、彼にとってはべつに願ってもないことではないんです。

    アーティストに結婚は向かないという話ではなく、トピ主様の想定する結婚というものと、彼が描く生活とがフィットするかどうか。
    正直しなさそう…ではないですか?

    他人から見ればトピ主様には冒頭に挙げたような所謂「普通の」結婚に馴染みそうだけど、それは特別彼の欲しいものではない。

    彼の生活ごと気負いなく受け入れられる人が彼の相手なんだと思います。
    それも彼が恋愛や結婚を求めるなら、の話ですけど。

    とりあえずご自身の家に戻りませんか?
    見てる方向が違うのを分かった上で、自分がどう変わるか変わらないのか、べったり一緒に生活していては分からないと思いますし。

    トピ内ID:c0fadd618d7c3373

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ああこれ

    しおりをつける
    blank
    くま2
    単純な話。
    彼の隣にいるべき女性は彼の創作活動を後押しできる女性だという事。
    彼のアーティストとしての活動の支援ができる女性が将来にわたって彼の隣にいる資格がある。

    判断はトピ主さんがそういう女性になれるか否かだよ。
    そしてその覚悟が持てるかどうかだけではなく精神的、経済的に支援できることが必要条件。
    該当しないなら資格なし。

    トピ主さんがあくまで自分の想定する結婚を希望して、彼には変わってもらう前提だというなら結婚は不可能なので別の男性を探したほうがいい。
    まあ、悩んでいる時点で無理だと思うよ。

    恐らく彼には過去もトピ主さんと同様の立ち位置の女性がいたんじゃないかな?
    でも彼女らもトピ主さんと同様に悩んで去っていったという事かもしれない。

    彼にとっても別に結婚はトピ主さんである必要は無い様子。
    彼の創作活動を支援してくれる女性なら誰でもいい。

    トピ内ID:bb8deed25229d728

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    図体のみでかい無意味な存在を養えるか?

    しおりをつける
    🙂
    面倒くさがり
    ですね。
    作品に惚れたなら、あり。

    でもね。古今東西今昔、どんなお金持ちでも嫌になるのよ。

    ダヴィンチくらいなら話は別。国上げて全てを提供するわ。

    トピ内ID:b26645d24cd64540

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    通りますよ
    この結婚に必要なのは
    トピ主さんの覚悟でしょうね
    最悪、彼を養う覚悟があるのか

    あと一つの論点はトピ主さんが
    子供を持ちたいのかどうなのか
    だと思います

    親に同棲は許さないと言われたけど
    結局はトピ主さんの家を解約していないだけで
    彼の家で同棲しているも同じ
    後は籍を入れるかどうかだけかと

    籍を入れた場合に
    責任問題が発生しますが、
    単純に金銭問題で不利なのは
    トピ主さんだと思います

    彼の性格からして籍を入れたら
    何かが変わるとも思えませんし、
    離婚しても慰謝料が取れるとも思えません

    子供を持たないのであれば
    今のままでもいいと思います

    トピ内ID:41e6da86c2477ba5

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0