詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    明日は何が起こるかわからない

    お気に入り追加
    レス11
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😣
    珉珉
    話題
    先日実家で両親と夕飯を食べた翌朝のことです。
    母から電話があり父が脳梗塞で倒れて救急車で搬送されたと。
    それが元で父は介護の必要な身体になりました。
    まだ59歳、前の日はあんなに元気で庭仕事もしていたのに余りに突然です。
    父はもちろん母も長年務めた会社を退職する事になりそうです。
    夫婦そろって来年は定年を迎え、コロナが落ち着きそうだからと二人で定年旅行に行くのを楽しみにしていたのに。
    父の介護で私の生活も少なからず変わると思います。
    人間て明日は何が起こるかわからないですね。
    同じような経験をした方いませんか?

    トピ内ID:030647cf8b894807

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 6 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 121 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数11

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    経験ありますよ

    しおりをつける
    🙂
    水晶
    倒れられてからどのくらいでしょう。先日とありますので日が浅いようでしたら、これからのリハビリの経過次第ですので、人それぞれですので一概には言えませんけれども、今後自分の手も必要かもと悲観的になり過ぎる事もないのではと思いますよ。

    今はとても辛い時期ですよね。お父様の回復力を信じて下さいね。

    トピ内ID:949ec744b2c6a759

    ...本文を表示

    二年前……

    しおりをつける
    🎶
    みやび
    まだコロナ禍が船の上の出来事だった約2年前の年明け。

    兄、姉、私の3兄妹は全員が
    本厄、前厄、後厄でした。

    この頃、母は特養にお世話になっており、この母が入所しているすぐ近くに厄神さんがあったので
    3人で厄除けしてから母を見舞いました。

    母と一緒に昼食を食べ
    同じ話を繰り返す母を笑いながら
    2時間ほど和やかな時間を過ごして帰りました。


    翌朝、兄から電話が入り
    母が亡くなったと……

    特養に着くと朝ごはんを食べ終え
    職員の方が薬を取りに行って戻って来たら亡くなっていたとの事でした。

    満腹になって満足したのか
    それとも最後に(前日ではありますが)子供たちに会って嬉しかったのか
    微笑むような亡骸でした。

    苦しむことなく旅だったと思えたこと
    コロナ禍前だったので
    葬儀も通常通り行えたこと。
    そう考えるとある意味良かったかも知れません。


    今も
    いつ、何が起こるかわからない……と思いながら生きていますよ。

    ご両親を無理ない程度に見守ってあげて下さいね。

    トピ内ID:988fee7e1d90c8bb

    ...本文を表示

    天気以外 すべて突然

    しおりをつける
    🙂
    ひよこぴよ
    明日のことがわかるのは 天気ぐらいでしょう。

    それ以外は「良いことも」「悪いことも」すべて突然です。

    そのために多くの人々は「生命保険」「損害保険」を利用します。

    巨大小惑星地球近傍通過など「通過してから わかった」ということもよくあります。
    こればかりは夜間でも昼間でも 見えないからです。

    トピ内ID:0b23c2b87620be82

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    それが人生だと思う

    しおりをつける
    blank
    多かれ少なかれ人生ってその連続だと思う。
    私も身内(父、夫、自分自身など)で続けて別れや闘病など経験してきました。
    だからこそ以前のように将来の事は考えなくなりました。
    とにかくひたすら今を生きるだけ。
    自分で生きているようで、実際は生かされてるだけだなと思っています。

    トピ内ID:bc4d53540dbd77c9

    ...本文を表示

    ショックだったとこ

    しおりをつける
    🙂
    Bungy jump
    はるか昔のことですが、私が小学生の時に、お隣のおばあちゃんの外孫の可愛い幼稚園児の男の子が、頭を打って亡くなりました。
    一緒に遊んだり写真を撮ったりしたことがあるので、聞いた時は本当にショックでした。

    明日は我が身です。老いも若きも、人生、何が起こるかわかりません。

    ご両親に優しい介護や、愚痴を聞いてあげるなど、親孝行してあげてください。

    トピ内ID:35ef47aeefec93f8

    ...本文を表示

    大体の人が一度は経験すると思う

    しおりをつける
    🙂
    はなみ
    私も似たようなことがありました。
    母と「いってきます」「いってらっしゃい」と別れて家を出た1時間後、電車の中で母の訃報を聞きました。
    脳出血でした。
    トピ主さんと同じで、全く元気で何も変わらない状態だったのに。本当にショックでした。

    でも、その時あることを思い出しました。
    ほぼ同じような話を、職場の40歳くらい年上の女性から聞いたことがあったんです。
    その方の場合はお父様を、私と同じように亡くされてました。
    朝普通に別れて、そのまま急に亡くなられたと。

    そういう話を聞いた時は「私にそんなドラマチックなことは起こらないだろうな~」と思いましたが、起きましたね…

    考えてみたら、人が死ぬ時って急に死ぬ(もしくは急に倒れてこん睡状態から亡くなる)か、病院やホスピスなどで徐々に死ぬか、の2通りしかないじゃないですか。
    親兄弟や友達、配偶者、子供など、近しい人間関係が一人でもいれば、自分より先に亡くなる人がいる確率は2分の1よりも大きいわけです。
    つまり、急に誰かが亡くなるという状況を、ほとんどの人が一度は経験するはずなんですよね。

    ということを、母が亡くなって初めて身に染みて思いました。
    ドラマチックではあるけど、大して珍しい話ではないということです。
    自分だっていつ死ぬかわかりませんから、日々をしっかり生きなければなりませんよね。

    トピ内ID:c423bccecd1a6e05

    ...本文を表示

    私の母親の経験ですが

    しおりをつける
    🙂
    北国生まれ
    看護師だった母親がかつて、某社で健康指導をしていました。
    そんなある日、健康上は全く問題なしとしていた中年男性社員が職場で、昼食から戻って座った途端に椅子ごと倒れて、そのままお亡くなりに。
    母親は「自分はとんでもない見落としをしていたのか」と真っ青になって、その地域の拠点病院のベテランの医師に健康診断のデータを見てもらったところ、その医師も「このデータなら私も気が付きません」と。
    こう言うこともあると言うことで。

    トピ内ID:ba00f184ab47e3ae

    ...本文を表示

    循環器系疾患はそういう感じ

    しおりをつける
    🙂
    都民
    かつて55歳で急死した友人も心臓の動脈乖離で急死しました。
    朝は普通に出勤して、帰宅時に珍しくタクシーで帰宅したので
    奥さんが「どうかしたの?」って聞いたら、
    腰が痛くてとひと言残して、自分の部屋に入った途端に倒れたそうです。
    救急車で病院に着いた時は意識もなく、そのまま亡くなったそうです。
    たぶん自分でも死んだことを気がついてないまま、
    亡くなったんじゃないかって思います。
    循環器系疾患はそういう感じが多いそうです。

    トピ内ID:9e487b67ed60402a

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    母の日に脳梗塞

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    亡くなった母ですが、ある五月の母の日に、脳梗塞で倒れました。朝から母の日なのに電話がつながらないと思ったら、夕方ごろ兄から連絡があり、母が地元の大学病院に入院しているとのこと。容体を聞いたら、明日来てみればわかると言われて恐ろしかったです。
    結局前日から、まっすぐ歩けないほどのめまいを感じて、一晩我慢してしまったそうです。御風呂も入れなかったと言っていました。翌朝、お隣の奥さんに連絡して、お隣さんが病院を捜してくださって、息子さんが隣町の大学病院に車で連れていってくださったそうです。時間が経過していたので、点滴をしても、後遺症が残るとのこと。翌朝、職場には連絡して、始発で、大磯まで、電車に乗って、病院に駆け付けました。
    母にあったところ、立ったり座ったり、しゃべったりはできる模様。車椅子にはならなかったんだと安堵しました。ただ、右手に動きがよくなく、字が書きづらく、書道の師範を持っていた母は、もうあんないい字は書けないと泣いていました。

    トピ主さん、リハビリも始まりますし、長い時間はかかるかもしれないけれど、母は亡くなる二年半の間には、ほぼ百パーセントに近く回復しました。
    どうか希望は捨てないように。

    トピ内ID:72dda467d4c0c0cb

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    いつだって突然です

    しおりをつける
    🙂
    空っ風
    学生時代の友人達と話していたら、ずっと住んでる家の階段から落ちて骨折したとか、退職した途端に心臓と癌手術とか、自分は実家の両親のお手伝いの帰り、やはりいつもの道で転倒、肋骨骨折にあご強打で救急病院へ。自営の従兄は仕事が一段落ついてお昼休みに車で休息中、脳卒中のため帰らぬ人に。見つけた方が救急車をよんでくださいましたが間に合いませんでした。夕方には実家に帰る予定でした。
    いつだって突然です。

    トピ内ID:5b966c9366934a56

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  11
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0