詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 皆さん、ペットの医療費いくらまで出せますか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    皆さん、ペットの医療費いくらまで出せますか?

    お気に入り追加
    レス16
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    PIT
    話題
    現在12歳の愛犬。
    1年前からクッシング症候群になり、薬代で月2万円・毎回ではないですが検査で1万~3万円、処方食1万円、別にトリミング犬種なのでトリミング代が15,000円と家族の中で一番お金がかかっています。
    先日、新たに糖尿病に罹っていることがわかりました(泣)
    インスリン注射を1日2回、飼い主がしないといけないらしく、インスリン投与量を決めるため2~3日入院が今後必要です。
    新たに注射器代+薬代の負担・・何より注射を愛犬に打たないといけないという心的負担。
    クッシングも糖尿病も治ることはないので死ぬまで薬が必要です。

    心臓病手術だと100万以上かかるそうですが、皆さんペットにいくらまでなら医療費だせる・だしていましたか?
    うちは家計はカツカツですがなんとか医療費を工面したいと思っています。

    トピ内ID:ba44485ce8b2cf57

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 4 面白い
    • 27 びっくり
    • 5 涙ぽろり
    • 73 エール
    • 3 なるほど

    レス

    レス数16

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    15歳のワンコ

    しおりをつける
    🙂
    まい
    一日2~3万円かかりました。
    毎日です。

    症状が収まって、今は通院が1~2週間おきになりました。

    ワンコが苦しまずに済むなら、
    一日でも長生き出来るなら、
    惜しくはありません。

    それだけの愛と癒しをくれた仔です。

    トピ内ID:e065332dd51c1567

    ...本文を表示

    限度は無いと思っています。

    しおりをつける
    🙂
    動物は可愛い
    今迄、自分の人間の子供達と同じと思ってずっと愛犬達と暮らしているので、
    医療費に限度額を設定したことはありません。
    高額になるのも想定内で一緒に暮らすことを決めたわけだし。
    出来る限りのことはしてあげたい、ただそれだけです。

    トピ内ID:34ef8f52b8b4f8f5

    ...本文を表示

    難しい問題です

    しおりをつける
    🙂
    ワンダフル
    一言で片づけてしまうなら「それぞれのご家庭での考え方次第」ですもんね。

    12年も一緒に暮らしている愛犬ならどんなに高額な医療費でも改善に向かって欲しいと思うでしょうし、苦しむ姿は見てて辛いし、少しでも穏やかに楽に一日一日を過ごさせてあげたい。

    若い頃のように元気な姿、大喜びしてはしゃぐ姿が見たいものです。
    これは全飼い主共通の想いでしょう。

    しかし現実はそうもいかない。お金の問題がのしかかります。
    トピ主様は何とか医療費を捻出しようとされているので、ワンちゃんもそのお気持ちに応えて闘病を頑張ると思います。

    我が家には2頭、10歳越えの愛犬がいます。

    この10年間、犬の健康について日々勉強してきました。
    飼い主が出来るのは生活習慣病対策だと思い、売り場にずらっと並ぶ美味しそうなオヤツはぐっとこらえ、質の良いと思うドライフードとお水だけで体重・体調管理しています。

    トリミングもすべて自分で行い、日々身体を触り異常に気付けるようにして、ブラッシングも耳掃除も歯磨きも毎日欠かしません。

    もともと健康体なのもあるでしょうけど大病なく今に至ります。

    保険には入っていません。
    もし、ガン等の病にかかったらその時の愛犬の状態を見て、治療が苦しそうなら高度医療は断念するかもしれない。

    知り合いに心臓病で余命宣告された犬がいました。
    治療中に診察台から飛び降りて飼い主の元に駆け寄ったのだそうです。
    その姿を見て、必須だと言われた入院治療を断り自宅で一緒に過ごしたとおっしゃっていました。

    親せき、犬友、色んな方々がお見舞いに来てくれて、その度に大喜びして病気が治ったんじゃないかと思うほど元気だったのですが、2週間後に虹の橋を渡りました。

    飼い主さんはとても悲しみましたが、「おうちにいたい、家族の傍にいたい」という愛犬の心の声が聞こえたから後悔していないと清々しいお顔でした。

    トピ内ID:83ff9d611f7b708a

    ...本文を表示

    いくらでも

    しおりをつける
    🐶
    ハナモナ
    私にとっては
    「我が子の医療費いくらまで出せますか?」
    と同じです。

    以前うちにいた子たちもそれはまあかかりました。
    でも惜しくなかったです。

    トピ内ID:5c296305d7cf2e38

    ...本文を表示

    出せるところまで

    しおりをつける
    🐤
    インコ
    私は独身で子供もいないし、もう親も看送ってしまったので、可能な限りお金を出しますね。
    財産を残すと言ったら姪しかいないので。
    数年前に22歳で虹の橋を渡った猫(保護猫)は晩年の3年間で医療費が200万以上かかりました。
    子猫の頃から何かと病院にかかる事が多い猫でしたので生涯でかけたお金は400万を超えるでしょう。
    猫も病院に行くのを嫌がらず薬も苦労せず飲んでくれたし、補液中も大人しく、それに治療をすれば体が楽になるのがわかっているようでしたのでやめられなかったです。
    他に犬を飼っているのですがこちらは病院大嫌い、薬を飲ますのも抵抗が酷くて無駄にする(吐き出したり、食べない)事が多いので、猫ほどはかけられないと思います。
    決して差別するつもりではないのですが、犬にとって病院通いや薬が大変なストレスでかえって寿命を縮めそうなので。
    だから飼っているペットの性格によって治療の程度を決めてます。
    治療がかえってその子の苦痛を長引かせるようならそこで治療をやめると思います。
    あとやはり飼い主の懐事情ではないでしょうか。

    トピ内ID:8ba0748077036820

    ...本文を表示

    自らの生活基盤を最優先に

    しおりをつける
    🙂
    ねこ
    「いくらお金がかかっても構わない」と言えるのは豊富な資金力持った方のみです。

    豊富な資金力を持った方は、飼い主さん全てでは有りません。
    それぞれの生活、人生が有ります。
    生活は流動もします。

    出きる範囲内で良いと思います。
    獣医さんにも相談出来ます。  
    出きる範囲内の治療相談、してみて下さい。

    愛情=お金では無く、出きる範囲で最後まで診とる事だと思います。

    自らの生活基盤を崩してまでつぎ込むのは本末転倒。

    人と比べ無くて良い。自らの生活に責任持てるのは自らのみ。
    その中で出きる事をして飼ってあげた良いです。

    トピ内ID:aea83af9c5ef14a0

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    今更でしょうが

    しおりをつける
    🙂
    いち子
    わが家は猫ですが、迎え入れた段階でペット保険に加入しています。
    もうシニアになりましたので3割負担のコースになってしまいましたけれど、満額支払うより助かりますからね。

    先代の猫の時に
    毎月15万平均の治療費が1年間、その後20万平均の治療費が半年。
    高齢にもなっていましたので、手術と言う選択はしませんでした。
    もう看取る直前までお財布は大解放。
    金に糸目はつけませんでした。

    人間もそうですが、健康保険に入っていなかったら莫大な医療費がかかりますよね。
    なので、今いる仔たちには健康保険代わりにペット保険をかけています。

    >うちは家計はカツカツですがなんとか医療費を工面したいと思っています。

    頑張ってください。

    トピ内ID:a53b816b4b1ca2c2

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    主さんのワンコと一緒の病気です

    しおりをつける
    🙂
    Pimiku
    うちの13歳の犬は8年前(当時5歳)からクッシング症候群から同じように糖尿病になりました。発見した当初から8年間ずっと現在まで毎日家で数種類の薬を与え、インスリンを注射しています。血糖値が急激に上がらないように食事も手作りするようになりました。主さんのワンコも多分同様に血圧が上がり、視力をそのうちに失うことになる可能性もあります。ウチのワンコが4年前に視力を失い始め、眼の手術をしました。今は毎日インスリン注射、降圧剤、クッシング症候群の薬を与えてます。そして定期的な検査でお金かかってますよ。

    ウチは犬3匹と猫1匹の多頭飼いしており、4匹のうち3匹が皆定期的な検査と、それぞれが数種類の薬を毎日投与しなければいけない状況です。猫に関しては毎日点滴を家で行っています。先住犬4匹も色々と病気を患い(白血病、感染症、癌など)ました。その度に出来る限りの治療を行いました。
    最近気づいたのは、私たちは既に人間の子供1人が大学を卒業できる金額を費やしてます。
    私にとってペットは家族の一員なので何も疑問なしに治療を施してますよ。これがペットを迎える人にとって当たり前の責任だと思ってます。

    トピ内ID:957448f9b7e16df9

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    大変ですね、

    しおりをつける
    🙂
    m
    お気持ち、お察しします。

    私も数年前にペットが病気になり、自宅療養で酸素を使ったり投薬など大変だった時期があります。

    ただ、うちは鳥でしたので、数十万で済みました。闘病期間は3か月ほどでした。

    回復は見込めなかったので、なんとか苦しまずに最期まで過ごせるようにと、医療費は惜しまなかったです。

    当時は「100万くらいまでなら用意できる。」という気持ちでおりました。

    最期まで、ワンちゃんが穏やかに過ごせるといいですね。

    トピ内ID:391649a6e64ed32e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    難しい問題ですね

    しおりをつける
    🙂
    カメリア
    数年前、愛犬(我が家では3頭目のワンちゃん)が腎臓病を患い、完治は不可能、いかに1日でも長く生きるれるか、の治療になります、と言われ、毎日点滴に通うか(延命治療)、このまま来るべき時を迎えるか、どうするかと獣医さんに言われました。
    点滴は一回5千円、これが毎日となれば、生活は圧迫します。
    1か月や2か月、点滴を続けたら治るとなればやりました。
    だけど、一生と言われ、無理だと判断しました。
    強い薬(1万円)を2回注射して、1か月しかもたないと言われた命は半年までがんばりました。

    私には多額の治療費は出せませんまでした。それでも途中、手術(10万〜20万)するような病気になった時は躊躇なく出して、治療しました。

    多分、治る病気なら治療代も惜しまないが、単なる延命治療なら、その犬の寿命と捉えるので、医療費はその状況により、どこまで出せるか変ります。

    トピ内ID:b3e1215360db8055

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  16
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0