詳細検索

    発言小町大賞2021
    発言小町大賞2021
    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    もっと両親に自分を大切にして欲しかった

    お気に入り追加
    レス17
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    ひなあられ
    ひと
    両親は70代の頃、父方の祖母の介護を7年間していました。
    祖母は私が小さい時から同居でしたが、90歳を過ぎて病気をきっかけにほぼ寝たきりになりました。
    両親は施設を検討しましたが、父の妹二人が祖母の退院後に家族で来て、「長男だし、お母さんはお兄ちゃんに面倒見て欲しいのよ」と騒ぎたてました。
    異常な雰囲気の中、それまで黙っていた叔父(次女の夫)が、「おばあちゃんがかわいそうだ!」と泣き出し、ついに母が「わかりました」と答えました。
    叔母達は急に笑顔になり、近くに叔母は「私も毎週来るから一緒に頑張りましょう」と言いましたが、程なくして体調を理由に来なくなりました。
    手伝いはしないのに、ショートには入れるな、夜は同じ部屋で寝てあげて、二人一緒に外出したら祖母が一人になるからどちらかは必ず家にいて、など口出しだけはしました。
    遠方の母の実母が危篤の時も、父が故郷の同窓会に行こうとした時も、「誰が介護するの」と反対。
    結局行きましたが、文句を言われて嫌な思いをしたそうです。
    後半はショートに入れて旅行に出たりしましたがそれも不満、また自分も手伝いに行くと言ってドタキャンもありました。

    葬儀の時、叔母達以外の親戚は両親のことを立派だったと褒めてくれましたが、叔母達からは一言も感謝の言葉がありませんでした。
    最期まで面倒を見た両親を尊敬していましたが、釈然としないものもありました。

    今になってわかりました。
    私は両親にもっと自分を大切にして欲しかったのです。
    「おばあちゃんがかわいそう」と泣いた叔父は、そうやって家族を守ったのだと。
    エゴイストでも人として立派でなくても、自分達がしたいようにして欲しかった。
    祖母の死後15年経って、ふとそんなことを思いました。
    父に「あれで良かったと思う?」と聞けば、「ああ」と答えるでしょうが、既に他界して聞く事は出来ません。

    トピ内ID:1a24e177ef67b3e6

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 9 面白い
    • 43 びっくり
    • 110 涙ぽろり
    • 517 エール
    • 22 なるほど

    レス

    レス数17

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    余談ですが、、、

    しおりをつける
    🙂
    銀杏
    私の友達は次男の嫁なのに
    口うるさい厄介な姑と同居しました。
    口を出しお金を貰う実の娘は
    理由をつけて面倒を見なかったそうです。
    友達の息子達は祖父母に優しい言葉をし手伝い、
    1番可愛がられていた妹の息子達は祖父母が弱って病気になっても
    冷たかったそうです。

    友達は言ってました。
    親を見て育っているんだと、、。
    友達の息子達は羨ましいほど
    親思いの優しい人に成長してます。
    妹の息子達は親にも冷たいそうです。

    主さんも親思いの優しい人だと感じました。
    立派なご両親だと誇りに思って下さい。
    でも分かります。
    自分の人生、自分の余生も楽しんで欲しかったと思いますよね。

    主さんが何歳なのか分かりませんが、
    還暦になった私の親世代、特に田舎はそんな感じでした。
    今は時代が変わりましたよね。

    トピ内ID:418e7bb217e256a3

    閉じる× 閉じる×

    そうかもしれないけど、でも無駄ではなかった

    しおりをつける
    🙂
    ひとみ
    お優しいんですねトピ主さん。
    お気持ちわかりますよ。
    良くある話ですよね。

    ご両親がなさったことは、それでも、とても価値のあることだったと思います。
    そして、叔母様方に言われるままに、抵抗もせず言いなりになるばかりの
    人生でもなかったのではないでしょうか?
    もし、もっと「自分の人生、自分の生活」を第一にしたとしたら、
    きっとその叔母様たちとの間に、物凄い軋轢が生まれて、
    ご両親やトピ主さんまでも、ストレスが溜まったのでは?
    それを回避するほうが、ベストオブベストではないけれど、
    生きていくうえで、ベターな選択だったのでは??
    そして、その生活の中には、苦しい辛いことも多かったでしょうが
    ふとした幸せな瞬間や、やりがいを感じられる時間もあったのでは
    ないでしょうか?
    看取られて、責任を果たしたという充実感や安心感も得られたのでは?

    なんにせよ、彼岸の人となられたのであれば、ああしてほしかった、
    こうすれば良かったのに、と言うよりは、よくやって下さった、
    立派でしたね、と思ってあげたらいいのではと思います。

    トピ内ID:c6d300ba0e1e8a09

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    自分達が選んだことですよ

    しおりをつける
    🙂
    アラフィフおばちゃん
    立派なご両親ですね。
    私の両親も全く同じ状況で祖母の介護を4年半やりました。
    口ばかりのおば達も全く同じです。
    (うちはおばが3人、おじが3人の7人きょうだいですが、誰一人手伝わずお金も出しませんでした)

    祖母の没後20年夫婦で過ごしていましたが、二人で旅行したり私達子どもや孫が遊びに来たりを楽しんでいました。
    母は常々「家族に介護はされたくない。介護が必要になったら施設に入れてくれ」と言っていました。
    母はがんで亡くなりましたが、苦しんだのは最期の二週間ほどで介護は全くしないまま旅立ちました。
    若い頃は夫婦喧嘩が絶えない家庭でしたが、祖母の介護を乗り越えたからか、晩年は仲良し夫婦でした。
    自分を大切にはできなかったかもしれないけれど、配偶者を大切に過ごせたのかもしれませんね。

    お父様のご冥福をお祈りします。

    トピ内ID:0d209a8175067bb8

    閉じる× 閉じる×

    ご両親の決断

    しおりをつける
    🐤
    詩音
    私がトピ主さんと同じ立場でも同じことを思います。
    また介護士で、トピ文にあるような光景はよく見てきました。「可哀想。」とか「施設は駄目だ。」とか言う人に限ってお金も介護の助けを一切しません。
    何で、自分に出来ないことを他人に要求するんでしょうね・・・今でも分かりません。

    ですがトピ主さんのご両親は大変な思いをされたかもしれませんが、不幸では無かったのかもしれません。本当に介護が無理だ嫌だと思えば、妹達が何を言おうと振り切って決断出来ました。振り切れなかったのも、またご両親の選択の結果です。

    何が不幸で幸せなのかは、家族でも当事者ではないと分からないこともあります。

    トピ内ID:90696c592e8ef937

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    言いたいことはわかるけど、、、微妙

    しおりをつける
    🙂
    同居嫁
    アラ還の同居嫁です。

    20年前の私だったらトピ主さんを大絶賛してエール連打してたと思う。
    今は、、、
    もちろんトピ主さんを否定したりしません。
    気持ちはよくわかるし優しい娘さんだと思います。

    でも、苦労したお母さんは不幸だったの?
    お母さんは自分の人生を後悔してたの?

    お祖母さんの死後15年も経ってるならトピ主さんも私とそんなに変わらない年齢でしょうか。
    自分勝手なこと言ってた親戚たちを軽蔑する気持ちはかわらないだろうけど、この年になると若いころと違う考えもよぎったりしませんか。

    私自身もいろいろな意味で「苦労した嫁」の部類に入るかもしれません。
    この世代はそんな嫁は多かったし。
    でも自分の子供に「自分を大切にしてほしかった」と言われたいものかな。
    もし言われたら子供の優しさに涙が出るけど、同時に自分がみじめになっちゃう気がする。

    私だったら「お母さんすごく頑張ったんだね」と言ってほしいなあ。

    トピ内ID:a052b3ac697bffc3

    閉じる× 閉じる×

    よく聞く話です。

    しおりをつける
    🎶
    そうなのよ。
    よく聞く話です。
    時代もあったかもしれません。
    施設に預けるとなると「可哀想」と周りは言っていたかもしれません。

    手伝うと言って結局手伝わない叔母さん達。
    これもよく聞く話です。
    親が健康な時は頻繁に訪ねてくるのに介護が必要となるとぱたっと来なくなる。

    実は我が家も似た感じでした。
    母が祖母の世話をしていました。
    叔母達もトピ主さんの叔母さん達と似たようなものでした。

    実際介護も一昔前は現在の様にヘルパーさんとか介護師さんもきちんと居た訳でないので家で介護するって非常に大変だったと思います。

    でもトピ主さんのご両親は確かに叔母さん達に泣きつかれたり要求を言われたりとしたけれど、結果ご両親で選択してお祖母さんの面倒見ようと決めたのです。
    何故なら周りがなんと言おうと勝手に施設に入れようと思えば出来た筈です。
    実際そういう人も居ますよ。
    ご両親は結局はトピ主さんのおっしゃる「自分達がしたいようにした」のですよ。

    別に正義とか立派とか考えて居たのではなく単に「愛する親を最期まで見届けよう」と子供として考え選択したのでは?
    実際叔母さん達は口だけですが、トピ主さんのご両親は理屈無しで本心から優しい人達だったのですよ。

    親を大切に面倒見たのですから、ご両親は自ずと自分達をも大切にしてたのでは?

    トピ主さんも非情な叔母さんの子供ではなく優しいご両親の子供なのですから良かったですね。優しい血が流れてますよ。
    最期にお祖母さんをも幸せにしたご両親ですのでご両親自身も幸せだったのでは?
    お父さんも結果満足だったのでは?

    トピ内ID:b69c7a6cb62e8d50

    閉じる× 閉じる×

    ひとみ様に賛同

    しおりをつける
    🙂
    piyppiyo
    22日 20:42にレスされたひとみ様の書かれている通りです。

    私も長男嫁でトピ主様のご両親と同じです。二人の義妹(一人は近居)が専業主婦だったのに、設計事務所自営だった私(義実家まで1時間弱)が一人で介護を担うことになりました。
    介護すれば当然仕事はできなくなり、根回しをして休業しましたが、5年後再開してからもやはり影響は大きかったです。
    子供達は歯がゆかったようで、よく言われましたが、当時の私とお母様の気持ちは同じだったのではないでしょうか。

    私が苦労して取得した資格、大好きな仕事をやめたくはないと悶々としていた時です。先輩に「好きな事だけしなさい。貴方が楽なようにすればいい」と言われました。
    好きな事、それは仕事だけれど、自分が楽な事? 考えた時、人のすることは常に2者択一だと思ったのです。
    仕事を続けることで得られる喜びと、介護を断る(勿論協力はするけど)ことで聞かなくてはいけない嫌味や愚痴。様々な軋轢に耐えなくてはいけない苦痛。
    どちらを選べば私は楽なのか?そう考えると介護を引き受けるほうが楽だと思いました。
    性格ですね。義妹達は人目より自分たちの樂を取った。私は人から何かと聞かされたり愚痴を聞くのが嫌。どちらがどうと言うことではなく、お互いに自分の楽を取ったのだと思えば気が休まる。まさにひとみ様の書かれたベストではないけれどベターな選択でした。

    今、私の子供達はお母さんはえらかったと言ってくれます。私自身、やり遂げた!と思っていますし、今や義実家は私の天下です。誰にも文句は言わせない。

    トピ主様のご両親様は私のような気の強いはねっ返りよりずっと優しい方々だったと思います。トピ主さんもお優しいですね。
    今はご両親様を誇りに思っているだけで良いと思います。
    こうしてトピを立て、偲んでおられることで十分報われておられます。

    トピ内ID:744d32d3273ea69e

    閉じる× 閉じる×

    ああ、「自分」とは

    しおりをつける
    🙂
    いち子
    トピ主様の事ではなく「父親自身」という意味なのですね。

    わが夫の両親がトピ主様の親御さんのようでしたね。

    ええ、ええ、ことに叔母連が口出す癖に手を出さぬ最低なおばさんたちでしたよ。
    私が嫁いだ時には夫祖母の介護が始まって10年以上経っていましたが、盆暮れ正月に親戚一同が集まっちゃぁやいのやいのと五月蝿かったっけねぇ。

    一番末の叔母さんが「おばあちゃんが可哀想」とか言っちゃうのですが、僭越ながら嫁の私は「あら、(私にとっての)お義母さんだって可愛そうですよ。365日が介護生活なんて叔母様やれます?」ともう満面の笑みで言いましたよ。

    それからは私がいる前では「おばあちゃんが可哀想」を言わなくなったようだ。

    もっと気の毒だったよな・・・・・と思いますのは、その祖母の息子である義父でしたよ。
    祖父(義父の父)が早く煮なくなりましたので、中学を卒業後、頭の良い人だったのに上の学校に上がらず働いて弟妹4人と母を養いましたからね。
    我慢だらけの人だったと思いますよ。

    でもすごいなぁと思いますのは、知識はものすごくある人でした。
    働く中で自力で勉強していたんだと思います。
    株もやっていた人で、上手に株の売買もして資産を形成しましてね。

    夫祖母が亡くなった後、義両親・私たち家族・弟や妹の家族総出で旅行に行ったっけな。
    孫たちにも愛された義父はもうずいぶん前に亡くなりましたが、晩年は幸せな時間を過ごしたのではないだろうか。

    ああ、夫祖母の介護は通算18年でしたよ。
    最期まで自宅介護でした。

    本当に頭が下がります。

    トピ内ID:c070a56063b2f41b

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    時代もあるのではないでしょうか。

    しおりをつける
    🙂
    さーや
    現在ならもっと合理的に誰か一人が負担を強いられないように!とデイケア、ショートステイ、施設への入居など色々駆使しますからね。
    夫婦が50代、60代でも共働きなども多いですから。

    これが15年以上前の話、都市部では無く田舎だとしたら尚更に長男が!と家族、親族、また長男である人もそれを当たり前として来ている可能性が高いですよ。

    自由に生きて欲しかった!と言えるのは、今の時代に生きてるからではないでしょうか。
    果たして当時それが出来たのか?は疑問ですね。

    トピ内ID:827d4b032d7fc63e

    閉じる× 閉じる×

    私は両親を軽蔑してます

    しおりをつける
    🙂
    まま
    私の両親は、あなたの叔母さん、叔父さん寄りの立場でした。
    私は両親を軽蔑してますよ。

    祖母が亡くなった時も、病院で「どうしてもっと延命処置しなかったんだ」と大騒ぎ。
    祖母はもう98歳でした。

    あなたの気持ちも分かりますが、自分の両親が薄情者だと知ることも苦しいです。

    私は祖母の死後、叔母の家に個人的に謝罪に行きました。
    それで許されたとは思いません。

    トピ内ID:04d73f89f883d73f

    閉じる× 閉じる×

    自分のことだけ?

    しおりをつける
    🐶
    マル
    一番気の毒なのは、あなたのお母さまだと思いますけど。
    一番悪いのは、あなたのお父さまです。
    家族を守ることができなかったのですから。

    あなたが、今も当時のことを思い出して辛いと思っているならば、まずはお父さま、そして叔母や叔父たちにあなたの不満を直接ぶちまけましょう。
    あなたは、もう大人なのですし、当時の状況について異常だと理解しているのですから。
    理路整然と叔父叔母の身勝手さを指摘し、あなたの長年の不満を消化し次に進みましょう。
    何も言えずに黙っているのでしたら、あなたも当時のお父さまと同じです。

    私は、ただただお母さまがあまりにも不憫だと感じました。

    トピ内ID:eadeeba463928d92

    閉じる× 閉じる×

    長男教で育ったのかもよ?

    しおりをつける
    🙂
    合理主義
    15年前に亡くなった祖母が当時90歳越えなら、お父様やその妹達は「長男教」が当たり前の世代で育ってますよね。

    トピ主さんから見たら叔母は介護を父に押し付けた卑怯者かもしれませんが、そこに至るまでに色々と差別されて育てられた経緯があるのかもしれませんよ。
    私の母もおそらくお父様と同年代くらいですが、高校の頃、5歳下の弟(長男)の進学費用のために高卒で働くことを親に強要されたそうです。
    弟は長男で将来両親の面倒を見るのだから大学進学させるのは当然、女の母はどうせ嫁に行くのだから学など無くても良い、と。
    高校の担任が「成績優秀なので勿体ない」と祖父母(母の両親)を説得に来てもダメだったそうです。

    そういう過去があるからこそ、お父様は強く反対もできずに母親を引き取って介護したのではないでしょうか。

    >異常な雰囲気の中、それまで黙っていた叔父(次女の夫)が、「おばあちゃんがかわいそうだ!」と泣き出し

    これもね、義母が「長男が老後は見てくれる」と信じてあれこれ優遇したり手助けしてきたのを知ってるからこそ、出た言葉じゃないのかな。
    「恩恵だけ受け取って、利用するだけしておいて土壇場で放り投げるなんて、おばあちゃんがかわいそうだ」ってことなのでは。

    一方から見ただけの景色ですべてを判断するのは危険だと思いますよ。

    トピ内ID:247b1ab938fe817f

    閉じる× 閉じる×

    すごく分かる

    しおりをつける
    🙂
    みかん
    うちの両親は地域や親戚に尊敬されていると思います。

    父が長男、母は長女、私は第一子長女の上、小姑が二人いる長男に嫁ぎました。

    まず、長男の子供は、我慢が多いです。
    両親が保守的だからか、保守的な男性にばかり好かれ、結局諦めて田舎の長男嫁になりました。

    義実家で何かあれば、夫を立てなさい。

    両親は正論しか言わず、何の共感もありません。

    周りからよく、言いたいことをなぜ言わないの?だとか、後から蒸し返すの?とか、その場で言わなきゃ、とか言われますが、すべて却下されてきた人生のため、諦観の念があります。服すら親戚のお古でした。
    妹は新品を買ってもらってました。

    夫も私を使って周りに見栄を張るタイプです。両親がそうだったから違和感を感じなかったのかもしれないです。
    卑屈と言われることもありますが、進学先すら親戚と調和を取るように言われ、何がやりたかったのか何が食べたいのか何が着たいのかもあまりよくわかっていません。自分がありません。だって自分を持ってはいけなかったから。
    したくないことはたくさんあるけど、したい事はよくわかりません。
    私がたぶんよくわからないから、話を聞いてくれている人も結局何が言いたいんだろうって疲れるみたい。
    私は堅い生活、堅い人生に適性がなくて、例えば家庭科は頑張ってもからきしダメで料理ダメ掃除ダメ、ボタンもつけられない、一般的に自由に見える仕事を選んでいますが、それもただ親戚から逃げる手段であり、誰も私を守ってくれません。
    たぶん、堅い生活をしていたら、家の事を丸投げされていたように思います。ただ、自由な生活?も大変です。最近自己肯定感と言われますが、カウンセリングを重ねても難しいです。

    トピ内ID:8222bec22cafa0e0

    閉じる× 閉じる×

    分かります

    しおりをつける
    🙂
    くじら
    そう・・。子供が親にして欲しいことって本来は本当にシンプルなこと。
    愛情を向けて欲しい・・。たったそれだけ。

    私も、特に父に大切にされませんでした。いつも怖い顔して気難しくて、暴力も振るう人でした。今だったらしょっ引かれるじゃないですか。本当にそれして欲しかった!
    たまに笑顔を見せたり優しくしてくれたこともありましたが、20年近く見ていて本当に数回です。
    そして母は、そんな父の言うなりの所がありました。

    孤独で寂しい子ども時代を過ごしました。
    でもそれでも、もっとひどい環境にいる子もいるんだろうなと考えると、まだ恵まれていたのかもしれませんが、友だちのお父さんが、友達のことを優しく声をかけていたのを見かけると、なんで自分の父はそうじゃないんだろうってよく思ったものでした。

    年を取ってから思い返してみると、私もやはり両親から、もっと愛して欲しかった。優しくして欲しかった。笑顔を向けて欲しかったという思いだけが込み上げてきました。

    お金は結構あったと思います。旅行も頻繁に行ったり、お酒やタバコなど普段のお金遣いも荒かったのが見ていて分かりました。でも子供にはあまりお金も手間もかけてくれなかった。
    放って置かれた。怒鳴られた。・・そんな子ども時代でした。
    年を取ってからのこういう気持ち、何とも言えない感情ですよね・・。涙が出てきます。

    主さんも複雑な思いで子ども時代を過ごされてきたのですね・・。お察しいたします。
    しかし、意地悪な人って本当にいるものなんですよね。その叔母さんたちはきっと幸せじゃ無かったから、そんなに絡んできていたのですよね。昔は疎遠という言葉も無かったでしょうし、大変は大変だったと思いますが、昔は本当にそのまま子供にしわ寄せが来ましたからね・・。どうか今からでも幸せに過ごしてくださいね。

    トピ内ID:7e28935923f4e05e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    気持ちが軽くなりました

    しおりをつける
    🙂
    ひなあられ
    レスを下さった皆様、こんな独り言のようなトピを気にかけていただき、ありがとうございます。
    何度も読み返し、あたたかい気持ちになり、少し胸のつかえが下りたようです。
    今更どうしようもない事ですが、長い間、心の中で溜まっていた澱が軽くなったような気がします。

    両親が選んだ道は、確かにベストではなかったけどベターだった、本当にそうですね。
    あの叔母達と戦って消耗して祖母の介護が疎かになることより、自分達で納得できる方法で面倒を見ようとした。
    2000年前後のことで今よりも家庭で介護することが一般的でしたし、長く同居してきた長男夫婦として覚悟や責任感もあったでしょうし、そして、それも自分達で選択したことなんですよね。

    まま様、どうかこれ以上苦しい思いをされませんように。
    叔母様に謝罪されたまま様は、気持ちの優しい方だと思います。
    祖母のお葬式で、いとこの1人が、「叔母ちゃん、今までありがとう」と言い、母はそれで救われたと言っています。
    叔母様もきっとまま様の言葉で救われたのではないかと思います。

    私は50代で、当時は首都圏在住でした。
    周りに三世代同居が少なかったのと、両親が年をとってから生まれたので友人達より早く老人介護に直面して、同じ立場の人と話すことができませんでした。
    でも、皆様のレスを読み、人はそれぞれの立場でそれぞれの考えで物事に対処して、両親もそうやってきたんだな、あれで良かったんだなという気持ちが出てきました。
    トピを立てて良かったです。

    トピ内ID:ac20325fa585ec41

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      昔は体面が優先されてたから

      しおりをつける
      🙂
      お母さん大好き50代
      嫌な世の中でしたね。
      全く平等じゃなくて、誰かが犠牲になる。
      その誰かは、長子の奥さんだったり、長女次女だったりね。
      当時はとても価値のあった体面が、今では評価の対象じゃなくなって来たけれど、地方や家庭で未だ差が大きいですね。

      自分の親や伴侶や子供が、不平等な事態を被らないと良いのになと思います。情の厚い人が辛い思いをするのは、悲しいですよね。
      情の厚い人が辛い思いをしなくて済む解決法があれば良いのにな。

      トピ内ID:a5174919379a0939

      閉じる× 閉じる×

      人は

      しおりをつける
      🙂
      ooba
      人はいろんな面を持って一人の人間を構成しているわけで

      あなたのお父様は長男、兄、という部分を大切にしていたというだけで
      それもあなたのお父様の一部ですよ

      だから、自分を大切にしていなかったわけではないと思います
      それに巻き込まれてしまったお母様は気の毒ですけど
      お母様は夫に従う妻という部分を重要視していたとも言えますよ

      トピ内ID:a477dbb9fabe19fc

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0