詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    嫌いな食べ物が多い方に質問です

    お気に入り追加
    レス18
    (トピ主1
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    えみこ
    話題
    私は食材の好き嫌いが無いのですが、私の父は食べられるものを数えた方が早いくらい好き嫌いが多いですし、味付けや固さにも相当なこだわりがあります。

    祖母が「食べさせられるものが無くて苦労した」とよく話していましたし、修学旅行などは缶詰を持っていったとのこと。
    父の兄弟は好き嫌いありません。
    私の母は、私と妹を父のようにはしないために、結構工夫していたと思います。

    最近、仕事関係者でコース料理をご一緒したのですが、野菜類・魚が嫌いという方が2人おり、食べられるものだけつついてほとんど手をつけないお皿があったのを見て
    「これはちょっとみっともないな」と思いまして……。
    お店をチョイスしたのはその方の同僚だったので「どこに行ってもこんななので気にしないで」と言われましたが、いや~気になりました。

    そこで、御本人が嫌いなものが多い方、もしくはご家族に同様の方がいらっしゃる方にうかがいたいです。

    (1)好き嫌いはいつからありましたか?
    ・物心ついた時から変わらない(離乳食も拒否!)
    ・段々増えていった  等
    (2)貴方の好き嫌いに対して、ご両親はどんな対応を取られていましたか?
    ・嫌いなものも食卓に出し食べるよう促した
    ・嫌いなものは食べなくていい方針  等
    (3)お子様がいる方。ご自身の好き嫌いにより、お子様に影響はありますか?もしくはご両親の偏食がご自身に影響していると思いますか?
    (4)ズバリ、それらの食材が嫌いな理由はありますか?
    (5)嫌いなものを減らすためにチャレンジしたことはありますか?

    よろしくお願いします。

    トピ内ID:ae45e28bba84a070

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 19 面白い
    • 30 びっくり
    • 1 涙ぽろり
    • 8 エール
    • 6 なるほど

    レス

    レス数18

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (1)
    並び順:古い順

    お刺身

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    お刺身、お寿司がだめです。
    いくら、サーモンくらいは食べられますが。


    子供の頃から。

    2
    成長期に絶対に必要!というものではないので、特になにも・・

    3
    子供も好き嫌いはありましたが、お刺身、お寿司は好きでしたね。
    我が家ではきらいな物は、無理強いしません。
    もちろん、たくさんあれば困りますが。
    また、野菜が嫌いなら工夫して食べさせたと思います。
    でも、野菜は子供たち大好きでした。

    4
    生の魚だから当たり前だけど、生臭いから。
    肉もレアはだめです。
    よく焼いたステーキなら食べますが、半生は食べたくないです。

    5
    お刺身用の魚を、自宅なら私だけステーキにします。
    トロステーキ、美味しいですよ。
    生のまま食べることにチャレンジはしません。
    美味しいと思えないので。

    学生時代、社会人のころは、なまものはアレルギーでるので、とお寿司会食は断っていました。
    嫌い、というと反感買いますが、アレルギーは納得できる理由なので、人間関係それで苦労したことはありません。

    トピ内ID:222f5ab52be0b860

    閉じる× 閉じる×

    逆だけど

    しおりをつける
    🙂
    要は米が好き
    偏食家が周りの多いのと、私自身も好き嫌いがないので
    トピ主の気持ちがわからんでもないです

    一部スキキライの多い人
    私がこれが嫌いアピールが激しくて嫌になってしまったり
    みっともない感じで残したり
    そういうのは確かに辟易しますが
    好き嫌いというよりは人格に問題があるパターンが多いような?

    損してるなと思ってしまうのは仕方ないかなと

    私は食について、好奇心が旺盛で何でも食べちゃうタイプ
    むしろ自分が特殊なんだと思っています

    こんな私も子供のころは、食べない子でした
    嫌いというか、どうでもいいというか
    成長期を迎えたある日、何でもおいしくてしょうがなくなったのは
    母の教育のたまものなのか?

    家族はそれぞれ苦手なものがあるようです
    そう考えると、単純に教育とか育ちのみじゃないと思います

    わたしだけ、特別な食育はされてませんから

    持って生まれたもの
    実は苦手な食材がアレルギーだったり、本能的に避けている場合もあるとも思うし

    私は
    日本はいろんな食べ物が多すぎると思います
    料理にかける手間もおおい
    こんなにいろんなものをなんでも食べる必要もないんじゃないかなとは思っています

    健康や食育というのも最近疑問に感じてもいます
    偏食かでも、大きくて健康な人っていくらでもいるので

    私は何でも食べすぎて、逆に太り気味です
    食べるのを我慢するのがつらい

    これでも野菜中心、お菓子等は食べないんですよ

    トピ内ID:c9cf08171812a185

    閉じる× 閉じる×

    仕方がない場合もありますよ。

    しおりをつける
    🙂
    親はなんでも食べる
    うちの小学生の息子が好き嫌いが多くてとても苦労しました。
    過去形なのは、今はだいぶ克服していて給食もかなり食べられるようになったんです。

    2歳頃までほとんどの食材を受け付けず、あまりに食べられないので低血糖になって入院した事もあります。
    4歳くらいまではほとんど白米しか食べられませんでした。
    無理に食べさせると飲み込めない、吐いたりするので、開き直って食べられるものだけ食べさせていましたよ。

    今でも食べられないものは麺類全般です。
    息子が言うには「麺は臭いから」とのこと。
    麺の添加物の匂いだと思うのですが、臭くて食べられないと。
    給食でも食べられず、麺類が出る時は手を付けられないので「お腹空いた〜!」と帰って来ます。

    息子は牛乳の味にすごくうるさくて、安い牛乳を買うと「味が無い」と言って飲まないので味覚が敏感すぎるのかもしれません。
    克服することも大事ですが食べられないものを食べる苦痛もわかるので、無理をさせないようにしていますよ。

    トピ内ID:5e338abb942c16c3

    閉じる× 閉じる×

    感性のひとつだと思う

    しおりをつける
    🙂
    好物は麺類
    食感に拘る人も味そのものに拘る人もいると思いますが、私は最近は感性の違いだと感じています。

    まずは質問から答えると、好き嫌いは物心ついた頃からありました。ズルズルやねばねばが口に残るもの、匂いのキツいもの青臭いものは嫌いでした。

    お茶碗を綺麗に食べ終りなさい、つついて途中で残すなとは言われたけど、最初から要らないと言えば怒られはしなかったと思います。

    子どもは3人いますが、本当に個性だと思います。一人は取りあえず口に入れる事に抵抗がない。好き嫌いは少ないです。
    あとの2人は口に入れる前に観察して判断するような所があり、やはり食感や臭いに敏感です。親の影響より個性だと思います。

    私が嫌いだと思うものは最初に書いたようなものです。先日トマト農家の方が自身はトマトが嫌いで食べないという話に笑ってしまいましたが、やはり食感と匂いが嫌いだと私と同じことを言っていました。
    それと、肉や魚の生もの系です。刺身はいくつか食べられますが、生のものが口の中でぐにゃぐにゃする感触が嫌でたまりません。

    嫌いなものを克服する必要は感じません。ねばねばした臭い納豆が嫌いなのに我慢したり、納豆嫌いも食べられるねばねばしない匂いのない納豆を開発されても、わざわざ食べる必要ないですよね。

    私は食は楽しくしたいので我慢や苦痛を持ち込みたくないですが、究極は恐ろしく偏食で食そのものが楽しくなく苦痛な人もいますよね。
    好き嫌いなく食べることがそれほど強要されることでもないと思うんですが。

    例えば高い所が怖い、注射が怖い人がいますよね。私は平気ですが、怖い人は私とは違う感性を持っている。
    それらは誰も責めないですよね。
    同じように私は嫌いな食べ物に恐怖に近い嫌悪を感じるので(人前でそこまで語りませんが)、感性の違いだと私は思うのですが。

    トピ内ID:a0a917be7935f7fd

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    美味しいものへの興味

    しおりをつける
    🐱
    25JPN
    (1)記憶がある頃には(2歳くらい)
    (2)幼稚園~10歳頃→食べきるまで→食べられない→外に出される
    体も大きくなったからか、その後は基本的に一口食べなさい(嘔吐発熱するような全くダメな物に関しては食べなくてもよくなった)
    (3)周囲の偏食さんからの嫌いな物の影響は家族を含めてないようで、嫌いな物は異なります。
    (4)味、食感が嫌い 嘔吐発熱してしまう あたりでしょうか
    (5)嫌いなものもチャレンジして克服しています 
    子供の頃嫌い→乳製品、肉類全般、生魚、香草系、発酵食品等々
    克服?→肉類(旅先で良いお肉を食べて徐々に、味付け濃いめだと食べられる確率アップ 牛、豚、鶏、猪、鹿、馬、ワニ、エミュー、兎など経験済)、生魚(魚卵以外は大体克服)、乳製品(具入りヨーグルトなら食べられる、チーズが圧倒的不可で、どんな食べ方でも今のところ受付ないので海外旅行で苦労してます)、発酵食品(最近味噌がだいぶ食べられます、何故か醤油だけは最初から大丈夫でしたが、お酒やバター、納豆、漬物なんかはダメなままです)

    子供の頃は舌が敏感らしく、でも歳は毎年とるので、以前ダメでも出来るだけチャレンジしています。無理に食べさせられるより自発的に食べてみたいと思う環境になるとよいのかな?と、振り返ります。あとは久々に食べる時に美味しいと言われている商品や食べ方にしています。

    私は野菜好きだったので、好き嫌いが多くても世間の目は優しかった方かと、、ただドレッシングや味付けで食べられなくなるのて、レストランに入る時は未だにノードレッシングが多かったりします。
    またトラウマは多々ありチャーハンのお肉を全部とっていたらめちゃくちゃ怒られたので、未だにチャーハンは頼めませんし、反省して食べられない物はフォローしてくれる人がいない時は頼みません。

    トピ内ID:eff85f90bb3e3147

    閉じる× 閉じる×

    私は匂いがだめです

    しおりをつける
    🙂
    紫陽花
    50代既婚女性です。
    生もの、お刺身系すべてアウトです。
    なんだったら、スーパーの鮮魚売り場や漁港、沼や池、川など。。。生臭い匂いの場所もだめです。

    でも、会食などでお刺身などが出たときは、なんとか薬味や飲み物で流し込みます。
    あえて苦手と言って残したりすることはありません(その場の雰囲気を壊したくないので)
    もし、家族が同席だったりした場合は「好きでしょ?」と食べてもらうことはありますが(笑)

    家族は夫も含め子供達もみんな、海鮮ものやローストビーフ(私の中では生もの)など大好きですね。
    親が嫌いでも子供の味覚には関係ないような気がしますが。。。

    トピ内ID:b9cf82be87382ee3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    食感と味覚のHSP

    しおりをつける
    🙂
    たぬ姫
    野菜や果物全般ニガテです。恐らくトピ主さんのお父様と同等くらいだと思います。
    主に、苦い・辛い・塩辛い・酸っぱい・甘いがダメ。中年になり脂っこいものもダメになりました。薄味が好みです。
    他に、一般的にはシャキシャキと言われる、植物の繊維が口の中で潰れていく、あの感覚がダメ。

    (1)母親曰く、離乳食が終わったくらいから。

    (2)体に良いから~、アフリカの子供は~等のネタで食べろ!!(怒)と強要。殴られる等はありませんでしたが、食事に三時間以上掛かることも日常茶飯事。ずっと説教タイムですが、母親が根負けして席を外すと、口に入れトイレで吐き出してました。
    厳しくされたって、ダメなものはダメ。逆に食事の時間が嫌いに。一人暮しの今でも食べなくても済むなら食べたくない。

    (3)独り身なので不明。ですが、トピの通りならご自身が親の好き嫌いと子供の好き嫌いは無関係なことを証明されているのでは?

    (4)上記の通り。

    (5)何度もありますよ。ただ、口に入れると鳥肌全開で嘔吐、体が全力で拒否する感じ。諦めました。

    ›「これはちょっとみっともないな」と思いまして……。

    件の好き嫌いさんはわかりませんが、私との食事だったら二択になります。
    食べて嘔吐を目の前で見て食欲喪失するか、食べずにみっともないと不快に思うか。どちらか選んでくれれば、と思います。
    が、そもそも嫌な気持ちにさせてしまうのは申し訳ないのでお茶程度に止め、外食は断っていただけると助かります。

    好き嫌いで受診せねばと思い詰めるほどのことではないので放置してますが、近年ネットで食感と味覚のHSPというものを知り、これだぁ!と。
    もしかしたら、トピ主さんのお父様も…かもしれませんね。

    ちなみに。
    私には姉が二人おりますが、二人とも野菜大好きで、緑黄色野菜はなんでも生で噛るくらい。
    なので親の躾は無関係だと私は思っています。

    トピ内ID:a5714a6def6ae708

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    珍しい例かもしれません

    しおりをつける
    🙂
    おばはん
    (1)私は生後二ヶ月からミルク拒否。
    哺乳瓶で規定量を飲ませて、10秒数えるうちに戻してしまう。
    母が産後うつになり母乳をあげられなくなって、医師と相談した結果、生後三ヶ月から離乳食開始だったそうです。

    (2)私の両親は小さく生まれ、成長が極端に遅い私を不憫に思ったのか、好きなものだけ食べさせていたと。
    一歳になる時に、まだ新生児用のおむつだったと、私は五十をとうに過ぎたというのに未だに悲しそうに話します。
    その後、幼稚園、小学校と成長する毎に食べられるもの、好きなものが増えていき、成人する頃には一般的なもので嫌いなものはほぼなくなっていましたね。

    (3)全くないですね。
    我が家は主人がとにかく好き嫌いの多い人で、子供の頃に親に厳しく育てられた結果、嫌いなものは家庭では一切食べないと宣言。
    でも、うちの子供は主人の嫌いなものを知りません。
    なぜなら、私が美味しいと食べているか、食卓に出ていないか、ですので。
    長男は好き嫌いなし、次男は嫌いなものが多い子に育ちました。
    ですが、次男の好物を私も主人も好まないものがあり、ゆえに、本人の好みだと思っています。

    (4)もちろん、美味しくないからでしょう。美味しかったら好きで食べるかと思いますよ。
    長男は特に味にもこだわりがない方だと思います。
    主人は食材もさることながら、味付けや調理法に左右される事もあるようです。
    主人は魚全般苦手ですが、洋風にすれば食べますし、私の実家でとれたての鮮魚は美味しいと食べてました。
    (私の実家は漁師でした)

    (5)声かけはします。
    が、作って食べてもらえないのは辛いので、一度拒否されたものは殆ど作りません。
    そうしましたら、ある時次男が嫌いだと言っていたものが好きになっていた、と言う事がありました。
    給食で食べて美味しかったから、と言ってましたね。

    トピ内ID:88e500a3b0fce10e

    閉じる× 閉じる×

    私も偏食です

    しおりをつける
    blank
    匿名希望長女
    生ものや刺激物等は食べられませんし、気がすすまないものを無理して食べると嘔吐したり、蕁麻疹が出たりします。
    また、アルコールにアレルギーがあるけれど・・・偏食とは違いますよね?

    (1)好き嫌いはいつから?
    私の場合、成長するにつれて段々増えていきました。
    というのも、小さい子供に香辛料たっぷりの料理や刺激物、生魚等はあまり食べさせませんよね?
    それが大きくなるにつれ、徐々に刺激物や生魚等が出てくる。
    そういうことが重なって「段々増えていった」わけです。

    (2)両親の対応
    無理矢理食べさせられた記憶も「嫌いな物は食べなくていい」もなかったような・・・
    「とりあえず食べられるようなら食べてみて、ダメならやめていい」だったかと。

    (3)子供への影響
    私は独身ですが、私の父がトピ主さんのお父様同様、ものすごく偏食でした。
    でも、私の嫌いな物と父が嫌いな物は同じではないので、あまり関係ないかと。

    (4)嫌いな理由
    味・食感・匂い・見た目。
    香辛料は刺激が強すぎて口の中が麻痺するし、生魚は臭いし、細かいところではきな粉が「サハラ砂漠の砂のような見た目と食感」でダメ。
    それから、嫌な記憶。
    例えば、私は小学生の頃に「ウィンナーは羊の腸に肉を詰めた物」と教わってから、その類いは一切食べられなくなりました。
    同じく小学校の頃に「魚の解剖」をやらされて、魚は開きか切り身しか食べられなくなり・・・大人になってから『流石にこれはまずいかも』と思い、焼き魚はなんとか食べられるようになりましたが、相変らず皮は食べられません。

    (5)チャレンジしたことは?
    以前はありましたが、嘔吐したり蕁麻疹が出たりしたので諦めました。
    それに、“嫌いなものを無理に食べても栄養にならない。それなら、別の物でその栄養素を補う方がはるかに健康にいい”という専門家もいますし。

    偏食でも「健康」ならいいのでは?

    トピ内ID:42e2933f337bc611

    閉じる× 閉じる×

    私の知る限り、親子孫3代・・・

    しおりをつける
    🙂
    かんかん
    私の身近で、好き嫌いが多い人と言えば、義母、夫、次男。
    程度は、義母が10なら、夫5~6、次男2くらい。

    【義母】
    (1)子供の頃から。
    好き嫌いがひどすぎて給食が食べられず、弁当を持参していたらしい。
    (2)嫌いなものは食べなくていい。(義母の母親の方針)
    「無理して給食を食べる必要ない、お弁当持って行けばいい」も義祖母の方針
    (3)義母の影響かどうかは不明だが、義母の子は、2人ともかなりの偏食。
    レベル的には、義母=義兄>夫という感じ。
    義母が極度な偏食なのは、義祖父母の影響?・・・そこも不明。

    【夫】
    (1)子供の頃から。
    以前食べれてた物が嫌いになる、という増え方はしていない。
    嫌いなものは昔から嫌いで、後に克服することはほぼない。
    食べたことないもの、食べ慣れないものはとにかく毛嫌いする
    結果、食べられる種類が少ない。
    (2)嫌いな物は食べなくていい(義母の方針)
    子供の頃は、家族全員、本人の好き嫌いに合わせて、個別メニューが用意されていたらしい。
    私も、基本的には夫の嫌いなものは出さないが、たまに例外はある。
    そんな時、私は義母のように、夫一人のために個別メニューを用意したりはしない。
    結果、本人が部分的によけるか、一切口にしないか。
    (3)義母の影響(特に方針)は多少なりとも受けてそう。
    子への影響は不明。好き嫌いは次男だけで、長男は一切ないので。
    (5)絶対しない。

    【次男】
    (1)物心ついたときから徐々に。
    実際に食べてみて「これ嫌い」となるパターンが多い。
    経験が増えると、その分、嫌いなものが増える。
    (2)忘れたころに挑戦させる。工夫をして食べさせる。(私の方針)
    (3と5)夫の好き嫌いが影響してるかは不明。
    もう一方の親である私は好き嫌いないし、私は義母や義祖母と方針が違うし。
    克服した食べ物もたくさんある。

    トピ内ID:884da6e0f54994ad

    閉じる× 閉じる×

    無題

    しおりをつける
    🙂
    タコの唐揚げ
    ①小学生あたりから段々嫌いなものが増えたと思います。
    ②親も好き嫌いがあるのであまり煩くはなかったです。
    ③うちの子はまだ離乳食なので今のところ影響はないかな。
    私自身は親の偏食の影響を少なからず受けていると思います。
    ④臭いがキツイものが苦手
    ⑤しょっちゅうチャレンジしています。

    自分では臭いに敏感すぎてダメな物が多いって認識です。
    お酒を飲んでいると大体気にならず食べられます(笑)
    私の嫌いなものは好んで食べてくれる方が多いので、食べてもらっちゃいます

    青魚、鶏肉などは食べられないほど臭みを感じてしまう時がある(他の人は美味しそうに食べていても)
    薬味のネギ→他の味がわからなくなるほどネギ臭を感じてしまうので、ない方が好き(味付けしてあるネギラーメンなどは好き)
    ワサビがダメなので、お刺身などは臭みを感じたり、甘くて苦手だったりします。
    どんな調理法でもダメだったのは牡蠣です(お酒でも誤魔化せず)

    親の偏食が子供に影響するか…ですが、少なからず影響はあると思います(特に料理する方)
    例えば嫌いなものは味見せずに出すか、食卓に出さなかったりすることもあると思うので。
    なので私は子供ができて尚更好き嫌いを減らしたいと思うようになりました。
    私は小学生の頃に給食でクリスマスメニューでローストチキンが出た時、パンと牛乳しか食べられなくて満足できなかったので(笑)子供にはできるだけそういう想いをせずに何でも美味しく食べてもらいたいです。

    トピ主さんは好き嫌いがなくて素晴らしいですね!
    私もトピ主さんのように好き嫌いのない女性を目指します!

    トピ内ID:ae49c53e6c80d668

    閉じる× 閉じる×

    大人気ないことは、外ではしない

    しおりをつける
    🙂
    サラダ苦手
    1 子供の頃からありました。
     
      葉物野菜全般、納豆、大豆入りひ
      じき煮。増えていません。

    2 叱られました。家族全員で同じ
      物。甘やかしなし。嫌なら食べな
      くてもいいけど、お腹空いても知
      らないよということ。
      納豆はそれで、食べられるまでに
      なりました。でも未だに、なくて
      も困らないです。

    3 私は嫌いだけど、家族のために、
      野菜も満遍なく出しますので、影
      響はないです。

    4 まずいから。

    5 ないです。お行儀悪いとわかって
      いても、家での食事だと残してし
      まいます。お惣菜のサラダとか。

    他人との会食で出された葉物野菜は、なるべく食べています。
    避けて残すことはないです。
    嫌だなぁ、とは思いますが、そういう食べ方は、汚らしい、相手に失礼、大人気ない、とわかっているので、平静を装って飲み込んでしまいます。

    トピ内ID:e7452123a13950cb

    閉じる× 閉じる×

    乳製品全般がダメです

    しおりをつける
    😭
    ニャース
    (1)物心ついた頃からずっとです。
    牛乳、バター、チーズ、ヨーグルトなどはもちろん、ケーキやアイスクリーム、クッキー、パンもプレーンなベーグルやバゲット以外は食べられません。
    (2)匂いを嗅いだだけでおう吐してしまうので、無理強いはなかったと思います。
    でも最初の頃はこっそり味噌汁に牛乳を入れる等の工夫はしていたみたいです。
    口に含んだ瞬間に体が反応してしまい、吐いてしまうので本当に数えるほどでしたが。
    (3)子供はいないのでわかりません。
    両親の好き嫌いはまったく影響していませんね。
    (4)嫌いな理由、私が知りたいくらいです。
    どうして自分だけがみんなの好きなものを食べられないのかと、長い間苦しみました。
    (5)もちろん何度もチャレンジしましたよ!
    でもどうしようもありませんでした。
    乳製品に味や匂いを似せたマーガリンや植物性の生クリームもダメなので、外食に誘われたりお食事に招かれたりしても、ほぼ辞退しています。
    正直に理由を言うと説教したり騙して無理に食べさせようとする人もいるので、今は食品アレルギーのせいにしています。

    食べられないものがあるのって本当に辛いです。

    トピ内ID:41dafef30ff1fb55

    閉じる× 閉じる×

    私の場合

    しおりをつける
    🙂
    くまま
    1)好き嫌いはいつからありましたか?
    小さい頃は野菜嫌い、特に生トマト、ナス、ピーマン、ニンジン。
    20歳以降は逆転して野菜好きで肉ほどほどになり、現在はなんでも食べれるようになりました。

    (2)貴方の好き嫌いに対して、ご両親はどんな対応を取られていましたか?
    嫌いなものでも一口ずつ口に運んで食べさせられました。
    でも食べるのは一口だけで、全部食べろとは強要されませんでした。

    (3)お子様がいる方。ご自身の好き嫌いにより、お子様に影響はありますか?もしくはご両親の偏食がご自身に影響していると思いますか?
    両親は全く偏食じゃなかったのですが、やはり子供との味覚が全然違います。
    というより、何を食べるかは両親が決めるので、両親が食べられるものを買ってこられるから
    子供に選択の権利なんてないのが偏食の原因だと思います。

    (4)ズバリ、それらの食材が嫌いな理由はありますか?
    生トマト→口の中がかゆくなる(アレルギーだと思う)
    ナス→生だとだ丈夫だけど、ゆでたナスは口の中がかゆくなる(アレルギーだと思う)
    ピーマン→苦い、苦すぎる(大人になったらそんなに感じなくなりました)
    ニンジン→ニオイがきつい、刺激臭がする(大人になったらそんなに感じなくなりました)

    (5)嫌いなものを減らすためにチャレンジしたことはありますか?
    自然と食べられるようになったのと、お肉ばかり食べてたのに飽きてしまったのが理由かなと思います。
    あとは大人になって、嗅覚も味覚も小さいころより衰えたので、ニオイや苦みを感じにくくなりました。

    重要なことは二回
    何を食べるかは両親が決めるので、両親が食べられるものを買ってこられるから
    子供に選択の権利なんてないのが偏食の原因だと思います。

    たぶん子供に食材の全権利を与えたら、大人の方が偏食になると思いますよ。

    トピ内ID:c7c8ee6e02c8460b

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    閉じる× 閉じる×

    他人の皿の中身を見ないで欲しい

    しおりをつける
    🙂
    neko
    (1)物心が付いた時からです。

    (2)子供の頃は嫌いなものも食卓に出されて食べるよう言われて、無理やり食べてました。

    (3)子供は居ません。父親も偏食でしたが、食べられるものは私と全く違いました。母と姉は偏食はありません。

    (4)匂いがきついから苦手(ネギ類、干しシイタケ)。青臭いから苦手(青菜全般)。

    (5)子供の頃から親の躾でチャレンジの連続でしたが、改善には至っておりません。

    トピ内ID:ee592c30664964e9

    閉じる× 閉じる×

    こんな関連トピもあります

      その他も見る その他も見る

      治らなかったり治ったり

      しおりをつける
      🙂
      みどりむし
      (1)物心ついた時からです。
      (2)親も自分が嫌いな物は出さないタイプでしたが、それでも私が好き嫌いの品種が圧倒的に多かったです。
      その上注意する割に無くす努力はあんまりしてくれなかったと思います(みじん切りや隠してみる等)。無理やり食べさせてくる人でもありませんでしたが…。
      (3)私も夫も好き嫌いはまだありますが、嫌いな物は被ってないのでお互いをカバーする形で子どもにあげています。子どもはイヤイヤ期なので、親の影響はまだ不明です…。
      (4)私はダントツで生トマトです。匂いから無理です…。豆類もモサモサ感が苦手ですが、どうしても食べられない訳では無いので…。
      (5)減らす努力、は自らはあまり出来ておりません…。が、ナスが嫌いでしたが、カレーや麻婆茄子だと食べられるので、食べられる調理法で少しでも摂取しています。
      大人になると社会の付き合いで出された料理を「1口くらいなら食べてみるか…。」と思えるようになりました。
      そこから少しずつ変われるようになった気がします。

      トピ内ID:6a0a02ae00300805

      閉じる× 閉じる×

      偏食あります

      しおりをつける
      🙂
      るる
      >好き嫌いはいつからありましたか?
      物心ついたときからです。
      記憶にはありませんが、隣のおばさんが嫌がっているのに好き嫌いを言ってはダメだと無理やりチーズを口に入れて吐いた時から嫌いなものは絶対に食べなかったそうです。

      >貴方の好き嫌いに対して、ご両親はどんな対応を取られていましたか?
      嫌いなものと同じお皿のものも食べなかったので、ご飯しか食べない日が続き母親が根負けして、好きなものを出すようになったそうですが、記憶にありません。

      >もしくはご両親の偏食がご自身に影響していると思いますか?
      父親が偏食、母親は嫌いなものなしなので、関係ないと思います。

      >ズバリ、それらの食材が嫌いな理由はありますか?
      まずい、くさい、食感が悪いからです。

      >嫌いなものを減らすためにチャレンジしたことはありますか?
      克服しようなどと思ったことは一度もありませんが、大人になり味覚が鈍くなった分、食べられるようになったものはあります。


      「騙されたと思って食べてみて」と言われて食べることがありますが、騙されっぱなしです。
      おいしかったことは一度もありません。
      においでダメなものは、口に入れても飲みこむことができません。
      1週間は口がその嫌な味に支配されて、何を食べてもおいしくない日々を過ごすことになります。

      「おいしいものが食べられなくて損だ」などと言われることがありますが、まずいものを食べられなくても損だとは思いません。
      味覚も人それぞれなのに、多数決でおいしいとされてるものをまずいと感じるとワガママだと言われるのは不公平だなと思います。例えば、パクチーが嫌いなのは普通で、トマトが嫌いなのはワガママとかね。

      「みっともないな」ですか、人のことをみっともないと表現してしまうことはどうなんでしょう?

      トピ内ID:547ff04187b3e0c4

      閉じる× 閉じる×

      大変興味深いです!

      しおりをつける
      🙂
      えみこ
      皆様ありがとうございます!

      もちろん、アレルギーは仕方ないです。偏食とは別物です。あくまでも「アレルギーではないけど食べられない」という嫌いなもの、という点でお聞きしました。

      生の肉や魚、食感、風味なら青臭さや生臭さといったものが嫌いな要因となっている方が多いようですね。
      この辺は想像通りです。

      HSPというのもなるほどと思いました。

      苦手なものを食べなくても健康ならいいと言うのもごもっともだと思います。

      経験により嫌いなものが減っていった、逆に増えた、食べる努力により食べられるようようになった等、様々な経験がお聞きできて勉強になりました。

      そういえば友達が「今日はトマトが美味しそうに見えるな、と思って食べることがあるんだけど、やっぱり嫌いなんだよね。毎回、騙される」と言っていたのを思い出しました。

      私の周りにも嫌いな食べ物がある方はいるんですが、その方たちは、残し方がキレイといいますか、残さないための努力をされているというか……なので、例に出した方の食べ方がとても残念に思えたのです。

      例えば、コース料理なら「これは私が食べられない物が多いから皆さんでどうぞ」と、食べる前に他の人に分けてしまう、野菜がダメだったら前菜は自分の分はキャンセルする、といったことをされている方を見ていたので「食べたいものだけ食べて食べたくないものは残す」というのに違和感があったのかも知れません。

      私が嫌いなものがないというのも幸せな事だなぁと思えました。

      皆様ありがとうございました!

      トピ内ID:ae45e28bba84a070

      この投稿者の他のレスを見る フォローする
      閉じる× 閉じる×
      並び順:古い順
      • レス一覧
      • トピ主のみ (1)

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]

      アクセス数ランキング

      その他も見る
        その他も見る
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
        使用イメージ
        使用イメージ

        マイページ利用でもっと便利に!

        お気に入り機能を使う ログイン
        レス求!トピ一覧

        注目トピ

          Twitter

          Follow
          みんなの投票結果

          編集部から

          編集部からのお知らせはありません

          Horoscope | 大手小町

          発言小町大賞0