詳細検索

    • ホーム
    • 話題
    • 年末年始の非日常感、何歳まで楽しめましたか?
    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    年末年始の非日常感、何歳まで楽しめましたか?

    お気に入り追加
    レス19
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    トピ主
    話題
    50代の主婦です。

    子供の頃から22〜23歳くらいまでは、年末年始の非日常感がとてもワクワクして、楽しみでした。

    大掃除も張り切って家中隅々まで綺麗にしよう、と頑張りました。

    大晦日には、テレビでレコード大賞とそれに続く紅白歌合戦!

    歳が明けてからも、親戚の家に行き、百人一首をしたり。
    テレビ番組もいつもと違い、普段はなかなか見られないものばかりで、本当に楽しかった。

    それが、いつ頃からか、年末年始の特別感は薄れて来ました。

    唯一ワクワクしたのは、大量の年越し蕎麦を上手く茹で上げ、息子が美味しそうに食べてくれた時ぐらい。

    今夜でお節料理はほぼ食べ終え、明日からいつも通りの献立だわ、と思ったら、何だかやれやれ、と安心しました。

    我ながら歳を取って、感動する心を失いつつあるな、と思いました。

    皆様、何歳ぐらいまで年末年始にワクワクしましたか?

    トピ内ID:7e52530969ee020f

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 55 面白い
    • 17 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 49 エール
    • 23 なるほど

    レス

    レス数19

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    結婚する前迄

    しおりをつける
    🙂
    奈穂
    28歳で結婚したので、その前の年、27歳迄かな。
    実家に居た頃は年末年始がどこか特別だった気がします。
    結婚して家庭を持ってからは、どこか変わってしまった感じ。
    準備しなきゃ、とその方が負担になってきたというか、実家に甘えていただけなんだけど。
    今では子供も大きくなって、親も死別して、平常心のままです。

    トピ内ID:0a130f4e4f61dc6c

    ...本文を表示

    ワクワクまでは無いけど

    しおりをつける
    🙂
    cloud
     地域の神社で大晦日にお焚き上げしていた頃までは、何となく非日常って感じでしたね。ゆく年くる年って感じでお寺の鐘も聞こえる処なので。

     今はダイオキシンの関係からお焚き上げは無くなり普通の夜って感じです。何となくテレビみて終わる感じ。

    トピ内ID:98fe3c00ec6ccc01

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    私は

    しおりをつける
    🙂
    通りすがり
    結婚するまででしたね。
    なので27歳までです、仕事納め、そのあとのお疲れ様飲み会、そのまま初詣とか。
    そうなると元旦はひたすら寝てたけど。

    でもクリスマスあたりから大晦日はほんとに楽しかったー
    こどものころはそれプラス行く先々でお年玉がもらえたし。

    20代のころは世の中が好景気のバブルだったしね。

    トピ内ID:6cd511beb9a154f1

    ...本文を表示

    全然楽しくなかった

    しおりをつける
    blank
    金銀パール
    大掃除とお節作りで母親が物凄く殺気だつから、小さい時から楽しかったことなんかない。
    お年玉は親から1000円のみだったし(小中高とずっと)。
    服だって
    「なんで正月に普段着着てるんだ」
    って開口一番怒鳴られるけど、
    服なんか買ってくれたことなくて全部お下がりだから(長女なのにね)、ヤンキー親戚とかの変な組み合わせのヨレヨレの服しかなかったし。
    ずっと怒鳴られて泣いて泣いて、「正月になんで泣くんだ」ってぶたれてまた泣いて…だった。
    夜になるとなんでか「正月の夜はトランプや花札をするもんだ」となんかやりだして、「楽しい正月」を演出してくるんだけど、全然楽しくなかった。

    今も年末年始は気分が鬱々とする。
    なるべくニコニコしようと思うけど、なかなか難しい。
    あんまり正月らしいことしない。
    お節は買う。

    トピ内ID:70b36819cdaedaf7

    ...本文を表示

    独身の間

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    結婚してからは、義実家に行ったり、非日常だけど楽しいとはちょっと違う感じだし。結婚したらお節作ったり雑煮作ったりも結局自分がメインだから(独身時代もかなりやってましたが、精神的な意味ではメイン担当とは思ってなかった)、大変なことばかりで楽しいとは思ってないです。

    子供にうちのお雑煮とかお節の味知っておいて欲しいから頑張りますが、夫婦2人になったらお節はもう作らないかもなぁ。

    トピ内ID:7dbc7c5881ddb7a6

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    53歳でも、ワクワクです

    しおりをつける
    🙂
    けろちゃん
    私は、大晦日31日まで仕事でしたが、仕事が終わった18時には、嬉しさMAXでしたよ!
    急いで自宅に帰って、主人と、成人した娘と酒のんで、黒毛和牛の霜降り肉ですき焼きを食べて、そばを食べて感無量でした

    そして今は温泉を楽しんでおります

    4日から、また仕事が待ってるので、お正月を楽しまなきゃ!

    トピ内ID:9f3466ef45bb2a67

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    中学生まで

    しおりをつける
    🙂
    ひよこぴよ
    私(65・男)が正月気分を感じたのは中学生時代まででした。
    正月気分と言っても私が感じる正月は 静かに「冬休み」の日常を過ごす というもので外出したり、旅行出かけたり、初もうでの習慣はなかったです。もともと私が「騒がしい環境が苦手」ということもあります。

    高校生時代からは、私は工業高校生 (現在では「工科高等学校 (テクニカルハイスクール)」と呼称されるようになりつつある) でしたから実験報告書作成が毎週あり、一つの報告書作成に毎日4時間程度かかっても1週間かかりましたから、冬休みも毎日 報告書作成でした。

    高卒で官公庁に就職。昼夜二交代制勤務でしたから年末年始も通常勤務でした。そのため「正月気分」というのは中学生まででした。

    退職した現在でも「正月気分」はテレビ番組で感じる程度ですが、私としてはせめて「定時放送のニュース」だけでも正月特別番組をしないでほしいです。

    トピ内ID:a0376464bb837e47

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    あら、今も楽しんでます

    しおりをつける
    🙂
    ゆこゆこ
    同じく50代主婦です。
    大掃除はだんだん手抜きしつつあります。
    お蕎麦やお雑煮は作りますが、31日午後辺りから「もう何にもしない」モードに入るのがワクワクします。
    おつまみやお菓子広げてテレビ見ながらお酒を飲む。
    年末年始だけはダイエットや健康を忘れて好き放題です。
    普段は高くてやめとく食べ物も年末年始は「食べたい。買っちゃえ!」でもOKとしてます。
    テレビは自動録画機能が付いてるので、見たいもの全部見ます。
    コロナ禍になって実家に皆んな集まる事はしてません。日をずらして顔を見せる程度です(同じ市内なのでいつでも会えるし)
    年が明けてからも家事は最低限にして、お節がなくなったらコンビニで適当に買って食べたり。
    今日の夕食は久々にちゃんと作りました。カレーですが。
    4日から皆んな日常に戻ります。
    体重測るのが怖いです。
    これでも普段はしっかり家事してるし、料理も好きです。無駄遣いもしない様気を付けています。
    年末年始のダラダラOK、お財布の紐も緩くしてOKの特別感が大好きです。

    トピ内ID:7da5b564a7f4944c

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    社会人になるまでかな

    しおりをつける
    🙂
    ぎんねこ
    古くは幼稚園のころから、小学生、中学生、高校生のころ、短大生のころ、社会人なるまでだったかな。
    親に言われて、大掃除をせっせとやり、小晦日のレコード大賞、紅白歌合戦、ゆく年くる年、テレビを楽しみにしていました。元日は、小さいころは、名古屋の祖母の元で過ごしたため、祖母の家の掃除、お節の手伝いを子供なりにしていました。お正月は、ウールの着物を着せてもらっていました。

    やはり年末年始の親の手伝いや年用意は、特別感があったため、五十代の主婦になった今でも、特別感でやっています。
    例えば二十八日は、お飾りや門松を立てるとか、正月用品を買いに行くとか。

    まあ社会人になったら、なったで、二日に初買いにデパートの福袋に並んだりしていました。そういう意味で、スペシャルな日々ですね。

    トピ内ID:637c42ef2429f888

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    子どもの頃だけ

    しおりをつける
    🙂
    レモネード
     実家が自営業だったので、中学生からは年末・年始の労働力でした。
     学校が休みになると妹と家の大掃除をして、28日には店の大掃除を手伝い、29日には母と買い出しに行き、30日には門の飾りと鏡餅を飾り、大晦日は年越し蕎麦とおせち料理の準備をしました。除夜の鐘と共にやってくる若い衆たちにお節を振る舞う。お年玉がもらえる年齢までは、それでも楽しかった気がします。
     結婚してからは、これに自分の家(マンション)の大掃除が加わって、28日以降の日程は大戦争!元旦は救急外来で点滴の時期もありました。
     楽しい訳が無い。でも、年末・年始の行事はこなさなくてはいけない。
     両親が亡くなり、私一人になっても、28日から大晦日の一連の行事は続きます。店の後は継がなかったので、そっちはありませんが、家の大掃除と松飾り鏡餅、おせち料理の準備は続きます。なんでしょうかねえ。自己満足?そうかも知れません。でも、達成感はあります。これが体力的にキツくなったら辛いでしょうねえ。

    トピ内ID:7dc3835881e3e239

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    先頭へ 前へ
    1 10  /  19
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0