詳細検索

    夫婦関係・離婚このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    もし離婚になったら、の話をされた

    お気に入り追加
    レス9
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🤔
    いつかどこかで
    夫婦
    私の父親が経営していた事業を私の夫が継ぎ、私はその会社の社員として働いております。
    一人っ子同士の結婚だったので、姓は主人の姓を名乗っております。
    私としては自分の旧姓を名乗りたかったのですが主人が了承してくれませんでした。
    事業主変更の際、姓を継げず、
    父親が作った会社なので、せめて実家のためにと思い個人事業主名を私にして欲しかったのですが(名ばかりで、夫婦のどちらが個人事業主になっても問題ない職種だと思っています)
    主人が了承せず、主人の名義で現在事業をしています。

    結婚から12年
    子供2人

    会社の売上増を目指し、自分の特殊能力を生かした仕事を別部署でしたいので
    1,000万円ほど借金をして仕事場の建替えを希望。 主人に相談しましたが
    それなら自分で独立して、自分の名前で借金するように言われました。

    もしもこの先離婚するような事があれば
    自分に借金が残るのが嫌だと、小学校高学年の子どもの目の前で言われました。

    今現在、会社に借金はありません。
    姓も事業主名も主人に譲り、私の父親が築いてきた建物や土地を使って主人は事業をしているのに、
    主人は事業に自由にお金を使い資材購入や仕事場の改装をするのに
    私の希望は聞き入れられず

    思いたくありませんが、
    もはや乗っ取られたと思ってしまいます、

    私の考え方が甘いのか、
    私の考えはおかしいのでしょうか?
    私は独立すべきなのでしょうか?
    経費もかかるし、一つの事業で継続した方が無駄がないと思います。
    離婚するつもりはなかったので、離婚前提の話をされて悲しさしかありません。
    ローンも、借金もない会社、我が家なのに
    事業主でありながら1,000万円ほどの借金も背負えない主人にげんなりしてしまいました。
    では、個人事業主を代わり私の名義で借金する提案をしましたが
    却下されました。

    トピ内ID:0c09ccbb0119a032

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 75 びっくり
    • 3 涙ぽろり
    • 62 エール
    • 5 なるほど

    レス

    レス数9

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    よくわからない

    しおりをつける
    🙂
    相手を憎まず
    その会社ってお父様の物であったけど、過去も今もトピ主の物ではないですよね。
    乗っ取られたというか、お父様がそのようになさったのよね。

    血族で継承していきたいなら婿養子とするか、トピ主様に継承すると思うのだけど。
    詳細が分からな過ぎて。。。

    現状だけ見れば夫は社長で、トピ主は社員(役員?)。
    ワンマン経営なら普通のことにみえる。
    配偶者の意見そのまま通す方が社員(いれば)から見ると異質かも。

    父親が経営していたということの他に、トピ主の意見を通す道理ってあるのかしら。
    そのようにお父様が指示されていたとか。

    そうでないなら企画書としてあげて、しっかりと理解をもらったうえで会社の事業としてするのが流れのような気もします。

    心情的な部分はわかります。

    トピ内ID:3009532a5c0e6881

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    特殊能力?

    しおりをつける
    😅
    匿名
    会社と言うなら、法人ですよね?
    それを前提に話します。

    その能力とは、その会社の事業内容に沿ったものなのですか?

    1,000万円もかけて建て替えをしなければ、できない仕事ですか?

    まるでご主人が会社を乗っ取ったかのように思っているようですが、勝手に役員にも代表にもなれないですよ?

    >(名ばかりで、夫婦のどちらが個人事業主になっても問題ない職種だと思っています)

    なら、ご主人が代表でも問題ないのですよね?

    それに、代表には会社の業務上の責任を負うという役割もあります。

    名ばかりなんて事はないですよ。

    >主人は事業に自由にお金を使い資材購入や仕事場の改装をするのに

    事業内容の仕事をする為の資材購入や改装だと思いますよ。
    自由にって、個人的な買い物ではないですよね?

    トピ主さんのしたい事を会社のお金でしようと思っていたのに、当てが外れたと言う感じですか?

    >個人事業主を代わり私の名義で借金する提案をしましたが
    却下されました。

    そんな事で代表がコロコロと変わるようでは、取引先からの信用は無くしてしまいますから却下されるに決まってますよ。

    トピを拝見していて、トピ主さんのお父様がご主人を代表にした理由が分かるような気がします。

    やりたい事があるのなら、ご自分で起業されたらいいと思います。

    それから、個人事業主と代表取締役は意味が違いますよ。

    法人の場合の事業主とは、法人そのものの事です。

    その違いもわからない人に、会社の代表になっての経営は、無理だと思います。

    トピ内ID:beda821a54aa5a7e

    ...本文を表示

    事実関係が不明瞭

    しおりをつける
    🙂
    ゴータム
    「個人事業主」と「会社」という相反する単語が出現する為、事実関係が解りません。

    1)トピ主父が設立した「会社」および「事業」をトピ主夫が経営者として引き継ぎ、トピ主を使用人として雇い給料を払っている。

    2)トピ主父が営んでいた「個人事業」をトピ主夫が「個人事業主」として引き継いだ。
    トピ主の立場は、個人事業主であるトピ主夫との間で業務請負契約を結んで仕事を行い、その業務対価を受け取っている。

    どちらでしょうか?

    ただ、どちらにしても現在その事業の経営(事業運営)権は、トピ主夫が保有している形なので、トピ主の勝手な考えで1000万円の投資を押し付ける権利はありません。

    トピ主の父の事業をトピ主夫が引き継いだのだから、父の娘である自分にも権利があるかのようなトピ主の主張は、荒唐無稽です。

    トピ主夫からすれば、
    「自分が経営責任を負うことが出来る形であれば、義父の事業を引き継いでも良い」
    という考えだったのでしょう。
    そして夫はその事業の経営責任者としてトピ主が主張する投資を実行する意思はないと言っているのですから、トピ主は従うしかないです。

    もし、どうしても実行したいのなら、トピ主自身が「自分の特殊能力を生かした仕事」を「個人事業」として事業化し、夫あるいは夫の会社と契約を結んで実行すれば良いのです。
    これが夫の提案であり、至極真っ当な提案だと思います。

    >もはや乗っ取られたと思ってしまいます、

    乗っ取られたというより、トピ主夫に経営権と経営責任を引き受けて貰ったというのが事実でしょう。

    権利はトピ主に、責任は夫にというのは、むしが良すぎますよ。

    会社と個人事業主の区別もつかないようなトピ主の発案に1000万円ものお金を投資する銀行はありません。

    トピ内ID:344d94ab4ef751f5

    ...本文を表示

    大丈夫かな?

    しおりをつける
    🙂
    わーまま
    独立すればいいだけのような気がするんだが
    父の起こした会社、自分のものが奪われた気がして悔しいのかな?

    仕事の能力はあるのでしょうけど
    あまり経営者に向いた考え方ではないなと思いました
    だからこそ、婿に会社を引き継がせたのかな?

    どんな仕事か、なんかわかりませんので
    1000万といわれてもピンときません
    少なくとも、併催できる見込みも利益が出るあたりもあってのことでしょう

    あなたは、先代の娘、夫の妻という担保で借りようとしただけで
    ご主人が受け入れられなかっただけですよね

    自信があるなら、借り入れて独立したらよいと思います
    又は離婚して、夫を追い出すか?

    夫は、そんなことしないとそんな能力ないと思っているだろうし
    多少なりと見くびっているかもしれませんね

    あなたが出ていくといったら、考え変わるかもしれません

    もしも離婚になったら
    の話は変でしょうか?

    経営者ですもの、借金や不渡りなんて恐ろしいと思います
    そういう、ドライともいえるようなところがないと厳しいでしょうね

    愛がないとか、離婚したいではないんですよ
    夫婦それぞれ能力が違って、考えが違うから会社もうまくいているような気もします

    トピ内ID:76e9cb61a3e437b6

    ...本文を表示

    特殊能力って……

    しおりをつける
    🙂
    異数合計
     本当にトピ主様にしかできない特殊能力があるなら、1000万円投資してくれる人もいるでしょう。自分の名前で、そういう人を探して自分の名前で借金し、返済してください。

    トピ内ID:c0a3b628287f58ef

    ...本文を表示

    あまいです

    しおりをつける
    🙂
    らん
    しっかりして下さい。
    貴方が曖昧だから舐められてるんですよ。これからは男女関係ないんですから、何故貴方が継がなかったんですか?貴方の両親はなんて言ってるんですか?
    多分旦那さんは貴方の両親の事業を継ぐ時、貴方ともし別れたら…その時の自分の生きていくみちを考えたはずです。だからいつ貴方と別れても大丈夫なようにしていったんです。
    逆に貴方も考えるべきです。
    もちろん離婚したいと思ってはないですよ。万が一の為です。

    トピ内ID:811ff17dc3f189a3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    ただの社員なのですか?

    しおりをつける
    🙂
    役員ではなく?
    よくわかりませんが、社員ではなく株主か役員になってください。
    経営に関われるようにするのです。
    そうすればもう少し決定権が増えるのでは?
    専門家に相談して対策を。

    トピ内ID:ee7d1d74e441c2f3

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    よくわからないけど

    しおりをつける
    🙂
    匿名匿住所希望
    跡継ぎの問題についてはお父さんの判断なら従うしかないです。姓についてもあなたに主導権が取れなかったのにはそれなりの理由があるのでしょう。

    ただ、離婚については想像や仮定の話が出ただけですし、乗っ取りについてもよくわかりませんが、その事業とは個人か法人のどちらなのですか?それによってあなたの立場も変わってきますし、また乗っ取りと値するに至った根拠は何でしょうか?

    新規事業の出資については、リスクは会社が負うことになるので、もし事業としての収益や採算性、具体的な返済計画などの裏付けがなければ却下されても仕方がないし、これは経営者としての妥当な判断だと思います。

    と言いますか、トピを読んでも主さんの主張には事実と想像の区分が曖昧で、一貫した論理性がないのですね。これではその事業も見通しの甘い計画ではないのかなと推察してしまいます。

    トピ内ID:b1c4885973cf808a

    ...本文を表示

    別事業

    しおりをつける
    🙂
    自営業X
    トピ主さん個有の“特殊能力”で借金1000万円をペイできる事業なら、ぜひ独立することをおすすめします。

    夫婦で一つの事業を営むよりも、2つの全く違う業種を営むことはリスク分散になり家計にとっても有益です。
    逆に双方とも収益が上がれば、ダブルインカムでこれまた家計にも潤いが出て有益。
      
    お父様の代からの事業であれば、メインバンクの担当者ともお付き合いが濃いのではありませんか?トピ主さんの事業計画書を見せて相談をしてみましょう。

    自らが事業主になるつもりであったなら、計画書を書いたり金融機関と交渉することも得意ですよね?頑張ってくださいね。

    トピ内ID:d601d96d1bfa216d

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0