詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    主婦の小遣いは?

    お気に入り追加
    レス28
    (トピ主5
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    なごみ
    話題
    夫婦共に40代、中学生と高校生の子供がおり、妻である私は扶養範囲内でパートとして働いています。

    夫婦共に月々のお小遣い制で、
    夫は夫の手取りお給料の1割。
    私の小遣いは、パートとして働く前は夫のお給料からの5000円。
    現在は、夫のお給料からの5000円と、パート給料の1割を合算した分です。
    結婚前に各自貯めた貯金は、各自のものとしています。

    お小遣いの内訳は、
    被服費、美容院代、割賦払いの携帯機種代、外食を含む交際費、酒やお菓子などの嗜好品、趣味代です。
    考え方としては、生活に必要な物(下着、化粧品、携帯電話の通信費)は家計費から出します。

    子供が幼稚園までは専業主婦だったので、月々のお小遣いが5000円のうち携帯本体代の負担が大きかったです。被服費、美容院代が足りないときは、結婚前に貯めた貯金から出していました。

    色々なご家庭があると思いますが、みなさんのお小遣いは、収入のどのくらいの割合でしょうか。

    また、ご家庭毎にお小遣いに含める範囲がそれぞれあると思いますので、併せて教えていただけると嬉しいです。
    よろしくお願いいたします。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 5 面白い
    • 65 びっくり
    • 4 涙ぽろり
    • 12 エール
    • 7 なるほど

    レス

    レス数28

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)
    並び順:古い順
    10件ずつ表示

    特に決まってない

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    40代専業主婦です。

    お小遣いは特に金額は決まってません。
    欲しいもの、必要な物は家計から出してます。スマホ代とサブスクは毎月同じ金額だけど、他は服は毎月買うわけではないし、外食なども多い時と少ない月もあるし、月にいくらとも言い難いけど、平均すれば月2万くらいなのかな。あまり気にしたことないのでわかりません。毎月、給与から住宅ローンや学費や貯金などを先に振り分けて、1ヶ月で使っていい額の中に全て収まればいいやとざっくりなので…。

    夫のお小遣いは手取りの1割にちょっと欠ける位です。

    わたしの独身時代のお金は、たまに子供の予備校代などでドーンと出費がある時にちょこちょこ使ってます。

    トピ内ID:8707346a076bbee6

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    収入比では決めていません

    しおりをつける
    🙂
    葉子
    結婚当時から家計管理を任されている主婦です。
    夫の小遣いは収入比ではなく、夫から仕事の立場上必要だと言われた額と、貯金や支出のバランスを見て決めています。
    結果的に手取りの1割以上になってます。
    私の小遣いは夫から制限されていませんが、自分で「夫の1/3程度」と決めています。
    パートに行って稼いでも、全くの無職でも同じです。
    (パートの稼ぎは家計に充当)


    私の小遣いの使い道は、

    被服費、美容院代、外食を含む交際費、酒やお菓子などの嗜好品、趣味代、
    そして下着、靴下、化粧品も小遣いから支出しています。

    携帯通信費は家計。
    今まで本体代別途払ったことはありません。
    (キャリアで本体代実質無理のプランで購入したものを使い続けてます)

    貯金は、独身時代の貯金と親からの相続がありますが、ほとんど手を付けていません。
    (娘の歯列矯正代ぐらい)

    美容院や化粧品にあまりお金をかけていません。
    友達付き合いもたまにランチするぐらい。
    お酒もあまり飲まないし。
    だから小遣いは毎月余るので、たまに万単位で服を買ったり、ちょっとお高めのアイテムを買ったりしてます。(最近買ったのはドライヤー)


    小遣い額は手取りの1割と言いますけど、あれはあくまでも目安だと思いますよ。
    うちは住居費と保険料は手取りの割には少なめで、子供も私立には行かなかったので教育費もそんなにかけていません。
    貯金がしっかり出来ているかどうかで支出を考えるといいと思います。

    トピ内ID:c5717bb8b43a7e84

    ...本文を表示

    人生後半を生きるのに総額いくら必要かで決まる

    しおりをつける
    🙂
    がんばれ
    アラフィフですが、今後一生分の生活費が貯まって、いつでもリタイアできるようになったため、そこからは節約はせず、使う(といっても今までに比べればですが)モードに切り替えました。
    子供なしで、住宅費も会社持ちが多く、定年前後で自宅購入予定です。
    だから今は夫婦とも月何万といった制約はなく、生活費全てて年間最大〇〇〇万以内に収めるとしています。

    資産形成途中の方へのアドバイスは、「それでいつまでにいくら必要?」「いつまでなら確実に稼げそう?」です。
    50m走なら全力疾走しないとだし、フルマラソンで飛ばしてもダメでしょう。
    ゴールがどこで、現在の貯蓄額がどのあたりかで、使っていい額は当然違う。

    年収いくらに対しいくら使うなんて参考になるのは、結婚当初ぐらいです。
    その頃は将来像もなく、収入も最低限で余らないから迷いもない。
    でも当たり前ですが60歳までしかまとまった額稼げない人と、70歳まで見込みがある人では貯蓄ペースは違ってくるし、配偶者が稼げるタイプか、支出計画によるでしょ?
    トピ文にはその情報が一切抜けているから、トンチンカンかなと思います。

    定年間際になって貯金や老後資金が足りないだの、夫がリストラされ急に妻が沢山稼ぐなんてトピを見ると、大抵あなたみたいな全体収支計画なしの、「月いくらの収入からいくら使う」しか考えてないタイプです。

    行き当たりばったりでなく、ここから先の長期計画をふまえてお金を使うように頭を切り替えて下さい。
    自分が何歳まで生きることにするか、お好きなように100歳でも90歳でもいいので、そこまでに年金以外でいくらかけたいのか。
    それに対して現時点で、老後資金にあてられる額はいくらあるのか。
    最低それぐらいは仮でいいので決めてみましょう。
    何もプランは1つに決めなくてもいいのです。

    トピ内ID:15375085b509da3c

    ...本文を表示

    収入に対しいくらでなく、貯金の残りで生活

    しおりをつける
    🙂
    よしこ
    同年代ですが、もういい年齢で各世帯の資産額も差が大きいから、月給や年収から使い道を決める段階じゃないのでは?
    ローンが多額残っているか、住宅費ゼロで相続予定があるか、年金も違えば、年収同じだってここから先貯めなきゃいけない額は千万から億単位で違ってきます。
    備え終わってたら年収使い切ってもいい。

    年収いくらに対し…は初心者マークの人が参考にする話で、できるだけ早い段階で、人生に必要な総額(老後資金の目標額でもいい)を決め、毎年いくらずつ貯めていくかを決め、年収からその額を引いた残りで生活していくパターンに移行すべき。

    資産形成が早い人の多くはそうしています。 
    それができない人が、〇〇費が足りない、老後の蓄えがないから引退できないとか言う羽目になる。
    根本的に間違っています。

    老後の備えは進んでるので、使いますが小遣い額としては不明です。
    去年まではサプリメント(夫婦の分)、美容ドリンク、化粧品で月6万以上だったと思います。
    服は1年で20~50万。
    …かかった分使う感じで年収に対しては不明です。
    それと百万単位で年収も増減するし。

    夫は新婚当初(世帯年収税込み700前後)、月5万でスタートしてますが、無駄遣いもしないのであまりこだわらずにかかった分だけ使う式になり、平均5万前後だったかな、あくまで最初の1,2年。
    ね?冒頭で書いたように、年収いくらに対しはスタートの時のみ有効だからとっかかりに利用しただけで、長期計画を立て毎年の貯金額を引いて残りで生活に切り替えました。

    年収いくらに対して…より、先に貯金や投資に回す額を決め天引きし、残りで生活できればいい。
    貯金が計画通りできていれば将来安心だし、その中でどう使おうが自由です。
    逆に資産ないのに小遣いだけ年収の何%だからいいってもんでもないですよ。

    トピ内ID:b1c39a152a268ac2

    ...本文を表示

    情報が少なすぎる

    しおりをつける
    🙂
    うーん
    あのーもう40代ともなれば、60歳まで10数年しかないです。
    それなのに資産額も支出予定も書いてない。
    以前、年金以外にいくら貯めるかのトピで、数百万から億までさまざまでした。
    目標額が違えば貯蓄ペースも違ってくるし、そしたら使っていい額も違うはず。
    まともに稼げる年数は短いから年収から割り出してる段階じゃないと思いますよ。
    なんか、重要情報はことごとく抜けてるのに、独身時の貯金を残してとか、夫からいくらもらうとか、比較的どうでもいい情報だけ細かいです。
    内訳が良くても、老後資金が貯まらなかったら困るでしょう?

    病気などで早期退職を余儀なくされる人も同年代でちらほらいたし、リストラもあるし、パートが今まで通りのシフトで働ける保証もないので、早めに目標額に近づけておかないとと堅実な人なら考えます。

    トピ内ID:f1e91aca1bf986fe

    ...本文を表示

    確かに

    しおりをつける
    🙂
    ユキ
    我が家は私も主人もお小遣いって決まってないので幾ら、何に使ってるかはっきりしませんね
    お小遣いって自分の趣味的なモノに使う印象で、美容院や被服、食べ物(外食含む)は私的には必要経費です
    最近は自分だけが使用する大型家具に40万円使っている月もあれば特に何にも使わない月もありますからざっくり月10万くらいでしょうか

    トピ内ID:babff9e638f1bf98

    ...本文を表示

    あらら

    しおりをつける
    😮
    あらら
    ちゃんと老後資金が間に合って、十分で
    ちゃんと子供に与えたい教育が与えられて
    ちゃんと住宅ローンも余裕をもって完済できるなら
    それ以外をどう使おうが関係ないのでは。

    上記の大事な部分がおたくは大丈夫なのか
    さっぱりわかりません。

    逆が困るんですよ。
    こづかいだけはちゃんと年収の何%におさまってます
    でも老後資金は間に合いそうにないし
    教育費も足りず子供の選択肢を狭め
    住宅ローンも途中の年収が下がったら返せないかもしれない
    身体にガタがきてるけど引退できる見込みがない
    これが一番困ると思うけど違います?

    我が家は毎年の貯金は予定より順調なので
    貯金した残りは好き勝手に使ってます。
    小遣いなんて計算したことなくて知らないです。
    でも着々と将来資金が貯まってるから困りません。

    トピ内ID:1ac236ea7cec4970

    ...本文を表示

    ピントがずれている

    しおりをつける
    😨
    しっかり!
    新婚さんなら年収に対して支出額を決めるのは参考になるけど、家庭が軌道にのったら、将来の備えの進み具合で、現在の支出を決めないとまずいでしょう。
    今しか考えずに使うのは卒業しないと将来困るのでは。

    まともな人は40過ぎたらいつ病気するか、退職や減給するかわからないといった危機意識でやりくりしてます。

    収入の何%なんてほんの目安で、そんなものいつまでもアテにする意味ないです。
    たとえば教育費も医療費も収入に対して決まったりしないでしょ。
    年収がいくらだろうが高卒でいいなら安いし、
    私大医学部なら高額になる、ほら全然意味がない。
    医療費も持病の種類次第、かからない人はゼロ。
    本に書いてあること鵜呑みにして自分の頭で考えてないのでは?

    トピ内ID:1404d2f61d9babec

    ...本文を表示

    トピ主です。

    しおりをつける
    🙂
    なごみ
    トピ主です。
    みなさま、早速のレス、ありがとうございます。

    お小遣いは一定でない方が多いのですね。
    確かに、服や美容院は毎月必要ではないですね。私は、お小遣いを貯めておいて、バーゲンのときに服を買うようにしています。美容院は貯まったら行くという感じです。

    がんばれさんのレスについて、少し我が家の状況をお伝えしたいと思います。
    パート収入は全額家計に入れていますが、現在、毎月マイナス家計です。
    コロナによる夫の給与カットとボーナスなしになったため、家の貯金がどんどん減っている状況です。私は正社員の職を探していますが、難しいです。

    夫は65歳まで再雇用で働く予定ですが、退職金を住宅ローン完済のために使ってしまうため、老後の金銭的余裕がないことに不安を感じています。
    夫は何とかなる、何とかするから心配するなと言ってくれます。
    ただ、いつまでにこれだけ貯めるには毎月これだけ貯める必要があるから今の家計について何をどうしようか、という話し合いをしようとしても、夫からは先のことで悩んでも仕方がないし、何とかなると思うからと、話を打ち切られてしまいます。

    葉子さんの
    >貯金がしっかり出来ているかどうかで支出を考えるといいと思います。
    その通りですね。それができていないので、支出を考える必要があると気付きました。ありがとうございます。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    あってなきが如し

    しおりをつける
    🐱
    リキッド
    40代半ばで、高校生と小学生の子どもがいます
    今はほぼ専業主婦してます(資格のキャリア継続のため少しアルバイトするのみ)
    結婚後10年ほどは共働きでバリバリ働き、その時に大きく貯めて運用を頑張り、運用益から生活費の折半分を捻出してます

    家計に同額入れたのちのお金は夫婦ともに、それぞれが管理しているので、いくらまでというのは特にありません
    おこづかいを私が使ってもいいお金とするなら、私が管理しているお金なので、その範囲ならいくらでも…ということです(夫も同様)
    強いていうなら、前年度増えたお金までは使っても可と自分で決めてます
    それでいうと、今年は年間7桁後半くらいまでなら使えますが、もちろん使いません笑
    必要なものしか買わないからです
    月でいうと数千円から一万円ほどでしょうか
    年末年始は贅沢すると決めているので、数十万使いますが、主に家族のためにです

    資産形成途中で、お金に余裕がなかったころは、給与−貯蓄(現金積立+積立投資)=生活費に消えてましたから、わずかにしか残りませんでした
    当然1割も使ってません
    夫や同僚など周りが最新スマホにする中、ずっとひとり表面が剥げてボロボロのガラケーでしたよ(今はiPhoneです)
    生活費をギリギリまで攻めて節約倹約し、必要なものもなるべく貯めたポイントで買ったりして、使うお金は減らし、とにかく貯蓄と運用に回してました
    それもこれも、後からラクするためです
    運用が思いがけずうまくいったので、思ったより早くラクをさせてもらってます

    あえておすすめするなら、自分の管理してるお金で前年度増えた分÷12で考えてみてはいかがでしょうか?
    わが家の家計管理全体もその考え方でやってますから、もし万が一、来月から無収入になっても一年はやっていけます

    トピ内ID:2f632165343cdbe2

    ...本文を表示

    先に全体の収支計画がありき

    しおりをつける
    🙂
    金子
    現時点で3つレス出ていて共通項があります。
    収入から貯金を引いた残りを自由に使ってて、トピ主の逆です。
    その3名は全体の収支計画の進み具合で使う額を決めている。
    トピ主は年収の何割を小遣いにで、貯蓄が一切出てこない。
    先に使ってから考えるでは、老後資金だとか万一の備えが不足しがちです。

    それに比べたら、独身時代の貯金を残す残さない、夫の給料からもらうのかどうかは、そのお宅の都合で第三者にはわからないから、何で書いたの?と謎です。
    一番知りたいのは何か、何のための質問か、書いたほうがいいですねー。

    世帯年収が同じ、40代の2世帯があって
    ★アリ家は小遣いは適当、住宅ローン完済、教育費も老後資金も貯め終わってる
    ★キリギリス家は小遣いが手取りの1割まで、賃貸、教育費これから、貯金なし

    適当でも資産形成済なら問題ないし、逆にキリギリスは教育費も老後費もまだなら小遣い1割使ってる場合か、では?

    目先の小遣い額より、40代なら資産格差のほうが大きかったりしますよ。

    うちもアリなので、全体の収支計画(つまり貯金)を優先し、残りを自由に使っています。
    小遣いという枠で考えず、年間使える上限内で収まればいい。
    30代までは蓄財を頑張ると、使える額が少な目で、何にいくらと目安を覚えてますが、今は余裕があるので必要と思ったものはほぼ買えます。
    むしろコロナで自分の消費マインドも盛り上がらず、お金は余るけど寂しい。

    家計管理トピ見たらわかるけど、マネジメント上手ほど目的意識が明白で、不要な部分は切り捨ててる。
    やりくり下手は、目的も曖昧なまま、誰かが決めたルールを守って安心する。

    あなたは何のために、1割と決めたんです?
    我が家はとにかくマネープラン全体との兼ね合いで見ます。
    根拠がないルールは意味ありませんよ。

    トピ内ID:6fde957b5c6101f8

    ...本文を表示

    専業主婦です

    しおりをつける
    🙂
    かぴ
    決まったお小遣いは無く、任された家計から必要に応じて必要な物を買っています。勿論被服、美容院、趣味、外食や嗜好品などすべて含みます。
    自分の貯金もあるので、家計から出すのはちょっと申し訳ないなと思うものは貯金を使います。

    一時期単発のパートをやっていたこともありますが、収入は微々たるもので全て自分の小遣いとなっていました。
    単発パート時も自分は専業主婦と思っていたので家事はほぼ100%です。

    トピ内ID:b7e2363dbfd40c9d

    ...本文を表示

    ありがとうございました。

    しおりをつける
    🙂
    なごみ
    皆様、ありがとうございました。
    根本的に考え方が間違えていたことを指摘していただけて、ハッと目が覚めました。
    夫が働けるのはあと十数年ですが、老後の蓄えが全くできていないことに危機感を覚えました。
    教育費は半分足りず、老後資金はこれからという状況なので、一度考え直してみようと思います。
    ありがとうございました。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    お小遣いは決めてません。

    しおりをつける
    🙂
    こと
    既婚37歳専業主婦です。
    1歳の子が1人います。

    夫から毎月20万円貰って
    食費、雑費、光熱費、私の保険と携帯を払います。
    5万前後残るので私の消耗品はそこから使います。毎月決めたお小遣いは無いです。余ったお金は貯蓄します。
    夫もお小遣いは決めてないと思います。年間いくら貯蓄してるのかは知りません。
    家は義両親が私がローン無しで買ってくれてます。転勤族なので今は月1程度帰るぐらいです。
    私も子供が3歳になったら復職予定ですがその時は貯蓄しておくと思います。

    独身の頃の貯蓄は個人的に少し高い物を購入する時はそこから使います。

    トピ内ID:65f53bd5c4438177

    ...本文を表示

    それはやばい…

    しおりをつける
    🙂
    くるちん
    中高生二人の子どもがいる40代、教育費は半分・老後資金は0。
    これでは、お小遣いを使っている場合ではないことがわかりませんか?

    携帯本体代が大きいと言われますが、そもそも機種変しなければ良いのです。携帯に限らず何事も我慢優先にしないと子どもたちの進学が叶わなくなります。

    加えて、トピ主家の家計は節約だけでは持ちません。早急に収入を増やしましょう。正社員にこだわらずフルタイムで働きましょう。コロナ禍の現在は職種によっては空前の人手不足なんですよ。
    職種を選ぶことなければいくらでも仕事はあります。

    まずは我慢と労働、その後にお小遣いを考えましょうね。

    トピ内ID:4e718ff4fa52fad1

    ...本文を表示

    リキッドさんと同じだった

    しおりをつける
    🙂
    がんばれ
    2回目です。
    >私は正社員の職を探していますが、難しいです。
    頑張ってますね、大変だろうと思います。

    >老後の金銭的余裕がないことに不安を感じています。
    >話を打ち切られてしまいます。

    心配してる→話しても打ち切られるでは何もしてないのと同じ。
    セールスレディなら失格です。
    厳しい老後、ゆとりのある老後といくつか仮のプランをあなたが1人で立てて、ほらゆっくりでも改めるのと改めないのとで全然違う結果になるわよとか。
    この方法なら、違和感が少ないのにゆとりができるよと。
    そういうこともできないなら努力してないのと一緒。
    厳しいけど、応援してるから言いますね。
    一度で通らなくても、壁に貼っておけば、ふと気になった時に見て気が変わるかもしれないでしょ?
    営業はそんな風にしてますよ。

    多分、ここで早めに計画立てて達成してると書いてる人は、そういうことをやってますよ、自分がそうだからわかるけど文章の内容とか書き方からしてトピ主とは違う。
    トピ主は頑張ってはいる、でも頑張り方や考え方が今ひとつピントがずれて、結果が出にくいのかなと思います。

    あとリキッドさんの投稿は、いつも自分みたい(そんなうまく書けない)と思って拝見してます。
    >自分の管理してるお金で前年度増えた分÷12で考えてみてはいかがでしょうか?

    これ、私もやってます。
    多くの方は、来年も年収500万だろうと予算立てがち、でもそれ取らぬ狸の皮算用でしょ。
    逆で、去年増やせた分(給料から貯金に回せた分と、投資で増えた分)で今年の小遣い決めれば、絶対に使いすぎなんてない。
    そういう風に、資産形成が順調な人は頭の使い方が根本的に違うんです。
    闇雲に節約のようなこともせず、論理的なルールで運営します。
    スッキリ説明できるし、ブレたりしない、だから家族も納得するし継続できるのです。

    トピ内ID:15375085b509da3c

    ...本文を表示

    ちなみに

    しおりをつける
    🙂
    がんばれ
    教育費と住宅ローンと老後費はゴールの順番が違うから、順に返済あるいは貯めればいいです、言わなくてもわかってるかもしれませんが。
    ただそれぞれの目安ぐらいは考えていないと、分不相応なほど教育投資に使いすぎ、他の資金が足りないみたいになるので。
    やっぱり人生全体で総額いくらのお金が入りそう、そこから何にどれぐらい振り分けるかをイメージしたほうがいいです。
    試しにお二人で、だいたい何歳まで、どのくらい稼げそうか計算してみるとか。
    このぐらいなら無理ではなさそうなレベルで。
    その金額から、生活費いくら、教育費いくら、老後費いくら…あれ、足らない?じゃあどこを減らそうかと計算すれば、決まっていきますよね。

    トピ内ID:15375085b509da3c

    ...本文を表示

    ご主人のせいにするのは違う

    しおりをつける
    😱
    危機感もって!
    >夫からは先のことで悩んでも仕方がないし、何とかなると思うからと、話を打ち切られてしまいます。

    いや、話なんかしなくても、自分なりのプランなら立てられるでしょ???
    ここまでを見てて思いますが、トピ主ってことごとくピントがずれてる‥‥だからこんなトンチンカンなトピ文を立てるんだなと思います。
    家計のやりくりがおかしい人ってほぼ、目的と手段をはき違えています。
    理由もわからないまま、どこかに書いてあるのを鵜呑みにして小遣いを1割にするのもそうです。

    一番の目的は話をすることじゃなく、お金のやりくりで、そのやりくりは家族が安心して暮らすため。
    それを実現するための手段が「夫と話をする」「計画を立てる」なので、もし話を聞いてもらえないなら、先に一人でシミュレーションを進めたっていいんですよ。

    苦手の自覚があるならFPさんに依頼してもいいけど、ネットにいくらでも何々計算機、何々シミュレーターとか落ちてるし、事務屋さんならエクセル使えるでしょう。
    我が家は私が結婚した時からやってます。
    自分でできる所までやっていれば、夫の協力がなくとも、もう少し高度な相談できたはずです。
    何歳の頃に教育費が貯め終わり、老後費は今のままだと何歳の頃になりそうと。
    ご主人でも興味をもちそうな資料を作って説得すればいい。

    こうなったのはご主人がわからずやだから、ばかりではない。
    トピ主が何をするにも「何のため?」とハッキリさせないから。

    別に長期計画なくても、誰にも迷惑かけず、なければないで割り切れるならいいんですよ、だからご主人においてはそれが徹底できる限り問題ない。
    でもトピ主は違うんでしょ?それならご主人が話をしてくれない~で終わるのは怠慢です。
    なんかことごとく間違った判断、考え方をしていますよ。

    トピ内ID:2525e897035bfc96

    ...本文を表示

    受け身すぎる

    しおりをつける
    🙂
    自分で考えよう
    少し前の再雇用トピの人と似てる…
    再雇用で夫の給料が下がって生活できない、ひどい会社だって。
    よく読むとおかしいところはなく、再雇用で給料下がるのなんか若い頃から分かり切ってるし、それ込みでやりくりするもので、今さら何をというレスばかりでした。

    その女性も、夫と話し合いができてないとか書いてたけど、自分で計算するだけでもわかる部分はあるのに、それもしていない。
    トピ主も、今わかっている数字で予測できる部分もあるでしょう。
    わからないデータがあるなら、ネットを参考にしてもいいし。
    図や表を作って話を持ち掛ければ、また違った話になるかもしれない。
    読んでる限りでは単に努力不足です。

    >夫が働けるのはあと十数年ですが、老後の蓄えが全くできていないことに危機感を覚えました。

    割りきれてれば、遅かろうが、いいのです。
    気にしてるのに周りのせいにして、打てる手を打たないのが問題です。
    もっと「自分でできること」を積極的にすべし。
    なんか人の話を鵜呑みにしたり、人任せが多そうです。

    トピ内ID:012a95524c5a3dec

    ...本文を表示

    また流されていませんか

    しおりをつける
    🙂
    ふぅ
    数名の方が、資産形成済みならとか、老後資金も貯まってると書かれてるけど、それもまたたとえ話なんですが、わかってるのかな?
    収入の1割という目安の話に振り回されたように、今度も鵜呑みにしていませんか。
    住宅ローンが書かれてないのでそれがない(完済もしくは不要)ならと、教育資金が期限までに間に合うのであれば、致命的でもないかもしれません。
    一般論としては住宅ローン完済が60歳を超えるのはヤバい、とは言われてます。
    これもまた単なる目安の一つで本当はケースバイケースですが、そうなるお宅よりはマシかもしれません。

    ただ、大した意味もない収入の1割説を基準にやりくりしてたなら根本的におかしく、そのまま進み続けたら問題でした。

    ご主人が悠長らしいけど、今までトピ主がやりくりして、収入なんかもわかっていれば、自分である程度試算できるでしょうに、やらないのはなんで?
    お金の問題抱えてる人って、だいたい流されやすい、自分で(試算など)しない、何が重要で何が重要でないかの切り分けが下手、、、ですよね。

    そういう人に限って、もっと稼ぎが良ければとか、夫が協力的であればなんて言うけど、本人も原因持ってることがほとんどです。

    トピ内ID:0105df5f98aa82a6

    ...本文を表示

    レスします

    しおりをつける
    🙂
    ミミ
    レス見ましたが、教育費は間に合いそうですか。
    次に住宅ローンは退職金で払い切るとあり、これが60歳完済を意味するなら、老後費はそこから貯めればいい、という考えもありじゃないですか。
    貯める額にもよるし、あなた的に間に合うと思うなら。
    我が家は早くケリつけたかったから、前倒しにしましたが、それこそ人それぞれなので、夫のマイペースにトピ主も同意してればいいのかも。

    小遣いだけの比較は、本当に意味がないと思います。
    あと、最初は小遣いをどちらの収入から出すかを気にしてたようですが。
    最近そういうトピが多いけど批判でなく、そこを気にする意味に興味があります。
    離婚する時の財産分与を考えると、独身時の貯金を残す残さないは重要かもしれないけど、貯金が増えているなら増えた分は分けるんだしあまり問題ないような。
    我が家は私の収入はそのまま貯金なんですけどね。
    私がうっかりで、各種手続きは夫がやってくれてます。
    日常的には彼の口座だけで完結する方がやりやすいそうです。

    トピ内ID:cf3d77d9bddb326e

    ...本文を表示

    手間を省こう

    しおりをつける
    🙂
    ちょこら
    >パート収入は全額家計に入れ
    >現在、毎月マイナス家計
    >コロナによる夫の給与カットとボーナスなし
    >家の貯金がどんどん減っている状況
    >私は正社員の職を探して

    >夫は65歳まで再雇用
    >退職金を住宅ローン完済のために使ってしまう
    >老後の金銭的余裕がない

    大変そうですね。お酒やお菓子まで、家計で買う分とパートから買う分(トピ主の小遣い)に分けてます?
    それカードでなく現金払いでやってたら膨大な手間だし、頭使ってません?
    それが面倒でトピ立てたのかな。

    我が家は長年夫は夫のカード、私はその家族カードで払い、小遣いも分けてはいませんが、現金払いしてた頃からは劇的に手間が省けました。
    だからトピ主が正社員になるなら余計に、手間省いたほうが良いのでは。

    お勧めは、トピ主は夫名義の家族カードを使わせてもらい、総支出額の何割と決めた、トピ主の家計負担分を月1回もしくは半年に1回、たとえばボーナス時期なんかにまとめて返す。
    仮に夫6対トピ主4なら、30万円の出費のうちトピ主が12万円分を期日までに夫の口座に戻す。

    夫は夫のカードで払い、主は主のカードで払うのも一見良さそうですが、それだと見落としできない口座が2つになるからお勧めしません。
    手間を増やしては意味がない。
    長年の信頼関係ができていて、ともに浪費家でないなら、多少の誤差は許容できないでしょうか。
    あれもこれもは無理です。
    より効果的な所に集中したほうがいいと思います。

    トピ内ID:9904767109e9d218

    ...本文を表示

    トピ主です。ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    なごみ
    皆様、ありがとうございます。

    匿名さんの
    >毎月、給与から住宅ローンや学費や貯金などを先に振り分けて、1ヶ月で使っていい額の中に全て収まればいい
    という方法をやっていますが、手元に小遣いと食費のみしか残らないので、貯められないままここまできてしまいました。
    リキッドさんの
    >自分の管理してるお金で前年度増えた分÷12
    という方法をやってみようと思います。大学卒業までは、私の小遣いがどうとか言ってられないなと思いました。

    ふぅさんからの
    > 一般論としては住宅ローン完済が60歳を超えるのはヤバい、とは言われてます。
    はい、住宅ローンは70歳完済予定なのでヤバいと思っていて、
    > 自分である程度試算できるでしょうに、やらないのはなんで?
    そうですよね。FPさんの試算よりも収入は少なくなっているので、貯蓄するためには固定費の何を減らしたらいいのか考えて格安スマホにしましたが、それ以外となると外食しない、食費を切り詰める、レジャーを我慢するくらいしかできることが見つけられていません。

    大学卒業から再雇用退職まで十数年あるので、その間に老後資金を貯められるから大丈夫と夫から言われており、私だけが根拠のない焦りを持っているのかと思っていましたが、皆様きちんと貯めておられる方ばかりで、益々焦ってきてしまいました。
    我が家の状況がかなりまずいものだと気付くことができました。

    保険(生命保険、がん保険、医療保険、生活保障保険、子供の共済で計35000円)の負担が大きいので、生活保障をやめるのはどうかと思い話し合いましたが、これから学費がかかる40代にやめるのはリスクがあるということで、やめられていません。
    この部分、皆様はどのように考えられますか?FPさんに相談したところ、保証はしっかりしてるので大丈夫と言われましたが、赤字続きで本当にこれでいいのか不安です。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    2回目です

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    >匿名さんの
    >毎月、給与から住宅ローンや学費や貯金などを先に振り分けて、1ヶ月で使っていい額の中に全て収まればいい
    という方法をやっていますが、手元に小遣いと食費のみしか残らないので、貯められないままここまできてしまいました。

    私と同じ方法なら先に貯金も振り分けてるから、貯められると思うのですが…。先に貯金してるので、手元が食費と小遣いで問題なしですよね。

    それとも先に振り分ける項目に貯金が入ってないということですか?

    貯められない人ほど先取り貯金の方がいいと思いますよ。節約して残して貯金はできない人も多いので(私もそのタイプ)。

    もし、ご主人の会社で給与天引きの財界貯蓄や社内預金ができるなら、それを活用してみては?大抵銀行の金利よりも利率もいいし、究極の先取り貯金で気が付いたら貯まってますよ

    トピ内ID:8707346a076bbee6

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    冷静に対処して下さいね

    しおりをつける
    🐱
    リキッド
    保険に関しては、それぞれ考え方次第ですが
    高額療養度制度もありますし、ほとんどの人にとって医療保険は基本不要かもしれません
    たまーに掛金よりもらう額が多い人がいてその人の声が大きく聞こえますが、ほとんどの人は、もらえる額より払う額の方が多いのが実情です
    がん保険に関しては、がん家系か、どれくらい先進医療を受けるつもりかなどで考えますが、わが家の場合は健康保険で使える標準治療だけで良いと考えてますのでかけてません

    上記の考えでわが家は火災保険と地震保険、自動車保険、あとは夫婦ともに掛け捨ての月2500円程度のネットの生命保険以外はかけていません
    自転車保険に関しては、火災保険で家族分カバーされています
    住宅ローンの団信でローンはチャラになりますし、厚生年金をかけている会社員だともしもがあっても、子どもが18歳までは遺族年金が手厚いためなんとかなると試算してます
    失職時の収入保障に関しては、私がフルで働けば充分生活できますし、預金で備えもあるので不要としてます

    病気、失職、死亡時の公的支援について、もらえるお金、使える支援を調べてみると、不安が和らぎ保険を節約できかもしれません
    保険は不安に対して安心を得るために払うものですが、日本では多くの人がかけすぎていると言われている分野ではあります
    節税では年間8万を超えると節税効果がなくなるので、それまでに抑えるのが目安です
    月の赤字をそのままにしてまで、高額な保険を払う必要はないのではないかと思います

    また、保険と投資は絶対に分けて考えないといけません
    個人年金保険や外貨建て保険などは、今の時代だとハイリスクでリターンは少ないものがほとんどなので注意が必要です
    無料相談のFPだと手数料の高いそういった保険や金融商品を勧められてしまうことが多いようです

    とりあえずは赤字解消できるようできることを…
    不安でしょうが、どうか冷静に

    トピ内ID:2f632165343cdbe2

    ...本文を表示

    無料FPですか?

    しおりをつける
    🙂
    葉子
    相談したFPは無料の方ですか?
    もしそうならギャラを払っている立場の宣伝をなさってる方なので、それを踏まえて話を聞きましょう。
    収入がおいくらかは分かりませんが、毎月赤字なのに保険を掛けているって本末転倒だとお気づきになった方がいいですよ。
    保険は「万が一」のものであり、お子さんの大学進学は確実に来る未来です。
    お子さんが大学生になる前なら、今後は1円足りとも貯金を崩さず、入ってくるお金だけでやりくりするべきです。
    もちろん一番よいのは収入を増やすことですが、それがどうしても出来ないのなら、優先順位を付けて出費を削っていくしかありません。
    レジャーとか外食とかを無くすのは当たり前。
    小遣いも削れるなら削って。
    住宅ローンは金利が高いなら借り換えを検討。
    そして保険はおそらくかなり無駄がありそうですね。
    そこで目安になるのが収入比です。
    手取り月収に対して、出費しすぎていないかを確認するために、理想的な支出割合と比べます。

    庶民派家計コンサルの横山光昭さん(よくメディアに出ておられます。本も出してらっしゃるので図書館で借りてもいいと思います)によると、子供のいる家庭での理想的な支出割合、保険料は6%です。
    (掛け捨て部分)
    35000円の保険料なら手取り月収584000円の家庭です。

    収入補償の保険は保険料も高額ですし、ローンの団信に加入しているなら、死亡保障はだぶっているのでは?
    会社員なら疾病手当や遺族年金もありますから、それらを考慮して、保障の額を見直してみてはいかがでしょう。

    トピ内ID:c5717bb8b43a7e84

    ...本文を表示

    トピ主です。ありがとうございます。

    しおりをつける
    🙂
    なごみ
    皆様ありがとうございます。
    主婦の小遣いから、家計診断に相談内容が変わってしまいましたが、色々な方のお話が聞けてよかったです。

    匿名さん、2回目ありがとうございます。
    >毎月、給与から住宅ローンや学費や貯金などを先に振り分けて、
    貯金は財形貯蓄の8000円のみで、あとは振り分けると0になってしまいます。
    世帯手取り収入が40万強なので、1割は貯金したいところですが、夫と息子のお弁当込みの食費6万から減らすことができていません。

    現在の貯蓄は、車買い替え用に貯めた財形貯蓄と、大学費用半分のみなので、住宅ローン繰り上げ返済分と老後資金を貯める余裕がないので、何とか貯金できないかと考えているところです。

    リキッドさんも2回目ありがとうございます。
    > がん保険に関しては、がん家系か、どれくらい先進医療を受けるつもりかなどで考えますが、
    夫婦共に三親等内にがん患者がいたのと、夫婦それぞれの友人のがんにかかった方から保険に入っていて助かったという話を聞いたので入りました。
    ただ、団信や遺族年金もあるので家計保証保険は見直そうと思います。
    医療保険は終身保証60歳払込の1日10000円に加入していますが、これも半分にするか解約するか、
    見直した方がよさそうですね。
    >節税では年間8万を超えると節税効果がなくなるので、それまでに抑えるのが目安です。
    これは知りませんでした。夫も知らないと思うので、保険解約について話すきっかけにさせていただきます。

    続きます。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る

    トピ主、続きです。

    しおりをつける
    🙂
    なごみ
    葉子さんも2回目ありがとうございます。
    相談したのは、ハスウメーカーでローンをいくらで組むか考えるために紹介してもらったFPさんで、無料でした。
    収入保証について、夫に万が一のことがあった場合、私が今のパートのまま子供の大学費用を捻出するためには必要という試算から加入しました。大学費用が半分貯められていないのでこのようになりました。
    横山光昭さん、存じ上げております。そうなのです、保険が世帯収入に対して高額なことが気になっていてやめたいと思っているのですが、なかなか納得してもらえずここまできてしまったので、もう一度話してみようと思います。

    月の赤字をそのままにしてまで、高額な保険を払う必要はないのではないというみなさんのお話、とても納得できました。ありがとうございます。

    トピ内ID:61ef8c63315dc486

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示
    トピ主のコメント(5件)全て見る
    並び順:古い順
    10件ずつ表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (5)

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る

      あなたも書いてみませんか?

      • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
      • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
      • 匿名で楽しめるので、特定されません
      [詳しいルールを確認する]
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0