詳細検索

    生活・身近な話題このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    海外の大学院留学生活が辛い

    お気に入り追加
    レス8
    (トピ主0
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    🙂
    おもち
    話題
    はじめまして。

    アラサーで会社を辞め、数年間の語学勉強&語学学校生活を経て、この秋からフランスで念願の大学院生活を始めました。

    ですが、想像していた以上に自分の語学力と大学院で求められる語学力に差があること、同級生が皆若く語学的な難しさもありなかなか打ち解けられず教室では独りぼっちで、毎日辛いです。

    知らずにストレスを受けていたのか、少し体調を崩してしまい精神的にも疲れているのか毎日ネガティヴなことばかり考えてしまいます。

    もともとは大学院が修了した後は頑張ってこのままこちらで仕事も見つけようと思っていたのですが、今は現実と目標のギャップにただただ打ちのめされており、新しく目標を立てたり進路を変えたり調べたりする元気もない状態です。

    語学学校では幸い本音で話せる友達もできたのですが、若さや価値観の違いからかビジネススクールに入ってバリバリ働くことだけを是としているようで、「今は精神的に疲れすぎていて将来のことも、この状態で働くことも考えられない」というような弱音もあまり理解してもらえません。

    現地人の彼氏は優しく私の状況を理解して寄り添ってくれますが、もともとバイリンガルとして育ち少なくとも語学的な苦労はなく海外の大学を卒業しているので、私の語学力の問題からくるコミュニケーションの自信のなさや自分が無力に感じられる状態は想像できないようで、誰にも相談できないように感じます。応援してくれている日本の家族には不安にさせるだけなので到底話せません。

    もしかしたら少し鬱気味なのかもとサプリなどは飲んではいますが、結局自分が頑張り続けることでしか乗り越えられない問題ばかりで、途方もなさすぎて、考えていると悔しさや情けなさで涙が出てきます。

    こちらは留学された方や海外で長く生活されている方も多いようなので投稿しました。泣き言ばかりですがアドバイスなど頂けたら嬉しいです。

    トピ内ID:e212a1ef034f8635

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 1 面白い
    • 16 びっくり
    • 2 涙ぽろり
    • 40 エール
    • 2 なるほど

    レス

    レス数8

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)
    並び順:古い順

    カウンセリング

    しおりをつける
    🐤
    くいぶる
    大学なら学生のためのプロのカウンセラーがいるはずなのでそのサービスを利用すると良いでしょう。必要なら薬も処方してくれます。実際になぜすでにカウンセリングを受けていないのかがわかりません。本当に苦しいのでしょうか。偏見による嫌悪感でもあるのでしょうか。

    あとは運動ですね。水泳毎日40分くらいでokです。

    クラスの中で友達を作る必要はありません。自然に出来ればそれで良いです。出来なくても良いです。

    大学院を卒業した後のことは今はどうでも良いです。とりあえず単位を落とさない事だけでokです。語学力を含め講義内容の理解力に問題を感じたら講師に直接相談してください。

    トピ内ID:2721324004488666

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    1セメ目なんてそんなもんです。大丈夫。

    しおりをつける
    🙂
    元留学生
    秋からということは1セメ目ですよね。大学院留学あるあるです。そんなもんですよ~。

    私も30歳でアメリカの大学院に留学しました。論文、面接などの入学試験を経て入れてくれたんだからまあなんとかなるだろう、と思っていましたが、もう1セメ目は自分の力不足に打ちのめされ、自分はできると思っていた自信は木端微塵になり・・・。もう半分精神を病むくらい辛かったです。友達だってそんな始めからできませんでしたよ。クラスでポツン、超普通です。

    でも冷静に考えたら当たり前なんですよね。だって大学院の勉強自体が難しいんですもん。それを外国語でやるなんて難しさ倍増なんてもんじゃないって気づいてからは気持ちは楽になりました。が、だからと言って状況が楽になるわけではなく、クラスで一人だけ試験には落ちるし、レポートもC評価だったり・・・。でもそれじゃ単位が取れないので、先生のところにバンバン聞きに行きましたよ。レポートは何が良くなかったのかなど聞きましたし。あと、クラスで親切そうな人を見つけて授業の後ノートをコピーさせてもらったりもしました。もう無茶苦茶勉強しましたよ。寝ている時間と食べている時間以外は勉強していたというくらい・・・。友達も留学してきているブラジル人やメキシコ人とは仲良くなりましたよ。みんな苦労して頑張っていて、最後は「同志」という感じでした。

    結局通常2年のところ3年かかり、やっとこすっとこ卒業しました。もう毎日が自分との戦いで、今振り返っても「辛かったな~」という感想しかないくらい辛かったですが、それまで横柄だった自分の鼻をへし折ってくれた、そして周りの暖かさを心から感じる気持ちを持つことができた貴重な3年間でした。

    将来が不安になるのはわかります。でも今は一つ一つのクラス、一つの単位を取ることに集中してください。それが将来に繋がっていきますよ。応援しています。

    トピ内ID:2ad5f71ace5f9a49

    ...本文を表示

    糸が絡まってる。

    しおりをつける
    🙂
    海外アラフォー
    語学学校、楽しかったですか?語学学校ってワイワイして勢いがあると私は思いました。
    大学院生活は現地人も行く所ですからレベルが違うのは当たり前ですし、今までのギャップと現実を見てるって感じでしょうか。
    私は留学は何の目標もなく行ったんですが、留学生はビザ取得のルールがありますから、強制送還ギリギリレベルで出席日数合わせして通っていた人です。もしそちらで就職が目的なら、卒業できればいいと割り切るか、勉強する所ですから若くて合わないと思えば無理に打ち解けなくてもいいと思うんですが、辛いですよね。

    >結局自分が頑張り続けることでしか乗り越えられない 
    もう分かってらっしゃるから、解決するしない抜きでカウンセラーもどんな所か見にいく程度で行ったらいいと思います。私も行ったことありますよ。きっかけにはなるかもしれないですね。頑張り続けはしなくていいんですよ、休んでいいですから、結局自分で乗り越えるんです。これは日本にいても同じでしょう。

    小町でも日本人同士カップルで喧嘩とかの相談いっぱいあるでしょ?相手が外国人だったら言語、文化の違いなど、悩みがプラスでついてきますから。私は最近になって旦那が日本人だったらもっと意思疎通できたんじゃないかなんて考えることありますけど、私の性格上、相手が何人でも一緒なような気がするので悩んでも続きません。

    ネガティブ思考はちょっと置いといて、客観的に自分を見てみましょう。そちらに数年いて現地人の彼がいる今、これから先のフランスでの生活ちょっとは想像つきますよね? 
    今までの人生、あなたはどんな人、性格ですか?とことん悩んだ後は悔しさをバネにやり切れそうですか?
    初めてこんなに悩んだらのなら私はこうなっちゃうんだと自分を知る事が出来ただけでも儲けもん。今後の人生に役立ちますよ。今は自分の内面を知るチャンスかもしれないですね。

    トピ内ID:544eeaf7e2903901

    ...本文を表示

    大丈夫。今が一番大変なだけ

    しおりをつける
    🙂
    令和のジャンヌ
    フランス語でフランス大学院で勉強されているということで、すごいですね。フランスに何年かすでに在住されているのだと思いますが、それまで勉強していた語学学校レベルの実用的仏語から、アカデミックな専門用語で日々学ぶのですから、分からないこともその分多く出て来るのは当然だと思います。
    頭脳を使いっぱなしなので、疲れるのは当たり前ですし、この季節でコロナ、更に鬱になるのもあるあるかな。(フランスの冬はどんよりしてるし)
    私も育った環境でバイリンガルですが、それでもトピ主さんと同様の環境で、同じ状況になれば自己嫌悪とかになるかも。

    私はトピ主さんの問題は語学の問題でも他人との価値観の違いでもなく、ご自身に対する信頼や自信が足りないことにあると思います。語学力がそもそも足りなければ大学院に入学できないし、理解してくれる恋人もいないでしょう。きっとご自分を謙遜しすぎ、もっとできるはずなのにという過剰な期待、他の人と比べてしまう…など自分をむち打ちすぎでは?

    根を詰めすぎず、リフレッシュの時間や日は必ず作る、小さな目標をいくつも作る、フランス大学院生としての生活をエンジョイする、など自分にムチだけではなくアメも十分与えてくださいな。フランス風に自分を主張し、周りと異なっていても価値観が違っていても「私は私よ!」ぐらいの覇気で頑張って。Bonne continuation!

    トピ内ID:d586447cd0241e6e

    ...本文を表示

    彼氏のことは切り離して考えられますか?

    しおりをつける
    🙂
    大往生
    海外で長らく学生をしていました。その間に時々トピ主さんのような悩みを抱えている人に出会いました。

    大学院のことは、今よりも語学力が高くてもついて回る問題だろうと思いました。

    私が気になったのは彼氏のことです。フランスに行く前からの彼氏なのかフランスに行ってからの彼氏なのか分かりませんが、
    >アラサーで会社を辞め、数年間の語学勉強&語学学校生活を経て
    ということはもしかすると現在アラフォーなのですか?
    他の方のレスとは方向性が違ってしまうけれど、彼氏の存在と大学院進学が密接に絡んでいるのではないかと思いました。彼氏のために大学院という目標を立てたのではないかと思うのです。

    彼氏と結婚したいですか?
    彼氏にも結婚の意思はありそうですか?
    彼氏から、結婚するにはトピ主がキャリアを築くことが条件、などと言われていませんか?
    出産リミットが気になっていませんか?

    単純に大学院のことだけならば、語学力が足りないとトピ主本人が言っているので、それならば一旦休学するなどして猛勉強するもよし、大学院以外の他の道を探るもよし、少なくとも(日本で)大卒の学歴と大学院への入学を許可される程度の語学力はすでにあるのだから、大学院にこだわる必要はないと思いますが・・・

    ただ、彼氏との将来を考えた時に大学院と就職が必須(それが条件)なのであれば、彼氏との関係そのものを見直すことをお勧めしたいですね。

    日本の家族に言えばそりゃあ心配はされるでしょうけれど、私が家族の立場ならば、毎日泣き暮らすほどの状況なのに打ち明けてもらえないことのほうがショックです。家族はトピ主のことをよく分かっています。これまでがんばってきたことも知っています。弱音を吐いても受け止めてくれると思いますよ。

    トピ内ID:b6f8d41d4fc865e4

    ...本文を表示

    彼氏がいるだけでもいい。

    しおりをつける
    🙂
    スタンダード
    本国人と語学力の差があるのは当然です。欧米人はそのあたり斟酌しないので、腹立たしいこともあります。言ってることがわからなければ聞き返すしかありませんね。私の場合、それならとリピートしてくれる人と、面倒なので相手にしてくれない人もいました。でも、人間のコミュニケーションなんて何とでもなります。

    30代に私費留学しました。妻子は日本においていきました。2年間の給料2000万円を捨て、学費・生活費1000万円をかけました。

    勉強は大変で、授業以外は朝から寝るまで勉強してました。アメリカ人は夜飲みにく余裕がありましたが、読み書きの能力が大きく劣る私はそんな余裕がなく、泣き言を言う相手もいませんでした。

    でも自分で決めた留学ですから、こんなはずがないと思いながらも頑張るしかありません。弱音を吐く相手は誰一人いません。孤独でしたが頑張りました。頑張らなくていいよ、と言ってくれる人もいませんでした。

    彼氏がいて慰めて貰っていいですね。

    留学の目的は何ですか?卒業後の目標はなんですか?
    特に決まってないなら、退学もいいのでは?私はそんな余裕がないので死に物狂いで頑張るしかなかったです。なぜ、今そこにいるか思い出して下さい。お遊びでフランスまで来たわけではない?目的があるはず。そうであれば頑張れる。

    トピ内ID:81e5cb876e49aeb3

    ...本文を表示

    本当に良くわかります。

    しおりをつける
    🐶
    パグ
    こんにちは。私も30代を過ぎてからオーストラリアの大学院(コースワーク)に留学しました。トピ主さん同様に私も大学院入学前に語学学校へ通いました。周りの年齢とギャップがあり、感覚に違いがあることやクラスでポツンとなること痛いほど分かります。
    私も最初のセメスターでは。。。
    「先生が言っていることも十分に理解できない」
    「予習も追いつかない」
    「レポートもどうやってこなしてよいか分からない」
    「全く自信がなく放心状態の日々」
    「クラスで一番自分が一番落ちこぼれだと感じる」
    「周りとのギャップを感じる」
    などなど。
    毎日、授業以外は図書館にこもり、予習か課題に明け暮れていました。周りは1時間もあればできることを私は何時間もかけてやっていました。また、私の場合まわりに親切で優秀な友人が少なかった(今の友人に失礼ですが。。。)ので、課題に関してはとくに徹底的に先生に質問しました。課題に関して自分でしっくりこないことや分からないこと、さらには自分の考えは間違っていないかなど聞きまくっていました。そのかいもあって、ある授業ではクラスの上位5位以内の成績を収めることができましたよ。ほかの方もおっしゃっているように、次のセメスターからは周りの様子や授業の感じなど分かっているので、グッと楽になります。これは私も実感しました。最初のセメスターはしんどい。でもそれを我慢すれば絶対に光は見えます。大丈夫。

    トピ主さんはちょっと鬱っぽいと書かれていましたが、まずは最低限の予習にしてリラックスする時間を持つのが良いのではないでしょうか。ジムに通ったり、家でストレッチするなども結構ストレス発散になりますよ。

    良いアドバイスになったかわかりませんが、トピ主さんが笑顔で卒業されることを心より祈っています。でも、過度な無理は厳禁ですよ~!

    トピ内ID:654124fa20bc5d04

    ...本文を表示

    私も30代で欧州で修士しています。

    しおりをつける
    🙂
    まぐろどん
    私も2021年の秋学期からスペインの大学院に入学しました。日本で社会学の学士をとってから早数年。今度は応用言語学の分野で専門知識もなく、未だに日々必死です。直近、仕事でメキシコやアメリカに2年ずついたので、日常会話はそれほど問題ないのですが、先生からは「もっとアカデミックなスペイン語を使えるようにしなさい」と言われ、何日もかけて書いたレポートも、先生に時間をとってもらい研究室で個別に教えてもらいながら、何度もやり直しています。

    私ももちろん落ち込むこともありますが、最初から難しいことに挑戦しているのはわかっていたので、できないことよりもできたことにフォーカスし、自分で自分を褒めています笑 それも、授業で自発的に発言できた、クラスメイトが自分のプレゼンに対して質問してくれた(興味をもってもらえた)など、本当に些細なことです。
    また、私のクラスメイトもほとんど自分より若い(20代半ば~後半)です。でも、あまり気にせず、授業や課題のわからないことについて質問したり、「今日の服、かわいいね!どこで買ったの?」など、自分から他愛のない会話をするようにしています。また、私より5歳以上若いポーランド人のクラスメイトは、同じ留学生として、語学や海外で生活することの苦労をよくわかってくれ、とても仲が良いです。

    最初の学期を乗り越えたら、きっと来学期も何とかなります!「助けてほしい」「苦しい」と言葉にすれば、(よっぽどイヤなやつでない限り)クラスメイトや先生など、誰かしら助けてくれる人はいるはずです。語学面については、私も努力しなければいけないので、来学期は大学のC1のコースを履修するつもりです。少なくとも入学できたということは、大学が求める最低限のレベルは満たしているはずなので、あまりできない自分を責めないであげてくださいね!

    トピ内ID:02903bd2ba8bebc2

    ...本文を表示
    並び順:古い順
    • レス一覧
    • トピ主のみ (0)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0