詳細検索

    家族・友人・人間関係このトピを見た人は、こんなトピも見ています
    こんなトピも
    読まれています

    今さら養育費を渡されても遅い……

    お気に入り追加
    レス141
    (トピ主3
    Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア
    😭
    はな
    ひと
    愚痴トピです。25歳、今年の6月に結婚を控えており母から120万円渡されたのですがモヤモヤしています。

     私は5歳の時に親が離婚し、母親に育てられました。
    女で1つで育てて貰ったことにはとても感謝してるのですが、物凄くお金がなく苦労しました。
     服や下着は安いのを物理的に着れなくなる(破けたり、酷いときには溶ける)まで着て、酷い有り様でしたしナプキンもタオルとハンカチで作ったのをしていました。

     文房具も落とし物入れのを勝手に使っている始末です。
     髪の毛もシャンプーだけでリンスが買えず、バイトしても貯金を命じられて(時々通帳を見られる)いた上に身の回りにかかるお金は全部自分持ちでした。

    しかし、どうやら父親から月に5万ほど18歳まで養育費として与えてたらしくそのお金をずっと手を付けず貯金してたのだと言われました。
     私が将来結婚する時の為にと。

     父の養育費にプラス母からの結婚祝いとして120万を渡されたのですが…子供の頃に欲しかったなというのが正直な感想です。

    コンディショナーや化粧水等は勿論、服や下着や生理用品が最低限以下だったことの屈辱の思い出がすごいです。

    当時は貧乏だから仕方がない…と思って恨みはしてませんでしたが、あったんなら…とモヤモヤします。

    使い込まれていなかっただけ感謝ですし、母親なりの愛情なのでありがたく受け取りお礼はちゃんと言ったのですが…内心では感謝よりも過去の恨みで潰れそうになります。

    あと、「貰ったことは旦那には秘密にして、離婚する時のお守りにするんだよ」と言われたのも酷くイラッとしました。普通、これから結婚する子供に言いますか?

    気持ちをどう昇華したらいいかが分かりません…。

    トピ内ID:da719d719b572ce3

    これポチに投票しよう!

    ランキング
    • 60 面白い
    • 350 びっくり
    • 153 涙ぽろり
    • 3294 エール
    • 58 なるほど

    レス

    レス数141

    レスする
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  141
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示

    幸せになる

    しおりをつける
    🙂
    さんにゃん
    ご結婚おめでとうございます
    お母さんの失敗、結婚生活とお金の付き合い方を
    反面教師にして幸せになってください

    あなたの気持ちは痛いほどわかります
    もしお子さんが誕生したら
    子供を育てながら癒してください
    子供に自分がしてほしかったことをしてみるってことは
    本当に辛かった自分の子供時代が癒されることだと思います

    お母さんをかばうわけではないですが
    お母さんはその生き方しか知らなかったんだと思います
    教育と情報はとても大切です
    残念なことにお母さんはどちらも疎かったんだと思います
    そう思うと切ないですし
    離婚しても養育費を用意してくれた父に対しても
    養育費は当然だとしてもあなたを思う気持ちはあったのでしょう
    結婚することで親を乗り越える時期にきているのかもしれません

    良い塩梅とか適当とか
    本当に難しいことなんです
    特に適当は好き勝手することではないですから
    結婚生活はご存じの通り
    幸せなことばかりではありません
    でも一緒に困難を乗り越えることで結束が強まります
    お幸せに

    トピ内ID:032b3ab7673aed22

    ...本文を表示

    伝わらない思い

    しおりをつける
    🙂
    わーまま
    そうなのよね
    そのうちの1万円でも生活費にまわしてくれたらよかったのに
    それはよくわかります

    その辺の価値観を差を感じる昭和生まれです
    私の母も結構節制していました
    食べるに困らせたことはないと父が言っていました
    父も母も、おなかいっぱいまで食べられなかったとか言ってます

    60代なので、そんな昔じゃないんですけどね
    若くして結婚したから?かな

    夜なべして手袋編んだり、ホタルノヒカリで勉強するのはさすがにないのですが
    こういうのが美徳って思っている
    ちょっと古臭い価値観なのです
    もしかして、この歌しりませんか?

    今どきの子供ならスマホ一つ持ってなかったとなったら
    途端にみじめに思うのでしょうね


    お母さんも
    コンディショナーは使わず、下着は穴が空くまで使い
    そういう生活だったのでは?

    不器用な人だと、つい1万円が5万円つかってしまうから
    何があっても手を付けてはいけないと決めたのだと思います

    この子のために、せめてお嫁に出すときは恥ずかしくないようにと

    下着に気を使えなくなるくらい忙しかったのかもしれません
    精神的に余裕もなかったでしょう、
    貧すれば鈍する
    いい言葉ではないけど、当たり前のことができないのです

    結婚のためのお金貯めるって、今どきの価値観じゃないなと思います
    それなら進学費用だもんな

    「貰ったことは旦那には秘密にして、離婚する時のお守りにするんだよ」
    私も似たようなこと言われたなぁ
    お母さんの実感だもん、これくらいのお金があったらと心から思ったのでしょうね

    今どきじゃなかった
    それだけです

    トピ内ID:614c38750e835906

    ...本文を表示

    がんばってきたのですね

    しおりをつける
    🙂
    るう
    トピ主さんは、幼な心に傷つく体験を、知恵と工夫と我慢強さで乗り越えてきたのですね。偉かったですね。本当によく頑張ったと思います。心の傷がまだ癒えていないから、今はお母様への複雑な気持ちでお辛かろうと思います。
    生活用品を普通に使える暮らしがしたかった。衛生、身だしなみに関すること、女心もそれは傷ついたことでしょう。生理用ナプキンや成長と共に必要な下着を用意しないのは、今は虐待ともみなすようですね。五千円でもいいから生活必需品を買うのに使ってくれていたら、あんな惨めな思いはしなかったのにと。
    そう思いながら、母の愛からの貯金と言葉を複雑に思いながらも、快く受け止めようと苦心されているのではないでしょうか。
    貯金を内緒にしておくのも、お母様の生き方の中から生じた生き抜くための知恵であり、愛娘に苦労をさせてなるものかというお母様の意地や自負でもあったかもしれません。

    感謝は今は無理にしなくていいと思います。恨みを感謝に転換することは容易ではありません。この先、いつか清貧暮らしの知恵とあなたの中に育った底力が必要なときに、ふと、幼い頃あれを耐えられた私だもの、このくらいなんでもないわ!と乗り越えるときにこそ、境遇への感謝というものが湧くのだと思います。
    お金がない暮らしは嫌、そう思えばこそ地道に働くことの大切さ、お金はもちろん、人を大切にする価値観が育ち備わったとも言えると思うからです。生理の貧困、と言う言葉で今は社会問題としても取り上げられるようになりましたね。言葉にしないだけで同じような体験をして育った人は少なくないと思います。
    かくいう私も若い頃は苦学生で生理用品は手作りでした。

    この気持ちと折り合いをつけるのは、時間が掛かるなあと腹をくくりましょう。お母様への感謝と気遣いを忘れない、あなたの心そのものが尊い宝だと思います。早くご苦労された分、どうぞお幸せに。

    トピ内ID:270d5b88f32e6bb4

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    多分

    しおりをつける
    🙂
    匿名
    お母さんは結婚生活で相当苦労されたのですね。本当はもっと早くに離婚したかったのにお金がなくて我慢してた時代もあったのでしょう。

    あのね、恨みつらみは普通に言えばいいと思います。当時のこと親から見た視点と主さんから見た視点が違ってて、そんなに辛い思いしてるとわかってない可能性もあるし。養育費を使い込まなかったのは感謝だけど、人並みの生活できないのは本当に辛かった、って。言わないと伝わらないから。

    でも
    >あと、「貰ったことは旦那には秘密にして、離婚する時のお守りにするんだよ」と言われたのも酷くイラッとしました。普通、これから結婚する子供に言いますか?

    これは私も言われたし、言われてる友人結構いますよ。
    親はもちろん離婚しないで仲良く暮らして欲しい反面、お金がなくて離婚できないで耐えて欲しくないから。

    みんな普通に親心と思って感謝します。

    主さん、一度、辛かった子供時代の話をお母さんに泣いて話してみるといいと思います。謝ってくれるかもしれないし、わかってもらえないかもしれない。どっちかわからないけど、今のままだと主さんは苦しいし、将来子供を産む時にフラットな子育て出来なさそう。中庸がわからないというか、嫌なのに自分と同様に我が子に厳しくするか、我が子に自分を投影して逆に過剰なほど欲しい物を買い与えてしまうかしそうです。

    トピ内ID:479a5dcdb0e792e7

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    わかります

    しおりをつける
    🙂
    黄金目の猫
    辛い思いされましたね。よくこれまでがんばられました。
    私の場合は、40越えで受けた遺産がそれでした。これだけのお金があったならば、どうしてもっと大学進学などの教育費にかけてくれなかったのか?日々の生活に役立て、子供が人並みに安らげる家庭にしてくれなかったのか?と、何十年も封印していた気持ちが蘇り精神的にざわざわして、消化するのが大変でした。あのバイトの追われた日々、進学諦めた自分はなんだったのかと。
    こんなお金いらない!全然ありがたく思えませんでした。2年ぐらいはそんな感じで喪に服すより怒りの方が大きかった。大金の遺産なんてない方がよかった。

    冷静に考えれば、何十年もかけて貯金、投資してていたから、今まとまったお金になったわけで、その当時は小さな金額だった。そして専業主婦であった母親は自分で稼ぐ術もなく、ただある中でいかに貯めるかしか考えられなかったのだろうと今思います。また幼年期に物のない時代に育った世代ですから、私たちとは違う感覚。でも、幸福な幼年期、子供時代は何事にも変え難い人間の基盤。そこを得ずに、年数経ってからお金をもらっても全然響かない。

    だからお気持ちすごくわかります。気が済んだら、ハネムーンでも挙式にでもパーっと使ってしまったらどうですか?コロナ収束後まで待ってもいいし。今すぐは逆に楽しめないかもしれませんね。
    ないものと思って取っておくのもいい…将来お子様の学費にとか何かしら使う時はあるでしょう。お子様のためならお婆ちゃんからだよって気持ちよく使えるかも。

    今は辛いけど、あって困るものではないので時間をかけて冷静になれます。お母様はある意味不幸な人生だったかもしれません。嫁ぐ娘に言う事ではないけど、これまでのあれこれで、それすらわからなくなっているのでしょう。主さんは、幸せになってください。

    トピ内ID:376ef7be66f5885e

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    辛かっただろうなぁ。。。

    しおりをつける
    🙂
    @RIN
    お母さんも。
    身内の住む隣町の小学生……スポーツメーカーのスニーカー履いて UNIQLOの服着てますが……
    親は借金だらけ。 外から見ても分からない貧困の子どもたちが 身内が月に数回開くこども食堂に来ています。

    我が子にみすぼらしい格好をさせる事で家計を切り詰めるしかなかった社会。今でも シンママが働いて余裕のある暮らしが送れる職は滅多にありません。

    いつか。。。いつか娘が。。。の思いで手をつけなかった苦労の大きさを トピ主さんも 思いやれる日が来ると思います。
    確かに思い出は キラキラにすり替えられませんが  心持ちが貧しいままでは 残念です。

    強い気持ちを持って 手にした幸福を大事にしてくださいね。

    トピ内ID:1fc436f4acaac540

    この投稿者の他のレスを見る フォローする
    ...本文を表示

    120万円?

    しおりをつける
    🙂
    トラジャ
    5万円/月だったら、年間60万円
    5~18歳まで13年間で手つかずでってことではないですよね

    月に5000円~1万円ほどの貯金だったのだと思うけれど
    それって、何かあったときのために
    爪に火をともしながらためたお金じゃないの?

    トピ主さんもご苦労されて、お気持ちもわかりますけれど
    偶々そのお金に手を付けずに済んだでしょうが
    お母さまに何かあったら、其のお金が貴女を助けたかもしれません

    >貰ったことは旦那には秘密にして、離婚する時のお守りにするんだよ

    結婚直前に言われてしまうと、哀しいですね
    離婚のりの字も聞きたくはないでしょう

    でも・・・お母様はそれだけご苦労されたのだと思います。

    今わかってやれとは言いませんが、いつか気持ちを感じられる日が来ますように

    トピ内ID:984cb8f39b3f29c6

    ...本文を表示

    口に出す。

    しおりをつける
    🙂
    ゆかり
    うちの母も似たような人、父が亡くなった時も遺産や貯金を全部自分で囲っていたのに「お金が無い」と何にも買ってくれませんでしたよ。

    思うにそういうタイプの人は人のお金と自分のお金の区別がついてないんだと思います。
    お金って名前はついていないけどそれぞれ意味があるのに「自分が手にしたお金は自分が自由に出来る」と勘違いしているんじゃないかな、的確な使い方が出来ないんですよ。

    だから「内緒に」とか「離婚する時のお守りに」なんてとんちんかんな発言を本気でするんです、自分がそうだから。

    すっきりしないならあなたの思うようにお母さんに伝えてもいいと思いますよ、相手に通じなくてもあなたが口に出すことが大事だと思いますから。

    トピ内ID:d71b8706036d63ad

    ...本文を表示

    時間はかかるかもしれないけど

    しおりをつける
    🙂
    dolce
    トピ主さんずいぶん辛い時代を送ってきたのですね。まだお若いのにきちんと受け止めもしていて聡明な方だと思いました。

    今はお母さまの事でモヤモヤするかもしれませんが、やった事行った事自体は第三者からみるとトピ主さんの為に行った事以外にはなく、いつかは消化できる思いなのではと思いました。また20~30位の歳はちょうど親から自立するタイミングでもあり親に反発する思いがつのるのも分かります。

    トピ主さんも苦労されたと思いますが、お母様ももしかしてものすごく不安の中生活し子育てしてたのではないでしょうか。子供1人に月5万は少なくなく、更に日々生活に追われているのにこれに手をつけずに一人でお子さんを育てたのはものすごく大変な事だと思います。お母さまもこの5万だけは絶対使わない、とある意味自分を奮起されたり、いざという時にはこれがあるというお守りのように、ご自身の支えとして積み立てられたのではないでしょうか。

    とはいえ生理用品も買えなかったというのはショックですね。お母さまも女性なら理解できるはずだと思いますが、ご本人はどうされていたのでしょうかね・・・。

    いつかお母さまに実は辛かった、生理用品買ってほしかった、我慢していると気づいてほしかったと言っていいと思いますよ。何度か伝えているうちにお互い溝を埋めることができるかもしれません。応援しています。

    トピ内ID:0aa04bc385df2820

    ...本文を表示

    プライドもあったのかな

    しおりをつける
    🙂
    ゆう
    そこまで苦労されていたら、いつ使ってもおかしくない状況だったと思います。手をつけず全てあなたに渡す気持ちと、元夫からのお金がなくてもやっていけるという母親のプライドもあったのかなと思いました。
    あなたの為の貯金であり、戻れない過去の自分への貯金のようにも感じます。きっと離婚する時にお金もなく、貯金もなく『少しでも残しておけばよかった』と思ったから…お守りという言葉が出たのでしょう。

    感謝を伝えた上で、あなたの悲しみや想いは伝えても良いと思います。でないと、モヤを抱えたまま生きることになりますから。
    良い意味でお母さまを見返すために、幸せになってください。ご結婚おめでとうございます。

    トピ内ID:c64677e80706445d

    ...本文を表示
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    先頭へ 前へ
    1 10  /  141
    次へ 最後尾へ
    並び順:古い順
    全て表示
    • レス一覧
    • トピ主のみ (3)

    あなたも書いてみませんか?

    • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
    • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
    • 匿名で楽しめるので、特定されません
    [詳しいルールを確認する]

    アクセス数ランキング

    その他も見る
      その他も見る
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      気に入ったトピを保存するといつでも読み返せる
      使用イメージ
      使用イメージ

      マイページ利用でもっと便利に!

      お気に入り機能を使う ログイン
      レス求!トピ一覧

      注目トピ

        みんなの投票結果

        編集部から

        編集部からのお知らせはありません

        Horoscope | 大手小町

        Twitter

        Follow

        発言小町大賞0